« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月の14件の記事

2015年7月25日 (土)

【読】船戸与一インタビュー

今日も朝から暑い。
ベランダ側の窓を開け放って扇風機をまわしているが、汗がじとーっと吹きだす。

図書館から借りてきた半藤一利さんの文庫を読了。
この時期、新刊書店でも図書館でも、あの戦争関連の本が並ぶ。
そのなかの一冊。

半藤一利 『十二月八日と八月十五日』
 文春文庫 2015/6/10発行 219ページ

文庫書下ろしだが、半藤氏の多くの著作からの寄せ集め。
あの戦争の開戦の日(昭和16年12月8日)と、終戦の詔勅の日(昭和20年8月15日)。
当時の人たち(主に作家や政治家といった知識人)の日記などを紹介している。
よくまとめられている。

12月8日、真珠湾とフィリピン米軍航空基地(クラークフィールド)への奇襲に始まる太平洋戦争開戦の日の世相。
真珠湾奇襲成功の報に日本人の多くが狂喜したことが、よくわかる。
日米開戦を誰もが熱狂的に支持したのである。
良いも悪いもない。
そういう時代だったのだということを、忘れないようにしたい。


この四月に惜しくも亡くなった船戸与一さんの、インタビューが載っている雑誌を買って読んだ。

『ジャーロ No.53』 光文社
 2015/3/25発行

ジャーロ|雑誌|光文社
http://www.kobunsha.com/shelf/magazine/past?magazinenumberid=2976

祝・日本ミステリー文学大賞受賞!
船戸与一 社会を、時代を突き通す刃の輝き
●書下ろし特別短編「稲妻の秋」
●ロング・インタビュー
「もう善悪論で言ってもしょうがない時代に来てる」
インタビュアー/井家上隆幸    
●船戸与一 作品リスト

船戸さんが、『満州国演義』と並行して、もうひとつの作品を準備していたことを知る。
未完と思われるその作品が気になる。
『侠骨の譜 千乗坊国次遺文』というものらしい。

船戸さんの書いたもののなかには今では手に入らないものも多い。
船戸与一全集を、どこかで出版してくれないなあ?

| | コメント (0)

2015年7月24日 (金)

【雑】夏雲

今日も33度を超える暑さ。
夏雲が広がる。
夕方には俄雨の予報。

撮影 2015/7/24(金) 東京都東大和市

201507240542

| | コメント (0)

2015年7月22日 (水)

【雑】酷暑

猛暑という表現では生ぬるく、酷暑と呼びたいほどの暑さ。
今日は、とうとう、このあたりの最高気温が35度を超えた(猛暑日)。

午前中、所属する市内の団体で仕事。
なかばボランティアのようなものだが。

昼間でもエアコンがないと過ごせない。
強い南風(最大風速毎秒8m)で窓も開けられない。

写真は、またまた北海道旅行のときのもの。
道東自動車道のパーキングエリア(PA)で撮影。
のどかなものだ。

撮影 2015/7/16(木) 北海道 道東自動車道

201507160472

201507160474

北海道の自動車専用道路(有料高速道路の他に無料の自動車専用道路が多い)は、片側一車線のところが多い。
私はあまりスピードを出さないので、すぐ後ろから車に追跡されると避けようがなく、困った。
ところどころに設けられている追い越し車線に到達するまで、ひたすら後続車から逃げていた。

それでも、通行量が少なくて走りやすかった。
地元の車は、けっこう飛ばしていた。

| | コメント (0)

2015年7月21日 (火)

【雑】昼寝

午前中、小平の歯科医へ行って定期検診。

今日も暑くてたまらないので、エアコンを入れ、横になって本を読んでいたら眠くなった。
いつのまにか、ぐっすり眠ってしまった。

昨日も、昼寝した。
一週間の疲れがまだ残っているのだろうか。

写真は、北海道旅行で撮った一枚。
北見国道の温根湯(おんねゆ)から置戸へ向かう途中でみかけた、道路わきに広がる牧場。

撮影 2015/7/15(水) 北海道

201507150356

| | コメント (0)

2015年7月20日 (月)

