カテゴリー「狭山公園」の4件の記事

2013年11月17日 (日)

【歩】狭山公園の紅葉

今日も小春日和。
最高気温20度で、きもちのいい一日だった。

好天にさそわれて、午後から自転車で都立狭山公園まで。
紅葉・黄葉がきれいだった。
西武線の武蔵大和駅から坂道を登って行くと、街路樹のハナミズキがみごとに紅葉していた。

撮影 2013/11/17(日) 都立狭山公園(東京都東村山市・東大和市)

201311170004 201311170008

狭山公園には遊具もあって、子ども連れでにぎわっていた。
一面のススキの原っぱがあって、驚いた。
野帳のさえずりも聞こえて、きもちのいい公園だ。

201311170012

201311170010_2 201311170019

201311170023

201311170030

201311170036

今日は、西武遊園地側の入口(東)からはいって、園内の遊歩道(といっても丘陵の坂道)をまわり、南側の多摩湖自転車道に出た。

途中、モミジがみごとに紅葉しているところがあって(宅部池近く)、しばし見とれていた。
陽の光が上からあたって、きれいだったな。

201311170082

201311170085

201311170088

201311170089

この公園は、落葉広葉樹の種類が多く、なかなかいいところだ。
小金井公園も悪くないが、丘陵地のこの公園もいい。
なにより、自宅から2キロほどと、近いのがいい。
歩いて行ってもいいな。

201311170047 201311170066

201311170065

紅葉も、これから見ごろだろう。

Sayama_leaf_pamph1 Sayama_leaf_pamph2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

【遊】サイクリング日和

すがすがしい秋晴れの一日。
自転車でふらっと外出。
都立狭山公園まで3キロほど。
その後、多摩湖自転車道の終点、多摩湖(村山貯水池)の下堰堤から、多摩湖を反時計回りに一周。
どうせなら、と、自転車道の起点(武蔵野市関前五丁目交差点)まで走ってみることにした。

多摩湖自転車道は、その延長21.9キロメートル。
行き帰りの道を含めると、今日一日で35キロぐらい走っただろうか。
さすがに腰が痛くなった。

狭山公園からの自転車道は、ほぼ下りだが、細かいアップダウンがある。
逆コースは上り坂が多く、自転車ではきつそうだ。

午前9時半頃、自宅を出て、帰宅したのは午後4時半過ぎ。
よく走ったものだ。
帰り道、小金井公園に寄って、コスモスを見てきた。

そういえば、今日は体育の日だった。
1964年の東京オリンピック開会式の日(10月10日)が体育の日だったのに、いつからかこうなってしまったのが残念。

【参考サイト】
大規模自転車道路調査隊『多摩湖自転車道』
https://www.cyclesports.jp/courseguide/jitenshado/019/index.html

撮影 2013/10/14(月)
 東大和市、武蔵村山市、東村山市、小平市、小金井市、武蔵野市

スタート(多摩湖自転車道終点) 多摩湖堰堤脇

201310140009 201310140012

201310140014

沿道のコンビニでひと休み。
スタンドのない自転車は、こうやって引っ掛けるようになっている(左側のスポーツ車)。
右は私のチャチな自転車。
さすが、自転車道脇のコンビニだ。

201310140016 201310140015

201310140019

西武ドーム球場(裏口)と、山口観音。
パリーグのクライマックスシリーズ第三戦がここで行なわれる。
(埼玉西武ライオンズは、このホームで負けてしまったが)

201310140024 201310140036

玉湖神社(多摩湖神社ではないのが、おもしろい)。
このあたりに来たのは、はじめてだ。

201310140038 201310140041

武蔵村山市に入る。
ここまでは、逆コースで来たことがある。
距離表示は、自転車道起点からの距離なので、私の進行方向とは逆向き。
進むにれて、数字は減っていく。

201310140042 201310140045

洒落た建物だが、ラブホテル。
この山中に多い施設。

201310140052

車道をまたぐ、赤い鹿島橋を渡る。
水道(飲み水)のある休憩所脇。
多摩湖の南岸まで廻ってきた。

201310140055

201310140059 201310140061

多摩湖(村山貯水池)の下堰堤入口に到着。
これで多摩湖を一周した。
多摩湖のシンボル、取水塔。
下堰堤は人でいっぱい。

201310140063 201310140055_2

201310140064

201310140070

ここからは、西武線の武蔵大和駅に下って、狭山・境緑道と名づけられている自転車道を東に向かう。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月10日 (木)

