カテゴリー「【観】観察日誌」の31件の記事

2013年4月 5日 (金)

【観】このきなんのき

きのう、この近くの桜の樹の種類に確信がもてなかった。
私の知識の範囲では、オオシマザクラと思った樹の幹に、しっかりと「ソメイヨシノ」の鑑札が打ちつけられていたのだ。
あれ? これがソメイヨシノ?

こういうとき、画像をアップすることで、全国の植物にくわしい方々のご意見を聴けるサイト(掲示板)がある。
今回も、その掲示板のお世話になった。

樹木鑑定サイト「このきなんのき」
http://www.ne.jp/asahi/blue/woods/
このきなんのき掲示板
http://www.photobb.net/bbs.cgi?id=10170

結論として、やはりオオシマザクラ、またはその系統だと思えた。
私の投稿には、たくさんの方々が回答を寄せてくださって、勉強になった。

今回の私の質問のスレッド
http://www.photobb.net/bbs.cgi?id=10170&code=30832&action=edit&pid=&pline=0

そういえば、4年ほどまえ小平の団地に住んでいた頃、葉っぱから妙なものがでている樹をみつけて、投稿・質問したことがあった。
アキニレの虫こぶ、という私の知らなかったものだった。

2009年5月5日 (火)  【歩】ムシのしわざだったのか
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-6270.html


さて、今回の「オオシマ事件」だが、いくつかの特徴をみわけることで、桜の種類を判断することができることを、あらためて勉強したのだった。

樹の全体写真。
オオシマとソメイヨシノでは、遠目の印象がずいぶんちがう。

左が、今回私を惑わしたオオシマ、右がソメイヨシノ。
どちらも、私の住まいのベランダから見える。

撮影日 2013/4/3 東京都東大和市
201304030186201304030184

萼片、萼筒、小花柄(ひとつの花につながる柄)などの特徴がわかる写真。
(このあたりが種類をみわけるポイントらしいとわかった)

今朝、あらためてアップの写真を撮ってきた。
上の写真に写っている樹の、それぞれの花の裏側と萼片、萼筒、小花柄のようすが下の写真。

撮影日 2013/4/4 東京都東大和市

オオシマザクラ
201304050005

ソメイヨシノ
201304050010

てもとにある 『サクラハンドブック』 (大原隆明著・文一総合出版)によると、オオシマザクラの特徴として――

花弁は白色のものが多く大型で、長さ2cmに達するものもある。
萼片は大型で長さ7~10mm。縁に鋸歯が目立つ個体が多い。
萼筒は細い筒状のつりがね形、大型で長さ7~11mm。無毛。小花柄も無毛。
最下の苞は広いくさび形で大きく長さ9~12mm、先端の鋸歯は長く伸び、枝分かれするものもある。縁は内側に巻きこまない。

あらためて、じぶんが撮った写真で確認すると、ソメイヨシノとは細かい点でずいぶん違うことがわかった。
④の「苞」も、アップの写真の左下にしっかり写しこんできた。

ちなみに、「オオシマザクラの葉は厚く、毛がない点が食用に適しているので、桜餅を包むための塩漬けに加工される。全国シェアの大半は伊豆半島で生産されている。……」 とある。
これは、私も知識としてあり、桜餅をたべるたびに思いだす。

オオシマザクラの雰囲気、落ちついていて好きだなあ。
ソメイヨシノのような「押しの強さ」はないけれど、しっかり自己主張しているもの。
それでいて清楚。

伊豆の本場でいちど見てみたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

【観】まだ咲いている

まだ咲いている、ソメイヨシノ。
そろそろ葉桜。
遠目にオオシマザクラのように見えた樹は、そばまで行ってみると、ソメイヨシノの名札がついていた。
ほんとうだろうか?

