カテゴリー「【遊】おでかけ日誌」の869件の記事

2019年11月 8日 (金)

【遊】北海道旅行2019年11月 (4)

11月1日から5日までの、北海道旅行。

◆2019年11月5日(火)
 小樽~新千歳空港~羽田空港

ライブ最終日の小樽「なまらや」で、深夜まで打ち上げ。
そのままお店の2階に泊めていただき、翌朝、小樽駅へ。
先に新千歳空港へ向かう友人夫妻と共演のI氏を見送り、荷物をコインロッカーに預けて、小樽市街を散策した。

20191105-0939121_s 20191105-1000221_s

20191105-100310_s

数年前にも立ち寄った「金融資料館」を見学。

20191105-101044_s 20191105-104214_s

この建物の外壁に飾られているレリーフが、シマフクロウだったことを知る。

20191105-102815_s

新千歳空港では、温泉に入った。

20191105-135650_s

羽田へ向かう機内から。
窓際の席から、きれいな夕焼けを眺める。
羽田に近くなると、遠くに富士山のシルエットも見えた。

20191105-165400_s 20191105-171150_s

20191105-171622_s

 

 

| | コメント (0)

【遊】北海道旅行2019年11月 (3)

11月1日から5日まで、4泊5日の北海道旅行。

4日目は、このライブツアー最後の会場、小樽「なまらや」。
芦別「貘(ばく)」と共に、私が楽しみにしている店だ。

◆2019年11月4日(月・祝)
 芦別~小樽

毎回立ち寄るようになった、小樽築港駅のショッピングモールにある回転寿司。

20191104-125629_s 20191104-133400_s

小樽駅からバスですぐの場所にある「なまらや」。

20191104-161638_s 20191104-161547_s

「なまらや」の前から見えた、夕暮れの風景。

20191104-170437_s

 

| | コメント (0)

【遊】北海道旅行2019年11月 (2)

11月1日から5日にかけての北海道旅行。
その続き(滞在2日目と3日目)。

◆2019年11月2日(土)
 札幌~芦別

札幌駅前のバスターミナルから、高速バスで芦別へ。

いつも立ち寄る旭川ラーメンの店で昼食。
私は、味噌チャーシュ麺をいただく。

20191102-133528_s 20191102-134837_s

芦別のライブ会場「珈琲 貘(ばく)」
店名は、高田渡さんのアルバムタイトルから。
店のロゴも、渡さんの許諾を得て、アルバムジャケットと同じデザイン。

20191102-170412_s

店内壁面に飾られている、山崎ハコさんのファーストアルバムのジャケット。

20191102-223528_s

◆2019年11月3日(日)
 芦別~札幌

高速バスの車窓から。
写真は撮れなかったが、遠く、雪をかぶった暑寒別岳が見えた。

20191103-115158_s

この夜のライブは、札幌市内の「SALINAS」

20191103-173606_s

 

 

| | コメント (0)

【遊】北海道旅行2019年11月(1)

11月1日から5日まで、4泊5日で北海道に行ってきた。

長いつきあいの友人夫妻「MOTEL(須藤もん&対馬照)」のライブツアーに同行。
行き帰りの飛行機こそ別だったが、北海道では、ほぼいっしょに行動した。

ライブの様子は、Facebookにあげたので、ここでは、私の単独行動で撮った写真を掲載しておこう。

◆2019年11月1日(金)
 羽田空港~新千歳空港~札幌(北大構内散策)

20191101-105932_s

札幌駅に荷物を預けて、北口から少し歩き、北大構内を歩いてみた。

20191101-135126_s 20191101-1401021_s

北大博物館に入ってみた。

20191101-1406291_s 20191101-140726_s

20191101-142506_s 20191101-1428471_s

20191101-1426541_s 20191101-1429261_s

博物館の売店には、食指を動かされるグッズがいろいろ。
買いたいきもちをぐっとこらえて、知里真志保の新書版書籍だけ購入。

20191101-141534_s

この日のホテルに入り、夕方、ライブ会場「Jack in the box」へ向かう。
スープカレーの店。
いただいた野菜カレーがおいしかった。

20191101-175046_s

20191101-1809471_s

 

| | コメント (0)

2019年1月19日 (土)

