« 【読】読了、村上春樹作品集 | トップページ | 【楽】ハコさんの七夕ライブ »

2016年6月26日 (日)

【読】「わかると思う」

この4月から村上春樹の作品(おもに小説)を読み続けて、ようやく『1Q84』にたどりついた。

ひとつ気づいたことがある。
彼の小説の登場人物(主人公の男性が多い)がよく口にする言葉。
口ぐせのようなものだ。

「わかると思う」

わが身を振り返ると、人から「わかる?」と聞かれたときの私の答えは「わかる」「わからない」「よくわからない」の三種類ぐらいか。
他の人はどうか知らないが、私は「わかると思う」という言葉は口にしない(と思う)。

「わかると思う」には、「わかる」と断定しない、ある種の誠実さのようなものが感じられる。
それがどうしたということもないのだけれど、思いついたので書いておく。

『海辺のカフカ』以降に読んだもの。
ようやくここまで来た、という感じ。

6/15~6/16 村上春樹 『海辺のカフカ(上)』 新潮社 (2002/9/10) 397ページ
6/16~6/18 村上春樹 『海辺のカフカ(下)』 新潮社 (2002/9/10) 429ページ
6/18~6/19 村上春樹 『アフターダーク』 講談社 (2004/9/7) 288ページ
6/19~6/20 村上春樹 『東京奇譚集』 新潮社 (2005/9/18) 210ページ
6/21~6/21 清水良典 『村上春樹はくせになる』 朝日新書 004 (2006/10/30) 236ページ
6/22~6/26 村上春樹 『1Q84 BOOK1』 新潮社 (2009/5/30) 554ページ

どれも、近くの図書館から借りてきた。

村上春樹についての評論(作家論・作品論)が図書館に並んでいたが、あまり読む気はしない。
ただ一冊、清水良典という文芸評論家が書いた『村上春樹はくせになる』(朝日新書)は、読んでよかった本だ。

この新書版では『海辺のカフカ』までしか扱われていないが、その後出版された朝日文庫版(増補版)では、『1Q84』『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』についての評論が追加されている。

上の最近作二作品を読んだら、増補版に追加された部分を読んでみたいと思い、文庫版も入手した。

清水良典 『増補版 村上春樹はくせになる』 朝日文庫 (2015/9/7) 285ページ

 

|

« 【読】読了、村上春樹作品集 | トップページ | 【楽】ハコさんの七夕ライブ »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を手に入れた」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

村上春樹」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【読】読了、村上春樹作品集 | トップページ | 【楽】ハコさんの七夕ライブ »