« 【雑】毎日、予定が・・・ | トップページ | 【遊】尾辻克彦×赤瀬川原平展 »

2014年12月 4日 (木)

【雑】肌寒い日

朝から曇りがち、午後から小雨の肌寒い一日だった。
最高気温は10度ほど。

昼すぎまで、市内の仕事場で講習の見学。

その後、市の中央図書館に寄る。
不要図書(除籍資料)の無料配布(放出)会場をのぞいてみた。
翻訳ものの文庫本がほとんどで、私が欲しいと思う本は少なかった。

岩波ブックレットを一冊、いただいてきた。

タデウス・シマンスキ 『恐怖のアウシュヴィッツ――生き証人は語る』
 永井清彦 編 岩波ブックレット 93 1987年発行 66ページ

― 本書巻末の著者紹介より ―
タデウス・シマンスキ Tadeusz Szymanski
1917年、ボスニア(現ユーゴスラビア*)生まれのポーランド人。カトリック教徒。ボーイ・スカウトのリーダーだったというので侵入してきたドイツ軍に捕らえられ、1941年アウシュビッツ強制収容所に送られた。ドイツの敗戦を目前に、他の収容所を転々とさせられる間に脱走に成功。戦後はアウシュビッツを記念の場とすることに尽力した。

 * 2003年2月5日「セルビア・モンテネグロ」となり、ユーゴスラビアの国名は消滅。

本書は、氏が1986年に来日したときの講演内容をまとめたもの。

史料として役にたつかもしれないと思い、もらってきた。
古い岩波ブックレットを、図書館の除籍資料の中からみつけることが多い。

|

« 【雑】毎日、予定が・・・ | トップページ | 【遊】尾辻克彦×赤瀬川原平展 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

【雑】きまぐれ日誌」カテゴリの記事

こんな本を手に入れた」カテゴリの記事

図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【雑】毎日、予定が・・・ | トップページ | 【遊】尾辻克彦×赤瀬川原平展 »