【遊】日帰りバスツアー

2019年1月13日(日)、旅行会社(クラブツーリズム)の日帰りバスツアーに夫婦で行ってきた。

日記にも書いたが写真を載せていないし、フェイスブックには写真しかあげていないので、ここにまとめておこう。

「クラブツーリズム 冬のびっくりミステリーツアー」

20190113_tourmap1_3

20190113_tourmap2

朝から晴天、風もなく、絶好の旅行日和。
朝8時半頃のバスで、地元の東大和市駅前(集合場所)へ。
早めに着いたので、駅前にできて間もないコンビニ(セブンイレブン)に入る。
なんと、二階に休憩コーナー(イートインスペース)があった。
ここで集合・出発時刻まで時間をつぶす。

9時半、武蔵村山からやってきたツアーバスに乗る。
立川駅近くの三番目の集合場所でもお客を乗せて、10時頃出発。

中央道~圏央道~小田原厚木道路経由で、まず小田原へ。
「鈴廣」で昼食となる。

20190113_122148

金目鯛炙り飯と小田原おでんの、なかなか豪華な昼食だった。

20190113_1137231

ここから箱根を越えて、熱海へ。
謎の行き先の二番目は、パワースポットという謳い文句の神社だった。
来宮(きのみや)神社。

來宮神社
http://www.kinomiya.or.jp/

人気の観光スポットとあって、バスも駐車場に入れないほどの賑わい。
あまり時間がなかったため、大急ぎで本殿へ。
参拝の行列ができていて、参拝できず。
甘酒を飲み(ここも行列)、神木の大楠を見たりしているうち、あっという間に集合時刻になってバスに戻る(来宮駅前でバスが待機しており、そこまで歩く)。

20190113_1330131

20190113_1352171

20190113_1347351

20190113_134748

次にまわったのは、めんたいこ「かねふく」の「めんたいパーク伊豆」という、工場兼ショッピングセンター。
私は、めんたいこには、ほとんど興味がないため写真は撮らず。
妻は、めんたいこの試食に並んでいたが、土産は買わず。

最後の立ち寄りスポットは、沼津港展望水門「びゅうお」という場所。
なかなかの見ものだった。
ちょうど海に夕陽が沈む時刻で、きれいだった。
富士山は、雲の上に少ししか見えなかった。

沼津港大型展望水門「びゅうお」|見る・遊ぶ|沼津市公式観光サイト【沼津観光ポータル】
https://numazukanko.jp/spot/10020

展望台まで30メートル、エレベーターで昇る。

20190113_164037

20190113_162240

20190113_162306

20190113_1624271

20190113_1627271

20190113_1627031

沼津港

20190113_1642031

この後は、土産物店に寄る。
鯖の味醂干し、押し鮨、昆布の佃煮などを買う。

お土産に、みかん1kgをひとりずついただき、軽夕食として小さな駅弁(蛸飯)も配られ、帰りの車中で食べた。

関越~圏央道~中央道を走り、高速道路がすいていたせいで、東大和市駅前には19時40分に到着。
路線バスで自宅に帰った。

(2019/1/19記)

| | コメント (0)

2019年1月 9日 (水)

【楽】川越へ(山崎ハコさんライブ)

2019年1月7日(月)。
川越市民会館(やまぶき会館)で開催された、山崎ハコさんのライブへ。
今年最初の、ハコさんのライブだった。

ひさしぶりに川越の街を歩いてみようと、昼過ぎ、川越に向かう。
自宅からバスで西武新宿線久米川駅へ、そこから西武新宿線で30分ほど、終点の本川越駅には午後1時頃到着。

蔵造りの町並みや「時の鐘」のある通りを歩き、まずは、この夜のライブ会場「やまぶき会館」まで場所の確認に向かう。
本川越駅から歩いて20分ほど。
「時の鐘」の信号から右に入ってしばらく歩き、川越小学校の向かい側、かなり年季のはいった建物だった。

途中、「時の鐘」などの写真を撮ってまわる。

20190107_13363420190107_133818_2

繁華街に戻って、あちこち歩きまわる。
メイン・ストリートは観光客が多い。

20190107_1342091

20190107_134230

20190107_134434

20190107_1344511_2

20190107_134606

20190107_134930

「レレレノレコード」という面白そうな店があったが、残念なことに休み。
駅から来るときにみつけた、喫茶店(「ここで一服」とあった)に入り、コーヒーを飲み、パイを追加で注文、文字通り一服する。

