カテゴリー「府中 郷土の森」の14件の記事

2013年6月27日 (木)

【遊】府中郷土の森、あじさいまつり

朝から晴れて、そよ風が吹いて湿気もない一日。

ひさしぶりに、府中郷土の森まで車ででかけた。
二年ぶりだった。
自宅から片道13キロほど。

6月8日から一か月間、あじさいまつりが開催されている。

府中市郷土の森博物館[府中文化Net]
http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/

Fuchu_ajisai_pamph_2

撮影 2013/6/27(木) 東京都府中市(府中郷土の森)

しばらく行かないあいだに、入り口前に観光物産館ができていた。
野菜や果物、たまご、ジャムなど地場物産が安かったので、買い物。
ついでに、食堂で食事。
(中の蕎麦屋が土日だけの営業で、今日は開いていなかったため)

201306270001201306270078

201306270003201306270079

プロマイドの「マルベル堂」が運営している食堂 「古都見カフェ」。
壁面やテーブルに、なつかしいプロマイド写真が。

201306270009_2201306270081

201306270080

201306270008201306270007

201306270082201306270083

メニューも手頃な価格でおいしかった。
私が食べたプレートは600円。

201306270006

入場料200円を払って敷地にはいる。
小学生が見学にきていた。

201306270015

201306270016

色とりどりのアジサイが咲いていた。
「やすらぎの池」というちいさな池には、睡蓮が。

二年ぶりにかみさんと歩いた「あじさいの小経」、きもちがよかったな。

201306270019

201306270020201306270039

201306270042201306270043


201306270021

睡蓮 (やすらぎの池)
鯉や亀が泳いでいた。

201306270023201306270025

201306270026

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

【遊】府中郷土の森(あじさいめぐり)

ひさしぶりに、家人とふたり、車で府中郷土の森へ。
あじさいを見に行った。

府中市郷土の森博物館[府中文化Net]
 http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/

2011_huchu_ajisai_pamph_22011_huchu_ajisai_map

暑くなく、小雨がちの曇り空。
あじさいを見るには、ちょうどいい天候だったかも。

郷土の森博物館で、興味ぶかい展示があったので、別料金だったがのぞいてみた。
展示内容をうまくまとめたブックレットも販売していたので、ありがたかった。

特別展 「アウトローたちの江戸時代」
 府中郷土の森博物館 2011/4/29~6/26

この特別展のことを知らずに行ったのだが、今日がちょうど最終日だった。
運がよかった。

(左) パンフレット
(右) 解説のブックレット

2011_huchu_museum_pamphHuchu_museum_outlaw




さすがに、あじさいの群落はみごとだった。
株によっては、散り始めているものもあったが、まだまだ見ごろだろう。

201106260001201106260002

201106260006

201106260022201106260030

201106260029

201106260014201106260049

古民家などの復元建物があるのも、うれしい。
入園料200円は安いと思う。

201106260004201106260079_2

201106260072_2201106260078

いつも入る蕎麦屋で昼食。
ここも、古い建物「旧田中家住宅」を店舗として使っている。
蔵のある立派な商家(大店=おおだな)だ。

昼時でこんでいたが、20分ほど待って、せいろそばと天ぷらせいろをいただく。
おいしかったな。

201106260083

201106260091201106260084

201106260090201106260089

郷土の森博物館は、なかなかいい。
ミュージアム・ショップも充実していて、府中関係の書籍がたくさんある。
宮本常一さん関連の本や、民俗資料など。

201106260093201106260094

201106260092    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

【遊】府中市郷土の森(農業まつり) (5)

府中市郷土の森には、博物館のほかに、いくつか古い建築物が移築されていて面白い。

旧府中尋常高等小学校、旧田中家住宅(園内で蕎麦屋として営業)、旧矢島家住宅(郵便局)、旧府中町役場、旧島田家住宅(薬屋)、旧河内家住宅、旧越智家住宅、旧三岡家長屋門などだ。
まいずまいず井戸や水車小屋もある。

 府中郷土の森博物館
  http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/

「島田薬舗」 の内部が公開されていたので、はじめて二階にあがってみた。
階段箪笥があり、店舗二階は蔵のようになっていた。
というか、外観からも店舗の建物は蔵造りだ。
住居部分は別にあったらしい。

旧田中家住宅を利用した蕎麦屋 「八轟(やぐるま)」 の蕎麦が好きで、よく利用する。
ただし、ここは学生(と思われる)アルバイト店員のようで、サービス面ははっきり言ってよくない。
今日も、蕎麦といっしょに冷たくなった蕎麦湯が運ばれてきて、がっかりした。
アルバイトの彼らは、蕎麦湯がどういうものか(どうすれば客が満足するか)知らないようだが、バイトの彼らより経営者が責められるべきだろう。

何か言いたかったがめんどうなのでやめた。
しかたなく、冷たい蕎麦湯を飲んで、そそくさと店をでた。
冷たい蕎麦を食べたあと、熱い蕎麦湯をゆっくり飲みたかったなあ……。


0911150100091115010109111501030911150111091115011509111501180911150117091115012309111501040911150109Fuchuu_kyoudonomori_map

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【遊】府中市郷土の森(農業まつり) (4)

フリーマーケットでにぎわう芝生広場を一歩離れると、静かな公演がひろがる。
この郷土の森も、散歩するにはいいところなのだ。

09111500550911150059091115006709111500720911150073091115008309111500810911150082      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【遊】府中市郷土の森(農業まつり) (3)

フリーマーケット。
かみさんは、何やら衣類を購入。
申しわけないほど、廉価。

広い場所でやってたので、人ごみが苦手な私もいっしょに歩いてまわった。
日ざしが強くて、店をだしていた人はたいへんだろう。
でも、楽しそうでいいな、と思った。

09111500370911150050 0911150047

0911150057

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【遊】府中市郷土の森(農業まつり) (2)

