« 【読】三月十日という日 | トップページ | 【読】古山高麗雄 『断作戦』 »

2016年3月13日 (日)

【読】読書会、図書館、新刊書店

肌寒い曇り空の一日だった。

午後、小平図書館友の会の読書会に参加。
今日の参加者は8人。
主宰者のO(オー)さんの博識ぶりを傾聴。

課題本の『文系学部解体』(室井尚 著)について、談論する。
私の関心の薄い分野だったが、人それぞれ抱いた感想がちがい、それなりに勉強になったかな、と思う。

読書会の会場へ車で向かう途中、図書館に寄って読み終えた本を返却。
その前に、近くの新刊書店で、ネット注文してあった本を受け取る。
単行本、新書あわせて4冊購入。

図書館から借りていた玉居古精宏さんの『戦争小説家 古山高麗雄伝』(平凡社)が、とてもいい本で手元に置いておきたいと思い、購入した。

『戦争小説家 古山高麗雄伝』
 玉居子精宏 (たまいこ・あきひろ)
 平凡社 2015/8/5発行 279ページ 1,800円(税別)

同じく、玉居古さんの新書も購入。

『大川周明 アジア独立の夢 ―志を継いだ青年たちの物語』
 玉居子精宏 (たまいこ・あきひろ)
 平凡社新書 651 2012/8/10発行 305ページ 880円(税別)

他に新書を二冊。
気になっていた本も購入。

 

そして、いよいよ古山高麗雄の戦争三部作の第一弾、『断作戦』を読みはじめた。
図書館から借りているこの本(1982年発行)は、多くの人に読まれた本らしく、かなり傷んでいる。
古山高麗雄の読者が多いのだろう。

読みたい本はたくさんある。
「いつも読みたい本ばかり」(渡辺一技)。

|

« 【読】三月十日という日 | トップページ | 【読】古山高麗雄 『断作戦』 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

あの戦争」カテゴリの記事

こんな本を手に入れた」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

古山高麗雄」カテゴリの記事

小平図書館友の会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【読】三月十日という日 | トップページ | 【読】古山高麗雄 『断作戦』 »