カテゴリー「ちょっと遠くへ」の178件の記事

2016年11月19日 (土)

【遊】ひさしぶりに温泉宿へ

ひさしぶりに一泊二日で長野(奥蓼科)の温泉へ。

10年ぐらい前まではよく行っていた、渋・辰野館。
調べてみると、最後に行ったのが今から9年前の夏だった。

過去記事 (2007年7月・8月)

【楽】【遊】夏休み: やまおじさんの流されゆく日々
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_78d3.html

電波の途切れがちな山奥の温泉宿から、携帯電話でブログ投稿したことが懐かしい。

【遊】なつやすみのにっき (7): やまおじさんの流されゆく日々
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/7_e74d.html

【遊】なつやすみのにっき (8): やまおじさんの流されゆく日々
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/8_b0ef.html

【遊】なつやすみのにっき (9): やまおじさんの流されゆく日々
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/9_3728.html

あの頃は会社に勤めていて、夏休みを利用して行ったのだった。


11月18日(土)午前9時頃、家を出て中央高速の国立府中インターへ。
諏訪南インターで高速を下り、カーナビに従って奥蓼科を目指した。

時間が早かったので、カーナビのルートからそれて茅野方向へ。
国道沿いなら、おいしい蕎麦屋があるだろうと見当をつけて走り続けて、いかにもおいしそうな店構えの蕎麦屋を発見。

ちょっと高級感のある佇まいで、値段も張ったが、じつにおいしい信州蕎麦をいただいた。

そばきり 吉成
どうづきそば -おいしい蕎麦屋、うまい蕎麦屋の食べ歩き・蕎麦鑑定士 蕎麦Web-
http://sobaweb.com/report/nagano/post_507.html

20161118130343_220161118130327

20161118130211

珍しい「どうづき蕎麦」と、とろろ出汁のもり蕎麦(とろろ蕎麦)、それに「そばの芽てんぷら」を注文した。

2016111813131020161118131757

20161118131547

信州茅野 どうつきそば
http://www.chinocci.or.jp/doduki/


奥蓼科温泉郷へ向かう。

渋・辰野館にチェックインするには早過ぎたが、途中の「御射鹿池(みしゃかいけ)」で車を停めたり(何台も車が停まっていて、写真を撮る人で賑わっていた)、車道終点の「渋御殿湯」まで行ってみた。

天気がよく、八ヶ岳連峰がよく見えて気持がよかった。

20161118135515_2

御射鹿池(みしゃかいけ)
さわやか信州旅.net:長野県公式観光Webサイト
http://www.nagano-tabi.net/modules/enjoy/enjoy_14004002.html

20161118140957

渋御殿湯
奥蓼科温泉郷 渋御殿湯 -八ヶ岳天狗岳登山口の秘湯 [信州秘湯会]
http://www.gotenyu.com/

ここは、八ヶ岳連峰の天狗岳の登山口。
ここから、何度か天狗岳に登ったものだ。

20161118142207

渋・辰野館には、午後2時半頃到着。
建物の外観は変わっていなかったが、経営者の代替わりで息子さんが加わっていて、内装も工夫が加えられていた。

渋・辰野館
信玄の薬湯 渋・辰野館 公式サイト【ベストレート】|信州・蓼科温泉・奥蓼科温泉
http://www.sib-tatu.com/

20161118143016

2016111815040420161118150427

下の写真は、旧舘。
使われているのかどうかは、不明。
なにしろ、創業100年の老舗宿なのだ。

20161118151747

さっそく、部屋から温泉へ。

201611190013

この宿には、普通の沸かし湯の風呂場と、二つの温泉浴室がある。
温泉(鉱泉、加熱)の方は、入浴のみ(体を洗ったりする設備はない)。

白濁の、よく温まるお湯だ。

2016111815181820161118153040

20161118151908

そして、手の込んだ料理が並ぶ夕食。

201611180001

20161118180635

20161180006

201611180007

あいにく夜半から雨になり、翌朝(11月19日)は、朝食をいただいて早々に宿を出発。

201611190014


往復400kmのドライブ。
ひさしぶりの温泉宿一泊で、命の洗濯ができた。

| | コメント (0)

2016年11月 2日 (水)