第20回 府中市農業まつり
 郷土の森博物館 本館前芝生広場


品評会 会場のテントには、みごとな野菜がずらりと並んでいた。
即売場で、キャベツ(100円)と椎茸を買った。


09111500010911150002091115000509111500090911150015_209111500160911150017091115002009111501250911150021_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【遊】府中市郷土の森(農業まつり) (1)

きのうラジオを聴いていて、こんな催しをやっていることを知った。
府中市郷土の森は、何度か訪れたことがあるのでよく知っている場所だ。
朝9時すぎに行ってみた。
いつもは入園料(大人200円)を払うのだが、今日は無料。
園内にはテントが並び、地場の農産物やらなにやらが売られていて、たいそうにぎわっていた。

第20回 府中市農業まつり
 郷土の森博物館 本館前芝生広場
 <雨天実施>

朝からよく晴れて、日ざしが暑いほどだった。
野外ステージのある芝生広場では、フリーマーケットもやっていたので、園内をひとまわりしてきた。

091115_fuchu_nougyou_matsuri2091115_fuchu_nougyou_matsuri

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

【遊】府中郷土の森の雛人形

府中 郷土の森は、博物館をとりまく広い敷地に、古い建物がいくつか復元されている。
その中のひとつ、旧島田家住宅(旧甲州街道・府中新宿の商家)に、たくさんの雛人形が。

復原建築物 | 施設紹介 | 府中市郷土の森博物館[府中文化Net]
http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/sisetsu/fukugen.html

初めてここを訪れた一昨年の2月にも、同じように展示されていた。
もう雛祭りは過ぎたけれど、いつ見てもいいものだ。

P3080026













P3080027P3080022P3080023P3080024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【遊】梅を見にいく

おだやかに晴れた春の一日。
府中 郷土の森へ。
梅が満開、人出も多かった。

府中市郷土の森博物館
http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/

P3080061














P3080001P3080008P3080033P3080013P3080053P3080030P3080042P3080058P3080060P3080055          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

【遊】週末は梅を見に

一週間は長く、なかなかしんどい。
週休二日、祝祭日は休みだし、有給休暇もとれる勤め人の生活は、考えてみるとありがたいものだが。

こんどの週末には、ひさしぶりに府中郷土の森へ行って、梅を見ようと思う。

一昨年は、梅が咲く前の2月だった。
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/post_8934.html
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/post_4eee.html

自分のブログをひっくりかえしてみたら、去年は紫陽花の時期に行っていた。
宮本常一展をやっていたのだった。
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_e7e0.html

梅の時期に、ここへ行くのは初めて。
いくつかイベントもあるようだが、終わってしまったものも多い。

3月9日には、「府中の芸能アラカルト」 というのをやるようだ。
武蔵国府太鼓演奏会、府中小唄パレード、御輿ねり歩き、府中囃子・・・かぁ。

昔の郵便局の建物があって、おもしろいのだ。
園内の古い建物を使った蕎麦屋もいい。


府中市郷土の森博物館
http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/

Kyodomori_ume1Kyodomori_ume2_2  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

【山】山日誌 | 【楽】音楽日誌 | 【歩】散歩日誌 | 【演】演芸日誌 | 【観】観察日誌 | 【読】読書日誌 | 【遊】おでかけ日誌 | 【雑】きまぐれ日誌 | 【震】震災日誌 | あの戦争 | こんな本を手に入れた | こんな本を読んだ | こんな音楽を聴いた | ちょっと遠くへ | アイヌ民族・アイヌ語 | サイボク・まきばの湯 | トムラウシ山遭難事故 | 上々颱風 | 中島みゆき | 五十一 | 五木寛之 | 今尾恵介 | 内村剛介 | 内澤旬子 | 内田樹 | 加藤登紀子 | 勝沼大雅園 | 勢古浩爾 | 南方熊楠 | 古本 | 吉本隆明 | 吉村昭 | 呉智英 | 四季 冬 | 四季 夏 | 四季 春 | 四季 秋 | 図書館 | 国分寺 light house | 国分寺界隈 | 塩山 BUN BUN Bear | 塩見鮮一郎 | 多摩 | 夢枕獏 | 宮本常一 | 宮沢賢治 | 宮部みゆき | 小平図書館友の会 | 小平界隈 | 小熊英二 | 小金井公園 | 小金井界隈 | 山崎ハコ | 山田風太郎 | 山野井泰史 | 岡崎武志 | 岸本完司 | 平岡正明 | 府中 郷土の森 | 日帰り温泉 | 星野道夫 | 服部文祥 | 杏's cafe | 村上春樹 | 東大和界隈 | 松岡正剛 | 松浦武四郎 | 柳田国男 | 桂枝雀 | | 椎名誠 | 江戸東京たてもの園 | 江戸東京博物館 | 池澤夏樹 | 沖浦和光 | 沖縄 | 沢木耕太郎 | 浅川マキ | 浅田次郎 | 浅草弾左衛門 | 満州 | 澤地久枝 | 狭山公園 | 田中優子 | 白崎映美 | 百名山 | 知里幸恵・真志保 | 石光真清 | 石原吉郎 | 石川英輔 | 美瑛 | 船戸与一 | 菅江真澄 | 萱野茂 | 西川郷子 | 西牟田靖 | 赤坂憲雄 | 長倉洋海 | 間宮林蔵 | 関野吉晴 | 阿部謹也 | 青梅・奥多摩・五日市 | 静かな大地 | 須藤もん | 高田渡 | 高野秀行 | 鳥の歌 | 鶴見和子