« 【読】9ポはつらいな | トップページ | 【雑】うっすら、雪 »

2016年2月24日 (水)

【遊】えどはくカルチャーへ

一日中くもり空。
北風が吹いて、気温も6、7度ぐらいまでしかあがらず、寒い日だった。

昼前に家を出て、図書館に寄って本を返却してから、バスと電車を乗り継いで両国へ。

江戸東京博物館の一階ホールで開かれた、えどはくカルチャーを聴講した。

2016022413164020160224131911

えどはくカルチャー
  たてもの鑑賞基礎の基礎 II

 講師 米山 勇 氏 (江戸東京博物館研究員)

Edohaku_culture_pamph2016

一月から始まったこのシリーズの二回目。
屋根・小屋組・組物について、事例をあげて講義していただいた。

いつもながら、米山先生の、わかりやすくユーモラスなお話だった。

行きがけ、両国駅のふだん使っていないホームの階段に、雛人形が飾られていた。
毎年、この時期に展示されている。
ひなまつりが近いのだ。

20160224130802

行き帰りの乗り物のなかで、読みかけの短編集を読み続ける。

古山高麗雄の戦争短編集。
570ページの大部だが、400ページまで読んだ。

平易な表現で、淡々と「あの戦争」の体験を綴っている。
これまで、この作家のものを読んだことがなかったが、私の肌にあうようだ。
すいすい読める。
描かれている世界は重いのだが。

|

« 【読】9ポはつらいな | トップページ | 【雑】うっすら、雪 »

【遊】おでかけ日誌」カテゴリの記事

江戸東京博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【読】9ポはつらいな | トップページ | 【雑】うっすら、雪 »