この後、菓子屋横町を見てまわり(休みの店が多かった)、「札の辻」交差点から市役所方向に向かい、川越城本丸まで足をのばす。

近くの市立博物館・美術館は、月曜日だったので休館日。
またあらためて車で来てみようと思う。

川越城本丸(ここも休館)と、川越城中ノ門堀跡を見る。

20190107_1526351

20190107_154414

20190107_15412820190107_1542091


20190107_1542271

市役所にはいって、観光地図をもらう。

20190107_1549551

市役所前にあった石碑。
川越城のお堀の跡は、みんな埋め立てられていることがよくわかった。

夕方になり、そろそろ夕食を、と思ったが、これといった店がなく、結局、本川越の駅ビルまで戻り、そこで軽く食べた。
駅に戻る道々、写真を撮って歩いた。
蔵造りの建物は絵になる。

20190107_1555151

蔵造りの町並みにある郵便局。
ご当地切手に惹かれるが、高いので買わなかった。

20190107_155804

20190107_160352

20190107_160554

20190107_161210

本川越駅まで戻り、軽く夕食をとって、会場の「やまぶき会館」へ。
途中、暗闇に浮かぶ「時の鐘」がきれいだったので、タブレットで写真を撮る。

20190107_173445

開場時刻の午後6時よりも20分ほど早く到着。
すでに入口前に、たくさんの開場待ちの人たちがいた。

ロビーにもすでに人がいたのは、主催の「川越音楽」(労音系列らしい)の人たちだろう。
物販コーナーには、ハコ・ファン仲間のいつもの顔ぶれも見えた。
ハコさんは所属事務所を持たないので、こうして、ファンの人たちが、ボランティアで物販を引き受けているのだ。

20190107_174132

午後6時、ホールに入り、ファン仲間に挨拶して席に着く。
ステージに向かって左側、前から3列目の左端の席だった。
緞帳がおりていて、ステージの様子は見えず。

ライブ開始は、午後6時半。
主催の労音の人の挨拶があって、緞帳があがる。

入口でもらったプログラム(会報)には、この日の演奏曲目が記載されていて、いかにも労音の「例会」らしい。
ふつうのライブだと、曲目は始まってみないとわからず、それがいいのだが……。残念な気もする。

プログラムに記載されていた曲目は、下のとおり。
ただし、実際の演奏曲順は、ハコさんの喉の調子がよくなかったせいもあって(年末に風邪をひかれたそうだ)、一部、前後した。
曲によって声が出やすいものと、難しいもの(喉が温まってからでないと出ない音域)があるようで、これには納得。
また、MCとのつながりで、曲順が変わってしまったものもあり、これも自然な流れだ。

私の隣りに座っていた方々(年配の女性陣)が、プログラムを見ては曲目を確認していたのが、微笑ましかった。

【配布されたプログラムに記載されていた曲順】

望郷 (これは後で歌った)
白い花 (これも後になった)
織江の唄 (これが最初に歌われた)
ヨコハマ
稲の花
未來の花

(15分間の休憩)

横浜ホンキートンク・ブルース
上級試験 (これも2曲目には歌われなかった)
ざんげの値打ちもない
ごめん
歌ひとつ
BEETLE
縁 ~えにし~

アンコール : 横浜から

私は、演奏中にメモをとらないため、演奏曲順には自信がない。
いつものように、MCで、九州(大分)のおばあちゃんの思い出(稲の花)や、阿久悠さんのことや、東日本大震災後に東北で録音したアルバム・作った曲の話など。

終盤、安田裕美さんのギターで一曲。
これが井上陽水の「帰れない二人」、ハコさんがワン・コーラス歌う。
安田さんのギターの音色には、いつもうっとりする。

私の席からは、前の人の頭に邪魔されることなく、ステージ上の安田裕美さん(左)とハコさん(右)が見通せて、演奏中は、ふたりの表情や演奏テクニックに見とれていた。
間近に見るお二人の演奏姿は、ホールならではの照明の効果もあって、神秘的な感じさえした。
ときどき、目を閉じて、ハコさんの歌の歌詞をかみしめる。

休憩時間に、物販コーナーでアルバム「未・発・表」を購入。
前半のMCで、このアルバムのことをハコさんが話していたので(なかなか入手できないそうだ)。もちろん、私はすでに持っているアルバムなのだが。

収録曲(全13曲) いいアルバムだ。

BEETLE
ヨコハマ
白い花
織江の唄
新宿子守唄
あなたの景色
リンゴ追分
横浜ホンキートンク・ブルース
気分を変えて
未来の花
会えない時でも
飛びます
BEETLE(Acoustic Ver.)

