« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月の10件の記事

2017年3月26日 (日)

【雑】チャリティ古本市終了

年に一度の、小平図書館友の会(第19回)チャリティ古本市。
今日は、午前10時から午後3時までの販売。

昨日とはうってかわって、ゆったりできる会場。
古本関係で見知った顔もちらほら。

午後2時頃、私の目の前に突然あらわれた顔にびっくり。
遠くから、雨の中を訪ねてくださったのだ。
ライブ会場やフェイスブックで、この古本市のことをお知らせしていた。

昨夜は、彼女自身のバンドのライブだったので、まさか来てくださるとは思ってもみなかった。
うれしいこと限りなし。

その人が誰なのかは、ここでは明かさないし、記念写真も掲載しないでおこう。
音楽界でよく知られているプロのボーカリストなので。
フェイスブックをご利用の方は、そちらで。なんちゃって。

【写真】 撮影 2017/3/26(日) 小平市中央公民館ギャラリー

開場前。
廊下には、昨日ほどではないが、何人もの入場待ちの行列が。

20170326_014120170326_0142

20170326_0153

会場内の様子(午前11時頃)。

20170326_0158

午後3時を過ぎ、最後のお客様が退場した後、会場の片づけ。
毎年のことだが、このイベント最大の力仕事。

20170326_0168

20170326_017420170326_0178

そして、きれいに片付いた、会場の小平市中央公民館ギャラリー。

20170326_0179

たいへんだったけれど、古本大好きの私には楽しいイベントだった。

今回は、たぶん過去最高の入場者数、売上だったようだ。

ご来場くださったお客さまと、古本を寄付してくださった皆さまに、こころからの感謝を。

| | コメント (0)

2017年3月25日 (土)

【雑】古本市販売初日

今日から明日まで、小平図書館友の会のチャリティ古本市(販売日)。

今回は、表側(小平市立中央図書館・公民館の表玄関側)に、二か所、立て看板を置かせてもらった。

20170325_009120170325_0092

今日の初日、開場時刻の10時の一時間前から、たくさんのお客様が来てくださった。

9時から入場整理券を配布。
10時5分前から、整理券順に並んでいただき、定時に開場。
おひとりずつ、順番にはいっていただいたが、あっという間に会場は満杯。

【写真】 撮影 2017/3/25(土) 小平市中央公民館ギャラリー

開場直前の様子。
最後の点検。

20170325_0101

開場前の廊下。
整理券を受け取って、開場を待つお客さま。

20170325_0097

下の写真は、昼頃、会場が落ち着いた頃のようす。
この時刻までは、身動きもむずかしい状態で、持ち場を離れることができなかった。

20170325_0110

午後になると、お客様の波も引いて、だいぶんゆったりしてきた。

20170325_0134_2

終礼。

20170325_0139

明日は、10時から15時までの販売。
その後、残本の片づけと会場撤収で、これまた忙しい。

たいへんだけれど、楽しい毎日だ。

| | コメント (0)

2017年3月24日 (金)

【雑】古本市準備三日目

小平図書館友の会の第19回チャリティ古本市。

三日間続いた会場準備・寄付本受け付けも、今日が最終日。

今日も、たくさんの寄付本をいただいて、会場は古本であふれかえった。

いよいよ明日10時から販売開始。
3/25(土)・26(日)の二日間で、たくさんのお客さまを迎える。

とくに初日の会場直後は、たいへんな混雑ぶりだ。
事故のないように気をつけて、がんばろう。

Kodaira_huruhonichi_2017

【写真】 撮影 2017/3/24(金) 小平市中央公民館ギャラリー

会場(ギャラリー)前、廊下壁面の掲示。

20170324_0062

20170324_0063

本の整理に奮闘中。

20170324_005720170324_0058

20170324_0068</p>

最終ミーティング。
まだ本の整理が終わらない……。

20170324_0080

| | コメント (0)

2017年3月23日 (木)