【楽】MOTEL北海道ツアー同行記

今年もまた、MOTEL(須藤もん&対馬照)の北海道ライブツアーに同行。

一日早めに北海道入りした私は、10月28日(金)のライブ初日に札幌で合流。

今年のライブツアーは、MOTELがよく知っている豊橋の”井上としなり”さんといっしょに、四か所まわった。

2016102831_

■10/28(金) 札幌 「才谷屋」(さいたにや)

201610280003

店主の”もーりー”さん

201610280005

井上としなりさん。
いつ聴いても、しびれる。

201610280014

左から
井上としなりさん、平等(ひらとう)さん、MOTEL

201610280031

■10/29(土) 芦別 「珈琲 貘」(ばく)

札幌から高速バスで芦別へ移動。
長くMOTELがライブをさせてもらっている 「珈琲 貘」 。

店名の命名は高田渡さん。
お店のロゴも、高田渡さんの 「貘」 というアルバムから(渡さんの許諾を得て)いただいたもの、だそうだ。

Coffee /  貘  [BAKU]
http://black.ap.teacup.com/bakucoffee/

201610290050201610290033

201610290035

201610290043

■10/30(日) 札幌 「円山夜想」(マルヤマノクターン)

ここは、MOTELにとって、はじめて演奏する店。
共演の”箕輪芳知”さんのセッティング。

DINNER | LIVESHOW | BAR---円山夜想 (マルヤマノクターン)
http://www.marunoku.com/

201610300090

箕輪さんといっしょに演奏した”鈴木裕”さん(ヴァイオリンとギター)が、すてきだった。

(左)鈴木裕さん (右)箕輪芳知さん

201610300069

井上としなりさん

201610300073

鈴木裕さん(左)と 井上としなりさん

201610300076

MOTEL

201610300081

全員でフィナーレ

201610300088

■10/31(月) 小樽 「なまらや」

北海道ツアーの最終日として、ほぼ定着している小樽の 「なまらや」 さん。

小樽 パスタと洋風小皿料理店 なまらや 
http://www.geocities.jp/gitagan/mframe.htm

なまらや的日々 (ブログ)
http://namaraya.exblog.jp/

201610310111201610310094

オープニングアクトの ”キモサリバンショー” (木本 さんと、”サリー” さん)

201610310100

井上としなりさん

201610310104

井上としなり さんと、”サリー” さん(アコーディオン)

201610310108

MOTEL

201610310112

ここでも、最後は全員で

201610310119_2

どのお店でも、ライブの後の打ち上げに参加させていただいた。

もちろんライブは楽しく聴かせてもらったが、それに輪をかけて打ち上げは楽しかった。

打ち上げ写真は、掲載しないけれど・・・。

| | コメント (0)

【遊】初冬の北海道へ

10月27日から5泊6日で北海道に行ってきた。

友人夫妻の北海道ライブツアーに同行。
一昨年からいっしょに行くようになって、今年が三度目だ。

今年は、夏に墓参りができなかったので、友人たちよりも一日早く旭川空港経由で。

■10/27(木)
旭川空港に着いたのは正午過ぎだったのだが、外の気温は3度しかなかった。
上空から、うっすらと雪をかぶった丘を見ながら着陸。

レンタカーを借りて、空港近くの墓地へ。

20161027140844

墓参りの後、車で美瑛へ行き、親戚に顔を出した。

美瑛駅前にあたらしくできていた 「丘のまち交流館 ビ・エール」 にも寄ってみた。

bi.yell | 丘のまちびえい活性化協会
https://biei-act.jp/biyell.html

20161027165430

この日は旭川駅近くのホテルに泊まった。

夕食をとりに駅前まで歩き、これも新設の 「イオンモール」 に入ってみた。
これができて、旭川駅前の風景が一変。
西武デパートも閉店してしまって、旭川からデパートがなくなってしまった。

20161027185728

■10/28(金)

レンタカーを旭川空港前の営業所に返却し、バスで旭川に戻って、列車で札幌へ。

旭川駅前は、数年前に新築された駅舎とともに、ずいぶん広々としていた。

20161028102111

2016102810204520161028102018

札幌には昼過ぎに着いたので、ホテルのチェックインまでのあいだ、街を散策。

赤レンガ庁舎や時計台の中を、はじめて見学してみた。
見ごたえがあった。

20161028125142

20161028142842

(つづく)

| | コメント (0)

