« 【雑】もう、二月 | トップページ | 【震】福島から脱原発 »

2016年2月 2日 (火)

【遊】新宿で映画を

ひさしぶりに、新宿で映画を観てきた。

「サウルの息子」というハンガリーの映画。
ナチスのホロコーストを描いた重い映画だった。

新宿駅東口の「シネマカリテ」という、いわゆる“シネコン”。
平日の昼間だったせいか、空いていた。

新宿シネマカリテ
http://qualite.musashino-k.jp/

20160202105206

この映画を知ったのは、先週のTBSラジオ「たまむすび」で町山智弘さんが紹介していたのを聴いてだった。

TBS RADIO たまむすび
http://www.tbsradio.jp/tama954/

 TBS RADIO たまむすび: 町山智浩アーカイブ
 http://www.tbsradio.jp/tama954/machiyama/

  TBS RADIO 1月26日(火)アメリカ流れ者 - たまむすび
  http://www.tbsradio.jp/tama954/2016/01/126-10.html

映画の公式サイトは、こちら。

映画『サウルの息子』公式サイト|大ヒット公開中!
http://www.finefilms.co.jp/saul/

以下、上記サイトより。

ネメシュ・ラースロー 監督・脚本
<1977年ハンガリー、ブダペスト生まれ。子供時代と青年時代をフランスの首都パリで過ごした。2つの国、2つの文化の間で育ったラースロ―は、まずパリで教育を受け2003年に26歳の時にブダペストに戻ると、『倫敦から来た男』でタル・ベーラの助監督になった。 その後彼は、忠実で結束の固い少人数のチームで、この映画『サウルの息子』の実現に5年の歳月をかけた。>

イントロダクション
<2015年のカンヌ国際映画祭のコンペ部門で、ある無名の新人監督の作品が上映されると、場内は異様な興奮に包まれた。その衝撃は瞬く間に映画ジャーナリストたちの間に伝わり、その卓越した撮影法と演出により、長篇デビュー作にして見事カンヌのグランプリを獲得するという異例の快挙を成し遂げた。その新鋭監督とは『ニーチェの馬』で知られる名匠タル・ベーラの助監督をしていた38歳のハンガリー出身のネメシュ・ラースロー。強制収容所に送り込まれたユダヤ人が辿る過酷な運命を、同胞をガス室に送り込む任務につく主人公サウルに焦点を当て、サウルが見たであろう痛ましい惨劇を見る者に想像させながら描く。これまでの映画で描かれた事の無いほどリアルなホロコーストの惨状と、極限状態におかれてもなお、息子を正しく埋葬することにより、最後まで人間としての尊厳を貫き通そうとした、一人のユダヤ人の二日間を描いた感動作。>

ストーリー
<1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の死体処理に従事する特殊部隊のことである。彼らはそこで生き延びるためには、人間としての感情を押し殺すしか術が無い。
ある日、サウルは、ガス室で生き残った息子とおぼしき少年を発見する。少年はサウルの目の前ですぐさま殺されてしまうのだが、サウルはなんとかラビ(ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、ユダヤ教の教義にのっとって
手厚く埋葬してやろうと、収容所内を奔走する。そんな中、ゾンダーコマンド達の間には収容所脱走計画が秘密裏に進んでいた・・・。
ユダヤ教では火葬は死者が復活できないとして禁じられている。>

町山さんが紹介していたとおり、ほとんど全編、主人公(ユダヤ人収容所で強制的に死体処理労働をさせられていた“ゾンダーコマンド”の一人“ハウル”)の表情だけを追う映像。
故意にぼかされた背景に写る残虐なシーンに、かえってリアリティーが感じられ、圧倒された。

背景をぼかすために、被写界深度の浅いレンズを使う映像技法。
よく考えられている映画だった。

最後のシーンも印象的。
なんともいえないきもちになった。

劇場に置かれていたパンフレットを立ち読みした。
そこにも書かれていたことだが、ナチスの戦争犯罪はけっして他人事ではなく、旧満州で日本軍(七三一部隊等)がおこなっていた残虐行為を忘れてはいけない、と思った。

ナチスがユダヤ人を「部品」と呼んで「処理」していたように、旧日本軍は「丸太」という言葉を使っていた。
おぞましいことだ。

劇場に足を運ぶまでは、ちょっと気が重かったが、観てよかったと思う。

|

« 【雑】もう、二月 | トップページ | 【震】福島から脱原発 »

【遊】おでかけ日誌」カテゴリの記事

あの戦争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【雑】もう、二月 | トップページ | 【震】福島から脱原発 »