【雑】古本市準備2日目

小平図書館友の会の、第19回チャリティ古本市。

今日が準備・寄付本受け付け二日目。
きのうは寄付本の集まりを心配していたが、今日は朝から寄付本を持ってきてくださる方が続いた。
ありがたいことだ。

【写真】 撮影 2017/3/23(木) 小平市中央公民館ギャラリー

20170323_002020170323_0018_2

20170323_0026

会場は、たくさんのの古本で埋まった。

明日も、寄付本受け付け。
そろそろ足腰に筋肉痛が……。

20170323_0028

20170323_0052

Kodaira_huruhonichi_2017_2

準備期間を含め5日間の古本市も、いよいよ佳境にはいってきた。

| | コメント (0)

2017年3月22日 (水)

【雑】古本市準備初日

今年で19回目をむかえた、小平図書館友の会のチャリティ古本市。

今日から、寄付本の受け付けと会場の準備が始まった。

私がこのイベントに参加しはじめて7回目。
はじめて参加したのが2011年の震災の年。
この年は、3月に東日本大震災があったため、7月の暑い時期に開催した。

小平から当地に引っ越してからも、友の会の会員で居続けて、毎年、このイベントに参加するのを楽しみにしている。

準備初日の今日は、会場設営(小平市中央公民館ギャラリー)と、昨年からの繰り越しの本の運び込み、寄付本の受け付けをした。

会場に集まった古本は、種類ごとに配置。
これが、たいへんな作業だ。

明日、明後日も、準備が続き、土曜日曜が販売日だ。
たくさんお客さんがみえるといいな。

Kodaira_huruhonichi_2017

2017年 第19回 チャリティ古本市 開催案内: 小平図書館友の会ブログ
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/kltomonokai/2017/02/2017-19-4e89.html

【写真】 撮影 2017/3/22(水) 小平市中央公民館ギャラリー

20170322_000120170322_0002

20170322_0011

20170322_0004

20170322_0008

20170322_0013

20170322_0014

| | コメント (0)

2017年3月18日 (土)

【遊】「アフガニスタン山の学校支援の会」のイベントへ

昨年、あるイベントで知り合った高橋美香さん(フォト・ジャーナリスト)。
その美香さんからいただいたチラシで知ったイベント。

東中野の「驢馬駱駝」というスペースで開催されたので、予約して行ってきた。

「アフガニスタンを『食べて』『見て』もっと知ろう」3/18東中野 | 西遊旅行
http://www.saiyu.co.jp/newspaper/event/afghanistan_kick_off_2017/

アフガニスタンを『食べて』『見て』もっと知ろう

場 所 : 東京 東中野・驢馬駱駝(ろまらくだ) 
主 催 : 「アフガニスタン山の学校支援の会」
開催日 : 2017年3月18日(土)
開催時間 : 13:30-16:30

主催団体の 「アフガニスタン山の学校支援の会」は、長倉洋海さん(フォト・ジャーナリスト)が代表を務め、高橋美香さんも主要メンバー。

アフガニスタン山の学校支援の会
http://www.h-nagakura.net/yamanogakko/

【同会のサイトより】
<「アフガニスタン 山の学校支援の会」は、写真家・長倉洋海が20余年にわたるアフガニスタンでの取材活動を通して出会ったパンシール渓谷ポーランデ地区の子どもたち の教育支援を目的として、2004年2月に設立された非営利の団体です。>

会場は東中野駅西口のすぐ前だったのだが、ビルの入口を見落として歩いていってしまい、しばらく迷子になった。

「驢馬駱駝(ろまらくだ)」は、ビルの9階。

エレベーターを降りたところの非常階段(喫煙コーナー)から、中央線がよく見えた。
線路脇の黄色い菜の花がきれいだ。

2017031813145020170318131757

会場は広く、参加者は60人あまり。

20170318133108

山の学校の映像が映され、やがてアフガン料理が並べられた。
司会の挨拶のあと、アフガニスタンの食事の作法のお話(長倉さんと、在日アフガン人のゲストの方――お名前は失念)。