2016年4月16日 (土)

【遊】長坂でのライブと清里(清泉寮)

九州熊本地方を中心に、阿蘇、大分などで、大きな地震が続いている。
これほど広範囲で何日も続くのは、過去に例がないという。

地震のニュースを気にしながら、一泊二日で山梨へ。

4月15日(金)は、長坂(北杜市長坂)の「パーム・スプリング」での、MOTEL(須藤もん&対馬照)と井上としなりさんのライブ。

八ヶ岳高原の夜は寒かった。

撮影 2016/4/15(金) 「パーム・スプリング」
 山梨県北杜市長坂町小荒間1857-6

201604150002201604150003

201604150007

201604150023

201604150040

201604150043

宿泊先の「清泉寮」からライブ会場まで、かなりの距離があった。

夜10時過ぎまでライブが続き、先にチェックインしていた「清泉寮」まで、夜道をカーナビを頼りに戻った。

「清泉寮」には初めて泊まったが、いい宿だった。
温泉にもはいった。

撮影 2016/4/16(土) 清泉寮

清里 清泉寮 - 清里高原70年の歴史ある総合宿泊施設 - 天然温泉 体験 観光 イベント 北杜市 山梨県
http://www.seisenryo.jp/

私たちは、本館の和室に朝食付きで泊まった。

201604160077

201604160081

201604160060201604160063

201604160070

今日(5月16日)は、「清泉寮」で朝風呂、朝食後、パン工房でパンを買ったり、道の駅に寄ったりしながら、勝沼まで高速道路を使わずに一般道を走った。

201604160085201604160083

201604160091

勝沼で、大雅園に寄り、ワインを買ってから、中央自動車道で帰ってきた。

山梨 ぶどう 勝沼 ぶどう狩り 勝沼産 ワイン販売 山梨県甲州市勝沼「甲進社 大雅園」
http://www.eps4.comlink.ne.jp/~taiga/

20160416132833

写真には撮れなかったが、八ヶ岳山麓は、桜が満開できれいだった。

車窓から雪の残る南アルプス、八ヶ岳を存分に見ることができた。

| | コメント (0)

2015年12月28日 (月)

【遊】ぼちぼちいこうか総集編(2015年) 旅行編 (3)

今年一年のブログ総集編、その旅行編もこれが最後。

10月末から11月はじめにかけて、友人夫妻であるMOTEL(須藤もん&対馬照)の北海道ライブ・ツアーを追いかける形で、私も飛行機で渡った。

10/30から11/3にかけて、四泊五日の小旅行。
札幌から芦別へ、芦別から岩見沢、小樽と、移動距離は長かった。
道内では列車とバスで移動。

この、北海道ライブ・ツアー追っかけは、今年で二度目。

昨年は、札幌から芦別へ向かう途中、北海道開拓の村を訪ねてみた。
その時はちょうど改築中だった、北海道博物館へ今年は行ってみた。

小樽では、これも昨年見られなかった小樽市総合博物館(本館)まで行ってみた。

●2015/10/31 北海道博物館

http://www.hm.pref.hokkaido.lg.jp/

20151031_0048

20151031_004920151031_0051

201510310053

ちょうど、企画展示「夷酋列像」が開催されていて混雑していた。
常設展示も充実している。

北海道開拓の村もそうだったが、半日ぐらいではとても見切れない。
また訪ねてみたい。

●2015/11/2 小樽市総合博物館 (運河館・本館)

20151102_0312

20151102_0344

20151102_0357

本館は、重要文化財の旧手宮鉄道施設。
広大な敷地に、珍しい機関車や列車がずらりと並び、屋内展示もすばらしかった。
ここも、また訪ねてみたい場所。

20151102_0345

20151102_0355

201511020352201511020353

201511020362201511020364

鉄道ファン垂涎の屋外展示だ。

●2015/11/3 日本銀行旧小樽支店(金融資料館)

http://www3.boj.or.jp/otaru-m/

新千歳空港から羽田へ戻る最終日、搭乗便まで時間があったので、小樽市内を歩いた。
この金融資料館が面白かった。
辰野金吾らによる設計の重厚な建物もよかった。

20151103_0466

20151103_046820151103_0467

小樽市街には、古い建築がたくさん残されていて面白かった。
今度また、ゆっくり歩いてみたい街並みだ。

201511030337201511030343

201511030375201511030379

●今年の収穫 (パンフレット、図録など)