【歩】狭山公園

安定しない天候が続いている。

午前中、晴れていたので、自転車で狭山公園まで行ってみた。
多摩湖自転車道は通らず、車道(けやき通り)を北へ。
新青梅街道を横断して、西武多摩湖線 武蔵大和駅の西から、自転車道にはいった。

いまは、ツツジやコデマリが花ざかりだ。
サツキかもしれないが、私には区別がつかない。

201205100002201205100001

武蔵大和駅から先の多摩湖自転車道。
この前来たときに入った「南門」をやり過ごし、さらに先へ。
ゆるい上り坂が続く。
立ち漕ぎでも、きつい。
登りきると、都立狭山公園の入口。駐車場もある。

201205100003_2201205100006

201205100008

目の前に、多摩湖(村山貯水池)の堤防と多摩湖の風景が広がる。
きもちのいい場所だ。

201205100007201205100012

201205100019

特徴のある取水塔がまぢかに見られる。
絵になる風景だ。

201205100016

201205100021201205100022

多摩湖(村山貯水池)の歴史は古く、大正末期から昭和2年にかけて建造されたものだ。

― Wikipedia 「村山貯水池」 より ―

<村山貯水池(むらやまちょすいち、英称:Murayama Reservoir)は、多摩湖(たまこ、英称:Tama Lake)の通称で呼ばれる、東大和市の狭山丘陵の渓谷に造られた1927年完成の東京都水道局水源管理事務所村山・山口貯水池管理事務所が管理する人造湖である。

東京市の人口増加に対応した水源確保のため、多摩川の水を羽村取水堰で取り入れ、導水管にて村山貯水池に導いて貯水し、ここから境浄水場へ導水して浄水処理を行い、和田堀浄水池を経て市内へ給水する目的で、東京都北多摩郡大和村(現:東大和市)に1916年から1927年まで10年の歳月をかけ建設された。工事にあたり、資材運搬と導水管(羽村村山線)工事のために羽村-山口間に軽便鉄道を敷設した。この鉄道は完成後に廃止となったが、山口貯水池建設工事の際に復活し、資材運搬に利用された。廃線跡の一部は東京都道253号保谷狭山自然公園自転車道線などのサイクリングロードとして整備されている。>

戦時中には、米軍の爆撃を避けるためのカムフラージュが施されていたらしい。
堤防の両端には、古い遺跡もあった。
なかなか面白い。

親柱 (おやばしら)
大戦中、「堤体」は、爆撃を避けるために「耐弾層」によって埋められていたが、半分露出していた「親柱」の上部は黒く塗られていたという。

201205100013201205100014


高欄 (こうらん)
やはり、「耐弾層」によって埋められていた、建設当時の欄干(高欄)。

201205100024

排水路トンネル
大正12年、堰堤を盛り立てる際、宅部川(やけべがわ)の水を堤の外に抜くために設置された排水トンネルの一部。

201205100029201205100030

201205100032

西武遊園地の近くまで行き、公園内の遊歩道を一周した。

201205100038201205100039 

公園の北の端に、「氷川神社」という、ちいさな社(やしろ)があった。

201205100040201205100041

201205100042 

園内には、なぜか子どもたちがたくさんいた。
近くの保育園や小学校の子どもたちだろう。
遠足だろうか。

201205100043201205100045

201205100056

公園の中にある「宅部池」(たっちゃん池)。

201205100053

南門に出た。
五日前に来たときは、ここから園内にはいったのだった。

201205100058


狭山公園は、近道をすれば自宅からすぐ近くだった。
桜の時期には、いい風景が見られそうだ。
雑木林がありがたい。
これからも、ときどき、自転車で来てみようと思う。

Sayama_park_map

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

【歩】多摩湖自転車道、狭山公園へ

五月晴れというのだろう。
いい天気だ。
きょうは子どもの日。

めずらしく家人といっしょに軽くサイクリング。
多摩湖自転車道を多摩湖方面へ。
都立狭山公園まで、片道4キロほど。

 狭山丘陵の都立公園へきてみて!
  http://www.sayamaparks.com/


20120505map

多摩湖自転車道までは、前回同様送電鉄塔の下の遊歩道を走る。
コデマリだろう、あちこちで咲いていた。

201205050001201205050002

新青梅街道を渡り、空堀川沿いの自転車道を東へ行くと、多摩湖自転車道にでる。
前回(4/30)は、ここから東に向かったが、きょうは西へ。

201205050003201205050004

(下左) 多摩湖自転車道 小平・小金井方面
(下右) 多摩湖自転車道 狭山方面

201205050006201205050007

西武多摩湖線の線路際を走る。
木陰がきもちいい。きょうは暑かった。

201205050008201205050009

すぐに、西武多摩湖線 武蔵大和駅の西にでる。
東大和市と東村山市の市境。
東大和市は、その昔、大和町という名前だった。
市にするときに、武蔵大和市という名前にすればよかったのに、などと思う。

