« 【雑】2020年を振り返る -12月- | トップページ | 【読】2020年12月に読んだ本(読書メーター) »

2020年12月30日 (水)

【読】2020年に読んだ本

2020年に読んだ本。
なかば自分用のメモとして。
テキストファイルで読書記録を付けているので、そこからコピペしておこう。
この一年は、55冊しか読了できなかった。

なかでも印象深かった本を赤字に。
書影はamazonより。

●2019/12/29~1/3 熊倉正修(まさなが) 『日本のマクロ経済政策――未熟な民主政治の帰結』 岩波新書1780 (2019/6/20) 242ページ
●1/3~1/7 藻谷浩介 『デフレの正体――経済は「人口の波」で動く』 角川oneテーマ21 (2010/6/10) 270ページ
●1/7~1/8 平田オリザ・藻谷浩介 『経済成長なき幸福国家論――下り坂ニッポンの生き方』 毎日新聞出版 (2017/9/25) 187ページ 【東大和市立図書館】
●1/9~1/9 服部文祥 『息子と狩猟に』 新潮社 (2017/6/30) 173ページ 【東大和市立図書館】
●1/10~1/13 藻谷浩介 『藻谷浩介対談集 しなやかな日本列島のつくりかた』 新潮社 (2014/3/15) 223ページ
●1/24~1/30 山本太郎・雨宮処凛(取材・構成) 『僕にもできた!国会議員』 筑摩書房 (2019/4/10) 189ページ 【東大和市立図書館】
●1/30~1/30 角幡唯介(文)/山村浩二(絵) 『月刊たくさんのふしぎ419 極夜の探検』 福音館書店 (2020年2月号) 40ページ 【東大和市立図書館】
●1/31~2/2 郷原宏 『岸辺のない海 石原吉郎ノート』 未來社 (2019/11/11) 329ページ 【東大和市立図書館】
●2/2~2/3 木村草太・国谷裕子 『憲法という希望』 講談社現代新書 (2016/9/20) 221ページ 【東大和市立図書館】
●2/3~2/4 木村草太 『自衛隊と憲法 -これからの改憲論議のために-』 晶文社(犀の教室Liberal Arts Lab) (2018/5/10) 206ページ 【東大和市立図書館】
-10-
●2/5~2/9 小松由佳 『オリーブの丘へ続くシリアの小道で ふるさとを失った難民たちの日々』 河出書房新社 (2016/3/20) 127ページ 【東大和市立図書館】
●2/9~2/12 牧野伊三夫 『牧野伊三夫 イラストレーションの仕事と体験記 1987-2019 椰子の木とウィスキー、郷愁』 誠文堂新光社 (2019/12/28) 895ページ 【東大和市立図書館】
●1/14~2/12 岡村道雄 『縄文人からの伝言』 集英社新書0746D (2014/7/22) 197ページ
●2/13~2/17 夢枕獏・岡村道雄 『縄文探検隊の記録』 集英社インターナショナル新書032 (2018/12/12) 253ページ
●2/22~2/24 南陀楼綾繁 『一箱古本市の歩きかた』 光文社新書433 (2009/11/20) 316ページ 【東大和市立図書館】 ※のち購入Amazon
●2/18~2/26 リチャード・ローズ/古賀林 幸訳 『アメリカ農家の12ヵ月』 晶文社 (1993/7/30) 346ページ 【東大和市立図書館】除籍本
●2/27~3/8 根路銘国昭 『ウイルスで読み解く[人類史]』 徳間書店 (1995/2/28) 245ページ 【東大和市立図書館】
●3/8~3/10 小林照幸 『パンデミック 感染爆発から生き残るために』 新潮新書299 (2009/2/20) 189ページ 【東大和市立図書館】
●3/10~3/15 川越宗一 『熱源』 文藝春秋 (2019/8/30) 426ページ ※第162回直木賞受賞作
●3/17~3/24 馳星周 『不夜城』 角川文庫 (1999/4/25) 533ページ
-20-
●3/24~3/30 岩田健太郎 『「感染症パニック」を防げ! リスク・コミュニケーション入門』 光文社新書725 (2014/11/20) 313ページ
●4/15~5/8 馳星周 『鎮魂歌(レクイエム) 不夜城Ⅱ』 角川文庫 (2000/10/25) 600ページ
●5/9~5/11 高野秀行・角幡唯介 『地図のない場所で眠りたい』 講談社 (2014/4/24) 293ページ 【再読】
●5/11~5/18 内澤旬子 『飼い喰い 三匹の豚とわたし』 岩波書店 (2012/2/22) 306ページ
●5/18~5/29 カミュ/宮崎嶺雄 訳 『ペスト』 新潮文庫 (1969/10/30-2020/5/15 93刷) 476ページ
●5/30~6/14 サンドラ・ヘンペル/関谷冬華 訳 『ビジュアル パンデミック・マップ 伝染病の起源・拡大・根絶の歴史』 日経ナショナルジオグラフィック社 (2020/3/16) 224ページ 【東大和市立図書館】
●6/16~6/18 姫田忠義 『忘れられた日本の文化 ―撮りつづけて三十年―』 岩波ブックレット193 (1991/4/19) 62ページ 【東大和市立図書館】
●7/25~7/25 萱野茂・文/石倉欣二・絵 『パヨカカムイ ユカラで村をすくったアイヌのはなし』 小峰書店 (2000/12/2) 【東大和市立図書館】
●7/8~7/9 木村友祐 『幼な子の聖戦』 集英社 (2020/1/30) 219ページ 【東大和市立図書館】
●7/9~7/13 高橋三千綱 『ありがとう肝硬変、よろしく糖尿病』 幻冬舎 (2016/1/30) 394ページ 【東大和市立図書館】
-30-
●7/13~7/14 島田雅彦 『スノードロップ』 新潮社 (2020/4/25) 196ページ 【東大和市立図書館】
●7/14~7/14 村上春樹 『猫を棄てる 父親について語るとき』 文藝春秋 (2020/4/25) 101ページ