20151105_049820151105_0499

(旅行編 おわり)

| | コメント (0)

2015年12月27日 (日)

【遊】ぼちぼちいこうか総集編(2015年) 旅行編 (2)

今年も7月に墓参のため北海道へ帰省した。
7月11日から17日まで、船中二泊、苫小牧・美瑛・愛別・置戸で四泊、六泊七日の旅。

いつもは飛行機で旭川空港へ直行していたが、今年は大洗~苫小牧間のフェリーに乗り、買い替えたばかりの軽自動車で道内をまわった。

苫小牧、富良野、美瑛、旭川、愛別、そして層雲峡を通って置戸まで行った。
置戸に移住した古くからの友人宅を訪ねることができ、置戸の図書館も見学。
楽しい旅になった。

●2015/7/11~7/12 商船三井フェリー さんふらわあ

私が利用した後、しばらくして船の火災事故が発生し、驚いた。

さんふらわあで行く、首都圏・北海道の船旅 - 商船三井フェリー
http://www.sunflower.co.jp/ferry/

201507110037

201507110051201507110052

201507110060201507120063

201507120068

●2015/7/12 アイヌ民族博物館 (白老ポロトコタン)

http://www.ainu-museum.or.jp/

時間がなくて、ゆっくり見られなかったが、いい博物館と周辺施設だった。

201507120110

201507120089201507120090

201507120104

●2015/7/13 義経神社・アイヌ文化博物館・萱野茂資料館 (平取町)

ずっと行きたいと思っていた平取。
義経神社と、二つの博物館・資料館を見学できた。

201507130117201507130119

201507130140201507130220

201507130153

201507130132

201507130281201507130247

●2015/7/13 占冠村

二十代のはじめ、私は東京にでていた頃だが、父が占冠村の学校に赴任していた。
ここで、同居していた祖母が他界。
二月の、寒く雪深い土地へ、葬儀に列席するために帰省したのだった。

あの頃は、富良野からのバス便しか交通の手段がなかった。
今回、数十年ぶりに通ってみて驚いた。
鉄道や高速道路が通り、にぎやかなリゾート地になっていた。

201507130284

201507130286201507130287_2

●2015/7/13~7/14 美瑛、旭川大雪霊園、愛別(協和温泉)

201507130289

201507140308

201507140313201507140314

●2015/7/15 層雲峡~置戸

201507150334

201507150343

●2015/7/15 置戸町図書館

木造平屋の大きくてゆったりした図書館を、はじめて見学。
この図書館を利用するためだけでも、この町に住みたいと思うほど。

http://www.town.oketo.hokkaido.jp/kyouiku_bunka/library/

201507150414201507150361

201507150368

201507150374201507150381

201507150380201507150407

この図書館と、町内の丘の上の一軒家に住む友人宅へは、また訪ねていきたいものだ。

201507150428

楽しかった夏の旅の思い出だ。

つづく…

| | コメント (0)

【遊】ぼちぼちいこうか総集編(2015年) 旅行編 (1)

今年も、沖縄と北海道へ。

友人夫妻であるMOTEL(須藤もん&対馬照)のライブ・ツアーを追いかけて、飛行機で行ったほかに、北海道へはフェリーを使って車で。

■2015/2/5~2/8 沖縄本島・石垣島

沖縄本島(那覇)で一泊し、石垣島に渡って二泊の三泊四日。
沖縄県立博物館を再訪し、普天間基地に接する佐喜眞美術館を訪れた。
ここでは、沖縄戦の図(丸木位里・俊)に圧倒された。
美術館のまわりは普天間基地。
屋上から普天間飛行場が望める。

那覇市歴史博物館にも寄ってみた。
石垣島の石垣やいま村も面白かった。

●沖縄県立博物館

201502050010201502050046

●佐喜眞美術館

201502060087201502060086

201502060088

201502060100

201502060098

●那覇市歴史博物館

201502060103

●石垣やいま村 (石垣島)

201502070132201502070134

201502070143

201502070152201502070150

201502070160201502070163

201502070259

●石垣市 「たかしの店」

201502070310201502070311

201502070351

●おまけ (沖縄みやげ) 石垣空港で入手

Awamori_jelly1

つづく…

| | コメント (0)

2015年11月 4日 (水)

【遊】北海道旅行(10/30~11/3)

友人夫妻の北海道ライブ・ツアーに便乗して、四泊五日の北海道小旅行。

今回も、昼間は博物館巡りを楽しんできた。
東京にくらべて気温はだいぶん低かったものの、ほとんど雨に降られず快適な旅だった。

MOTEL(須藤もん&対馬照) ライブ

2015/10/30(金) 札幌 「才谷屋」

20151030_002220151030_0045_2

2015/10/31(土) 芦別 「貘」

20151031_0207

20151031_0223

2015/11/1(日) 岩見沢 「M’s BAR」

20151101_0253_220151101_0278

2015/11/2(月) 小樽 「なまらや」

20151102_0411

20151102_041320151102_0412

20151102_0441

20151102_043220151102_0433

北海道博物館 2015/10/31(土)
 札幌市厚別区厚別町小野幌53-2
http://www.hm.pref.hokkaido.lg.jp/

20151031_0049

20151031_004820151031_0051

20151031_005020151031_0052

入り口前のモニュメント付近で手をたたくと、鶴が飛び立つような音が聞こえる。
説明のとおりだった。

内部は広く、常設展示が充実している。
企画展示「夷酋列像」も、ざっと見てきた。
(アイヌを描いた絵は、デフォルメされ過ぎていて、好きではないのだが)
こちらは、連休のためか、たいへんな混雑ぶり。

小樽市総合博物館(運河館) 2015/11/2(月)
 小樽市色内2-1-20

昨年も見学したところだが、もう一度はいってみた。
前回は、屋根瓦の葺き替え工事中だった。

20151102_030920151102_0311

20151102_0310

20151102_031220151102_0329

小樽市総合博物館(本館) 2015/11/2(月)
 小樽市手宮1-3-6
http://www.city.otaru.lg.jp/simin/sisetu/museum/

旧手宮鉄道施設を中心にした、広大な敷地に野外展示の鉄道列車がたくさん。
資料館、展示館もあり、鉄道ファンなら垂涎もの。

20151102_0344

20151102_034520151102_0355

20151102_0357

20151102_0356

20151102_035820151102_0363

20151102_0359

日本銀行旧小樽支店(金融資料館) 2015/11/3(火)
 小樽市色内1-11-16
http://www3.boj.or.jp/otaru-m/

最終日、飛行機の時刻まで間があったので、小樽市内を散策。
この資料館は入場無料で、使われていた当時の構造を生かしながら、面白い展示がずらり。
狂喜してしまった。
土産物売り場にも、面白いものがいっぱいあり、いくつか購入してしまった。

20151103_0466

20151103_046720151103_0468

20151103_048520151103_0486

| | コメント (2)

2015年7月19日 (日)

【遊】大洗~苫小牧フェリー

7/11から7/17まで、ちょうど一週間、フェリーで北海道旅行をしてきた。

今回、はじめて大洗~苫小牧間の商船三井フェリーを利用。
19時間の船旅で往復した。

フェリーに乗って北海道まで往復したのは、これが二度目。
前回は、もう何年も前のこと、新潟~小樽間のフェリーだった。

大洗のフェリーターミナルまでの道も、これがはじめてだった。
自宅から外環道・常磐道を使って150kmほど、あんがい近かった。

フェリーの中も、いちばん安いエコノミールームだったが、さほど混んでいなかったので快適だった。

さんふらわあで行く、首都圏・北海道の船旅 - 商船三井フェリー
http://www.sunflower.co.jp/ferry/index.shtml

Sunflower_pamph

フェリーの中の売店で買った絵葉書
Sunflower

撮影 2015/7/11(土)~7/12(日)
往路(大洗~苫小牧) さんふらわあさっぽろ

201507110023_2

201507110027

201507110051

201507110043201507110052

大洗港での夕焼け
201507110060201507120063

翌朝(三陸沖、苫小牧港)
201507120068201507120083

撮影 2015/7/16(金)~7/17(土)
復路 (苫小牧~大洗) さんふらわあふらの

201507160482

201507160490201507170519

201507160492

苫小牧港沖での夕焼け
201507160502

201507160505

201507160510201507160512

退屈だったので、船内上映の映画を観た。
「幸福の黄色いハンカチ」(山田洋次監督作品、1977年)
高倉健・倍賞千恵子・武田鉄也・桃井かおり・渥美清・たこ八郎等出演のこの映画、実は初めて観た。
40年近く前の北海道の懐かしい風景がよかった。
そうそう、こんな風景があちこちにあったっけ、と。