20190109_123127

ハコさんのCDが並ぶ隣りに、ファン仲間が作ったクリア・ファイルが売られていたので、これも購入。

終演後のサイン会で、CDの冊子にサインをいただいた。
市立公会堂なので、撤収時刻が指定されているようで、午後9時前に終演した後、慌ただしいサイン会だったが、気さくにサインしてくださった。

この日、ハコさんの体調が思わしくなく、演奏中に何度も声が出ない場面があったが(歌い直しもあって、ハラハラしたが)、しっかり歌い切る姿に胸が熱くなった。
「鬼気迫る」と言っていいような、この夜の演奏だった。

500席あるホールの9割方埋まっていた感じだった。
お客さんの反応もよく(ハコさんへの温かい声援)、それも嬉しかった。

| | コメント (0)

2018年12月29日 (土)

【遊】ぼちぼちいこうか総集編(2018年・イベント編)―補筆―

2018年も、ほとんど映画を観にいかなかったが、強く印象に残ったこの映画のことを書き忘れていた。

■2018/12/15(土) 東京都写真美術館(恵比寿)
 映画 「スケッチ・オブ・ミャーク」 大西功一監督 2011年
  http://sketchesofmyahk.com/ 
 映画 「津軽のカマリ」 大西功一監督 2018年
  http://www.tsugaru-kamari.com/

「津軽のカマリ」完成記念上映会。
同じ監督の旧作「スケッチ・オブ・ミャーク」も別の回で上映。

「スケッチ・オブ・ミャーク」のポスターを、数年前に見ていて、いつか観たいと思っていた。
「津軽のカマリ」は、初代高橋竹山を描いたドキュメンタリーだが(初代の演奏映像は既存のものを使っていた)、二代目高橋竹山も出演している。

上映後、監督のトークショーがあった。
「津軽のカマリ」では、二代目竹山もトークショーに加わり、なんと、ステージ上で二曲演奏してくれた。
マイクの事前調整が不十分だったため、マイクを使わない生の津軽三味線の音が場内に響いた。
得難い経験だった。

お二人の写真を撮ればよかった(遠慮して撮らなかった)。

20181215_095814

20181215_101948

20181215_1309191

| | コメント (0)

2018年12月28日 (金)

【遊】ぼちぼちいこうか総集編(2018年・イベント編)

好奇心を絶やさないでいたい。

今年も、許す限り、さまざまなイベントに参加したり映画を観たりした。
これは、なかば自分のための覚え書き。

■2018/1/20(土) 南方熊楠展 (国立科学博物館)

20180120_113939

20180120_114033

20180120_121718

科学博物館に入ったのは初めてだった。
常設展示も見てきた。

■2018/1/21(日) キタコマ沖縄映画祭プレイベント
 (狛江市西河原公民館)

喜多見(狛江市)のM.A.P.で、この後開催された「沖縄映画祭」のプレイベント。
映画、琉球舞踊、ライブ、などの催し。

20180121

20180121_110652

20180121_124531

■2018/2/11(日) アフガニスタンを食べて、見て、もっと知ろう 2
 (東中野 「驢馬駱駝」)

アフガニスタン山の学校支援の会主催。
フォト・ジャーナリスト 長倉洋海さん(会の代表)のスライド・トーク、アフガニスタン料理、など、盛りだくさんの内容。
これが2回目の開催。
前回は一人で行ったが、今回は妻を誘っていっしょに行った。
ジャンケン大会で、妻は景品をもらった。

20180211_122818

20180211_131032

20180211_132411

20180211_143857

■2018/2/17(土) 沖縄かりゆし演芸まつり (座・高円寺2)

藤木勇人さん(志ぃさー)主催のイベント。
漫才、琉球演芸、藤木さんの落語など。

20180217_123450

20180217_152310

■2018/3/3(土) みずほ雛の春まつり
 (瑞穂町郷土資料館「耕心館」・「けやき館」)

わりと近いので、妻と車で出かけた。
これは、みごとだった。

20180303_111812

20180303_112119

20180303_1120491_2

■2018/3/31(土) 高橋美香さん スライドトーク (国立市公民館)

フォト・ジャーナリスト 高橋美香さんの、パレスチナ報告会。

20180331_13024620180331_130224

20180331_140343

■2018/4/7(土) 高橋美香さん パレスチナ帰国報告会
 (喜多見M.A.P.)