20170318134216

下の写真は、料理の説明をする高橋美香さん(中央)。
その右は、取材のカメラマン。
左から二人目が長倉洋海さん。

20170318134044

そして、待望のアフガン料理をいただいた。

ていねいに作られた料理は、たいへん美味しく、うれしかった。

「食事のメニューはパニール(チーズ)と干しぶどう、カバブ・ムルグ・コフタの串焼き盛合せ、ドーシ(羊肉煮込み)、バーミヤ(オクラ煮込み)、バンジャン(ナス煮込み)、サラダ、パラウ(炊き込みご飯)、ナン」(フェイスブックのイベント案内より)。

2017031813572120170318140541

2017031814102820170318153826

食事が一段落した頃、長倉洋海さんのスライド・トークが始まった。
私が長倉さんにお会いするのは、これがはじめてだったが、柔らかなお人柄が伝わってくる、あたたかいトークが続いた。

会場には、支援の会のオリジナル・グッズが並べられていた。

私は、妻のために赤いショルダーバッグと、自分用のポーチを購入。
色鮮やかで、すばらしいものだ。

今日のイベントの最後は、全員に景品があたるお楽しみ抽選会。
長倉さんの写真パネルや、オリジナル・グッズが大盤振る舞いされた。
私は、長倉さんの大判プリントをいただいた。

たいへん楽しく、有意義なイベントだった。
会場全体が和気藹々としていて、あたたかな気持ちを抱いたまま帰宅。

お土産のショルダー・バッグが喜ばれた。
うれしい。

すこし前に図書館から借りて読んだ長倉洋海さんの本。
今日、会場で購入。
長倉さんにサインをいただいた。

『アフガニスタン ぼくと山の学校』
 長倉洋海 かもがわ出版 2014/10/20発行

| | コメント (0)

【雑】なつかしいアパート再訪

今日、東中野で開かれたイベントに参加するため、中央線に乗った。

立川から特別快速で中野下車。
総武線に乗り換えて東中野までひと駅なのだが、ふと思いついて中野駅北口へ。

今から40年近く昔、20代末に住んでいるアパートがあったあたりへ行ってみようと思ったのだ。
ここに住んでいた頃、私は結婚し、数年間住んでいた。

おぼろげな記憶をたどり、スマホの地図で住所を確認しながら、迷いに迷って、見覚えのある神社のある小公園をみつけた。

20170318_0005

この公園からすぐだと思ったのだが、アパートまでの路地の両側は、すっかり様変わりしていた。
きっと、あのアパートもなくなっているだろう、と思いながら番地をたどって行った。

驚いたことに、ほぼ40年近く前の姿で残っていた。
二階建て四軒が住む小さなアパートで、二階の一室に大家さんのご婦人が住み、私はその向かいの部屋だった。

20170318_0004_2

20170318_0001

大家さんはもう住んでいないらしく、表札を残したまま、入り口は塞がれて施錠されていた。
よく見ると、通りに面した二階には不動産屋の看板が。
売りに出されているようだった。

そういえば、私が住んでいた頃の窓は雨戸だったはず。
今はシャッターになっていたが、年季のはいった建物の壁面は剥がれかかっていた。
ちょっと淋しい風情。

なんとも不思議な、タイムスリップのようなひとときを過ごし、後ろ髪をひかれる思いで、この時代がかったアパートを後にし、隣り駅の東中野へ徒歩で向かったのだった。

| | コメント (0)

2017年3月17日 (金)

【読】ようやく読んだ「火花」

一昨年買って、そのままにしていた文藝春秋(2015年9月号)で、又吉直樹の「火花」を読んだ。

Bunshun201509

文章は、うまいと思えないが、緊迫感があっておもしろかった。
読みすすめるうちに、この人のリズム感のようなものに慣れてくる。
ただ、この雑誌で85ページという分量は、ちょっと長すぎる気も。