ソメイヨシノは、エドヒガン系とオオシマザクラの交配でつくられたもので、接ぎ木でしか増やせない(実生しない)。

下の写真の樹などは、オオシマの血(?)が濃いソメイヨシノだろうか。
花弁がやけに白い(ふつう、うっすらと桜色になるのに)。
若葉も緑色で大きい。

まわりのソメイヨシノがみな、遠目には、はんなりと桜色なのに、この樹だけは青々している。
こういう花が好きだ。

私の植物知識では「謎の樹」、ということにしておこう。

撮影 2013/4/4(木) 東京都東大和市

201304040193_2

201304040204_2201304040197_2

【参考サイト】
ソメイヨシノ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%A8%E3%82%B7%E3%83%8E
オオシマザクラ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%82%B6%E3%82%AF%E3%83%A9


午前中、用があって西武線小平駅前に行った。
南風がここちよい春の日。
ケヤキの葉がしげってきた。

このケヤキは樹形がいい。

撮影 2013/4/4(木) 東京都小平市(小平駅)

201304040187

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

【観】このきなんのき

今日は朝からよく晴れてきもちがいい。
500メートルほど離れたところにあるコープ生協まで、歩いて買物に。
住宅街を縫うように小道が続いている。

目についた紅い花。
写真に撮って、帰ってからよく見ると実のようだった。
私の数少ない植物知識の引き出しでは、木の名前がわからない。

ネット上に、便利でありがたい鑑定サイトがある。
このサイトの掲示板にときどき質問を投げかけているのだが、今回も、すぐに回答をいただいた。

 樹木鑑定サイト「このきなんのき」
  http://www.ne.jp/asahi/blue/woods/


マユミ(真弓)の樹だった。
花のように見えていたのは、種が落ちかけた果実。
きれいだったな。

201112040001201112040002 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

【観】フヨウが咲いた

数日前から気づいていたが、住まいの前に植えられているフヨウの花が咲いた。
盛夏の花だ。

撮影 2011/8/15(月) 小平市(小平団地)

201108150001201108150002

下の写真の樹は、「ルリヤナギ」か?
きれいな花だった。
花の形からナス科のような気がするので、図鑑にあたってみると「ルリヤナギ」の写真に似ている。
(どなたか、教えてください)

⇒樹木検索サイト 「このきなんのき」 という投稿サイト
http://www.ne.jp/asahi/blue/woods/
に投稿、質問してみたところ、「ツルハナナス(蔓花茄子)」というナス科の常緑樹と判明。
http://bbs8.as.wakwak.ne.jp/bbs.cgi?id=10170&code=26341&action=edit&pid=&pline=0

ツルハナナス (蔓花茄子) 別名 ソケイモドキ
 ナス科 花期:6~9月
 つるの長さ:5~6m
南アメリカ原産の常緑樹。香りのよい星形の小花を夏の間、次々と咲かせる。関東南部以西の暖地むき。
(主婦と生活社 『「花と木の名前」1200がよくわかる図鑑』 より)

201108150004

このセミは力尽きたか。
かすかに動いていたが、近づいても逃げようとしなかった。

201108150005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

【観】定点観察(銀杏並木) 2009年4月~12月 総集編

小平団地(東京都小平市)の銀杏並木の一年。
春先の4月9日から初冬の12月13日まで。

できるだけ同じアングルの写真を並べてみた。
季節の移りかわりが伝わるだろうか。

並べてみると、4月、いっきに新緑となり、11月にはあっというまに黄葉することがわかる。

2009年4月 春
(左上から右下へ) 4/9 4/11 4/12 4/15 4/18 4/25

0904090001_20904110001_8

0904120003_30904150002_6

09041800290904250001

2009年5月 初夏
 5/2 5/16

09050200010905160007

2009年6月~9月 夏
(左上から右下へ) 6/27 7/26 8/15 8/22 9/6

09062700110907260002

09081500080908220004

0909062005_2

2009年10月 初秋
 10/18 10/31

09101800010910310002

2009年11月 秋
(左上から右下へ) 11/1 11/3 11/7 11/14 11/21 11/23 11/28

09110102470911030001

09110700040911140009

09112100010911230006

0911280002

2009年12月 冬
 12/4 12/13

09120400010912130001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【観】定点観察(銀杏並木) 第24回(2009/12/13) 最終回