【雑】猛暑

別天地のような北海道から猛暑の東京に戻って、はや三日。

じっとしていても汗ばむ毎日。
昼間は扇風機、夜はエアコンがなければ過ごせない。
毎日、熱中症予報は「危険信号」。

近所へ買物に出るにも、徒歩や自転車では危ないようだ。
エアコンを効かせた車で買い物。

20150720_weathermap1_2

20150720_weathermap2

暑い暑いと嘆いていてもしょうがないので、北海道で撮った写真を。

撮影 2015/7/15(水) 北海道 層雲峡、石北峠

201507150329

201507150343

| | コメント (0)

2015年7月19日 (日)

【遊】大洗~苫小牧フェリー

7/11から7/17まで、ちょうど一週間、フェリーで北海道旅行をしてきた。

今回、はじめて大洗~苫小牧間の商船三井フェリーを利用。
19時間の船旅で往復した。

フェリーに乗って北海道まで往復したのは、これが二度目。
前回は、もう何年も前のこと、新潟~小樽間のフェリーだった。

大洗のフェリーターミナルまでの道も、これがはじめてだった。
自宅から外環道・常磐道を使って150kmほど、あんがい近かった。

フェリーの中も、いちばん安いエコノミールームだったが、さほど混んでいなかったので快適だった。

さんふらわあで行く、首都圏・北海道の船旅 - 商船三井フェリー
http://www.sunflower.co.jp/ferry/index.shtml

Sunflower_pamph

フェリーの中の売店で買った絵葉書
Sunflower

撮影 2015/7/11(土)~7/12(日)
往路(大洗~苫小牧) さんふらわあさっぽろ

201507110023_2

201507110027

201507110051

201507110043201507110052

大洗港での夕焼け
201507110060201507120063

翌朝(三陸沖、苫小牧港)
201507120068201507120083

撮影 2015/7/16(金)~7/17(土)
復路 (苫小牧~大洗) さんふらわあふらの

201507160482

201507160490201507170519

201507160492

苫小牧港沖での夕焼け
201507160502

201507160505

201507160510201507160512

退屈だったので、船内上映の映画を観た。
「幸福の黄色いハンカチ」(山田洋次監督作品、1977年)
高倉健・倍賞千恵子・武田鉄也・桃井かおり・渥美清・たこ八郎等出演のこの映画、実は初めて観た。
40年近く前の北海道の懐かしい風景がよかった。
そうそう、こんな風景があちこちにあったっけ、と。

201507170515

201507170521201507170526

| | コメント (0)

2015年7月17日 (金)

【遊】置戸町立図書館

一昨日、北海道の置戸町に行った。
前から気になっていた置戸町立図書館を見学。

置戸町生涯学習情報センター 置戸町立図書館
http://www.town.oketo.hokkaido.jp/tosyo/index.htm

ネットで見たり、噂に聞いていたとおり、すばらしい図書館だった。
まず、フロアーが広い。
木材をふんだんに使った建物がすばらしい。
本が多い。
配列が工夫されている。
居心地がよさそう。
……とまあ、そんな感想をもった。

見学の意図と、こちらの身分(小平図書館友の会会員)を名乗って、写真撮影の許可をいただいたところ、館長さん自ら説明してくださった。

撮影 2015/7/15(水) 置戸町立図書館

201507150361201507150414

201507150362

201507150368

201507150374201507150365

置戸町は木工(クラフト)の町なので、こんな作品も図書館の備品として使われている。
下の写真。実はこれ、置戸に移住して木工を仕事にしている私の友人の作品。

木製どんぐりカレンダー
201507150407

木製ランプ
201507150378201507150380

オケクラアフトセンター 森林工芸館
http://www.town.oketo.hokkaido.jp/kougeihp/

今回の北海道旅行、あちこち面白い場所を見てきたので、おいおい書いてみたい。

| | コメント (0)

2015年7月14日 (火)

【遊】墓参、旭川

昨夜はずっと雨が降っていた。
今日の天気を心配していたが、今朝は曇り空。ときどき晴れ間も。
美瑛の民宿を朝早く出て、途中のコンビニで腹ごしらえ。

車で霊園に向かい、墓参りをした。
旭川空港に隣接する丘の上にあって、いつも風が強い。
風が強くて、なかなか線香に火がつかない。
こんな歌があったっけ。

♪ 線香がやけに つき難い ♪
(杉本まさと 吾亦紅)