201205050010201205050012

武蔵大和駅の次(北)が、終点の西武遊園地駅。
都立狭山公園は、西武多摩湖線の西側、多摩湖(村山貯水池)の堰堤下に広がる。
多摩湖自転車道から、狭山公園にはいった。

201205050014201205050015

201205050017

狭山公園には初めてはいったが、鬱蒼と茂る樹木の新緑がいい。
園内の遊歩道は、丘陵地帯だけあって起伏に富む。
多摩湖の堰堤下にでた。

201205050018201205050019

西武園遊園地の観覧車が見える。

201205050020201205050022

自転車を置いて堰堤に登ってみると、目の前に多摩湖がひろがる。
きもちがいい。
左に、特徴のある取水塔が見える。
右には、西武園遊園地のジェットコースター。

201205050027201205050030

201205050028

自転車を置いた堰堤下に戻り、パークセンター(管理事務所)前の広場へむかう。
子どもの日のイベントをやっていて、親子連れでにぎわっていた。

201205050038201205050039

201205050043

201205050042

帰りは、西武園遊園地駅側の車道(赤坂道)を走ったが、これが急な上り坂でたいへんだった。
峠を越えると下り坂になり、武蔵大和駅にでた。
駅横のコンビニでおにぎりを買い、ひとやすみ。

201205050046201205050048

201205050050

ここから先の帰路は、往路の多摩湖自転車道。
空堀川まで戻って帰宅。
家をでてから約2時間ほど。
帽子をかぶって行けばよかった。暑かったな。

201205050053201205050056

ハナミズキのみごとな樹があった。
東大和市のカラーのマンホール蓋を発見。

201205050057201205050058

201205050060   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

【山】山日誌 | 【楽】音楽日誌 | 【歩】散歩日誌 | 【演】演芸日誌 | 【観】観察日誌 | 【読】読書日誌 | 【遊】おでかけ日誌 | 【雑】きまぐれ日誌 | 【震】震災日誌 | あの戦争 | こんな本を手に入れた | こんな本を読んだ | こんな音楽を聴いた | ちょっと遠くへ | アイヌ民族・アイヌ語 | サイボク・まきばの湯 | トムラウシ山遭難事故 | 上々颱風 | 中島みゆき | 五十一 | 五木寛之 | 今尾恵介 | 内村剛介 | 内澤旬子 | 内田樹 | 加藤登紀子 | 勝沼大雅園 | 勢古浩爾 | 南方熊楠 | 古本 | 吉本隆明 | 吉村昭 | 呉智英 | 四季 冬 | 四季 夏 | 四季 春 | 四季 秋 | 図書館 | 国分寺 light house | 国分寺界隈 | 塩山 BUN BUN Bear | 塩見鮮一郎 | 多摩 | 夢枕獏 | 宮本常一 | 宮沢賢治 | 宮部みゆき | 小平図書館友の会 | 小平界隈 | 小熊英二 | 小金井公園 | 小金井界隈 | 山崎ハコ | 山田風太郎 | 山野井泰史 | 岡崎武志 | 岸本完司 | 平岡正明 | 府中 郷土の森 | 日帰り温泉 | 星野道夫 | 服部文祥 | 杏's cafe | 村上春樹 | 東大和界隈 | 松岡正剛 | 松浦武四郎 | 柳田国男 | 桂枝雀 | | 椎名誠 | 江戸東京たてもの園 | 江戸東京博物館 | 池澤夏樹 | 沖浦和光 | 沖縄 | 沢木耕太郎 | 浅川マキ | 浅田次郎 | 浅草弾左衛門 | 満州 | 澤地久枝 | 狭山公園 | 田中優子 | 白崎映美 | 百名山 | 知里幸恵・真志保 | 石光真清 | 石原吉郎 | 石川英輔 | 美瑛 | 船戸与一 | 菅江真澄 | 萱野茂 | 西川郷子 | 西牟田靖 | 赤坂憲雄 | 長倉洋海 | 間宮林蔵 | 関野吉晴 | 阿部謹也 | 青梅・奥多摩・五日市 | 静かな大地 | 須藤もん | 高田渡 | 高野秀行 | 鳥の歌 | 鶴見和子