今年の春、4月9日から続けてきた 「定点観察(銀杏並木)」 も、これをもって最終回としたい。
季節がひと巡りして、冬枯れの銀杏並木になった。

小平市にあるこの団地には、東西に横断する車道(私道)が二本あり、銀杏並木になっている。
そのうちの南側の並木を、春から初冬にかけて撮り続けてきた。

ほんとうは、写真の構図をいつも同じにするとよかったのだが、性格にずぼらなところのある私は、「まっ、これでいいか」という感じでいいかげんに撮ってきた。
お許し願いたい。


2009/12/13(日) 10:10 うす曇り

09121300010912130002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

【観】定点観察(銀杏並木) 第23回(2009/12/6)

2009/12/6 (日) 13:14 晴れ

09120600050912060007091206000809120600110912060012   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

【観】定点観察(銀杏並木) 第22回(2009/12/4)

銀杏の葉が落ちて、黄金色の絨毯がひろがる。
季節は晩秋から初冬へ。

2009/12/4 (金) 6:28 晴れ

0912040001091204000309120400049120400050912040006   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

【観】定点観察(銀杏並木) 第21回(2009/11/28)

2009/11/28 (土) 8:45 晴れ

銀杏並木の下は、黄金色の絨毯。

0911280002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

【観】定点観察(銀杏並木) 第20回(2009/11/23)

2009/11/23 (月/祝) 15:52 晴れ

09112300010911230006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

【山】山日誌 | 【楽】音楽日誌 | 【歩】散歩日誌 | 【演】演芸日誌 | 【観】観察日誌 | 【読】読書日誌 | 【遊】おでかけ日誌 | 【雑】きまぐれ日誌 | 【震】震災日誌 | あの戦争 | こんな本を手に入れた | こんな本を読んだ | こんな音楽を聴いた | ちょっと遠くへ | アイヌ民族・アイヌ語 | サイボク・まきばの湯 | トムラウシ山遭難事故 | 上々颱風 | 中島みゆき | 五十一 | 五木寛之 | 今尾恵介 | 内村剛介 | 内澤旬子 | 内田樹 | 加藤登紀子 | 勝沼大雅園 | 勢古浩爾 | 南方熊楠 | 古本 | 吉本隆明 | 吉村昭 | 呉智英 | 四季 冬 | 四季 夏 | 四季 春 | 四季 秋 | 図書館 | 国分寺 light house | 国分寺界隈 | 塩山 BUN BUN Bear | 塩見鮮一郎 | 多摩 | 夢枕獏 | 宮本常一 | 宮沢賢治 | 宮部みゆき | 小平図書館友の会 | 小平界隈 | 小熊英二 | 小金井公園 | 小金井界隈 | 山崎ハコ | 山田風太郎 | 山野井泰史 | 岡崎武志 | 岸本完司 | 平岡正明 | 府中 郷土の森 | 日帰り温泉 | 星野道夫 | 服部文祥 | 杏's cafe | 村上春樹 | 東大和界隈 | 松岡正剛 | 松浦武四郎 | 柳田国男 | 桂枝雀 | | 椎名誠 | 江戸東京たてもの園 | 江戸東京博物館 | 池澤夏樹 | 沖浦和光 | 沖縄 | 沢木耕太郎 | 浅川マキ | 浅田次郎 | 浅草弾左衛門 | 満州 | 澤地久枝 | 狭山公園 | 田中優子 | 白崎映美 | 百名山 | 知里幸恵・真志保 | 石光真清 | 石原吉郎 | 石川英輔 | 美瑛 | 船戸与一 | 菅江真澄 | 萱野茂 | 西川郷子 | 西牟田靖 | 赤坂憲雄 | 長倉洋海 | 間宮林蔵 | 関野吉晴 | 阿部謹也 | 青梅・奥多摩・五日市 | 静かな大地 | 須藤もん | 高田渡 | 高野秀行 | 鳥の歌 | 鶴見和子