« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月の3件の記事

2021年8月26日 (木)

【読】五木寛之『親鸞』三部作と全挿画集

約2週間かけて、ついに読了。

五木寛之『親鸞』三部作(講談社文庫6冊)。
並行して読んだ画集、山口晃『親鸞全挿画集』(695ページ)。

新聞連載当時、購読紙(東京新聞)で毎日、読んでいた。
数年ぶりの再読だったが、挿絵とあわせて読むことで、当時のワクワク感を再び体験できた。

新聞連載データ(『親鸞全挿画集』より)

【第一部】2008/9/1~200/8/31 354回連載 北海道新聞他26紙
【第二部】2011/1/1~2011/12/11 336回連載 北海道新聞他43紙
【第三部】2013/7/1~2014/7/6 361回連載 北海道新聞他36紙

20210815-085459_20210826211301

20210817-154946_20210826211301

20210820-193132_20210826211301

20210826-142903_20210826211301

Photo_20210826212201

Photo_20210826211601 Photo_20210826211505

Photo_20210826211504 Photo_20210826211502

Photo_20210826211503 Photo_20210826211501

以下、「読書メーター」に投稿した感想文。

【第一部(上巻)】8/14~8/17
新聞連載当時に毎日読んでいた。その挿絵を集めた山口晃さんの『親鸞全挿画集』を眺めているうちに、読み直してみたいと思うようになった。文庫版全6冊の1巻目。人間親鸞の生々しい幼少期から青春期。新聞連載当時のワクワク感がよみがえる。さすが、物語り(ストーリーテラー)の名手である。

【第一部(下巻)】8/17~8/19
『親鸞』三部作の第一部(青春篇)完結。師の法然が讃岐に流され、みずから親鸞と名乗ることにした善信は藤井善信という流人として越後へ。河原での安楽坊遵西の処刑シーンが圧巻。新聞連載時の挿絵(山口晃画伯)を収めた『親鸞全挿画集』と並行して読みすすんでいる。続いて第二部「激動篇」へ。

【第二部(上巻)】8/19~8/21
かつて新聞連載された『親鸞』三部作の第二部(上巻)。三部作中盤のクライマックスともいえる雨乞いの祈祷の場面が圧巻。全巻を通してドラマチックな物語の運びに感動しながら読みすすめている。神がかりとなったサトという娘と、親鸞の妻女・恵心の妹・鹿野の娘・小野の行く末は?

【第二部(下巻)】8/21~8/23
越後から関東へ、そして再び京へ。ドラマチックな展開が続く。いよいよ完結編へと進む。山口晃『親鸞全挿画集』(新聞連載時の挿画をすべて集め、さらに山口画伯のコメント付き)の挿絵を見ながら小説を読みすすめている。『親鸞全挿画集』の感想は、読了後に。 余談だが講談社文庫の初版(2013年6月刊行)には、あきらかな誤植が2か所あった。改版で訂正されているのだろうか。

【第三部(上巻)】8/24~8/25
三部作の第三部上巻。謎の女性”竜夫人(りゅうぶにん)”が唐突に登場。やがて、親鸞とゆかりの深いあの女性だと知れる。親鸞をとりまくさまざまな人物が、皆、生き生きしている。なかでも唯円(歎異抄の作者とされている)が魅力的。いかにも新聞連載小説らしく、次々と予想しない展開が続き、引き込まれる。いよいよ最終巻にはいる。

【第三部(下巻)】8/26~8/26
三部作の最終巻。いっきに読了。五木さんが「あとがき」に書いているが、事実をもとにしたフィクション、「稗史(はいし)小説」(中国で民間に語りつがれる噂や風聞を、身分の低い役人が集めて献上したもの)と捉えて読むべきだろう。文庫版解説(末國善己)に「大胆不敵なフィクションの部分は多々あるが、親鸞思想の根本はいささかも踏み外さずに捉えている」と宗門からも高く評価されている、とあるが、なるほどと思う。親鸞をとりまく多彩な登場人物が皆、魅力的。ちなみに、新聞連載当時の挿絵を集めた山口晃『親鸞全挿画集』と同時に読んだ。

| | コメント (0)

2021年8月15日 (日)

【読】五木寛之『親鸞』三部作再読

ノンフィクションライターの高野秀行さんが好きだ。

数日前にネットで高野さんの話を視聴。
コロナ禍のなかで読むといいという、高野さんの推薦本の一冊がこれ。

『親鸞全挿画集』 山口晃/著
青幻舎 2019年2月
ISBNコード 978-4-86152-479-0
(4-86152-479-2)
税込価格 6,050円
頁数・縦 695P 26cm