第153回芥川賞を同時受賞した、羽田圭介の「スクラップ・アンド・ビルド」も、ついでに読んでしまおう。

そして、この雑誌はチャリティ古本市に出してしまおうか。
他の記事にも読みたいものがありそうなので、迷っている。

借りていた本を返却しに行った図書館で、新着コーナーをのぞいてみる。

おもしろそうな本を発見。
さっそく借りてきた。
7cmの厚さがあって、ちょっとした辞書並み。
広辞苑クラスだ。
きっと、購入時は箱にはいっていたのだろう。

Shoyou_taizen_1Shoyou_taizen_2_2

『書評大全』 共同通信社文化部(編集)/三省堂
 2015/4/15発行 16,500円(税別)

― Amazonより ―
内容紹介
<共同通信の署名入り配信がスタートした1998年3月から2014年3月末まで、16年間の膨大な「書評データ」を一冊に凝縮。/掲載書名約5、000点、評者約1、600人。/書名、著者・編者、訳・監訳者、写真家、評者、出版社索引、そして楽しめるキーワード索引付き。/図書館の必備レファレンスとしても有益な、空前の“書評から見る文化史大事典” >

これは、すごい。

索引が詳しく、充実している。
気になる書評家や著者を探して、読んでみたい。

| | コメント (0)

2017年3月16日 (木)

【雑】チャリティ古本市の紹介記事(asacoco)

小平図書館友の会が毎年開催している 「チャリティ古本市」 のことが、タウン誌で大きく紹介された。

先日、取材があったと聞いていたが、カラー写真入りで詳しく書かれている。
うれしい。

朝日新聞のタウン誌 「アサココ(asacoco)」 2017年3月16日号の第2面だ。
朝日新聞購読者(多摩地域)に無料配布されている。
宣伝効果絶大。

このタウン誌は、ネットでも公開しているようだが、今日はまだ、この号は掲載されていないようだ。
 → PDF版で3/16号もダウンロードできるようになっていました(2017/3/16 PM3)

asacoco - アサココ -  — 多摩地域から「新しいライフスタイル」を発信 —
http://asacoco.jp/

Asacoco_20170316_1

Asacoco_20170316_2

いよいよ、来週3/22(水)から三日間、寄付本受け付け。
3/25(土)と3/26(日)の二日間が販売日だ。

忙しくなるぞ。

Kodaira_huruhonichi_2017

【小平図書館友の会ブログ記事】

2017年 第19回 チャリティ古本市 開催案内: 小平図書館友の会ブログ
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/kltomonokai/2017/02/2017-19-4e89.html

| | コメント (0)

2017年3月11日 (土)

【震】6年後の3.11

今日は特別な日。

何日も前から、テレビなどはこの日のことであれこれ報道が続いている。

忘れないためにはだいじなことだろうが、この時期だけの報道の盛りあがりには違和感をおぼえる。

あの日と、そのあとの原発事故のことは、忘れようにも忘れようがない。
それよりも、被災した土地の復興は、まだまだ長い時間がかかることを、いつも気に留めておかなくては。

2011年3月12日(土) ブログ記事
 【震】恐ろしい地震体験: やまおじさんの流されゆく日々
 http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-5cfd.html

201103120001201103160002

6年前は、別のことでも私にとっての節目の年だった。
2011年6月末で定年退職。
実際には、有給消化で5月25日が最後の出勤日だった。

2011年5月26日(木) ブログ記事
 【雑】引退式: やまおじさんの流されゆく日々
 http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-cf76.html

20110525_2

その翌年には、いまの場所に引っ越しもした。

2012年3月8日(木) ブログ記事
 【雑】引っ越しのバタバタ: やまおじさんの流されゆく日々
 http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-a5dd.html