山崎ハコさんの前橋ライブの翌日、前橋から車で帰宅し、電車で出かけた。

20180407_161833_2

20180407_202740

■2018/11/8(木) 関野吉晴展 (武蔵野美術大学)

近所の武蔵野美術大学キャンパスへ自転車ででかけた。
地下道展示場で、関野吉晴さんに出会ったので、いっしょに写真におさまっていただいた。
貴重な体験だった。

20181108_1328551

20181108_1342571

20181108_1344211

20181108_134522

■2018/11/23(金)・25(日) 江戸東京たてもの園 「たてもの園ライトアップ」

毎年、この時期に開催される江戸東京たてもの園(小金井公園内)のライトアップ・イベント。
今年は、二度、行った。

20181123_182235

20181123_170005

20181123_175139

20181123_18082020181123_180834

20181123_18091320181123_180926

■2018/12/1(土) 映画「縄文号とパクール号の航海」 (阿佐ヶ谷「ユジク阿佐ヶ谷」)

阿佐ヶ谷のちいさな映画館へ、映画を観に行った。
関野吉晴さんの「グレート・ジャーニー」、インドネシアから沖縄・石垣島まで、手作りカヌーで三年がかりで航海するという冒険の記録。
上映後、ロビーで監督の水本博之さんと関野吉晴さんのトーク・ショーがあった。
監督は、武蔵野美術大学の関野ゼミの卒業生。

観たかった映画を劇場の大きなスクリーンで観ることができた。
トーク・ショーもよかった。

20181201_120030

20181201_161507

(2018/12/28記)

| | コメント (0)

2018年11月13日 (火)

【遊】宮古島旅行(2018.11.4~11.6)

11月4日(日)から6日(火)まで、二泊三日の旅行会社のツアーで、宮古島へ行ってきた。

初日は、羽田を昼に発つ便だったため、宮古空港に着いたのは夜。
ホテルに直行して、島内と周辺の四島(伊良部島、下地島、来間島、池間島)を巡る観光は、翌日と最終日の二日間。

バスで巡る、めまぐるしいツアーだったが、珊瑚礁でできた平坦な島の景色と、エメラルドグリーンの海が美しかった。

こんどは、宮古本島の内部の名所、旧跡、博物館などを、ゆっくり廻ってみたいと思った。

Img

■2018/11/4(日) 晴れ
 羽田空港~那覇(沖縄)空港~宮古空港~ホテル

2018110412184520181104160913

20181104145302

宮古空港。

20181104180729

ホテル近くのレストランで夕食。
メインディッシュの写真がなく、デザートの写真。

2018110419301520181104201233

■2018/11/5(月) 晴れ
 ホテル~伊良部島・下地島~池間島~西平安名崎~雪塩製塩所~砂山ビーチ~ホテル

ホテルのベランダからの眺め。

20181105080527_2

バスで、まずは、伊良部島と隣接する下地島(島のほとんどを飛行場が占める)をまわる。
下地島の西端にある名所「通り池」は奇観。

20181105101845

通り池。二つの池(海水)がつながっている。

2018110510234120181105102434

伊良部島で昼食。

2018110510591820181105110406

20181105113759

伊良部大橋を渡り戻る。

20181105123200

宮古本島北端の池間大橋を渡って、島内をあっという間に一周して本島に戻る。

20181105132723

大きな風力発電の風車が三基。

20181105140606

この後、雪塩製塩所、砂山ビーチをまわって、夕方、ホテルに戻った。
この夜は、ホテル内でバイキング形式の夕食。

20181105181819

■2018/11/6(火) 晴れ
 ホテル~来間島~東平安名崎(灯台)~宮古島海宝館(昼食)~宮古空港~那覇空港~羽田

朝食。前日、午前7時頃に朝食会場に行ったところ長蛇の列。
それに懲りて、この日は6時に降りて、出発時刻の8時まで、ゆっくり過ごした。

20181106060622

来間大橋を渡って来間島へ。

20181106084014

2018110608433520181106085247

20181106085947

宮古本島東端の、東平安名崎へ。
突端に灯台があり、入館料200円を払って内部見学ができる。
100段近い螺旋階段を登り、灯台の天辺へ。

20181106094352

2018110610052820181106101009

20181106101003

このツアー最後の立ち寄り場所、宮古島海宝館で、膨大な貝のコレクションを見学し、昼食。

2018110610561520181106112514

島内のあちこちの交差点に立っていた「宮古島まもるくん」(警察官の人形)と、記念撮影。

20181106120914

宮古空港を13:40の便で、那覇空港乗り継ぎ。
那覇15:15発、羽田17:50着。

天気に恵まれて(宮古島は、27度あって陽射しがきつかった)、いい旅になった。

| | コメント (0)