201507140311201507140308

親戚の墓にも手をあわせて、東旭川の叔母宅へ。
今回は二軒の叔父宅と、二軒の叔母宅を訪問することができた。

その足で、旭川市内の友人宅へ。
よもやま話に花が咲き、昼食をご馳走になった。
この友人に会うのも二年ぶりかもしれない。

今夜の宿は、旭川市内の安いホテルがとれなかったため、愛別の協和温泉にした。
旭川から愛別までは近い。

愛別は、私の父方の先祖(曽祖父)が、一族郎党引き連れて佐渡から入植した土地。
長いあいだこのことを知らなかったが、母が亡くなった後、古い戸籍を見て知った。
明治末のことらしい。
本籍地は、北海道石狩國上川郡愛別村字アンタロマ、となっている。
アンタロマ(アイヌ語)は、現在、安足間と表記されている土地である。
父方の祖母(明治37年生まれ)は、このあたりで生まれたか、育ったようだが、詳しいことはわからない。
祖母が生きているうちに聞いておけばよかったと、今になって思う。

愛別に向かう途中、当間という町の道の駅に寄った。
ですけスイカが、この町の特産らしい。

当麻町
http://town.tohma.hokkaido.jp/

でんすけすいか
http://town.tohma.hokkaido.jp/about-tohma/tokusannhin/densukesuika/

201507140312

そして、今夜の宿。

きのこと湯の里 あいべつ協和温泉
http://www.kyouwaonsen.jp/

201507140313

湯治場を思わせる素朴な温泉。
きのこが愛別の特産らしく、夕食はきのこ尽くしということだ。

客室にも、それぞれ、きのこの名前がついている。
しいたけ、まいたけ、なめこ、えのき、等々。
ほとんどが和室のはずだが、私はベッドの部屋を予約し、部屋の名前もマッシュルームと洋風。

素泊りで予約してあったが、近くに飲食店もなさそうなので、ここに着いてから夕食をお願いした。
愛別市街まで車で戻ってみようとも思っていたが、温泉で汗を流したら、その気も失せた。

コインランドリーで洗濯をしながら、部屋でのんびりしている。

201507140314

明日は、ここから層雲峡を通って置戸(おけと)に向かう。
置戸には古くからの友人が東京から移住しているので、そこを訪ねる。

この友人に会うのも、ほんとうにひさしぶり。
置戸の図書館も、なかなかいい建物らしい。
楽しみだ。

置戸町 ホームページ
http://www.town.oketo.hokkaido.jp/

置戸町生涯学習情報センター 置戸町立図書館
http://www.town.oketo.hokkaido.jp/tosyo/index.htm

| | コメント (0)

2015年7月13日 (月)

【遊】苫小牧~二風谷~美瑛

苫小牧のホテルを朝早く発って、カーナビを頼りに二風谷へ。

このアイヌ文化の土地には、一度は行ってみたかった。
今回、念願がかなった。

二風谷 義経神社

201507130119201507130126

英国の女性旅行家である、イザベラ・バードが明治時代にこの地まで足を延している。
駐車場に、その説明表示があった。

201507130117

続いて、二風谷町立アイヌ文化博物館を見学。
開館時刻の午前9時より30分も早く着いてしまったので、すぐ近くの二風谷湖畔まで歩いてみた。

萱野茂さんをはじめとするアイヌの住民の反対を押し切って作られたダム湖。
鮭が遡上しなくなってしまった。
沙流川がせき止められる前の風景は、想像するしかない。

201507130153

二風谷町立アイヌ文化博物館

ここは、すばらしい博物館だった。
膨大なアイヌ関係のコレクションが、みごとに整理され展示されていた。
フラッシュを使わなければ撮影可だったので、たくさん写真を撮った。

【公式】平取町立二風谷アイヌ文化博物館のホームページ
http://www.town.biratori.hokkaido.jp/biratori/nibutani/