20103100022

あれから6年たったのかと、感慨ぶかい。

【追記】
毎週聴いている土曜日のラジオ番組 「久米宏ラジオなんですけど」(TBSラジオ、13時から)のゲストコーナーを聴いていた。
ゲストの奥野修司さんという人の話と著書のこと。
この本は読んでみたい。

『魂でもいいから、そばにいて 3・11後の霊体験を聞く』
 奥野修司 新潮社 2017年2月発行

― Amazonより ―

「今まで語れなかった。でも、どうしても伝えたい」という遺族たちの思いが噴き出した、初めての〝告白″を、大宅賞作家が優しい視線と柔らかな筆致で描き出す!
唯一無二の〝奇跡″と〝再生″の物語を紡ぎ出す、感動と感涙のノンフィクション。

【目次】
旅立ちの準備
春の旅
1『待っている』『どこにも行かないよ』
2 青い玉になった父母からの言葉
3 兄から届いたメール≪ありがとう≫
4『ママ、笑って』――おもちゃを動かす三歳児
5 神社が好きだったわが子の跫音(あしおと)
夏の旅
6 霊になっても『抱いてほしかった』
7 枕元に立った夫からの言葉
8 携帯電話に出た伯父の霊
9 『ほんとうはなあ、怖かったんだぁ』
10 三歳の孫が伝える『イチゴが食べたい』
秋の旅
11 『ずっと逢いたかった』――ハグする夫
12 『ただいま』――津波で逝った夫から
13 深夜にノックした父と死の「お知らせ」
14 ≪一番列車が参ります≫と響くアナウンス
15 あらわれた母と霊になった愛猫
16 避難所に浮かび上がった「母の顔」
旅のあとで

出版社からのコメント
 「今まで誰にも話せませんでした。死んだ家族と〝再会″したなんて――」 大震災で愛する者を失った人びとの奇跡の体験と再生の物語。

― e-hon サイトより ―

要旨
 今まで語れなかった。でも、どうしても伝えたい。未曾有の大震災で最愛の人を喪った絶望の淵で…大宅賞作家が紡いだ、“奇跡と再会”の記録。
目次
 春の旅(『待っている』『どこにも行かないよ』(亀井繁さんの体験)
 青い玉になった父母からの言葉(熊谷正恵さんの体験)
 兄から届いたメール“ありがとう”(熊谷常子さんの体験)
 『ママ、笑って』―おもちゃを動かす三歳児(遠藤由理さんの体験)
 神社が好きだったわが子の跫音(永沼恵子さんの体験))
 夏の旅(霊になっても『抱いてほしかった』(阿部秀子さんの体験)
 枕元に立った夫からの言葉(赤坂佳代子さんの体験)
 携帯電話に出た伯父の霊(吉田加代さんの体験)
 『ほんとうはなあ、怖かったんだぁ』(阿部由紀さんの体験)
 三歳の孫が伝える『イチゴが食べたい』(千葉みよ子さんの体験))
 秋の旅(『ずっと逢いたかった』―ハグする夫(高橋美佳さんの体験)
 『ただいま』―津波で逝った夫から(菅野佳代子さんの体験)
 深夜にノックした父と死の「お知らせ」(三浦幸治さんと村上貞子さんの体験)
 “一番列車が参ります”と響くアナウンス(今野伸一さんと奈保子さんの体験)
 あらわれた母と霊になった愛猫(大友陽子さんの体験)
 避難所に浮かび上がった「母の顔」(吾孫耕太郎さんの体験))

おすすめコメント
 「いままで誰にも言えなかった――」喪った最愛の人との“再会”の告白。「亡き妻があらわれて語った〈待っている〉という言葉が唯一の生きる希望です」「兄の死亡届を書いているとき〈ありがとう〉と兄のメールが届いて」「夫が霊になっても抱いてほしかった」――未曾有の大震災で愛する者が逝き、絶望の淵にあった人びとの心を救ったのは、不思議でかけがえのない体験の数々だった。“奇跡”と“再生”をたどる、感涙必至のノンフィクション。

| | コメント (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »