カテゴリー「【雑】きまぐれ日誌」の692件の記事

2023年12月31日 (日)

【読】2023年総集編(イベント編)

2023年の大晦日。

今年、参加したり関わったイベントを記録しておこう。
適当なカテゴリがないので、【雑】きまぐれ日誌、としておく。

◆3月11日
高橋美香さん トークイベント
「ママとマハとミカ ~ 『パレスチナに生きるふたり ママとマハ』 出版記念 ~
 於:狛江 「M.A.P.」

20230311-124230_20231231095201 20230311-134111_20231231095201

20230311-161602_20231231095201

https://amzn.to/3Sb4nK9

◆4月8日
岡崎武志さん トークイベント
於:荻窪 「本で旅するVia」

20230408-152334_20231231100001 20230408-152413_20231231100001

https://via-ogikubo.com/

◆6月18日
牧野伊三夫さん 講演会
於:小平市中央図書館視聴覚室
主催:小平図書館友の会

20230618-125338_20231231100501 20230618-133249_20231231100501

20230618-132845_20231231100501

◆8月3日
「地球永住計画」 小松由佳さん トークイベント
於:武蔵境 「武蔵野プレイス」

20230803-190837_20231231100901 20230803-195623_20231231100901

20230803-211106_20231231100901

◆10月29日
小松由佳さん 講演会
於:小平市中央図書館視聴覚室
主催:小平図書館友の会

Img_0698_20231231101301 20231029-135541_20231231101301

Img_0697_20231231101301

今年は、所属している小平図書館友の会主催の講演会が2回あった。
そのどちらにも関わっていた。
とくに、小松由佳さんは、私が講演依頼をして、段取りをとったもの。
盛況で、よかった。

| | コメント (0)

2023年12月29日 (金)

【雑】工事は進む

南側のベランダから見える工事現場。

ときどき、工事の進捗を写真にとってきた。

来年春には完成するらしい。

奥(南側)にはスーパーができて、手前(北側)には集会施設らしき建物と、公園ができるそうだ。

2023/1/18 公園整地が始まる
 樹木が伐採されたのは残念

20230118-132835_20231229091901 20230118-162254_20231229091901

2023/2/10 雪が降った

20230210-123059_20231229092001

2023/6/29 しばらく見ないうちに進捗していた

20230629-114546

2023/7/8

20230708-082418

2023/7/22

20230722-114423

2023/8/5 暑い夏

20230805-085604

2023/8/8

20230808-142045

2023/8/9 スーパーの工事が進む

20230809-112005_20231229092401

2023/8/14

20230814-084014_20231229092501

2023/8/26

20230826-100701

2023/8/31

20230831-083117_20231229092601

2023/9/20

20230920-162405_20231229092601

2023/9/27 集会施設が建ちはじめた

20230927-094324

2023/9/28

20230928-141959_20231229092801

2023/10/7

20231007-121733_20231229092801

2023/10/17 公園部分の工事が進む

20231017-144724_20231229092901

2023/10/17

20231017-144724_20231229093001

2023/10/21

20231021-114607

2023/10/26

20231026-163835

2023/10/31

20231031-114044

2023/11/1 これは、東側に建設中の団地の新しい居住棟

20231101-110729_20231229093201

2023/11/4 集会施設の建物屋上(謎のサークル)

20231104-134353_20231229093301

2023/11/6

20231106-060724_20231229093401

2023/11/16

20231116-140909_20231229093401

2023/11/19 パノラマ写真を撮ってみた

20231119-105957_20231229093401

2023/11/27 イチョウの黄葉

20231127-155111_20231229093501

2023/12/8

20231208-141921_20231229093601

2023/12/16 奥のスーパーの店名表示ができた

20231216-141542

2023/12/20

20231220-112328_20231229093701

2023/12/25

20231225-134647_20231229093801

2023/12/29 年末休みに入ったようだ

20231229-091120

来年も、スマホで写真を撮り続けよう。
ベランダから、さえぎるものもなく見えるので。
広大な空き地だったのが、大きく変容しようとしている。

 

| | コメント (0)

2023年11月 1日 (水)

【雑】小松由佳さん講演会終了

小平図書館友の会主催の、小松由佳さん講演会が、10/29(日)無事に終了。

会場には45人ほど、Zoom同時配信にも15人ほどの参加。
参加者からの感想も、好意的なものばかりで、よかった。

小松さんの話は、言葉が明晰、きれいな声で聞きやすく、わかりやすい。
話の流れも、関野吉晴さんが言っているように「話していることが、そのまま本になる」ほど論理的で、筋道立っている。
聴衆とのコミュニケーション(随所で聴衆への問いかけがある)も重視していて、質疑応答も大切にしている方だ。

講演1時間半(90分、途中休憩あり)、質疑応答30分という枠内にぴったり収まるよう、時間調整してくださったのも、さすが。

私から友の会役員への推薦、小松さんへの講演依頼で、今回の講演会が実現したことが、うれしい。
ちらし作成、講演資料の準備や、申し込み
受付担当、など、ずいぶん前から長い期間、忙しかったが…。
そのぶん、やり終えた満足感も大きい。

Img_0697_20231101190801 Img_0698_20231101190801

20231029-135541_20231101190801

講演終了後、会場の小平市中央図書館の前まで小松さん一行(今回、お子さま連れだった)を見送ったのだが、小松さんから写真を撮りましょうと。
このスナップは、私の宝物になりそう。

20231029-161043_20231101190801

小平図書館友の会のブログ(私が管理を担当)にも、報告記事を載せた。

小松由佳さん講演会 終了: 小平図書館友の会ブログ
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/kltomonokai/2023/10/post-a8bd1e.html

20231029_20230271_20231101191101 20231029_20230272_20231101191101

| | コメント (0)

2023年8月27日 (日)

【雑】小松由佳さん講演会(2023/10/29)始動

この10月、私が長いあいだかかわってきた、ドキュメンタリーフォトグラファー・小松由佳さんの講演会を開催する。

主催は、私が所属する小平図書館友の会。
会場は、いつもの小平市中央図書館視聴覚室。
今回、ZOOMでのオンライン配信も予定している。

以下、私が担当している小平図書館友の会ブログに掲載した予告記事より。


小松由佳さん講演会 予告: 小平図書館友の会ブログ
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/kltomonokai/2023/08/post-ef6858.html

2023年10月29日(土) 講演会を開催します。


小平図書館友の会主催 講演会

 見えない山を登る

 〜シリア難民、生きる根を見つめて〜

講師 小松由佳さん

(ドキュメンタリーフォトグラファー)

【講師より】 山に魅せられ、世界第二の高峰K2(8611m/パキスタン)に日本人女性として初めて登頂した小松は、次第に風土に根ざす人間の暮らしに魅せられ、写真家へと転向します。その後、遊牧民の世界を訪ねて出会ったシリアが2011年以降に内戦状態となると、難民となっていく人々の取材を始めました。現在は、トルコ南部のシリア難民を継続して訪ね、難民を取り巻く状況の変化を取材しています。グローバル化が進む今、日本ではあまり報道されないシリア難民の現状について、皆様と考えていきたいと思います。

日時 2023年10月29日(日)13:30~15:30 (開場13:00)
会場 小平市中央図書館 3階 視聴覚室
 小平市小川町2-1325 (西武多摩湖線「青梅街道」駅下車 徒歩5分)


会場(小平市中央図書館視聴覚室)での対面講演とZoomによる配信です。
Zoomでは 会場での講演の様子をカメラで撮影して配信します。

いずれも 事前予約制(会場は60人限定)。

申込受付 10月1日(日)~
受付期間前のお申し込みは ご遠慮ください。

先着順。会場での聴講は定員になり次第締め切ります。
Zoom参加には 定員はありません。
お問い合わせ、お申し込み先は、下のちらしをご覧ください。

20231029_20230271

20231029_20230272

2023/8/27 掲載

 

| | コメント (0)

2023年4月24日 (月)

【雑】ゆっくりと春から初夏へ

立川までバスに乗って出かけた。

バス待ちのバス停横の公園で。

20230424-100604 20230424-100820

20230424-100651 20230424-100630

20230424-101200 20230424-100718

今日は薄曇り。
最高気温15度と、すこし肌寒い。

 

| | コメント (0)

2022年12月26日 (月)

【雑】再録――歌はだれのものか

15年前、2007年3月17日に、このブログに書いた記事を再録。
ただし、記事中の新聞記事へのリンクは、いまは無効になっている。

【楽】歌はだれのものか: やまおじさんの流されゆく日々
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_102d.html

いまでも、このときに書いた考えは、さほど変わっていない。

朝日新聞3月15日朝刊の記事。
「歌はだれのものか」――「おふくろさん」騒動と著作権。
asahi.comでも読める。
http://www.asahi.com/culture/music/TKY200703150106.html

勤めに出ている日は、居酒屋のランチタイムを利用することが多く、その店のテレビのチャンネルがいつもワイドショーなので、あらかた事情がわかってしまった。 報道されない部分はあるにしても。
森進一は好きでも嫌いでもないから、ことの行方がどうなってもかまわないのだが、なかなか微妙な問題をはらんでいると思う。
朝日新聞のこの記事は、著作権法にスポットをあてたものだが、「歌はだれのものか」というのなら、それは「みんなのもの」だろうな。
歌は、作者と歌い手だけでなく、聴き手がいてはじめて成立するものだから。
50年後、100年後まで歌いつがれる歌なら、そのときは著作権もなにもないだろう。

今回の騒動。 しょせんは、権利という次元の話(著作者の権利はたいせつだけどね)。
それに加えて、多分に感情的なものが話をこじらせているようだ。
歌の価値というのは、もっと別のところにあるんじゃないか。

この一件、森進一に分がないと、ぼくは思う。
ワイドショーでインタビューを受けていた八代亜紀のコメントに、好感がもてた。
歌い手と作者のどちら側にもたたず(森進一も川内氏も両方知っているから、という理由で)、はやく和解してもらえるといいですね、といったあたりさわりのない内容だった。 それでいいのだ。
演歌歌手のなかでは、ぼくは八代亜紀が好きだな。

読み返してみて、なんだか微笑ましい気もする。
あの頃は、気ままに書いていたのだなあ、と。

【追記】
もしやと思い、Wikipediaの森進一の項を見てみたら、つぎのような記述があった。
当時の”著作権騒動”がこれだった。芸能ゴシップなのだが、朝日新聞記事は、歌謡曲はいったい誰のものかという問題提起だったような記憶がある。
「俺がつくった歌詞を勝手に変えるんじゃない」という川内康範と、森進一のどちらが正しいかということじゃなく、当時、私が思ったのは「歌はだれのものでもない、みんなのものじゃないか」ということだった。
あらためて、森進一も可哀そうだったなとは思う。

森進一 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E9%80%B2%E4%B8%80

おふくろさん騒動
2007年(平成19年)2月、おふくろさん騒動が勃発、川内康範との確執が表面化した。両者はついに和解に至ることのないまま、2008年4月6日に川内は逝去した。2008年(平成20年)11月に、森と川内の遺族が和解したことが明らかになり、1年9か月に及んだ騒動に一応の終止符が打たれた。話し合いの席には関係者らと森やレコード会社が同席したという。同年の『第59回NHK紅白歌合戦』に出演した際に「おふくろさん」を歌唱した。この時、冒頭で川内に謝罪を行った。

おふくろさん騒動 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%B5%E3%81%8F%E3%82%8D%E3%81%95%E3%82%93%E9%A8%92%E5%8B%95

おふくろさん騒動(おふくろさんそうどう)は、作詞家・川内康範が作詞し、森進一が歌唱した楽曲「おふくろさん」に、森が川内に無断で前奏パートを付けて歌唱したとして、2007年に発生した騒動である。

| | コメント (0)

2022年12月 4日 (日)

【雑】小松由佳さんのこと

このブログに詳しく書くのは、はじめて。
フォトグラファー 小松由佳さんのことを書いておきたい。

まずは、小松由佳さんのプロフィール。
集英社インターナショナル刊人間の土地へ(2020.9.30)より。

<フォトグラファー。1982年、秋田県生まれ。高校時代から登山に魅せられ、国内外の山に登る。
2006年、世界第2位の高峰K2(8611m/パキスタン)に、日本人女性として初めて登頂(女性としては世界で8人目)。
植村直己賞受賞、秋田県民栄誉賞受賞。草原や沙漠など自然と共に生きる人間の暮らしに惹かれ、旅をするなかで知り合ったシリア人男性と結婚。
2012年からシリア内戦・難民をテーマに撮影を続ける。著書に『オリーブの丘へ続くシリアの小道で ふるさとを失った難民たちの日々』(河出書房新社)がある。>

2年前のプロフィールなので、その後の活動に触れられていないが、コンパクトにまとめられている。

※プロフィール補足
登山・山岳遭難対策制度|jRO(ジロー)日本山岳救助機構
 https://sangakujro.com/
 12月【東京・大阪・名古屋】jRO会員講演会開催のお知らせ より
PROFILE
1982年秋田県生まれ。フォトグラファー。高校在学中から登山に魅せられ、国内外の山を登る。2006年、世界第2の高峰K2(8611m / パキスタン)に日本人女性として初めて登頂。植村直己冒険賞受賞(2006年)。
草原や沙漠を旅しながらフォトグラファーを志す。2011年からシリア内戦・難民の取材を始める。
著書に「人間の土地へ」(集英社インターナショナル/2021年9月)。2021年、山本美香記念国際ジャーナリスト賞受賞。シリア人の夫と二人の子供と東京都八王子市在住。
《写真展》
2008年までカフェ・ギャラリーなどで多数開催
2015年「国境の街に生きる 〜あの山を越えた故郷へ〜 」
2017年「ヨルダン 子連れパニック取材行 ~ シリア難民に助けられた一カ月 ~ 」
2019年「シリア難民の肖像 〜Borderless people〜」

小松由佳さんのウェブサイト
https://yukakomatsu.jp/

私が小松由佳さんを知ったのは、何年か前(定かではないが2019年9月だろうか)に開かれた「アフガニスタン山の学校支援の会」総会の会場で、ちらしを配っていらしたのを見かけたときだったと思う。

当時、まだ、あかちゃんだった次男を背負い、長男はステージに登ったりして、やんちゃぶりを発揮していたことを覚えている。
その頃は、この方のことを知らなかったが、配っていたちらしは、ご自身のトークイベントの案内だったと、うっすら覚えている。

その後、はじめて参加した小松さんのトークイベントが、これ。
関野吉晴さん主催の「地球永住計画」トークイベント(2022.1.22 三鷹 武蔵野美術大学三鷹ルーム)。

2020年1月22日(水): やまおじさんの日記
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/nikki/2020/01/post-ad51b4.html

20200122-210737_20221204102701

日記はつけておくものだなあ。

その後は、著作2冊も読み、写真展やトークイベント、講演会にも足繁く通うようになった。
ときおり開催されるオンライン(ZOOM)での講演も、できるだけ参加するようにしている。
つまりは、すっかり小松由佳さんのファンになってしまったのだ。

『オリーブの丘へ続くシリアの小道で ふるさとを失った難民たちの日々』
小松由佳/著
出版社名 河出書房新社
出版年月 2016年3月 ※現在、新本は入手困難
ISBNコード 978-4-309-24755-7
税込価格 2,090円
頁数・縦 127P 21cm
2011年から2015年にかけての激変の中、難民になったシリア人の日常や子どもたちの暮らしぶりなどを写真とともにとらえる。

『人間の土地へ』
小松由佳/著
出版社名 集英社インターナショナル
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-7976-7389-0
税込価格 2,200円
頁数・縦 251P 20cm
日本人女性として初めてK2に登頂した著者とラクダと共に生きるシリアの青年。沙漠で出会った二人を待ち受けていたのは、「今世紀最悪の人道危機」、内戦の勃発だった。徴兵された青年は政府軍から脱走を試みるが…シリア内戦を内側から描くノンフィクション。

 

2022/11/26(土) 亜細亜大学武蔵野キャンパスでの帰国報告会

20221126-142751_20221204110801 20221126-143033_20221204110801

20221126-171020_20221204110801 20221126-165824_20221204110801

知り合いにも、機会があれば小松さんの著作を紹介している。

ここからは、余談。
ややプライベートなことだが、書いておこう。

昨夕、有楽町で会った旭川の高校時代の同期生。
卒業いらいの再会をはたした女性。
彼女はアイルランドのダブリン在住で、このたび北海道新聞社主催の文学賞を受賞して、その授賞式に出席するため帰国していた。
(今年の春には、自費出版の詩集で小熊秀雄賞も受賞していて、なんとダブル受賞)
今夜の便でアイルランドに戻るという。

同じ高校の同期生(彼とは数年前まで何度も同期会で会っている)が仲介してくれて、実現した再会。
もうひとりの同期生も遅れて来て、4人で3時間にわたって会食、談笑したのだった。
いい時間だった。

その彼女とは、ひょんなきっかけで昨年からメールのやりとりを続けるようになったが、ずっと会えずにいた。

昨夜、話の中で小松由佳さんの名前が出て、うれしかった。
小松さんの『人間の土地へ』を読み、感銘を受けて、まわりの日本人の友人に薦めているという。
なんだか「人間の輪」が広がっていくなあ、と感慨深かったのだ。

(とりあえず、ここまで)

 

| | コメント (0)

2022年11月 2日 (水)

【雑】小平図書館友の会のウェブサイト

この記事は、なかば宣伝です。

小平市在住市民が中心になって、かれこれ四半世紀続いている「小平図書館友の会」。

私は10年前まで小平市の公営団地に住んでいたことがあり、同じ団地に長く住み続けていた友人(高校時代からの友人、残念なことに7年前に亡くなった)のすすめで、入会した。
入会したのは2010年頃だったと思うが、はっきり憶えていない。

小平図書館友の会: やまおじさんの流されゆく日々
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/cat23463895/index.html

この市民団体が毎年おこなっていた「チャリティ古本市」のお手伝いに行くようになり、10年前から広報担当ということで、年2回発行している会報の編集を任されるようになった。
会報の企画は、もっぱら別の人が行い、私はWORDで編集するだけなのだが。

その後、友の会のブログも担当している。

小平図書館友の会ブログ
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/kltomonokai/

URLを見るとわかるのだが、私が続けてきた個人ブログの下のサブブログになっている。
私に何かあったら(cocologとの契約が切れたら)消滅してしまう、あやういブログだ。

前置きが長くなった。

前から考えていたウェブサイト(一般にホームページと呼ばれるが、この呼び方には異論がある)を、作ってみようと一念発起。
というほど、たいそうなことでもないが。

無料のウェブサイト作成ツール「Wix.com」を使わせてもらっている。
私が好きな西川郷子さん(上々颱風のツインボーカルのひとり)のバンド「星ノ飛ブ夜」のウェブサイトを見て、このサービス試してみたところ、なんとか格好がつきそうだったので採用。

星ノ飛ブ夜 Official Website
https://hoshinotobuyoru.wixsite.com/hoshinotobuyoru

……とまあ、長々と書きましたが
小平図書館友の会のウェブサイト は、これです。
覗いてみてください。

https://kltomonokai.wixsite.com/my-site

ブログはブログで、存続させ、イベントや読書会など、頻繁なお知らせを掲載していくつもり。
ウェブサイトは、いわゆる「ポータルサイト」という位置付けです。

※アクセスカウンターは、今日、設置。見るたびに数字が増えていくので楽しみです。
 自分でカウントを増やしていってもしょうがないのですが、数字が増えていくのは励みになりますね。

| | コメント (0)

2022年8月19日 (金)

【雑】ひとあし早い秋の空

8月も中盤。

今朝、5時前に目がさめて外を見ると、みごとな朝焼け。
スマホで写真を撮る。

今日の天気予報では、最低気温23度。
最高気温は、やや高く33度だが、湿気がなくて爽やか。
初秋を思わせる、きもちのいい天気。
まだまだ残暑は続きそうだが、こういう日は気分がいい。

20220819_weather

この季節、朝焼けは北側開放通路に出ないとよく見えない(下の写真)。

20220819-043829

南側ベランダから見た、東の空(下の写真)。

20220819-043945

そして、少し時間がたってからの南の空。
送電鉄塔にあたる陽射しに、陰影がついていて、きれいだ。

20220819-045922

| | コメント (0)

2022年8月 1日 (月)

【雑】COVID-19罹患記

2022年7月第3週、新型コロナウイルス感染症に夫婦で感染。

さいわい、ごく軽症(私は発熱のみ)で、たぶん完治したと思われる。
発症日(7/12)の翌日から10日間は、健康観察期間。
毎日、病院(診察を受けたクリニック)から症状確認の電話が入った。
妻も私の次の日あたりから発熱し、検査の結果、陽性だった。

ブログ日記には、毎日の経過を書いていた。
SNS(Facebook)には、いっさい書かなかったが、記録としてここに残しておこう。

■経緯
私が外出先のどこかで感染して、妻にもうつしてしまったと思われる。

7/12(火)午前1時、37.4度の発熱(平熱は35度~36度台)
・朝、平熱
・午後から夕方にかけて37度台後半から38.2度の発熱
・解熱剤(ロキソニン)服用

7/13(水)朝、37度
・近所のクリニックに発熱外来予約の電話をかけるも、ずっと話し中。
(ここには、ふだん、健康診断ぐらいでしか行っていない)
・都の発熱相談センターに電話
 →近くのクリニックで受信するように言われた
・何回か受診したことがあり、診察券もある立川のクリニックに電話
(ここは、大きな総合病院の付属クリニック)
 →発熱外来7/14 14時の予約が取れた
・念のため、私のかかりつけの病院(成人病でお世話になっている)にも電話したが、発熱外来は近くのクリニックで、と言われてあきらめた
・午後も37度の熱、ロキソニン服用

7/14(木)発熱外来受診(立川の大きなクリニック)
・院内には入れてもらえず、インターホンで到着を知らせる
・1階の間仕切りをした発熱外来(5人分ほどのパーティション)に入る
・看護師が来て、問診票記入、検温、血中酸素飽和度測定(数値不明)
・別室に案内され、抗原検査(鼻咽頭から綿棒で採取)
・しばらく待たされた後、医師による診断→抗原検査の結果が陽性とのこと
(このクリニックでは、抗原検査で陰性の場合、さらにPCR検査という流れ)
・重症化予防薬=ロゲブリオ/モルヌピラビル処方の希望を聞かれる
 →処方してもらうことに
・近くの調剤薬局へ行く(クリニックから薬局へ処方箋FAX送付)
・薬局に到着後、電話で知らせる(中には入れない)
・表のテントでしばし待つ
・薬剤師が薬を持って来て説明
 →ロゲブリオカプセル200mg✕4錠✕3回/日✕5日分処方
・解熱剤も希望し、追加で出してもらう

7/15(金)妻、発熱外来受診
・私は外出自粛なのだが、車で送り、終わるのを待つ
・妻は、本来、濃厚接触者扱いで、クリニックにも出入り禁止なのだが
 通常診療(予約診療の予定があった)で診てもらうつもりで行く
 →看護師から笑いながら、優しく「濃厚接触者だから、来ちゃだめなのよ~」と言われたそうだ
 すぐに発熱外来へ回されて、PCR検査→陽性判定が出る
 妻にはコロナの薬の処方はなかった

7/16(土)~7/22(金)
・発症日の翌日から10日目まで、毎日、クリニックから電話で健康観察
 妻は7/23(土)まで
 私たちの場合は、保健所からではなく、診察を受けたクリニックからの電話
・体温、パルスオキシメーターによる血中酸素飽和度、体調を報告

■感染経路(推測)
妻は通院以外、ほとんど外出していなかった。
私は、芝居観劇、ライブ、コンサート、他、発症日直前の外出が何度か。
芝居(野外劇)では、関係者に陽性者が出て、私が観た初日の翌日から休演になった。
ライブでは、飲食あり。
飲食と外の歩行時以外は、マスクをしていた。
たぶん、どこかでもらってきたのだろう。

■自宅待機期間中の生活
都の「うちさぽ」で食料品を配達してくれることは知っていたが、インスタント食品ばかりなので、利用せず。
何度か車で(もちろん私ひとりで)食料品の買い出しに行った。
ほんとうは家にこもっていないといけなかったのだが。
MY-HERSYSに登録するよう、ショートメールが届いたので(IDが知らされる)登録。
毎日、二人分の状態を入力した(健康観察終了日まで)。
あとは、自宅で普通の生活。
妻は、発熱、のどの痛みなどが続いたものの、血中酸素飽和度も極端に低くならなかったため、入院希望を出さなかった。
ただ、一時、味覚・嗅覚異常があった。
妻は過去に肺炎になったことがあり、心配だったので、かかりつけの(発熱外来で診てもらった)クリニックに相談したところ、希望する病院への入院はできないとのこと。保健所指定の病院になると言われて、取り下げた。

■思ったこと
いまや、いつ感染してもおかしくない、インフルエンザなみの病気になったとは思う。
私も妻も、ワクチンを3回接種済み。
ワクチンの効果も疑問(重症化防止効果はあるのかも)。
4回目接種の時期なのだが、接種しないつもり。
変異株に対応するあたらしいワクチンが出たら、考える。
ワクチンもマスクも、どうなんだろうと思うようになった。
ただ、私たちのような高齢者は、重症化には気をつけたい。
後遺症も気になるところ。
私は大丈夫そうだが、妻は持病があるので、しばらく注意が必要。

発熱外来の混雑ぶりもそうだが、中等症・重症になると、つらいだろう(当人はもちろんのこと、医療機関もたいへん)。
インフルエンザなみに扱うには、まだ、これといった特効薬がないのもつらい。
そこが、季節性インフルとは、はっきり違う。
安易にインフルなみの扱い(5類相当)とするのは、次期尚早ではないだろうか。
・・・などと、自分が体験したせいか、いろいろ考えている。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

【山】山日誌 【楽】音楽日誌 【歩】散歩日誌 【演】演劇・映画・演芸日誌 【観】観察日誌 【読】読書日誌 【遊】おでかけ日誌 【雑】きまぐれ日誌 【震】震災日誌 あの戦争 こんな本を手に入れた こんな本を読んだ こんな音楽を聴いた ちょっと遠くへ アイヌ民族・アイヌ語 アフガニスタン山の学校支援の会 サイボク・まきばの湯 トムラウシ山遭難事故 上々颱風 中島みゆき 五十一 五木寛之 今尾恵介 内村剛介 内澤旬子 内田樹 加藤登紀子 勝沼大雅園 勢古浩爾 北方謙三 南方熊楠 古山高麗雄 古本 吉本隆明 吉村昭 呉智英 四季 冬 四季 夏 四季 春 四季 秋 図書館 国分寺 light house 国分寺界隈 塩山 BUN BUN Bear 塩見鮮一郎 多摩 夢枕獏 宮本常一 宮沢賢治 宮部みゆき 小平図書館友の会 小平界隈 小松由佳 小熊英二 小金井公園 小金井界隈 山崎ハコ 山田風太郎 山野井泰史 岡崎武志 岸本完司 平岡正明 府中 郷土の森 日帰り温泉 星野道夫 服部文祥 杏's cafe 村上春樹 東大和界隈 松岡正剛 松浦武四郎 柳田国男 桂枝雀 桐野夏生 椎名誠 江戸東京たてもの園 江戸東京博物館 池澤夏樹 沖浦和光 沖縄 沢木耕太郎 浅川マキ 浅田次郎 浅草弾左衛門 渋・辰野館 満州 澤地久枝 狭山公園 田中優子 白崎映美 百名山 知里幸恵・真志保 石光真清 石原吉郎 石川英輔 美瑛 船戸与一 菅江真澄 萱野茂 西川郷子 西牟田靖 角幡唯介 赤坂憲雄 長倉洋海 間宮林蔵 関野吉晴 阿部謹也 青梅・奥多摩・五日市 静かな大地 須藤もん 高橋美香 高田渡 高野秀行 鳥の歌 鶴見和子