« 【雑】おだやかな日々 | トップページ | 【雑】沖縄 佐喜眞美術館 »

2015年1月14日 (水)

【遊】図書館見学(東村山市立廻田図書館・萩山図書館)

最高気温10度ほど、肌寒い日。
明日はひさしぶりに雨の予報。

今日は、小平図書館友の会の会員数人で、近隣の東村山市立図書館を2館、見学。
いい体験ができた。

■東村山市立廻田図書館■
 東村山市廻田町4-19-1 (廻田文化センター内)

朝、9時過ぎに自転車で家を出て、まず、東村山市立廻田図書館へ。
図書館職員に書庫も含めて館内をくまなく案内していただき、説明を受けた。

東村山市にある5館(中央・富士見・萩山・秋津・廻田)のなかでは、いちばん新しい図書館。
それでも1992年開館だから、20年以上たっている。

広々として、きもちのいい図書館だ。
交通の便が悪い場所にあるせいか、利用者は市内でいちばん少ないそうだ。

ここは、ティーンズコーナー(他ではヤングアダルト=YAと呼んでいるところもある)が、とても充実している。
また、こどものための「お話しの部屋」が、落ちつける雰囲気の洒落たスペースだった。
テーマ展示も充実している図書館だ。
図書館員の熱意・工夫が感じられた。

東村山の市立図書館の開館時刻は、他市と比べてやや早く、どの館も午前9時半。
廻田図書館の見学は10時から一時間ほど。

201501140001

201501140002201501140003

この後、自転車で多摩湖自転車道を走り、萩山へ移動。
途中、私はコンビニで軽い昼食をとった。
萩山図書館の見学は、12時から一時間ほど。

■東村山市立萩山図書館■
 東村山市萩山町2-13-1 (萩山文化センター内)

萩山図書館は西武線の萩山駅から近く、利用者も多いそうだ。
廻田図書館と比べると、やや暗い感じも受けたが、書架や椅子などが落ち着いた緑色に塗られた家具で統一されていて、いい感じだった。

廻田、萩山ともに、CDも置いている。
(東村山では、秋津図書館がCDの収蔵数ではダントツ。中央・富士見では収蔵していない)

萩山図書館には、東村山市立図書館の「共同閉架書庫」があり、見学させていただいたが、その規模の大きさに驚いた。
事務室の裏の2フロアーに、ずらりと閉架書架が並び、17万冊を収蔵している。

スペースの関係でやむを得ないことだが、これがいつでも見られる開架だったらいいのになあ、と思うような珍しい貴重な書籍資料がたくさんあった。

201501140005201501140007

もちろん、図書館の検索システムで探しだしてリクエストすれば貸し出しできるのだが、実物が見られるように開架になっていると嬉しいのに……というのは、本好きの私の勝手な思い。

なお、萩山図書館では、日時を決めて閉架書庫の見学会が開催されている。

東村山市立図書館
http://www.lib.city.higashimurayama.tokyo.jp/TOSHOW/index.asp

萩山図書館書庫公開
https://www.lib.city.higashimurayama.tokyo.jp/TOSHOW/html/gz_koukai.html

どこの図書館も、本は増える一方なので、収蔵に頭を痛めているようだ。
古くなった本は廃棄せざるを得ず、なかには貴重な本もあるだろう。
(市民に放出される廃棄本を見に行くことがあるが、なかなか入手できない本が混じっていたりもする)


東村山の図書館は、以前見学した中央図書館の他に、私の住まいの近くの富士見図書館も利用しているが、どこも、よく工夫していて好感がもてる。

Higashimurayama_library_map_2

|

« 【雑】おだやかな日々 | トップページ | 【雑】沖縄 佐喜眞美術館 »

【遊】おでかけ日誌」カテゴリの記事

図書館」カテゴリの記事

多摩」カテゴリの記事

小平図書館友の会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【雑】おだやかな日々 | トップページ | 【雑】沖縄 佐喜眞美術館 »