2018年7月17日 (火)

【遊】2018年夏、北海道旅行(その3)

7月12日から三泊四日の北海道旅行。
その最終日。

7月15日(日)

前日、置戸町の友人宅の二階に泊めてもらい、この日は女満別空港発20時20分のJAL最終便で帰京。

朝から曇天、風も強く雨もパラパラ降っていた。

Img_20180715_074933_2

時間がたっぷりあったので、ゆっくりブランチ。
昼前、友人の車の先導、車2台で網走方面へ向かう。

女満別空港好前でレンタカーを返却。
友人の車に乗せてもい、まず、道立北方民族博物館へ。
この博物館、噂には聞いていたが、すばらしい博物館だった。

北海道立 北方民族博物館公式サイト( 網走 )
http://hoppohm.org/index2.htm

Dscf0117

Dscf0118

Img_20180715_145731Img_20180715_150513

Img_20180715_150613Img_20180715_151006

この博物館をゆっくり見学し、しっかり図録も購入して、次に、友人が訪ねたかったという場所、二か所に立ち寄る。

Dscf0120

Dscf0124

「豆灯(とうとう)」という喫茶店が面白かった。
外観は普通の民家のようだが、内部は立派なお屋敷(写真を撮らなかった)。
ひょっとして、昔は個人医院の建物だったのではないか、と思ったが、確かめなかった。

喫茶室 豆灯
北海道網走郡美幌町仲町2丁目80−1

https://goo.gl/maps/FbYvpW4HFd12

この後、女満別空港まで送ってもらい、友人と別れた。
空港で土産物を買い、最終便で羽田へ。

女満別空港

Img_20180715_185828

羽田空港に22時過ぎ到着。
高速バスで立川まで、立川からタクシーで帰宅。
午後12時過ぎに家に着いた。

あちこち見ることができて、楽しい旅行だった。
来年、また行けるといいな。

(おしまい)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

【山】山日誌 【楽】音楽日誌 【歩】散歩日誌 【演】演芸日誌 【観】観察日誌 【読】読書日誌 【遊】おでかけ日誌 【雑】きまぐれ日誌 【震】震災日誌 あの戦争 こんな本を手に入れた こんな本を読んだ こんな音楽を聴いた ちょっと遠くへ アイヌ民族・アイヌ語 サイボク・まきばの湯 トムラウシ山遭難事故 上々颱風 中島みゆき 五十一 五木寛之 今尾恵介 内村剛介 内澤旬子 内田樹 加藤登紀子 勝沼大雅園 勢古浩爾 南方熊楠 古山高麗雄 古本 吉本隆明 吉村昭 呉智英 四季 冬 四季 夏 四季 春 四季 秋 図書館 国分寺 light house 国分寺界隈 塩山 BUN BUN Bear 塩見鮮一郎 多摩 夢枕獏 宮本常一 宮沢賢治 宮部みゆき 小平図書館友の会 小平界隈 小熊英二 小金井公園 小金井界隈 山崎ハコ 山田風太郎 山野井泰史 岡崎武志 岸本完司 平岡正明 府中 郷土の森 日帰り温泉 星野道夫 服部文祥 杏's cafe 村上春樹 東大和界隈 松岡正剛 松浦武四郎 柳田国男 桂枝雀 椎名誠 江戸東京たてもの園 江戸東京博物館 池澤夏樹 沖浦和光 沖縄 沢木耕太郎 浅川マキ 浅田次郎 浅草弾左衛門 渋・辰野館 満州 澤地久枝 狭山公園 田中優子 白崎映美 百名山 知里幸恵・真志保 石光真清 石原吉郎 石川英輔 美瑛 船戸与一 菅江真澄 萱野茂 西川郷子 西牟田靖 赤坂憲雄 長倉洋海 間宮林蔵 関野吉晴 阿部謹也 青梅・奥多摩・五日市 静かな大地 須藤もん 高橋美香 高田渡 高野秀行 鳥の歌 鶴見和子