山口晃 親鸞 全挿画集|青幻舎 SEIGENSHA Art Publishing, Inc.
https://www.seigensha.com/books/978-4-86152-479-0/

山口晃『親鸞 全挿画集』が刊行。五木寛之による新聞小説『親鸞』挿画の全容と背景が一冊に (美術手帖)
https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/19297

Photo_20210815092001

五木寛之さんが、かつて新聞連載していた小説『親鸞』(三部作)の挿絵画家・山口晃さんが、連載当時の挿絵を全て公開。
大判で分厚い本を図書館から借りて読み始めた。

これが、じつに面白い。

掲載紙のひとつ、東京新聞を購読しているので、連載初回からずっと読んでいたのは、懐かしい思い出。
毎回、新聞を切り抜いて取ってあったのだが、いつだったか捨ててしまった。
惜しいことをしたものだ。

Tokyo_shinbun_20110101_1

20130701_shinran

20140224_tokyo_shinbun

20140706_shinran

Tokyo_shinbun_20100110

Tokyo_shinbun_20110101_2

山口晃さんの挿画集を読んで(見て)いたら、小説『親鸞』を読んでみたいと思った。
市内の図書館に文庫6冊が揃っていたので、昨日、思いたって雨の中を車で駆けつけて借りてきた。

20210815-085459

さっそく読み始めている。
山口さんの挿画集の絵と見比べながら、新聞連載当時のワクワク感を思い出している。

| | コメント (0)

2021年8月 1日 (日)

【読】2021年7月に読んだ本(読書メーター)

7月の読書メーター
読んだ本の数:11
読んだページ数:2330
ナイス数:126

東京島 (新潮文庫)東京島 (新潮文庫)感想
これは、よくできた小説。この前に読んだ同じ作家の『OUT』が生々し過ぎて印象がよくなかっただけに、架空の無人島を舞台にしたこの話(つくり話)を楽しむことができたように思う。結末がみごと。突飛な連想だが、池澤夏樹『マシアスギリノ失脚』に通じるスピリットを感じた(シチュエーションはだいぶんちがうけれど)。それにしても、一作ごとに工夫を凝らした物語世界を紡ぎ出す桐野夏生という作家はすごい。多作の作家なので、読んでいない作品がたっぷりあって、まだまだ楽しみは続く。
読了日:07月01日 著者:桐野 夏生


女神記 (新・世界の神話)女神記 (新・世界の神話)感想
古事記のイザナミ・イザナキ神話を核にしながら、琉球弧の神世界(久高島がモデルと思われる)にまで懐を広げたスケールの大きさに圧倒された。ヤマトの神話世界を、もっと広い視野で見直す作者の想像力・創造力の凄さに舌を巻く。いっきに読了。
読了日:07月03日 著者:桐野 夏生

 


辺境の怪書、歴史の驚書、ハードボイルド読書合戦 (集英社インターナショナル)辺境の怪書、歴史の驚書、ハードボイルド読書合戦 (集英社インターナショナル)感想
ひさしぶり、高野秀行さんの本(2018年発行、積読本)。日本中世史専門の歴史家・清水克行さんとの対談本(二人の読書会)。面白そうな本が8冊、取り上げられていて刺激的。「今まで信じていたことが、くるんとひっくり返されるという読書の醍醐味」(高野さんの弁)が味わえそうな、一風変わった本ばかり。イブン・バットゥータ『大旅行記』(東洋文庫・全8巻)なんか、よく読んだなと感心する(図書館にあるけど、ちょっと根性が必要だろうな)。町田康『ギケイキ』なども読んでみたくなった。これまでの日本史の常識がひっくり返りそう。
読了日:07月05日 著者:高野秀行,清水克行


インドラネット (角川書店単行本)インドラネット (角川書店単行本)感想
桐野夏生の最新長編(2021年5月刊行)。面白く、いっきに読了。”間抜け”と言っていいほど頼りない主人公が、思わぬ事態に巻き込まれ、カンボジアに渡る。さまざまな危機に遭遇、翻弄される。そのさまに、ハラハラドキドキしながら結末まで引き込まれた。現代カンボジアの闇を垣間見た。作者と高野秀行さんとのネット対談記事にあるように、よくもまあ、これだけ”邪悪”な登場人物を揃えたものだ。
『インドラネット』刊行記念対談
https://kadobun.jp/feature/talks/9duned36124g.html
読了日:07月06日 著者:桐野 夏生


