« 【雑】送電線に人がいた | トップページ | 【歩】黄葉 »

2014年12月 1日 (月)

【読】難しいけれど面白い本

今日から師走。
雨模様の一日だった。

午後、所属する市内の図書館関係団体の会合に出席。
一時間ほど会議、その後、一時間半ほどの作業。


図書館から借りている本を読みはじめた。
ちょっと難しいけれど、なかなか面白い。
最後まで読み通せるかどうかは、わからないが。

杉浦康平 『文字の靈力――杉浦康平デザインの言葉』
 工作舎 2014/9/20発行 297ページ 2,800円(税別)

正式な書名では、「靈力(れいりき)」となっている。
巻頭、松岡正剛氏との対談で、この「靈」(霊の旧字)にこだわる杉浦氏の思いが語られている。
漢字の世界は面白い。

             

|

« 【雑】送電線に人がいた | トップページ | 【歩】黄葉 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

松岡正剛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【雑】送電線に人がいた | トップページ | 【歩】黄葉 »