かなり時間をかけて見学したが、機会があればもう一度訪ねてみたい博物館だ。

201507130140

201507130220

博物館のある広大な敷地には、アイヌの住居「チセ」などが復元されていた。

201507130132

201507130131

すぐ近くの、萱野茂さんの資料館にも行ってみた。
ここも、長年の念願がかなって訪問できた。

萱野茂二風谷アイヌ資料館
http://www.geocities.jp/kayano_museum/index.html

萱野茂さんは、惜しくも9年前に他界されたが、今はご子息の萱野志朗さんが館長をつとめていらっしゃる。
お父上によく似ていらした。

― Wikipediaより ―
 萱野 茂(かやの しげる、1926年6月15日 - 2006年5月6日)は、日本のアイヌ文化研究者(博士(学術))であり、彼自身もアイヌ民族である。アイヌ文化、およびアイヌ語の保存・継承のために活動を続けた。二風谷アイヌ資料館(シシリムカ二風谷アイヌ資料館)を創設し、館長を務めた。政治活動面ではアイヌ初の日本の国会議員(1994年から1998年まで参議院議員)。在任中には、「日本にも大和民族以外の民族がいることを知って欲しい」という理由で、委員会において史上初のアイヌ語による質問を行ったことでも知られる。
 息子の萱野志朗は萱野茂二風谷アイヌ資料館館長、世界先住民族ネットワーク・AINU代表、FMピパウシ運営者、世界先住民族サミット2008の実行委員会最高責任者

201507130281

ここの展示も膨大な量で、圧倒された。
個人の資料館のためか、それほどきれいに整理はされていなかった。
しかし、萱野茂さんが長年かかって集めたアイヌ民具や、世界の民族資料はすばらしい。

写真撮影は、どうぞどうぞご自由に、というのも好感が持てた。
ここでも、たくさん写真を撮らせてもらった。

201507130247

201507130273201507130239

あちこち寄り道したため、占冠(しむかっぷ)~富良野経由で美瑛に着いたのは、午後3時。
苫小牧から200キロ近い山道は、さすがに遠かったが、楽しいドライブだった。
一日中、雨だった。

二人の叔父宅を訪問し、いつもの「だいまる食堂」で夕食を食べ、今夜は美瑛の民宿に泊まる。

201507130289201507130292

明日は、今回の旅の主目的だった墓参。
その後、旭川へ向かう。

| | コメント (0)

2015年7月12日 (日)

【遊】帰省

一週間の予定で、墓参のために帰省中。

昨日、大洗からフェリーに乗って19時間。
今日の午後、苫小牧港に着いた。

北海道も28度の暑さ。

7/11(土) 大洗で

201507110023

乗船手続きが15時から、乗船が17時からだったので、事前に調べておいた近くの博物館をのぞいてきた。

大洗町幕末と明治の博物館
http://www.bakumatsu-meiji.com/

201507110003201507110007

オートキャンプ場の敷地の一角、緑に囲まれた静かな場所にあった。

201507110013

大洗港からすぐ近く。

常陽明治記念館が、平成22年6月にから大洗町に移管されて町営となったそうだ。
幕末から明治維新にかけての、水戸藩の活躍ぶりや、皇室関係の展示が中心。
巨大な明治天皇像には驚いた。

館内は撮影禁止。
常設展示室のある建物が、古い記念館だったもの。

201507110009201507110010

港に戻り、乗船待ちの駐車場に車をとめて、乗船手続きをした後、車の中で乗船を待った。

201507110027

バイクや大型トラックもたくさん乗船。

出港時刻前に、夕陽が沈んだ。

201507110060

7/12(日) 苫小牧

大洗~苫小牧のフェリーを利用するのは初めてだ。
新潟から小樽のフェリーは、一度だけ利用したことがある。

いちばん安い雑魚寝の大部屋だったため、あまり眠れなかった。
目がさめると、ちょうど日の出だった。

左舷からは、東北の海岸が間近に見えていた。

201507120063201507120068

そして、昼すぎに苫小牧港に到着。
長い船旅だった。

201507120083

苫小牧では、親戚の家を訪ねた後、白老の「ポロトコタン」(アイヌ民族博物館)を訪ねた。

アイヌ民族博物館
http://www.ainu-museum.or.jp/index.html

ずっと行きたいと思っていた場所なのだが、到着したのが午後4時。
閉園(閉館)まで一時間しかなかったので、博物館をざっとひとまわり。
アイヌの復元チセ(家)の中で演じられていた、古式舞踊のおしまいの方を少しだけ見学。

