最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« YAを楽しむ会 活動予定(2016年10月・11月) | トップページ | 連続講座 『小平の歴史』を読む(全3回) 開催のお知らせ »

読書サークル・小平 2016年11月開催案内

第37回 読書サークル・小平

 2016年11月20 (日) 14:00~16:00頃  終了

 会場 小平市立中央公民館 地下 和室 「つつじ」
     小平市小川町2-1325

 友の会会員以外の方も お気軽にご参加ください。
 
あらたに参加される方は メールで図書館友の会事務局までご連絡ください。
 当ブログ左上に記載のメールアドレス宛でもけっこうです。 

テキスト(課題本)

『花森安治伝 日本の暮しをかえた男』

  津野海太郎 著  新潮文庫  2016年3月発行
  426ページ  724円(税込)

― Amazonより ―
全盛期には100万部を超えた国民雑誌『暮しの手帖』。社長・大橋鎭子(しずこ)と共に会社を立ち上げた創刊編集長・花森安治は天才的な男だった。高校時代から発揮した斬新なデザイン術、会う人の度肝を抜く「女装」、家を一軒燃やした「商品テスト」。ひとつの雑誌が庶民の生活を変え、新しい時代をつくった。その裏には、花森のある決意が隠されていた――。66年の伝説的生涯に迫る渾身の評伝。

― e-honサイトより ―
[目次]
『暮しの手帖』が生まれた街
第1部
 編集者になるんや
 神戸と松江
 帝国大学新聞の時代
第2部
 化粧品で世界を変える
 北満出征
 ぜいたくは敵だ!
 「聖戦」最後の日々
第3部
 どん底からの再出発
 女装伝説
 逆コースにさからって
第4部
 商品テストと研究室
 攻めの編集術
 日本人の暮らしへの眼
 弁慶立ち往生

著者紹介
津野 海太郎 (ツノ カイタロウ) 
1938(昭和13)年福岡生れ。早稲田大学文学部卒業後、演劇・出版に携わる。晶文社取締役、『季刊・本とコンピュータ』総合編集長、和光大学教授・図書館長を歴任。2003(平成15)年『滑稽な巨人―坪内逍遙の夢』で新田次郎文学賞、’09年『ジェローム・ロビンスが死んだ』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

【出版社(新潮社)の紹介ページ】
津野海太郎 『花森安治伝―日本の暮しをかえた男―』 | 新潮社
http://www.shinchosha.co.jp/book/120281/

« YAを楽しむ会 活動予定(2016年10月・11月) | トップページ | 連続講座 『小平の歴史』を読む(全3回) 開催のお知らせ »

お知らせ」カテゴリの記事

読書サークル・小平」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書サークル・小平 2016年11月開催案内:

« YAを楽しむ会 活動予定(2016年10月・11月) | トップページ | 連続講座 『小平の歴史』を読む(全3回) 開催のお知らせ »