« 【歩】ツツジの花ざかり | トップページ | 【楽】サマータイム・ブルース »

2015年4月29日 (水)

【読】「満州国演義」、いよいよ最終巻へ

今日も初夏の陽気。
最高気温23度。

船戸与一 『満州国演義』 の8巻目を読み終えて、いよいよ最終巻にとりかかったところ。

船戸与一 『満洲国演義9 残夢の骸』
 新潮社 2015/2/20発行 472ページ 2,200円(税別)

第8巻の終わり、ついに敷島四兄弟の次男、敷島次郎の身に重大な異変が……。
そして、最終巻。
昭和19年(1944年)、帝国は、ますます勝ち目のない戦争の泥沼に……。

― Amazon 内容紹介より ―
<満州帝国が消えて70年――日本人が描いた“理想の国家”がよみがえる! 今こそ必読の満州全史。権力、金銭、そして理想。かつて満州には、男たちの欲望のすべてがあった――。事変の夜から十四年が経ち、ついに大日本帝国はポツダム宣言を受諾する。己の無力さに打ちのめされながらも、それぞれの道を貫こうとあがく敷島兄弟の行く末は……敗戦後の満州を描くシリーズ最終巻。中毒読者続出の人気大河ロマン、堂々完結。>

Amazonのカスタマーレビューに、私が知っている方のレビューが載っていた。

|

« 【歩】ツツジの花ざかり | トップページ | 【楽】サマータイム・ブルース »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

あの戦争」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

満州」カテゴリの記事

船戸与一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【歩】ツツジの花ざかり | トップページ | 【楽】サマータイム・ブルース »