機会があれば、またゆっくり見に行きたい。
ミュージアムショップで、知里真志保の書いた本を何冊か購入した。

201507120110201507120103

201507120089

201507120090201507120101

201507120104

| | コメント (0)

2015年7月 9日 (木)

【読】沖浦和光さん死去

秘かに敬愛していた沖浦和光さんが亡くなったそうだ。

訃報:沖浦和光さん88歳=桃山学院大名誉教授 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20150709k0000m060036000c.html

<毎日新聞 2015年07月08日 19時52分   
 沖浦和光さん88歳(おきうら・かずてる=桃山学院大名誉教授)8日、腎不全のため死去。葬儀は近親者で営む。しのぶ会を後日開く。喪主は妻恵子(やすこ)さん。      
 大阪府生まれ。中学教諭などを経て桃山学院大教授。1982〜86年、学長も務めた。英文学専攻だったが、70年代前半、被差別民や漂泊民に研究テーマを変えた。研究対象は、国内の被差別民、漂泊民だけでなく、インド、インドネシアにも及んだ。著書に「幻の漂泊民・サンカ」「天皇の国・賤民の国」、共著に作家、故野間宏との「アジアの聖と賤」、俳優の故三国連太郎との「『芸能と差別』の深層」など多数。2012年、人権活動への取り組みが評価され松本治一郎賞を受賞した。>

沖浦さんといえば、岩波新書の「民俗誌」シリーズを読んで、衝撃を受けた。
また、『幻の漂泊民・サンカ』や、五木寛之さんの「日本人のこころ」シリーズでの対談からも、多大な影響を受けた。

優しそうでいながら、芯の強そうな風貌にも、好感を持っていた。
偉大な先達が、すこしずつ退場していくのだな、と思うと淋しい。

              

沖浦さんの遺した著作から、私は、まだまだ学ぶことがある。
手もとにありながら、読んでいない著作がたくさんたまっているので。

【参考サイト】
10代の人権情報ネットワーク Be_FLAT
http://www.jinken.ne.jp/be/ より

「日本人」はどこから来たのか 沖浦和光さん
http://www.jinken.ne.jp/be/meet/okiura/
なぜ人は、歌い、踊り、演じるのか 沖浦和光さん
http://www.jinken.ne.jp/be/meet/okiura/okiura2.html

| | コメント (0)

2015年7月 6日 (月)

【雑】よくやったね、なでしこジャパン

FIFA女子ワールドカップのカナダ大会。

今朝の決勝戦は残念な結果に終わったが、決勝戦までよく頑張ったと思う。

対戦相手に恵まれていたきらいはあるが、準決勝まで無敗というのは、えらい。

試合結果│FIFA女子ワールドカップ カナダ2015|なでしこジャパン|日本代表|JFA|日本サッカー協会
http://www.jfa.jp/nadeshikojapan/worldcup2015/final/match_page/m52.html

連覇は叶わずも、女子サッカーの未来に夢を与えたなでしこジャパン | サッカーキング
http://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20150706/328212.html

アメリカは強かった。

後半、澤と交代してベンチにさがった岩清水が泣きじゃくっていたのと、試合後、海堀が大儀見に抱きかかえられて、いつまでも泣いていたのが、印象的だった。

来年のリオデジャネイロ五輪に期待しよう。
そろそろ若手選手に活躍してほしいところだ。
世代交代の時期なのだと感じる。

サッカー女子 日本代表 なでしこジャパン - TSP SPORTS
http://www.tsp21.com/sports/soccer/nations/japanw.html

| | コメント (0)

2015年7月 1日 (水)

【雑】残念な図書館相互利用

隣接する立川市の図書館が、今日から利用できるようになった。

立川市図書館
https://www.city.tachikawa.lg.jp/toshokan/kanko/shogaigakushu/toshokan/

国分寺市と東大和市との図書館の相互利用について | 立川市図書館
https://www.city.tachikawa.lg.jp/toshokan/kanko/shogaigakushu/toshokan/oshirase/kokubunji-higashiyamato.html

さっそく、近くの若葉図書館へ行って利用カードを作ってきた。
これで立川市図書館の本が借りられる、と喜んだのだが……。

とても残念なことに、私のような相互利用では、最寄りの図書館への本の取り寄せができず、リクエストもできないことがわかった。

つまり、立川市のどこかの図書館へ行って、そこにある本しか借りられないのだ。
(返却はどこでもいいのだが)