●7/15~7/19 『冒険の森へ 傑作小説大全 6 追跡者の宴』 集英社 (2016/11/9) 563ページ 【東大和市立図書館】 五木寛之「裸の町」/生島治郎「男たちのブルース/他」
●7/19~7/22 内澤旬子 『捨てる女』 朝日文庫 (2017/4/30) 263ページ
●7/22~7/24 内澤旬子 『ストーカーとの七〇〇日戦争』 文藝春秋 (2019/5/25) 361ページ 【東大和市立図書館】
●7/26~7/27 松田哲夫/内澤旬子(イラスト) 『本に恋して』 新潮社 (2006/2/25) 203ページ 【東大和市立図書館】
 6/19~7/14 池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 I-01 ジャック・ケルアック/青山南 訳 『オン・ザ・ロード』 河出書房新社 (2007/11/30) 445ページ 【東大和市立図書館】 中断~P.170
●7/26~8/1 池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 I-01 ジャック・ケルアック/青山南 訳 『オン・ザ・ロード』 河出書房新社 (2007/11/30) 445ページ 【東大和市立図書館】 中断後P.171~
●8/2~8/3 池澤夏樹・池澤春奈 『ぜんぶ本の話』 毎日新聞出版 (2020/6/20) 223ページ 【東大和市立図書館】
●8/5~8/18 池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 I-02 マリオ・バルガス=リョサ/田村さと子 訳 『楽園への道』 河出書房新社 (2008/1/20) 507ページ 【東大和市立図書館】
●7/25~/8/19~8/20 内澤旬子 『漂うままに島に着き』 朝日文庫 (2019/7/30) 296ページ
-40-
●8/20~8/22 高野秀行 『未来国家ブータン』 集英社文庫 (2016/6/30) 324ページ
●8/23~8/27 メイ・サートン/武田尚子 訳 『夢見つつ深く植えよ』 みすず書房 (1996/1/30) 247ページ 【東村山市立図書館】
●9/4~9/6 馳星周 『少年と犬』 文藝春秋 (2020/5/15) 308ページ 【東大和市立図書館】
●8/28~9/9 高野秀行 『謎のアジア納豆 そして帰ってきた<日本納豆>』 新潮社 (2016/4/25) 350ページ
●9/11~10/8 高野秀行 『幻のアフリカ納豆を追え! そして現れた<サピエンス納豆>』 新潮社 (2020/8/25) 366ページ
●10/8~10/11 小松由佳 『人間の土地へ』 集英社インターナショナル (2020/9/30) 251ページ
●10/11~10/12 服部文祥 『サバイバル家族』 中央公論新社 (2020/9/25) 242ページ 【東大和市立図書館】
●10/13~10/19 池澤夏樹 『ワカタケル』 日本経済新聞出版 (2020/9/18) 429ページ
●11/7~11/12 池澤夏樹 『科学する心』 集英社インターナショナル (2019/4/10) 261ページ 【東大和市立図書館】
●11/18~11/21 竹内洋岳 『下山の哲学』 太郎次郎社エディタス (2020/10/15) 254ページ 【東大和市立図書館】
-50-
●11/23~11/24 竹内洋岳 『登山の哲学 標高8000メートルを生き抜く』 NHK出版新書407 (2013/5/10) 205ページ 【東大和市立図書館】
●10/25~11/28 大塚ひかり 『愛とまぐはひの古事記』 ちくま文庫 (2011/10/10) 260ページ
●12/4~12/12 頭木弘樹 『食べることと出すこと』 医学書院 (2020/8/1) 316ページ 【東大和市立図書館】
●12/14~12/27 温又柔・木村友祐 『私とあなたのあいだ いま、この国で生きるということ』 明石書店 (2020/10/30) 331ページ 【東大和市立図書館】
●12/28~12/29 温又柔(おん・ゆうじゅう) 『来福の家』 集英社 (2011/1/10) 268ページ 【東村山市立図書館】

Photo_20201230152602 Photo_20201230152601

Photo_20201230152702 Photo_20201230152701

Photo_20201230152801Photo_20201230153201

Photo_20201230152904 Photo_20201230152903

Photo_20201230152901 Photo_20201230153001

Photo_20201230153102 Photo_20201230153101

Photo_20201230153302 Photo_20201230153301

Photo_20201230153402 Photo_20201230153401

Photo_20201230153403 Photo_20201230153404

Photo_20201230153405Photo_20201230153501

Photo_20201230153503 Photo_20201230153502

Photo_20201230153504

|

« 【雑】2020年を振り返る -12月- | トップページ | 【読】2020年12月に読んだ本(読書メーター) »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【雑】2020年を振り返る -12月- | トップページ | 【読】2020年12月に読んだ本(読書メーター) »