おらおらでひとりいぐも (河出文庫)おらおらでひとりいぐも (河出文庫)感想
なぜ、こんな本(芥川賞受賞作・純文学!)を買ったのか。話題作だったからだろう。読み始めて後悔したのだが、徐々に作者の思惑に嵌って読了。お国言葉(東北弁)を駆使していなければ、つまらない老女の独白に終わっていたかも。ふと「遠野物語」の不思議な世界を連想してしまったのは、著者が遠野生まれだからか。たぶん著者のバックボーンには遠野があるのだろう、きっと。それにしても主人公の桃子さんは不思議な人だ。人類のアフリカからの長い旅に思いを馳せるとは(終盤の独白)。老いと生と死が明るく語られているのが救い。ラストがいい。
読了日:07月07日 著者:若竹千佐子


感染症の日本史 (文春新書)感染症の日本史 (文春新書)感想
タイミングが遅れてしまったが(2020年9月発行)、新型コロナウイルスの終息が見えない今(2021年7月)、読んでみようと思った積読本。過去に日本で蔓延した感染症(麻疹、「スペイン風邪」)から学ぶことは多い。感染症の時代を生きた人々の体験に着目する「患者史」という視点に惹かれた。第七章以降の皇室・宰相・文学者(志賀直哉、宮沢賢治、斎藤茂吉、永井荷風)の体験も興味深い。著者が師と仰ぐ速水融(あきら)が提唱した「歴史人口学」をもっと知りたくなった。速水融『日本を襲ったスペイン・インフルエンザ』も読んでみたい。
読了日:07月10日 著者:磯田 道史


ギケイキ 千年の流転 (河出文庫)ギケイキ 千年の流転 (河出文庫)感想
高野秀行・清水克行『辺境の怪書、歴史の驚書、ハードボイルド読書合戦』で知った。なるほど、高野さんたちが勧めるだけある。古典の「義経記」をベースに、バリバリの現代上方ことば・若者ことばが、リズミカルに踊る。そもそも「義経記」は「語り物」で、それを現代に蘇らせたという体(てい)。講談のようでもあり、上方落語のようでもある。いいところで「つづく」となっているので、続編も読みたい。
読了日:07月12日 著者:町田康


シャクシャインの戦い (童心社・新創作シリーズ)シャクシャインの戦い (童心社・新創作シリーズ)感想
たまたま図書館除籍本を入手。児童向けの本だが、本格的な歴史読み物。1669年というから、今より450年も昔、江戸時代(寛文年間)のアイヌの大規模な蜂起。リーダー シャクシャインは伝説の英雄だが、どういう史料が残っているのだろうか(あったとしても和人側の記録だろう)。参考文献が記載されているとよかった。どこまで史実が捉えられているか疑問もあるが、蜂起の経緯、和人側のだまし討ち(またか)がリアルに描かれている。入門書として読めた。もっと学術的な本も読んでみたい。アイヌの歴史に関心があるので。
読了日:07月14日 著者:木暮 正夫


ギケイキ2 奈落への飛翔ギケイキ2 奈落への飛翔感想
「義経記」をベースに、現代語(若者のミーハー言葉)を駆使し、伝説の源義経を現代に蘇らせる。まことにもって痛快な読み物(2巻目)。きっと義経というのはこういう人物だったのだろうな、と妙に納得させられる。全4巻の予定らしいので、続巻が楽しみだ。初出は「文藝」2015年秋季号~2018年夏季号。
参考サイト
https://web.kawade.co.jp/special/sp-gikeiki/
読了日:07月18日 著者:町田康


世界史のなかの戦国日本 (ちくま学芸文庫)世界史のなかの戦国日本 (ちくま学芸文庫)感想
高野秀行・清水克行の両氏の対談本『辺境の怪書、歴史の驚書、ハードボイルド読書合戦』で高野さんが賞賛していたので読んでみた。歴史学者による学術的・専門的な内容に、途中でギブアップ(史料を細かくあげていて目がくらむ)。しかし、高野・清水両氏が言及しているように「世界史の流れの中から日本列島を眺める」という着眼点は、きわめてユニーク。目を見開かされること多々あり。なかでも蝦夷地と琉球についての言及が、私にはとても興味深かった。
読了日:07月27日 著者:村井 章介


臨床の砦臨床の砦感想
図書館で長らく予約待ち行列ができていた本をようやく読了。長野県のとある感染症指定病院でコロナ感染症患者の治療にあたる医師を主人公に、医療最前線の医師や看護師たちの様子がリアルに描かれている。2021年1月の”第三波”と呼ばれる感染急拡大の頃。主人公の「コロナ診療における最大の敵は、もはやウィルスではなく、行政や周辺医療機関の無知と無関心ではないか」という言葉が当時の状況をよく物語っている。”第五波”を迎える今も、それほど改善されているとは思いないが…。現職の医師でもある作家ならではの、緊迫感あふれる作品。
読了日:07月30日 著者:夏川草介

読書メーター

| | コメント (0)

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »