カテゴリー「【楽】音楽日誌」の587件の記事

2017年5月15日 (月)

【遊】長倉洋海さんの写真展へ

楽しみにしていた山崎ハコさんのバースデイライブ。

5/13(土)と5/14(日)の二日連続、渋谷のホールが会場だった。
二日とも、会場に足を運んだ。

20170514162044

ハコさんも、5/18に還暦をむかえる。
18歳のデビュー直後から注目し、追いかけてきた私も、同じように年齢を重ねた。
あれから40年を超える年月が流れたのだな。

Yamasaki_hako

山崎ハコの世界 (ハコさん公認のファンサイト)
http://www.hako.esy.es/

 

せっかく渋谷まで出るのなら、と、恵比寿の東京都写真美術館で5/14まで開催されていた、長倉洋海さんの写真展にも行ってみた。

会期中に、一度は行ってみたかったのだ。
これも、5/13と5/14の二日連続で足を運んだ。

「フォトジャーナリスト 長倉洋海の眼
  地を這い、未来へ駆ける――」

 2017年3月25日(土)―5月14日(日)
 東京都写真美術館 地下1階展示室

Nagakura_hiromi

ちょうど、土曜日曜は午後1時から、長倉さんのギャラリートークも開かれていて、二日間、まぢかで長倉さんのお話を聴くことができた。
なんという幸運!

いい週末だった。

写真展は、もちろん撮影禁止だが、ギャラリートークに限って写真撮影が許されていたので、喜んで長倉さんの写真を撮らせてもらった。
一日目はスマホで、二日目はデジカメを持っていった。

東京都写真美術館
https://topmuseum.jp/

201705150001

201705150002201705150004

長倉さんのお話は、たいへん胸に沁みた。

5/13は、長倉さんが1983年から18年間にわたって取材を続けていた、アフガニスタンのアハマッド・シャー・マスード司令官の話。

そのなかで、船戸与一さんの小説 『血と夢』(1982年刊)の文庫版解説(2001年・徳間文庫)を、船戸さんからの依頼で書いたことを話されていた。

家に帰って本棚をみると、この文庫本があった。
私も船戸さんが好きで、たぶん、解説が長倉さんというので買ったものだろう。
すっかり忘れていた。

Funado_yoichi

5/14は、写真展の最終日だったせいか、ギャラリートークにも、たくさんのお客さんが集まった。

まぢかでお話を聴いて、ますます長倉さんの人がらに魅かれた。

撮影 2017/5/14(日) 東京都写真美術館

201705150036

201705150037

201705150011

長倉洋海ホームページ
http://www.h-nagakura.net/

写真展の図録 (もちろん会場で購入した)

新刊の豪華写真集 (欲しいけれど高価!)

長倉洋海さんのプロフィール ~ホームページより~

1952年、北海道釧路市生まれ。京都での大学生時代は探検部に所属し、手製筏による日本海漂流やアフガン遊牧民接触などの探検行をする。1980年、勤めていた通信社を辞め、フリーの写真家となる。以降、世界の紛争地を精力的に取材する。中でも,アフガニスタン抵抗運動の指導者マスードやエルサルバドルの難民キャンプの少女へスースを長いスパンで撮影し続ける。戦争の表層よりも、そこに生きる人間そのものを捉えようとするカメラアイは写真集「マスード 愛しの大地アフガン」「獅子よ瞑れ」や「サルバドル 救世主の国」「ヘスースとフランシスコ エルサルバドル内戦を生き抜いて」などに結実し、第12回土門拳賞、日本写真協会年度賞、講談社出版文化賞などを受賞した。

2004年、テレビ放映された「課外授業・ようこそ先輩『世界に広がれ、笑顔の力』」がカナダ・バンフのテレビ祭で青少年・ファミリー部門の最優秀賞「ロッキー賞」を受賞。2006年には、フランス・ペルピニャンの国際フォトジャーナリズム祭に招かれ、写真展「マスード敗れざる魂」を開催、大きな反響を呼んだ。

