« 【雑】4年前 | トップページ | 【雑】梅雨明け間近 »

2016年7月20日 (水)

【雑】36年前

今日もまた、暑くなりそうだ。

やけにはっきりした夢をみて、朝早く目がさめてしまった。
夢のなかには、なぜか友人夫妻と母がでてきた。

7月20日は、36年前に父が亡くなった日。
私はまだ二十代で、遠く離れた東京にいたため、父の最期には間にあわなかった。
炎天下、心筋梗塞による急死だった。

徹夜の仕事をしていたところ、仕事場に電話がはいって、父の死を知った。
あの夜も暑かった。

母の命日はいつも意識しているのだが、父の命日は、ともすれば忘れがち。

今朝は、わが家に置いてあるちいさな仏壇に線香をあげて、手をあわせた。

生きていくことはせつない――そう言った友人がいる。
せつないことが多いけれど、それでも生きていく。

そんなことを思う、夏の日。

20160720_weather_2

|

« 【雑】4年前 | トップページ | 【雑】梅雨明け間近 »

【雑】きまぐれ日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【雑】4年前 | トップページ | 【雑】梅雨明け間近 »