同じく相互利用で使わせてもらっている東村山市立図書館は、最寄りの図書館(分館)への取り寄せ(回送)ができるのに。

まあ、それでも、立川の中央図書館まで行けば、他には置いていないような本もあるので、これまでよりも図書館環境はよくなる。

あとは、小平市立図書館との相互利用ができることを願う。
地元の東大和市立図書館と小平市立図書館の両方に要望をあげているのだが、今のところ実現しそうにない。

これで四枚になった図書館利用カード

201507010001

立川市の図書館は、中央館以外の分館がすべて指定管理になっている。
あきらかに利用者サービスの質の低下と思われる、この「相互利用」の制約。
指定管理のせいなのかどうか、判断できないが、なんとかならないものだろうか。

立川市 幸・西砂・高松・錦・若葉図書館ホームページ【指定管理者:株式会社 図書館流通センター運営】
http://lib-trc-tachikawa.jp/

中央図書館を除く分館8館のうち、すでに5館が「図書館流通センター(TRC)」の指定管理になっていることがわかった。
上記URLの独自ウェブサイトというのもあるが、指定管理者別のサイトというのも、利用者サイドからはどうなんだろう?

【参考サイト】
株式会社図書館流通センター(TRC) || 図書館総合支援企業
http://www.trc.co.jp/

【訂正追記 2015/7/1】
立川市図書館の分館8館のうち、残り3館は、「株式会社ヴィアックス」が指定管理者になっていることを知った。
直営館は中央図書館だけのようだ。

立川市の指定管理者制度 | 立川市
http://www.city.tachikawa.lg.jp/gyoseikeiei/shise/pfi/sedo/gaiyo/shitekanrisha.html

立川市柴崎・上砂・多摩川図書館ホームページ
http://www.viax-tachikawa-lib.jp/

また、記事中に「地区館」と書いたが「分館」と呼ぶのが正しいので訂正した。

| | コメント (3)

【雑】女子サッカー ワールドカップ 決勝トーナメント

今日は肌寒い梅雨空。

FIFA女子ワールドカップの決勝トーナメント。
ベスト8による準々決勝の4試合を、先週から見続けた。

日程・結果│FIFA女子ワールドカップ カナダ|なでしこジャパン|日本代表|JFA|日本サッカー協会
http://www.jfa.jp/nadeshikojapan/worldcup2015/schedule_result/

(画像は、準決勝アメリカvsドイツの試合結果反映前)

20150701fifawoman

見応えのある試合が続いている。

6/27 日本時間早朝5時からの、ドイツ対フランス戦。
1対1のまま延長までもつれこみ、PK戦に。
最後はフランスがはずして、ドイツの勝利。

同じ日、日本時間午前8時半からの、中国対アメリカ戦。
中国が健闘したものの、アメリカが1点を守り切った。
中国のGKが、アメリカのソロに似て、きりっとした顔で好印象。

男性視線と言われそうだが、女子サッカー観戦の楽しみは、こういうところにもある。
男子と比べて、スピードがないので、試合展開もよくわかる。

そして28日の日本時間午前5時から、オーストラリア対日本戦。
0対0のまま、延長戦かと気をもんでいた後半終了近く、岩淵が決めてくれた。
この岩淵選手も、なかなか可愛い。

同日日本時間午前8時半からの準々決勝最後の試合、イングランド対カナダ戦も見応えがあった。
開催国カナダが負けたのは気の毒だったが、イングランドは手強かった。


たった今、準決勝のアメリカ対ドイツの試合が終わった。
後半、0対0のまま、まずドイツがPKをはずし、その後アメリカが反対にPKを決め、さらに追加点を得て0対2。

FIFAランキング1位のドイツが敗退して、同2位のアメリカが決勝進出。
いよいよ明日の朝、日本対イングランドの準決勝戦だ。
たでしこジャパンには健闘して、ねばって勝利をつかんでほしい。

日本のなでしこは、体格・体力面で他の欧米チームに劣るものの、細かいパス回しとねばり強い試合運びで、期待が持てる。

あと2試合あるが、決勝進出し優勝して二連覇を決められるといいな。
ここまで、よくやったと思う。

| | コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »