カテゴリー「こんな音楽を聴いた」の276件の記事

2023年12月27日 (水)

【楽】ぼちぼちいこうか 2023年総集編(ライブ編=その他)

今年、2023年に通ったライブ。
西川郷子さん以外。

「その他」と、一括りにしてしまうのもなんだが、西川さんの追っかけが中心だったので、しょうがない。

・1月19日 「新宿ゴールデン街音楽祭」
 於:新宿 「紀伊国屋ホール」
 ※山崎ハコさん 出演

20230119-173635_20231227193601

【LIVE】2023年1月19日(木)『新宿ゴールデン街音楽祭』@紀伊國屋ホール(新宿)
 | Gallantique Kazue | ギャランティーク和恵

http://gallantica.com/2022/12/07/goldengaiongakusai/

サンスポ ネット記事
宇崎竜童、山崎ハコらが立ち上がった! 来年1月19日「新宿ゴールデン街音楽祭」開催
2022/11/08
https://www.sanspo.com/article/20221108-EQKF34TE6ZLFBKAWVZPIDOPHX4/

・1月21日 フォーク者イサジ式 さん
 於:東中野 「じみへん」
 東中野ミュージックストリート
 「星ノ飛ブ夜」の演奏と同じ日。

20230121-150819_20231227142901 20230121-163047_20231227142901

・5月13日 山崎ハコ さん
 於:有楽町 「I'm a show アイマショウ」
 バースデイライブ
 ※ゲスト:クミコさん

20230513-145955_20231227143201

20230513-160856_20231227143201

・6月10日 パギやん・春日博文 さん
 於:国立 「ギャラリービブリオ」

20230610-171645_20231227143601

20230610-200829_20231227143601

・7月27日 白崎映美 さん
 於:所沢 「MOJO」
 ※レコ発ライブ

20230727-183633_20231227143801

20230727-185154_20231227143801 20230727-212754_20231227143801

・11月26日 MOTEL(須藤もん&対馬照) 他2組
 於:所沢 「MOJO」

20231126-195745 20231126-204027_20231227144101

MOTEL(須藤もん&対馬照) 公式ウェブサイト
http://motelrecords.jp/

 

| | コメント (0)

【楽】ぼちぼちいこうか 2023年総集編(ライブ編=西川郷子さん)

2023年、今年もたくさんライブに行った。

西川郷子さんのライブがほとんど。
バンド・演奏者別に書いておこう。

◆星ノ飛ブ夜◆
西川郷子さん、小沢あきさん、関根真理さんのバンド。
※今年は、セカンドアルバムが発売された記念すべき年。
アルバム共演者とのライブや、ダンサーとの共演など、印象に残るライブがたくさんあった。
なかでも、高円寺「JIROKICHI」でのレコ発ライブと、祖師谷「カフェムリウイ」でのダンサー青木美保さんとの共演が、忘れられない。

上々颱風のボーカル 西川郷子のリーダーバンド 星ノ飛ブ夜 オフィシャルホームページへようこそ
https://hoshinotobuyoru.wixsite.com/hoshinotobuyoru

1月15日 四谷 「CON TON TON VIVO」

20230115-180452_20231227133701 20230115-212418_20231227133701

・1月21日 東中野 「じみへん」
 「東中野ミュージックストリート」

20230121-150819_20231227140101 20230121-152553_20231227140101

20230121-182405_20231227140101

・3月25日 高円寺 「JIROKICHI ジロキチ」

20230325-180626_20231227134001 20230325-180247_20231227134001

20230325-213842_20231227134001

http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2023/03/post-78570c.html

・4月30日 仙川 「niwa-coya」

20230430-171727_20231227134101

20230430-183223_20231227134101

・6月30日 下北沢 「ライブ居酒屋ラウン lown」

20230630-183121_20231227134501

20230630-195706_20231227134501

・7月30日 新高円寺 「STAX FRED」

20230730-184014_20231227134701

20230730-191919_20231227134701

・9月2日 入谷 「なってるハウス」

20230902-190254_20231227134901

20230902-204943_20231227134901

・10月21日 下北沢 「ラカーニャ」

20231021-182357_20231227135001

20231021-212034_20231227135001

・10月22日 横須賀「三笠公園」
 「ヨコスカ ピースフェスティバル」

20231022-140743_20231227141401

・11月5日 祖師谷 「カフェ ムリウイ」

20231105-165232_20231227135301

20231105-192226_20231227135301

http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2023/11/post-b809f1.html

◆ニシカワ meets フォーク◆
西川郷子さんと、フォーク者イサジ式さんのバンド(デュオ)。

・1月22日 東中野 「YES」
 「東中野ミュージックストリート」

20230122-163422_20231227140401

・6月4日 国分寺 「giee ギー」

20230604-181752_20231227140801

20230604-203640_20231227140801  

・8月26日 千歳烏山 「TUBO」

20230826-182019_20231227141101

20230826-202633_20231227141101

・12月15日 千歳烏山 「TUBO」

20231215-185339_20231227141201

20231215-202724_20231227141201

◆謡象(うたかた)◆
西川郷子さんと伊東正美さんのバンド(デュオ)。

・3月4日 下北沢 「lown ラウン」

20230304-181019_20231227192201

20230304-194220_20231227192201

・4月12日 鷺沼 「てらさわ」(蕎麦屋)

20230412-180544_20231227192401 20230412-182410_20231227192401

20230412-202929_20231227192401

謡象ウェブサイト
https://utacata.padeyemusic.com/

 

| | コメント (0)

2023年11月 6日 (月)

【楽】2023.11.5「星ノ飛ブ夜」ライブ(祖師ヶ谷大蔵「カフェムリウイ」)

11月5日(日)、小田急線祖師ヶ谷大蔵駅下車「カフェムリウイ」(世田谷区祖師谷4丁目)で開催された、「星ノ飛ブ夜」のライブに行ってきた。
17時30分会場、18時から約1時間10分のステージ。

このバンドの、今年最後のライブだった。
開場時刻よりだいぶん早く、17時前に着いたが、入れずに入口前でしばし待つ。
限定25人のライブ。開場の前から入口(2階のドア前)に行列ができた。

20231105-165232_20231106110101

星飛ビ劇場「ECHOES」〜天空に舞う想いのかけら〜

星ノ飛ブ夜
 西川郷子(Vo)
 小沢あき(G)
 関根真理(Per)
w/ 青木美保(Dance)
照明 ムリウイ たけしさん
会場 cafe MURIWUI
⭐︎セットリスト⭐︎
1. 夢よひそかに
2. あの丘で
3. 猫と魚と私
4. 金星の道
5. ビリンバウsolo〜ギターsolo
6. 君の夜を
7. 鉢植えの人
8. 愛は
9. 傾いた人
10. ヨコスカ
11. 冬の華
12. Hallelujah

※上記情報(セットリストを含む)と、下記の画像は、Facebookの「星ノ飛ブ夜」公開投稿より。

20231105__20231106103701

この会場「カフェムリウイ」は、3階建てビルの屋上にある。
外階段を上った先の屋上の手前、半分ほどは開放的なテラスのようになっていて、布のテントが張られている。
その奥に建てられているのが、この店。
ライブなどに利用されているらしい。

https://www.ne.jp/asahi/cafe/muriwui/

晴れていれば、遠く丹沢の山並みも見える。
まさに「天空劇場」の趣(おもむき)。

ここでの「星ノ飛ブ夜」のライブは、今回が三回目。
私は、これまで全部参加してきた。

毎回、工夫を凝らした構成・演出で、意外性があり、楽しめる。
「星飛ビ劇場」というだけあって、通常のライブとは趣がちがう。

以下、やはりFacebookの公開投稿から。

沢山のご来場ほんとうにありがとうございました。
今回3回目となる星飛ビ劇場、初めてのコラボレーションはダンサーの青木美保さんを迎えて、ビジュアル的にも新しい世界観を会場全体で共有できた一夜でした。
旅行カバンと鉢植え(大切な人、亡くなった人の象徴)を抱えた心の頑なな旅人が、星ノ飛ブ夜の音に触れ、再び広い世界に旅立つというようなテーマ。 ダンサーは会場内とテラスを行き来し存在、ときに乱舞する。
星飛びの音楽、言葉を拾い上げ、繋ぎ合わせ、新しく懐かしい道筋を模索してくれた青木美保さん、プランナーとしても素晴らしい才能を発揮していただきました。
サブタイトルの「天空」は会場のムリウイ「天空劇場」からいただいたもの、空に羽ばたく想いが見えましたか?
これからも沢山のECHOEを飛ばしていきます、どうぞよろしくお願いします!

共演のダンサー 青木美保さんのパフォーマンスがすばらしく、凝った構成、演出、照明……。
まるで一幕の演劇を見るような、聴衆の想像力を喚起するステージだった。

アンプラグド(マイクなし)だが、じゅうぶんに響く会場。
これは強調しておきたい。
生音にまさる音楽はない、と、常日頃、思っているので。

ボーカルの西川さん。
このステージでは歌唱と踊り、演技に集中。
いつもながら、表現力の豊かさに感心する。

いっさいのMC的なものも、当然なく、切れ目なく演奏は続いた。
曲と曲の間をつなぐパーカッションの効果音も、よく考えられていた。

ふだんのライブのような一曲ごとの拍手もなく(誰も拍手で中断させることもなく)、聴衆みんなが、ひたすら目と耳を凝らしてステージに集中していた。

西川さんの歌唱はもちろんのこと、バックの小沢あきさん(ギター)と関根真理さん(パーカッション)のバックアップも完璧。

ダンサーの青木美保さん。
開演後、一曲目の途中、コートに帽子の衣装で、鉢植えと旅行鞄を持ち、しずしずと登場。
見ているうちに、これが「ひとりの旅人を踊りで表現する」趣向だったのかと、納得。
ときに激しく乱舞、ときに音楽にじっと耳を澄ませ、ときに横になって眠る……といったダンス(演技)の緩急の変化に、目が離せなかった。
この人は、体の動きだけでなく、表情も、すばらしい。

驚いたのは、入口のドアを出て行って、窓ガラス越しに演技するシーン。
「鉢植えの人」のシュールな歌詞とのコラボ。
なんとも心憎い演出だった。

青木美保さんのインスタグラム
https://www.instagram.com/miho_aoki_1014_pilates_dance/

終演後、同席した知人(星ノ飛ブ夜のファン仲間)と、よかったね、すごかったねと、感動をわかちあった。

演奏中、写真・動画の撮影は遠慮してくださいとの事前アナウンス。
終了後、4人が並んで記念撮影タイム、というサービスもあった。

20231105-192226_20231106110101

店の前の、演奏中に使われた小道具(キャンドルライトなど)が、下の写真。
鉢植えと旅行鞄もある。
写真の右奥に写っているのが店内。

20231105-193045_20231106110101

主催者サイドで動画を収録していたので、公開されるといいな、などと思っている。
音楽って、ほんとうにいいものだ、と感じた一夜だった。
長く記憶に残り、語り継がれるだろう、このライブ。
そんな場にいられたことが、うれしい。

 

| | コメント (0)

2023年9月24日 (日)

【楽】ラブジョイ「妙」

贔屓にしている西川郷子さんが、カヴァーしている「bikke」さんのアルバムを、中古で入手。

Lovejoy ラブジョイ 「妙(みょう)」

西川さんが「星ノ飛ブ夜」というバンドで歌っている2曲を聴いてみたかった。
bikkeさんについては、その人となりをまったく知らなかったのだが、西川さんのMCで何度も彼女のことは聞いていた。
西川さんとは親しいらしい。
なかなか激しい演奏をする人と聞いていたが、どの楽曲もいい。
bikkeさんの歌声も、私は好きだ。

鉢植えの人 (作詞 加藤美郁 / 作曲 西村睦美)
野の人の 野のうた (作詞・作曲 bikke)

この2曲、西川さんがよくカヴァーして歌っている。
西川さんの歌唱もいいのだ。

「鉢植えの人」は、星ノ飛ブ夜のセカンドアルバムにも収録されている。

詳細は「星ノ飛ブ夜」の公式サイトで。
https://hoshinotobuyoru.wixsite.com/hoshinotobuyoru

このアルバム「妙」のリーフレットに載っている参加メンバーを見て、びっくり。
西川郷子さんがバックコーラスで参加(12曲目「天国を仰ぐ島」の一曲だけだが)。
さらに向島ゆり子さん(ヴァイオリン)も参加しているではないか。

思い切って買ってみてよかったな。

なお、ラブジョイ(Lovejoy)というバンドは、今はもう活動していないとのこと。
私は知らなかったが。

参考(2023/9/24ネット検索結果)
ラブジョイLovejoy活動終了のお知らせ - F.M.N. SOUND FACTORY
https://fmn-soundfactory.com/4253

| | コメント (0)

2023年9月17日 (日)

【楽】それぞれの朝(星ノ飛ブ夜の名曲)

先日、このブログに書いた「星ノ飛ブ夜」(バンド名)のアルバム「同じ日」。

入手してから、繰り返し、車載のSDカードで聴いている。

名曲揃い。
詞・曲よし、アレンジよし。
演奏よし。
バンドメンバーと応援メンバーとが奏でるサウンドは、なんとも言えない奥深さがある。
そして、なによりも西川郷子さんのしびれる歌声。
関根真理さんのバックコーラスも、素晴らしいのだ。

星ノ飛ブ夜のサイト
https://hoshinotobuyoru.wixsite.com/hoshinotobuyoru

Photo_20230917183001

2nd_20230917183001

そのなかでも、私が好きな曲は
「それぞれの朝」
作詞:星ノ飛ブ夜
作曲:西川郷子

歌詞がリリカル。
これは、西川郷子さんが作り歌っている曲に共通する大きな魅力。
それにも増して、この「それぞれの朝」は、メロディーラインが素直で、こころに沁みる。

ライブでも、最近、よく歌っている。
聴くたびに、私は涙がでそうなほど、深い感銘を受ける。

ライブのMC(曲目紹介)で西川さん自身が言っているのだが、この曲は辺見庸の『もの食う人びと』に強くインスパイア―されて作ったという。

人は今、何をどう食べ、どれほど食えないのか。人々の苛烈な「食」への交わりを訴えた連載時から大反響を呼んだ劇的なルポルタージュ。文庫化に際し、新たに書き下ろし独白とカラー写真を収録。(Amazonより)

この本、ずいぶん前に私も読んだことがある。

どうやら手放してしまったようで、もう一度読んでみたいので、文庫版を買うことにした。
あるいは、図書館から借りた単行本を読んだのだったか。

余談だが、「星ノ飛ブ夜」のファーストアルバム「星ノ飛ブ夜」(これがアルバムタイトル)に収録の「夢見つつ深く植えよ想いのカケラを」は、メイ・サートンの『夢見つつ深く植えよ』に強くインスパイアーされたものだという。
この本も、図書館から借りてきて読んだことがある。
メイ・サートン、不思議な魅力のある女性だ。

辺見庸といい、メイ・サートンといい、いかにも西川さんらしい選書だと思う。

| | コメント (0)

2023年9月13日 (水)

【楽】星ノ飛ブ夜 セカンドアルバム

待ちに待った「星ノ飛ブ夜」のセカンドアルバムが、今日、届いた。
発売日2023/10/21に先駆けて、先行発売。
メールで注文したところ、メンバーの関根真理さんから郵送で。

Amazonより

上々颱風のボーカル西川郷子、アコースティックギター小沢あき、パーカッション関根真理からなる、星ノ飛ブ夜。2013年より東京を中心に、全国で数多くのライブを行なってきた。 2022年、関西ツアーでの石渡岬(tp,vo)、照喜名俊典(tuba,euph)、bikke(g/ex.LOVEJOY)、伊藤せい子(vo)との共演によって新しい音楽の可能性を見出しアルバム制作を開始する。 録音には多彩なミュージシャン達が参加。メンバー3人による共作の新曲、カバー曲を含む全11曲。 これまでの彼らの楽曲とは明らかに異なる振り幅の大きい色彩豊かな作品群。

『空は繋がっている。繋がった同じ空を見上げて、今日もひとりで、ふたりで、みんなで、共に生きていけたら』

珠玉の一枚。

参加メンバー:
星ノ飛ブ夜 hoshi no tobu yoru
西川 郷子 Satoko Nishikawa - Vocal, Kengari (korean cymbal)
小沢 あき Aki Ozawa - Guitar, Electric Bass, Chorus
関根 真理 Mari Sekine - Percussions, Chorus

Additional Musicians:
ボブ 斎藤 Bob Saito - Tenor Sax (1, 2, 5, 8, 9 ,11)
照喜名 俊典 Toshinori Terukina - Tuba, Euphonium (1, 2, 9, 11)
石渡 岬 Misaki Ishiwata - Trumpet (1, 2, 9, 11)
永田 雅代 Masayo Nagata - Piano, Melodica (3, 6)
伊藤 せい子 Seiko Itoh - Vocal, Chorus (1)

Photo_20230913192901

2nd

このアルバムでは、しっとりと聴かせるバラードもいいし、サポートメンバー(ブラス、ピアノ、メロディカ、コーラス)が加わっての厚みのあるサウンドの曲もいい。
ライブでいつも聴いている曲目ばかりだが、あたらしいアレンジとサウンドが新鮮だ。

サポートメンバー
ボブ斎藤 Tenor Sax
照喜名俊典 Tuba, Euphonium
石渡岬 Trumpet
永田雅代 Piano, Melodica
伊藤せい子 Vocal, Chorus

このうち、ボブ斎藤さん、照喜名俊典さん、石渡岬さんの三人は、去る3月25日、高円寺のJIROKICHIでのライブにも参加して、熱いパフォーマンスを繰り広げていた。

【楽】星ノ飛ブ夜&フレンズ at JIROKICHI ライブ: やまおじさんの流されゆく日々
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2023/03/post-78570c.html

星ノ飛ブ夜&フレンズ〜気がつけば10周年ライブ〜
【星ノ飛ブ夜】 Hoshi no Tobu-yoru
西川郷子 Satoko Nishikawa(vocal,鳴り物/ex.上々颱風)
小沢あき Aki Ozawa(guitar,chorus)
関根真理 Mari Sekine(percussion,chorus/渋さ知らズ)
【フレンズ】Friends
ボブ斉藤 Bob Saito(sax)
石渡岬 Misaki Ishiwata(trumpet)
照喜名俊典 Toshinori Terukina(tuba,euphonium)

2023年3月25日(sat) 高円寺JIROKICHI
KOENJI JIROKICHI,SUGINAMI-KU,TOKYO,JAPAN

20230325-213820_20230913202101

20230325-213830_20230913202101

20230325-213842_20230913202101

YouTubeにも、このときのライブ映像があがっている。
(2023/9/13現在)

https://youtu.be/ZrAI8C_UCSs?si=S1XQrSIfVKmqwPHt

バンド「星ノ飛ブ夜」の情報は、このバンドの公式サイトで。
https://hoshinotobuyoru.wixsite.com/hoshinotobuyoru

このバンドは、今月(2023年9月)、セカンドアルバム発売記念ライブで、東北ツアー。
10月は、関西ツアー。
東京での記念ライブは、10月21日(土)下北沢ラ・カーニャ。
もちろん、私も駆けつける。

進化を続ける「星ノ飛ブ夜」から目が離せない。

 

「星ノ飛ブ夜」のファーストアルバム(左)とセカンドアルバム(右)

 

| | コメント (0)

2023年5月15日 (月)

【楽】山崎ハコさんのバースデイライブ 2023年

2023年5月13日(土)
山崎ハコさんのバースデイライブ。

山崎ハコ バースデイライブ「綱渡り」|I'M A SHOW|アイマショウ
https://imashow.jp/schedule/326/

開場時刻の16時より1時間前に着き、有楽町駅前を徘徊。
ドトールをみつけて、軽く早めの夕食。

会場は、駅前の大きなビルの7階、「アイマショウ(I'M A SHOW」。
400席近いホールは、ほぼ満席。
私が入ったとき(下の写真)では空席だらけだったが、開演時刻の17時までに席は埋まった。
開演後にかけつけた人も、ちらほら。

20230513-145955

20230513-160856

昨年のバースデイライブは、ファーストアルバム「飛・び・ま・す」をタイトルにしていたが、今年は2枚目のアルバム「綱渡り」。

※昨年のバースデイライブ(日記ブログより)
2022年5月14日(土): やまおじさんの日記
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/nikki/2022/05/post-c82822.html

ファースト、セカンドともに18歳頃のアルバム。
その若さに、今さらながら、驚く。

「綱渡り」収録曲を何曲か歌ってくれた。
オープニングが「ひとり唄」という、ライブでは珍しい曲。
他に「綱渡り」とアンコールで歌った「ひまわり」。

誕生日ライブ(まだ誕生日は来ていないが)ということで、九州・日田で生まれ育ったエピソードをたくさん盛り込んだMC。
お母さんにちなんだ「旅の人」が2曲目だったのが、意外だった。
この歌、好きなので、うれしかったな。
おばあちゃんの思い出「稲の花」もよかった。

※「旅の人」が収録されているシングル・レコード
(このレコードを所蔵しているのが、私の自慢)

Hako_whisky_20230515195701

「稲の花」が収録されているアルバム「なわとび」

今夜はクミコさんをゲストに迎えて、彼女への提供曲「たからもの」を二人で歌った。
クミコさんは、その後、ソロで(キーボード伴奏)何曲か。
クミコさん、元気いっぱいだ。

たからもの/クミコ 作詞・作曲:山崎ハコ、編曲: 義野裕明|こころ歌
https://note.com/kokoro_uta/n/necfe4522fb97

開演前、ロビーの物販コーナーで、この曲が収録されているアルバムがあったので購入した。

この夜のハコさん、終盤で感極まったのか、涙声だったのが印象的。
安田裕美さんのいないライブは淋しいが、彼が残した伴奏音源が使われていて、きれいなギターの音色がうれしかった。

| | コメント (0)

2023年3月26日 (日)

【楽】星ノ飛ブ夜&フレンズ at JIROKICHI ライブ

2023年3月25日(土) 19時~
高円寺 JIROKICHI
星ノ飛ブ夜&フレンズ ~気づいたら10周年ライブ~
出演:星ノ飛ブ夜(西川郷子、小沢あき、関根真理)
ゲスト:テルキーミサキー(石渡岬、照喜名俊典)、ボブ斉藤

JIROKICHI のサイト
https://jirokichi.net/2023/03/25/21000/

気づいたら10年以上の演奏活動を続けている、西川郷子さんのバンド。
もう何度、ライブに足を運んだことか。

昨夜は特別な記念ライブ。
豪華なゲスト3人を迎えて、綺羅星が飛び交う「星ノ飛ブ夜」だった。
あいにくの雨だったけれど。

20230325_jirokichi_hoshitobi

開場時刻の午後6時前に到着。
すでにたくさんのお客さんが待っていて、いつものファン仲間もおおぜい。

私は予約番号10番だったが、入場後も続々とお客がはいって、超満席状態。

20230325-175414 20230325-175129

開場前、リハーサルを終えた小沢あきさんが店頭に出てきたので、軽く挨拶。
私のブログの9年前の記事(JIROKICHIでのこのバンドのライブ記事)をみつけたと、声をかけてくださった。
うれしいな。

2014年4月13日の記事(ライブは前日の4月12日)
【楽】さとちゃんライブ ― 高円寺JIROKICHI: やまおじさんの流されゆく日
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/jirokichi-4887.html

演奏風景の描写が間違っていたかもしれないことに、今さら気づいたが…。
<カホンにまたがり、左足でハイハット・シンバルを刻み、右足の踵でカホンを叩くところが、よく見えた。>
カホンを踵で叩く??

そんな演奏してたかなあ…まあ、いいか。

9年後の昨夜のライブは、ゲストの3人のサポートがすごかった。
石渡岬さん(女性)のトランペット(真っ赤な色が派手)のテクニックに仰天。
この方は、第二部の頭でボーカルも聴かせてくれた。
炸裂するプレイはパワフルだ。
照喜名俊典さんは、ユーホニウム(euph)とチューバを使い分けて、演奏に厚みをもたせてくれる。
そして、上々颱風時代からの共演者だという、ボブ斉藤さん(テナーサックス)。
じつに絶妙なアドリブを聴かせてくれる。

いつもの星ノ飛ブ夜(ギターとパーカッションの伴奏)に、ブラス3本が加わるとこうなるか、というサウンド。
もちろん、小沢さんのギターも、真理さんのパーカッションとバックコーラス、そして郷子さんの歌声も絶好調だった。

私の席が最前列、西川さんの立っている目の前だったこともあって、迫力に圧倒された。
こんなライブに立ち会えたしあわせをかみしめた。

終演は午後9時半をまわっていた(途中、長めの休憩あり)。
ステージに並んだ6人の記念撮影。
大急ぎでスマホを出して、3枚撮影。

20230325-213820

20230325-213830

20230325-213842

右向き、中央、左向きと、3種類のポーズをとってくれた。
近すぎて、フレームに収めるのに苦労したが、なんとかいい写真が残せたな。

JIROKICHIには、数えるほどしか足を運んでいない私。
上々颱風が、前身のひまわりシスターズの頃からのホームグラウンドだったらしいが、私は知らない。

20230325_jirokichi

そうそう。
昨夜は、西川さんが「ヨコスカ」という楽曲の背景を、少し詳しく説明してくれたのが、新鮮だった。
幼い郷子さんとお父さんの姿が目に浮かぶような、いいエピソード。

めったに経験できない、こころに残るライブだった。

星ノ飛ブ夜 Official Website
https://hoshinotobuyoru.wixsite.com/hoshinotobuyoru

| | コメント (0)

2022年12月26日 (月)

【遊】2022年に行ったイベント

今年2022年、音楽ライブの他にも、さまざまなイベントに顔を出した。
その総集編。
ここにはあげなかったが、コロナ禍の時節柄、ネットで参加したイベントもいくつか。

■3月25日(金) 宇井眞紀子さん写真展
 東村山の「竹田商店」(工場跡)で

Uimakiko_20221226130901

20220325-131701_20221226131001

20220325-131923_20221226131001 20220325-132058_20221226131001

■3月27日(日) 宇井眞紀子さんギャラリートーク
 上の写真展会場(工場跡2階)で

20220327-140223

■4月15日(金) テアトル新宿
 映画「松田優作メモリアルライブ」他

 山崎ハコさんゲスト出演(監督とのトークと歌)
※崔洋一監督は、今年、亡くなってしまった。

20220415-162441_20221226132201

20220415-162658_20221226132201

■5月14日(土) 山崎ハコさん バースデイライブ
 渋谷「プレジャー・プレジャー」

20220514__20221226133701

20220514-150959_20221226132601

■5月21日(土) 奥村門土展
 渋谷「JINNAN HOUSE」

20220521-134147_20221226133001 20220521-135427_20221226133001

20220521-140540_20221226133001 20220521-135212_20221226133001

20220521-135036_20221226133001 20220521-202943_20221226133001

■5月29日(日) 国分寺「giee」
 映画「スケッチ・オブ・ミャーク」「津軽のカマリ」
※2本とも、観るのはこれが二度目。

20220529-124031_20221226133601

■6月14日(火) 国立東京博物館「琉球展」

20220614_ryukyuten_20221226135601

20220614-105738_20221226134101 20220614-105938_20221226134101

20220614-113527_20221226134101 20220614-152815_20221226134101

■6月15日(水) 狛江「キタコマ映画祭」
 映画「サンマデモクラシー」
 狛江中央公民館

『サンマデモクラシー』公式ホームページ
http://www.sanmademocracy.com/

■7月4日(月) 新宿紀伊国屋ホール
 石橋幸(いしばし・みゆき)コンサート
※私がよく知っている小沢あきさんがギター伴奏で出演。
 石橋幸さんのコンサートは、初めて。

私の庭 石橋幸
https://yobukoe.exblog.jp/

20220704-175706_20221226134901

20220704-180149_20221226134901 20220704-182855_20221226134901

■7月9日(土) 新宿花園神社
 劇団椿組公演「夏祭・花乃井哀歌」 初日
※山崎ハコさん出演。
 残念ながら、この講演は初日一日だけで終わってしまった。
 (劇団関係者にコロナ陽性者が出たため)
 いわば「幻の公演」を観ることができて、私は幸運だった。

劇団椿組公式サイト
http://tubakigumi.com/

20220709-174007_20221226135301 20220709-182236_20221226135301

20220709-174155_20221226135301 20220709-183429_20221226135301

■7月10日(日) 安井浩美さん講演会
 アフガニスタン山の学校支援の会主催
 現地報告会
 武蔵野商工会議所

20220710-132747_20221226140301

20220710-133718_20221226140301

■10月21日(金) 武蔵野プレイス「地球永住計画」
 関野吉晴さん・服部文祥さん トークイベント
※服部文祥さんの新刊(著者サイン入り)を会場で購入

地球永住計画 公式ウェブサイト
https://sites.google.com/site/chikyueiju/

20221021-182040_20221226141001 20221021-184028_20221226141001

20221021-191918_20221226141001

■10月28日(金) 三鷹市芸術文化センター
 「寿歌(ほぎうた)」

※関根真理さんがパカッションで参加の芝居

寿歌 | シアターキャラバン
https://theatrecaravan.wixsite.com/tc2022

20221028-133513_20221226141401 20221028-133550_20221226141401

20221028-134119_20221226141401

■11月12日(土) 「アフガニスタン山の学校支援の会」現地報告会
 武蔵野市公会堂

アフガニスタン山の学校支援の会
http://www.h-nagakura.net/yamanogakko/

20221112-121756_20221226142601 20221112-121821_20221226142601

20221112-123022_20221226142601

■11月19日(土) 酒田市民会館希望ホール
 「白崎映美還暦大感謝祭 MOKKEDANO」

※上々颱風一日復活ライブ
 夜行高速バスで酒田まで往復

20221119_01_20221226143201 20221119_02_20221226143201

20221119-104331_20221226143201 20221119-180343_20221226143201

■11月20日(土) 武蔵野プレイス 「地球永住計画」
 関野吉晴さん・小松由佳さん トークイベント

20221120-191405_2022122614380120221120-185152_20221226143801

■11月26日(土) 小松由佳報告会
 亜細亜大学武蔵野キャンパス

小松由佳ウェブサイト
https://yukakomatsu.jp/

20221126-143033_20221226144501 20221126-144203_20221226144501

20221126-150210_20221226144501 20221126-171020_20221226144501

20221126-165824_20221226144501

■12月8日(木) 小松由佳講演会
 四谷区民ホール

20221208-175855_20221226145001 20221208-175818_20221226145001

20221208-194410_20221226145001

■12月13日(火) 田中利花 古希ライブ
 南青山MANDALA
※ゲスト:山崎ハコさん

田中利花┃tanaka rika official site
http://tanaka-rika.com/

田中利花 -RIKA’S “KOKKIN” PARTY with HAKO-
https://mandala.gr.jp/aoyama/schedule/20221213/

20221213-171013_20221226210101 20221213-180718_20221226210101

20221213-181137_20221226210101 20221213-181247_20221226210101

■12月21日(水) 恵比寿「シアター・アルファ東京」
 新宿梁山泊公演「奇妙な果実~マルコムXと金嬉老~」

20221221-132546_20221226145301 20221221-132353_20221226145301

20221221-155534_20221226145301 20221221-155738_20221226145301

20221221-160438_20221226145301

■12月24日(土) 狛江「スタジオ・フォト1」
 「語り続ける旅人たち」
※M.A.P.高山正樹さん主催イベント

20221224-135706_20221226145601 20221224-135730_20221226145601

20221224-150931_20221226145601 20221224-153042_20221226145601

20221224-155202_20221226145601 20221224-155758_20221226145601

20221224-155746_20221226145601

【了】

追記:
―「文化・芸術」の「受け手」として(なかば、独り言)―
以前、SNS上で「あなたは文化・芸術を消費しているだけじゃないか」といった意味の非難めいたコメントを書かれたことがある。
その時はうまく反論できず、それがずっとしこりになっている。
それからいろいろ考えてきた(私もしつこい)。
ここに、いまの私の考えを書いておこう。
文化・芸術(私が行くライブ、イベントのみならず、あらゆる作品)には、”作り手/送り手”(作者/演者)と共に、たいていは”受け手”(読者/観客/聴衆)が存在する。”作り手/送り手”と”受け手”があって、はじめて成り立つのが文化・芸術だと思う。
ときには、一方的な”受け手”を超えて、”作り手/送り手”といっしょに”場”を作り出すこともあるし、その場の全員が”作り手/送り手”であり”受け手”であることも(うんと昔はそうだったのだろう)。
だから、現代ではとくに、”受け手”(読者、聴衆)も文化・芸術を支えている。
もっといえば、”作り手/送り手”と”受け手”があってこそ、文化・芸術が成立しているのだ、と、今なら反論できる。
金銭と時間を文化・芸術を鑑賞するために”消費”しているといえば、その通りだが、なんら恥じることはない。
そんなことを年の暮れにあらためて思っている。
ちょっとムキになったかな(私はすぐムキになる)。
(2022/12/26 やまおじさん 記)

| | コメント (0)

2022年12月23日 (金)

【楽】西川郷子さん・星ノ飛ブ夜のこと(2022年の振り返り)

今年、2022年も、残すところ一週間。

この先、ほとんど予定がないので、毎年恒例の「総集編」に代えて書いてみたい。

私が長年追いかけているボーカリストの西川郷子さんのこと。
なかでも、彼女が10年ほど前から始めている自身のバンド「星ノ飛ブ夜」。
今年も彼女のライブにはできるだけ足を運んだ。
その振り返り。

「星ノ飛ブ夜」とは・・・。

このバンドのウェブサイトより。
https://hoshinotobuyoru.wixsite.com/hoshinotobuyoru

西川郷子(vo/ex.上々颱風)、小沢あき(g)、関根真理(perc/渋さ知らズ)のアコースティックトリオ。
静謐な歌世界を大切にし、翻って、パーカッシブな激しさ、疾走感も併せ持つ。
2013年より東京近郊を中心に精力的な活動を展開。現在進行中、成長中、変貌中のバンド。
2020年3月、初のCDアルバム「星ノ飛ブ夜」をリリース。

バンド名は、西川さんが作詞作曲した、このバンドの代表作「星の飛ぶ夜」から名付けられた。
当初、バンド名が決まっておらず、忘れもしない2014年6月12日(日)、甲府の「桜座」で開催されたライブのときに、ファン仲間のDさんの提案でこのバンド名に決めたようだ。
私も車で甲府まででかけて、このライブを聴いた。
つまり、バンド名命名の現場に立ち会ったことになる。

【遊】甲府「桜座」のライブに: やまおじさんの流されゆく日々
 2014年6月12日(日)のブログ記事
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-205b.html

ここからは、今年2022年に聴いた西川郷子さんのライブを、写真といっしょに列挙しておく。

西川さんの他のバンド「ニシカワ MEETS フォーク」(フォーク者・イサジ式さんとのデュオ)、「歌弦萬西西屋」(上々颱風のベーシスト・西村直樹さんとのデュオ)のライブにも、できるだけ足を運ぶようにしているが、「歌弦萬西西屋(うたげんよろずにしにしや)」のライブは、不定期開催で、今年はなかったようだ。

ライブ会場では、いわば暗黙の了解で、演奏中の写真を(勝手に)撮らせてもらっている。
シャッター音は演奏の邪魔になるため、スマホの無音カメラアプリを使う。

■2022年4月9日(土) 下北沢「ラカーニャ」 星ノ飛ブ夜

20220409-181941_20221223202101 20220409-182252_20221223202101

■4月26日(火) 東中野「じみへん」 ニシカワ MEETS フォーク

20220426-200539_20221223202701

最近、西川さんはギターはブルースハープなどの楽器も演奏するようになり、音楽の幅が広がった。
上々颱風時代から、チャンゴ(チャング)という両面太鼓やケンガリ(打楽器)を駆使する人だったが、楽器のセンスもなかなかのもの。

■6月19日(日) 祖師ヶ谷大蔵「カフェ ムリウィ」 星ノ飛ブ夜

20220619-174944_20221223203101 20220619-194859_20221223203101

マイクを使わないアンプラグド・ライブで、会場の雰囲気・音響もよく、印象に残るライブだった。
「星ノ飛ブ夜劇場」と銘打って、芝居仕立ての趣向も。

■7月2日(土) 台東区「泪橋ホール」 ニシカワ MEETS フォーク

 20220702-141149_20221223203401

20220702-160800_20221223203401

映画上映もできる面白い店での早い時間からのライブ。
飲んだり食べたりで賑わった。

■7月10日(日) 杉並区「STAX FRED」 星ノ飛ブ夜(春日博文さんとのジョイント)

20220710-182054_20221223203801 20220710-202802_20221223203801

20220710-213350_20221223203801

■9月2日(金) 下北沢「ラカーニャ」 ニシカワ MEETS フォーク

20220902-193659_20221223204201 20220902-201655_20221223204201

20220902-204126_20221223204201

■9月24日(土) 中央林間「パラダイス本舗」 星ノ飛ブ夜

20220924-194440_20221223204401 20220924-204006_20221223204401

20220924-200425_20221223204401

ゲストはテナーサックス奏者のボブ斉藤さん。

■10月16日(日) 下北沢「ラワン」 星ノ飛ブ夜

20221009-184653_20221223204701 20221009-195809_20221223204701

下北沢駅から店までの経路がよくわからず(初めて行く店だった)、迷ってしまって開演直前に到着。
すでに満席状態だった。
ここも、いい店だった。

■11月13日(日) 祖師ヶ谷大蔵「カフェ ムリウィ」 星ノ飛ブ夜

20221113-184430_20221223205001 20221113-201426_20221223205001

この会場での今年二度目のライブ。
アンプラグド。
「星ノ飛ブ夜劇場」第二弾。
西川さんがDJに扮して、ラジオスタジオから届けるという趣向。
ライティングがすばらしく、印象に強く残るライブだった。
私の座席の関係で、いいシーンの写真が撮れず、残念。

■11月19日(土) 「酒田市民会館 希望ホール」 上々颱風の一日復活ライブ

上々颱風のもうひとりのボーカル、白崎映美さん中心のコンサート。
上々颱風のステージもあって、日本全国からファンが終結。
私も早くからチケットを買い、新宿からの夜行高速バス往復というハードな行程で参加。
いいライブだったし、初めて行った酒田市の街を歩くこともできた。

詳細は、白崎映美さんの公式サイトで。
http://emishirasaki.com/

ホールでのコンサートだったので、演奏中の写真撮影はできず、終演後、撮影許可が出たが、スマホの電源を切っていたため間に合わず。
ネット(Facebook)にあがっていた写真を借用して貼っておく。

315212134_6146873395345409_1645390240338 316955938_6075047892514923_5449613757087

O0990074415205882650

懐かしい上々颱風の衣装。
上の写真は、終演後、ロビーで撮られたものというが、私は現場にいなかった(痛恨)。

【楽】上々颱風、一日復活?: やまおじさんの流されゆく日々
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2022/06/post-c59cc2.html

■12月10日(土) 横浜関内「エアジン」 伊東正美さん主催のバンド「謡象(うたかた)」のソロ・ゲスト出演

20221210-172711_20221223210401 20221210-191816_20221223210401

20221210-193143_20221223210401

■12月17日(土) 千歳烏山「TUBO」 星ノ飛ブ夜

20221217-182802_20221223210801 20221217-185813_20221223210801

20221217-184307_20221223210801

20221217-190054_20221223210801 20221217-201721_20221223210801

今年最後の西川さんのライブ。
関根真理さん手づくりの「カルタ」風抽選券で、私は二等賞をゲット。
(星ノ飛ブ夜ライブでのドリンク1杯無料券)

今年もたくさん、いい音楽が聴けた。

【了】

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

【山】山日誌 【楽】音楽日誌 【歩】散歩日誌 【演】演劇・映画・演芸日誌 【観】観察日誌 【読】読書日誌 【遊】おでかけ日誌 【雑】きまぐれ日誌 【震】震災日誌 あの戦争 こんな本を手に入れた こんな本を読んだ こんな音楽を聴いた ちょっと遠くへ アイヌ民族・アイヌ語 アフガニスタン山の学校支援の会 サイボク・まきばの湯 トムラウシ山遭難事故 上々颱風 中島みゆき 五十一 五木寛之 今尾恵介 内村剛介 内澤旬子 内田樹 加藤登紀子 勝沼大雅園 勢古浩爾 北方謙三 南方熊楠 古山高麗雄 古本 吉本隆明 吉村昭 呉智英 四季 冬 四季 夏 四季 春 四季 秋 図書館 国分寺 light house 国分寺界隈 塩山 BUN BUN Bear 塩見鮮一郎 多摩 夢枕獏 宮本常一 宮沢賢治 宮部みゆき 小平図書館友の会 小平界隈 小松由佳 小熊英二 小金井公園 小金井界隈 山崎ハコ 山田風太郎 山野井泰史 岡崎武志 岸本完司 平岡正明 府中 郷土の森 日帰り温泉 星野道夫 服部文祥 杏's cafe 村上春樹 東大和界隈 松岡正剛 松浦武四郎 柳田国男 桂枝雀 桐野夏生 椎名誠 江戸東京たてもの園 江戸東京博物館 池澤夏樹 沖浦和光 沖縄 沢木耕太郎 浅川マキ 浅田次郎 浅草弾左衛門 渋・辰野館 満州 澤地久枝 狭山公園 田中優子 白崎映美 百名山 知里幸恵・真志保 石光真清 石原吉郎 石川英輔 美瑛 船戸与一 菅江真澄 萱野茂 西川郷子 西牟田靖 角幡唯介 赤坂憲雄 長倉洋海 間宮林蔵 関野吉晴 阿部謹也 青梅・奥多摩・五日市 静かな大地 須藤もん 高橋美香 高田渡 高野秀行 鳥の歌 鶴見和子