【関連サイト】 (FUJIFIlMのサイト内)
長倉 洋海 | Fotonoma The Photographer
http://fotonoma.jp/photographer/2005_06nagakura/index.html

| | コメント (0)

2016年12月31日 (土)

【楽】2016年総集編 今年聴いた音楽 ~その3~

今年2016年、手に入れたCD。

浅川マキの紙ジャケットアルバムが、たくさん再発された。
2月、マキさんを追悼するイベント(国立「ギャラリービブリオ」)に参加したのがきっかけで、彼女のアルバムをあらためて聴いてみたくなった。

私が二十代の頃、よく聴いたマキさんの懐かしい歌の数々が収められている。
この先も、聴きつづけることだろう。

Maki_cd_1_2

Maki_cd_2_2

Maki_cd_3_2

      

「浅川マキ ライヴ 夜」 のジャケット写真に写っているのは、若き日の萩原信義さんだろう。


MOTEL(須藤もん&対馬照) のライブで、いわゆる”対バン”(同日出演)の人たちの、いい音楽を聴いた。

井上としなり さん、スーマー さん、タケQ(スワンピータケシ&杉本 “Q” 仁美) さん、など。

Toshinari_cd

Suma_cd

上左 : 井上としなり 「井上としなり」
上右 : スワンピータケシ 「ROOTS & IMMIGRANT SOUL」
下左 : スーマー 「寒弾」(かんびき)
下右 : スーマー 「drifted leaves」

井上としなり さん

201604150043

スワンピータケシ&杉本 “Q” 仁美 さん

20161105213804

| | コメント (0)

【楽】2016年総集編 今年聴いた音楽 ~その2~

今年も大晦日をむかえた。
個人的には、波乱の多い一年だったような気がする。

きのう書いた、この一年の振り返り(音楽編)の続き。

■5月 2016/5/30
浅川河川敷
 「多文化・環境共生型野外フリーイベント みんなちがってみんないい」

【遊】浅川河川敷広場のイベント: やまおじさんの流されゆく日々
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-d264.html

201605290053_2

201605290011201605290030

友人夫妻のMOTEL(須藤もん&対馬照)が、はじめてこの野外イベントに出場。

白崎映美さん率いる 「東北6県ろーる(小)」 も、別ステージのトリで出演していた。
中川五郎さんや、ヤマザキヤマトさんも登場し、にぎやかなイベントだった。

■7月 2016/7/11
大塚Hearts+ 山崎ハコ

【楽】ハコさんの七夕ライブ: やまおじさんの流されゆく日々
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-1f1c.html

2016070915534220160709170337

ハコさんがよくライブをする大塚の店に、はじめて行った。
ほどよいサイズのライブハウス。
この日も、いいステージだった。

開場前、入場整理券をもらう行列で、ハコさんファン仲間のひとりと再会。
開場時刻までの時間待ちに、近くのファミレスでしばらくお話した。

■10月 2016/10/28~31
MOTEL(須藤もん&対馬照)・井上としなり 北海道ツアー

札幌 「才谷屋」
芦別 「珈琲 貘」
札幌 「円山夜想」(マルヤマノクターン)
小樽 「なまらや」

【楽】MOTEL北海道ツアー同行記: やまおじさんの流されゆく日々
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/motel-53ce.html

201610280003

201610280031201610280014

201610290050

201610290035201610290043

201610300090

201610300076201610300081

201610300088

201610310111

201610310100201610310108

201610310112

201610310119

今年も、MOTELのふたりにくっついて、北海道をまわった。
今回は、豊橋の井上としなりさんとのジョイント。

四日間、三人にくっついて札幌~芦別~札幌~小樽と、バスと列車での移動。
楽しかったな。

札幌の才谷屋、芦別の貘、小樽のなまらやで、それぞれ歓迎を受けて、ライブ後の打ち上げにもご一緒させてもらった。
来年もまた、行けるといいな。

■11月 2016/11/29
亀戸 「カメリアホール」 山崎ハコ

ブログ記事は書かなかった。

20161129183043_320161129174637

山崎ハコさんのニュー・アルバム 「私のうた」 発売記念コンサート。
満員、盛況だった。

ハコさんは、来年還暦をむかえるが、歳を重ねるごとにパワーが増しているように感じられる。
デビュー直後から、ずっと聴きつづけている数少ない歌い手だ。

このアルバムも、すばらしい。
ジャケット写真も、いい。

 

 

■12月 2016/12/11
浅草 「ギャラリーef」 星ノ飛ブ夜 (西川郷子・小沢あき・関根真理)

ブログ記事は書いていない。

2016121115322720161211153244

浅草にある、築100年以上の蔵の中でのアンプラグド・ライブ。

蔵は、道路に面したこの店の奥に隣接している。
ギター、パーカッション、ボーカルの小編成だが、マイクを使わない生の音が心地よかった。

西川郷子さんらしい、ちょっとしたいたずら心の感じられる構成で、なかなかよかったのだ。

■2016/12/17
吉祥寺 「のろ」 MOTEL

これもブログには書いていないが、今年最後のMOTELライブ。

MOTELは、翌週のクリスマスイブ、熱海のホテルに呼ばれて演奏するのだが、その予行のように、クリスマスソングをアレンジした歌が、おもしろかった。

こぢんまりしたお店で、アットホームな雰囲気のライブで、今年をしめくくった。

20161217184131_220161217192440

 

来年も、いろんな人たちの、いい演奏が聴けることだろう。
音楽は、生きる糧だ。

| | コメント (0)

2016年12月30日 (金)

【楽】2016年総集編 今年聴いた音楽 ~その1~

大掃除をざっと済ませて、今年のブログのまとめにとりかかる。
明日は、もう大晦日なんだな。

今年も、友人夫妻のMOTEL(須藤もん&対馬照)と、西川郷子さん、山崎ハコさんのライブが中心になった。

■2月 2016/2/5
国立 「ギャラリービブリオ」 イベント 浅川マキ特集

20160205184506

【遊】国立「ギャラリービブリオ」でのイベント: やまおじさんの流されゆく日々
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-e1a5.html

ここで、浅川マキのプロデューサーだった寺本幸司さんと、マキさんの伴奏をつとめた萩原信義さんに出会い、Facebookで友達になっていただいた。

■3月 2016/3/20
中目黒 「楽屋」 星ノ飛ブ夜 (西川郷子・小沢あき・関根真理)

20160320170845

【楽】星ノ飛ブ夜 中目黒「楽屋」: やまおじさんの流されゆく日々
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-d128.html

同日出演の「山猫合奏団」をはじめて知り、高山正樹さん(俳優)と知り合いになった。
その縁で、高山さんが主催するイベント(狛江市”M.A.P.”)に参加するようになった。
いい出会いだった。

山猫合奏団は、音楽付きの朗読と言えばいいのか。
耳で聴く芝居のようで、面白かった。
最後に一曲だけ、西川郷子さんと山猫合奏団が共演。
これもすばらしかった。

■4月 2016/4/16
長坂 「パーム・スプリング」 MOTEL・井上としなり

【遊】長坂でのライブと清里(清泉寮): やまおじさんの流されゆく日々
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/post-0b12.html

201604150002201604150040

201604150023

八ケ岳山麓にある小さな店でのライブに行った。

近くの清泉寮に、はじめて泊まり、熊本地震のニュースを聞いたことは、これからも忘れられないだろう。

■5月 2016/5/17
「渋谷区文化総合センター大和田」 山崎ハコ  (バスデイライブ)

【楽】渋谷で、ハコさんのバースデイライブ: やまおじさんの流されゆく日々
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-958b.html

20160516180718

山崎ハコさんのライブには、できるだけ行くようにしているが、今年はこのコンサートがはじめて。

いいホールで、いい音楽をたっぷり聴かせてもらった。
やっぱり、ハコさんはいい。

九州に住む、ハコさんのファン仲間のひとりと、ネット上でのやりとりを続けていたのだが、その方とはじめて会うことができた。
開演前のロビーで、先方から声をかけてくださったのだ。
うれしかった。

(続きは、明日にでもまた・・・)

| | コメント (0)

2016年11月 2日 (水)

【楽】MOTEL北海道ツアー同行記

今年もまた、MOTEL(須藤もん&対馬照)の北海道ライブツアーに同行。

一日早めに北海道入りした私は、10月28日(金)のライブ初日に札幌で合流。

今年のライブツアーは、MOTELがよく知っている豊橋の”井上としなり”さんといっしょに、四か所まわった。

2016102831_

■10/28(金) 札幌 「才谷屋」(さいたにや)

201610280003

店主の”もーりー”さん

201610280005

井上としなりさん。
いつ聴いても、しびれる。

201610280014

左から
井上としなりさん、平等(ひらとう)さん、MOTEL

201610280031

■10/29(土) 芦別 「珈琲 貘」(ばく)

札幌から高速バスで芦別へ移動。
長くMOTELがライブをさせてもらっている 「珈琲 貘」 。

店名の命名は高田渡さん。
お店のロゴも、高田渡さんの 「貘」 というアルバムから(渡さんの許諾を得て)いただいたもの、だそうだ。

Coffee /  貘  [BAKU]
http://black.ap.teacup.com/bakucoffee/

201610290050201610290033

201610290035

201610290043

■10/30(日) 札幌 「円山夜想」(マルヤマノクターン)

ここは、MOTELにとって、はじめて演奏する店。
共演の”箕輪芳知”さんのセッティング。

DINNER | LIVESHOW | BAR---円山夜想 (マルヤマノクターン)
http://www.marunoku.com/

201610300090

箕輪さんといっしょに演奏した”鈴木裕”さん(ヴァイオリンとギター)が、すてきだった。

(左)鈴木裕さん (右)箕輪芳知さん

201610300069

井上としなりさん

201610300073

鈴木裕さん(左)と 井上としなりさん

201610300076

MOTEL

201610300081

全員でフィナーレ

201610300088

■10/31(月) 小樽 「なまらや」

北海道ツアーの最終日として、ほぼ定着している小樽の 「なまらや」 さん。

小樽 パスタと洋風小皿料理店 なまらや 
http://www.geocities.jp/gitagan/mframe.htm

なまらや的日々 (ブログ)
http://namaraya.exblog.jp/

201610310111201610310094

オープニングアクトの ”キモサリバンショー” (木本 さんと、”サリー” さん)

201610310100

井上としなりさん

201610310104

井上としなり さんと、”サリー” さん(アコーディオン)

201610310108

MOTEL

201610310112

ここでも、最後は全員で

201610310119_2

どのお店でも、ライブの後の打ち上げに参加させていただいた。

もちろんライブは楽しく聴かせてもらったが、それに輪をかけて打ち上げは楽しかった。

打ち上げ写真は、掲載しないけれど・・・。

| | コメント (0)

【遊】初冬の北海道へ

10月27日から5泊6日で北海道に行ってきた。

友人夫妻の北海道ライブツアーに同行。
一昨年からいっしょに行くようになって、今年が三度目だ。

今年は、夏に墓参りができなかったので、友人たちよりも一日早く旭川空港経由で。

■10/27(木)
旭川空港に着いたのは正午過ぎだったのだが、外の気温は3度しかなかった。
上空から、うっすらと雪をかぶった丘を見ながら着陸。

レンタカーを借りて、空港近くの墓地へ。

20161027140844

墓参りの後、車で美瑛へ行き、親戚に顔を出した。

美瑛駅前にあたらしくできていた 「丘のまち交流館 ビ・エール」 にも寄ってみた。

bi.yell | 丘のまちびえい活性化協会
https://biei-act.jp/biyell.html

20161027165430

この日は旭川駅近くのホテルに泊まった。

夕食をとりに駅前まで歩き、これも新設の 「イオンモール」 に入ってみた。
これができて、旭川駅前の風景が一変。
西武デパートも閉店してしまって、旭川からデパートがなくなってしまった。

20161027185728

■10/28(金)

レンタカーを旭川空港前の営業所に返却し、バスで旭川に戻って、列車で札幌へ。

旭川駅前は、数年前に新築された駅舎とともに、ずいぶん広々としていた。

20161028102111

2016102810204520161028102018

札幌には昼過ぎに着いたので、ホテルのチェックインまでのあいだ、街を散策。

赤レンガ庁舎や時計台の中を、はじめて見学してみた。
見ごたえがあった。

20161028125142

20161028142842

(つづく)

| | コメント (0)

2016年8月 6日 (土)

【楽】MOTEL公式サイトの船出

シンガーソングライターの「須藤もん」さん。
彼女がデビューする前からの長いつきあいだ。

その縁で、彼女の公式サイトをずっと担当し続けてきた。
かれこれ16年ほどたつ。

ここ10年ほどは、対馬照さんと二人で 「めおとフォークデュオ」 を名乗り、演奏活動を続けている。

そんなこともあり、これまで 「須藤もん公式サイト(応援サイト)」 として続けてきたサイトを「MOTEL公式サイト」 としてリニューアルした。

ちょうど、契約していたプロバイダーのホームーページサービスが、この9月末で終了するため、いい機会でもあった。

今日、サーバーにアップ完了。
あたらしいサイトは、これ。

めおとフォークデュオ MOTEL(須藤もん&対馬照)
http://motel.music.coocan.jp/

ご贔屓いただけると、うれしい。

Motel_top

なお、"MOTEL" は "モーテル" と読んでください。
"もんてる" でも "モテル" でもなく・・・。

MOTEL 「泣くかもしれない」 Youtube
 作詞作曲 下田逸郎
 映画 「海を感じる時」 エンディング・テーマ曲 (MOTEL演奏)

下記サイトもご覧ください。

海を感じる時 主題歌 泣くかもしれない MOTEL 須藤もん 対馬照 - MUSIC NET
http://music-net.net/umi-naku/

| | コメント (0)

2016年7月11日 (月)

【楽】ハコさんの七夕ライブ

ひさしぶりのブログ投稿。

このところ猛暑が続いている。
先週の土曜日、ひさしぶりに山崎ハコさんのライブに行った。

場所は、大塚の「Hearts+」というライブハウス。
私は初めての店だが、ハコさんのライブはここでよく開かれている。
念願かなって、というところ。

大塚Hearts+
http://hearts-web.net/plus/

直前までの天気予報では、雨で南風が強いということだったので、心配していた。
長靴を履いていこうかと思ったほどだが、ほとんど雨は降らなかった。

2016070915534220160709170337

19時開演。
電話予約してあって、16時から店頭でチケット交換。
ファン仲間の一人にひさしぶりに会い、駅前のファミレスでお話をしながら会場時刻の17時前までをすごした。

七夕ライブにちなんで、ハコさんの衣装は着物風。
鮮やかな色合いで、かわいらしかった。
店内の照明によく映えていた。

私は、後ろの席で遠くから見ていたのだが、歌っているときもMCのときも、ハコさんの表情が生き生きしていて、とてもよかった。
MCでは、いつものようにいろんな話をしてくれた。
音響もよくて、いいライブだったなあ。

いつもながら、安田裕美さんのギターにもうっとり。

2016/7/9(土) 山崎ハコ with 安田裕美 七夕ライブ
 大塚Hearts+

セットリスト(メーリングリストの投稿を参考にさせていただいた)
1.望郷
2.織江の唄
3.ヨコハマ
4.さくらんぼⅠ
5.ききょうの花
6.くちなし
7.ひまわり
休憩
8.旅の人
9.天の川で
10.空の舟
11.縁 えにし
12.かんかん照り(井上陽水)
13.歌っ子
14.今日からは
アンコール
E1.未来の花
E2.気分を変えて

めったに聴けない「旅の人」や、マキシングル「やさしい歌」(2002年発売)に収録されている「天の川で」を聴くことができて、うれしかった。

ハコさんのライブには、なかなか行けないのだけれど、今回はおもいきって行ってみてよかった。そう思う。

  

| | コメント (0)

2016年5月30日 (月)

【遊】浅川河川敷広場のイベント

今日は朝から小雨。
きのうは、陽射しが強く暑い一日だった。

先週は、何かと身辺慌しく、ブログを書くこともできなかった。

きのう、5/29(日)、電車とバスを乗り継いで八王子の浅川河川敷へ。
野外イベントに行ってみた。
八王子市役所庁舎のすぐ近くで、八王子駅前からバスに乗った。

多文化・環境共生型野外フリーイベント みんなちがってみんないい
http://minachiga.adliv.jp/

20160529_event_1

友人夫妻、MOTEL(須藤もん&対馬照)が出演するというので、はじめて行ってみた。

今年で通算24回目になるイベント。

たくさんのテントが並び、エスニック料理などを販売していた。
東西二つのステージで、20組ほどのミュージシャンが入れ替わり立ち替わり演奏するという、楽しいイベントだった。

201605290001

20160529_event_220160529_event_3

暑くてたいへんだったけれど、面白かった。

東ステージで、MOTELの演奏とヤマザキヤマトさんの演奏を写真に納めた。

201605290011

201605290016201605290024

ヤマザキヤマトさん(右上写真)は、須藤もんさんと一緒にオムニバス・アルバムを作ったこともあり、もんさんとライブで対バンしたこともある。

「うたになれ」 というコラボレーション・アルバム(2013年発売)が、それ。

須藤もんアルバム情報 (須藤もん公式サイト内)
http://homepage2.nifty.com/sudomon/album.htm

Utaninare_cd

きのう演奏していたのは、HANGという楽器。
スチール・パンに似た澄んだ音を出す。
うっとりと聴きほれた。

ヤマトさんにお会いしたのは十数年ぶりだろうか。

ヤマザキヤマトさんのサイト
http://www.yamazakiyamato.com/


西ステージのトリを勤めた、白崎映美さん率いる 「東北6県ロール小」 の演奏も観てきた。
上々颱風ファンとおぼしき面々で埋め尽くされて、たいそうな賑わいだった。

バンド名に”小”が付いているのは、ふだんの編成よりも少ない「最小ユニット」ということだった。
それでも大人数で、賑やかな演奏だった。

201605290053

201605290030201605290043

帰ってきたら、腕まくりしていた腕が赤く日に焼けていた。

| | コメント (0)

2016年5月21日 (土)

【楽】あきる野へ、浅川マキを聴きながら

からりと晴れた土曜日。
最高気温25度ぐらいだったが、暑かった。


きのうまで、私が所属する地元の団体の仕事で忙しかった。
仕事といっても、ボランティア的なものだったが、準備と本番でけっこうたいへんだった。

その前は、小平の団体の会報作りで、慌しい日々が続いていた。

すべてが終わり、ようやく一段落。

今日は、車で買い物やら、図書館やら、もろもろの用事を済ませた。

ひさしぶりに、あきる野まで片道16キロほど走って、パンを買いに。

20160521122014

手作りパン工房スリール
http://www.sourire.jp/

わざわざ車で出かけるだけのことはあるパン屋。
大量のパンを購入。


往復の車の中で聴くために、最近購入した浅川マキの二枚組ベストアルバムを持っていった。

浅川マキ 「Long Good- bye」

全32曲。
若い頃よく聴いた歌もたくさんあり、大音量で聴きながら、いっしょに口ずさんでいた。
いいなあ、マキさん。

【収録曲】
 ディスク1
1. 夜が明けたら
2. ちっちゃな時から
3. 赤い橋
4. 放し飼い
5. あなたなしで
6. ガソリン・アレイ
7. それはスポットライトではない
8. かもめ
9. 裏窓
10. 淋しさには名前がない
11. 少年
12. にぎわい
13. セント・ジェームス病院
14. こころ隠して
15. こんな風に過ぎて行くのなら
16. マイ・マン
 ディスク2
1. TOO MUCH MYSTERY
2. コントロール
3. めくら花
4. ふしあわせという名の猫
5. ナイロン・カバーリング
6. If I’m on the late side
7. 大砂塵
8. Blue Spirit Blues
9. ちょっと長い関係のブルース
10. POSSESSION OBSESSION
11. アメリカの夜
12. 朝日樓(朝日のあたる家)
13. あの娘がくれたブルース
14. 暗い日曜日
15. ジンハウス・ブルース
16. INTERLUDE


あきる野に向かう前、団地のなかで初夏の草花を見た。
ヤマボウシが咲き、アジサイが色づきはじめた。

20160521110209_2

20160521110121_2

20160521110524_3


一週間前に故障した複合プリンターが、修理から戻ってきた。

購入金額と同じぐらいの修理費がかかったが、今あるインクのことを考えると、新しい機種に買い換える気にならなかった。

もう四年も使っている、使い勝手のよいプリンターなのだ。
あと数年は使いたい。
できるだけ、物を大切にしたい気持ちもある。








| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

【山】山日誌 | 【楽】音楽日誌 | 【歩】散歩日誌 | 【演】演芸日誌 | 【観】観察日誌 | 【読】読書日誌 | 【遊】おでかけ日誌 | 【雑】きまぐれ日誌 | 【震】震災日誌 | あの戦争 | こんな本を手に入れた | こんな本を読んだ | こんな音楽を聴いた | ちょっと遠くへ | アイヌ民族・アイヌ語 | サイボク・まきばの湯 | トムラウシ山遭難事故 | 上々颱風 | 中島みゆき | 五十一 | 五木寛之 | 今尾恵介 | 内村剛介 | 内澤旬子 | 内田樹 | 加藤登紀子 | 勝沼大雅園 | 勢古浩爾 | 南方熊楠 | 古山高麗雄 | 古本 | 吉本隆明 | 吉村昭 | 呉智英 | 四季 冬 | 四季 夏 | 四季 春 | 四季 秋 | 図書館 | 国分寺 light house | 国分寺界隈 | 塩山 BUN BUN Bear | 塩見鮮一郎 | 多摩 | 夢枕獏 | 宮本常一 | 宮沢賢治 | 宮部みゆき | 小平図書館友の会 | 小平界隈 | 小熊英二 | 小金井公園 | 小金井界隈 | 山崎ハコ | 山田風太郎 | 山野井泰史 | 岡崎武志 | 岸本完司 | 平岡正明 | 府中 郷土の森 | 日帰り温泉 | 星野道夫 | 服部文祥 | 杏's cafe | 村上春樹 | 東大和界隈 | 松岡正剛 | 松浦武四郎 | 柳田国男 | 桂枝雀 | | 椎名誠 | 江戸東京たてもの園 | 江戸東京博物館 | 池澤夏樹 | 沖浦和光 | 沖縄 | 沢木耕太郎 | 浅川マキ | 浅田次郎 | 浅草弾左衛門 | 渋・辰野館 | 満州 | 澤地久枝 | 狭山公園 | 田中優子 | 白崎映美 | 百名山 | 知里幸恵・真志保 | 石光真清 | 石原吉郎 | 石川英輔 | 美瑛 | 船戸与一 | 菅江真澄 | 萱野茂 | 西川郷子 | 西牟田靖 | 赤坂憲雄 | 長倉洋海 | 間宮林蔵 | 関野吉晴 | 阿部謹也 | 青梅・奥多摩・五日市 | 静かな大地 | 須藤もん | 高田渡 | 高野秀行 | 鳥の歌 | 鶴見和子