« 【遊】小金井公園のコスモス | トップページ | 【雑】嵐の前の静けさ »

2014年10月11日 (土)

【遊】演劇 「まつろわぬ民」 を観る

今日は、調布市仙川にある「調布市せんがわ劇場」へ。

白崎映美さん主演の芝居 「まつろわぬ民」 (風煉ダンス) を観た。
120席ほどのちいさな劇場だったが、舞台装置が凝っていて、客席との一体感の強い「濃い」芝居だった。

20141011_0340

舞台手前左に、関根真理さん(パーカション)、辰巳光英さん(トランペット)、ファン・テイルさん(ギター)の三人が生演奏で参加。
三人とも「渋さシラズ」のメンバーらしい。
この音楽集団のことはよく知らないが、みごとなバックアップ(劇音楽)だった。

私は、主演のエミちゃんが目あてだったが、関根さんのパーカッションも楽しみだった。
(関根さんは、西川郷子さんとも演奏活動をしているので、何度か拝見している。

芝居の内容については、ほとんど予備知識なしで行ったのが、かえってよかったのかもしれない。

「東北」を舞台に、「まつろわぬ民」の熱い思いをテーマにしたもの。
何度も胸が熱くなった。

今月19日まで公演が続くので、詳しい内容は書かないが、お近くで時間のとれる方にはぜひ観てもらいたい、感動的な舞台。

風煉ダンス
http://furen-dance.info/

Matsurowanutami1Matsurowanutami2

京王線の仙川駅は、はじめて下車したが小洒落た駅前だった。
「せんがわ劇場」は、駅から歩いてすぐ近く。

調布市せんがわ劇場
http://www.sengawa-gekijo.jp/

201410110001201410110002

201410110003

201410110006

201410110010

終演後、出口に出演者が勢ぞろいして観客を見送ってくれた。

グッズ売り場にエミちゃんがいたので、手をあげたところ応えてくれたので、思わずハイタッチ。
エミちゃんの手が温かく、その温かさがうれしかった。

白崎映美&とうほぐまづりオールスターズ 1st album 『まづろわぬ民』 のCDが置いてあったので、迷わず購入。

外に出ようとする私の頭をポンポンと触れる気配に振り向くと、なんと、エミちゃんが追いかけてくれて、にっこり。
私の顔を知っているとは思えないので、CD購入のお礼をこめてだと思うが、うれしかった。
そこでもういちど、ハイタッチ。

外で関根真理さんをみかけたので声をかけたかったが、お知り合いとお話し中だったので、駅に向かった。

【参考サイト】
まつろわぬ民 | 風煉ダンス [演劇公演紹介]  演劇、ミュージカル等のクチコミ・チケット情報ポータル★CoRich 舞台芸術!
 http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=56787
上々颱風のボーカル・白崎映美主演の舞台『まつろわぬ民』
-TOKYO HEADLINE-
 http://www.tokyoheadline.com/vol627/interview.15607.php

【追記 2014/10/12】
きのう、会場で手に入れたアルバムを聴いている。
強烈で、楽しい音楽。
鼓舞される。

201410120005

201410120001

201410120003

白崎映美さんがインスパイアーされたという小説、木村友祐 『イサの氾濫』 が、図書館にある本に収録されているようだ。
借りて読んでみようと思う。

『文学 2012』 日本文藝家協会

|

« 【遊】小金井公園のコスモス | トップページ | 【雑】嵐の前の静けさ »

【遊】おでかけ日誌」カテゴリの記事

白崎映美」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【遊】小金井公園のコスモス | トップページ | 【雑】嵐の前の静けさ »