201507170515

201507170521201507170526

| | コメント (0)

2015年7月17日 (金)

【遊】置戸町立図書館

一昨日、北海道の置戸町に行った。
前から気になっていた置戸町立図書館を見学。

置戸町生涯学習情報センター 置戸町立図書館
http://www.town.oketo.hokkaido.jp/tosyo/index.htm

ネットで見たり、噂に聞いていたとおり、すばらしい図書館だった。
まず、フロアーが広い。
木材をふんだんに使った建物がすばらしい。
本が多い。
配列が工夫されている。
居心地がよさそう。
……とまあ、そんな感想をもった。

見学の意図と、こちらの身分(小平図書館友の会会員)を名乗って、写真撮影の許可をいただいたところ、館長さん自ら説明してくださった。

撮影 2015/7/15(水) 置戸町立図書館

201507150361201507150414

201507150362

201507150368

201507150374201507150365

置戸町は木工(クラフト)の町なので、こんな作品も図書館の備品として使われている。
下の写真。実はこれ、置戸に移住して木工を仕事にしている私の友人の作品。

木製どんぐりカレンダー
201507150407

木製ランプ
201507150378201507150380

オケクラアフトセンター 森林工芸館
http://www.town.oketo.hokkaido.jp/kougeihp/

今回の北海道旅行、あちこち面白い場所を見てきたので、おいおい書いてみたい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

【山】山日誌 | 【楽】音楽日誌 | 【歩】散歩日誌 | 【演】演芸日誌 | 【観】観察日誌 | 【読】読書日誌 | 【遊】おでかけ日誌 | 【雑】きまぐれ日誌 | 【震】震災日誌 | あの戦争 | こんな本を手に入れた | こんな本を読んだ | こんな音楽を聴いた | ちょっと遠くへ | アイヌ民族・アイヌ語 | サイボク・まきばの湯 | トムラウシ山遭難事故 | 上々颱風 | 中島みゆき | 五十一 | 五木寛之 | 今尾恵介 | 内村剛介 | 内澤旬子 | 内田樹 | 加藤登紀子 | 勝沼大雅園 | 勢古浩爾 | 南方熊楠 | 古山高麗雄 | 古本 | 吉本隆明 | 吉村昭 | 呉智英 | 四季 冬 | 四季 夏 | 四季 春 | 四季 秋 | 図書館 | 国分寺 light house | 国分寺界隈 | 塩山 BUN BUN Bear | 塩見鮮一郎 | 多摩 | 夢枕獏 | 宮本常一 | 宮沢賢治 | 宮部みゆき | 小平図書館友の会 | 小平界隈 | 小熊英二 | 小金井公園 | 小金井界隈 | 山崎ハコ | 山田風太郎 | 山野井泰史 | 岡崎武志 | 岸本完司 | 平岡正明 | 府中 郷土の森 | 日帰り温泉 | 星野道夫 | 服部文祥 | 杏's cafe | 村上春樹 | 東大和界隈 | 松岡正剛 | 松浦武四郎 | 柳田国男 | 桂枝雀 | | 椎名誠 | 江戸東京たてもの園 | 江戸東京博物館 | 池澤夏樹 | 沖浦和光 | 沖縄 | 沢木耕太郎 | 浅川マキ | 浅田次郎 | 浅草弾左衛門 | 渋・辰野館 | 満州 | 澤地久枝 | 狭山公園 | 田中優子 | 白崎映美 | 百名山 | 知里幸恵・真志保 | 石光真清 | 石原吉郎 | 石川英輔 | 美瑛 | 船戸与一 | 菅江真澄 | 萱野茂 | 西川郷子 | 西牟田靖 | 赤坂憲雄 | 長倉洋海 | 間宮林蔵 | 関野吉晴 | 阿部謹也 | 青梅・奥多摩・五日市 | 静かな大地 | 須藤もん | 高田渡 | 高野秀行 | 鳥の歌 | 鶴見和子