最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 読書サークル・小平 2017年9月開催案内 | トップページ | YAを楽しむ会 活動予定(2017年10月) »

YAを楽しむ会 活動予定(2017年9月)

YAを楽しむ会 活動予定 2017年9月

2017年
■ 9
月22日 (金) 10:00~  終了

 会場  元気村おがわ東 第2会議室

  『100時間の夜』  アンナ・ウォルツ 著  フレーベル館

  『海辺の王国』  ロバート・ウェストール 著  徳間書店

 

― Amazonより ―

『100時間の夜』
私はニューヨークに住みたい。私は生きていたい―アムステルダムからニューヨークへひとり旅立つ、エミリア。直行便で八時間四十分、時差六時間のあこがれの街へ。エミリアは、そこで知りあいになったセスとアビーの兄妹、ジムの四人で、ハリケーン上陸のニューヨークで大停電の日々を過ごすことになった…。

著者略歴
ウォルツ,アンナ
1981年、ロンドンに生まれ、オランダのデン・ハーグで育つ。15歳で学校生活のコラムをフォルクスクラント紙に連載し、注目を集めた。ライデン大学で歴史学を学び、在学中の2002年、『わたしの犬を助けて!』(未邦訳)で児童文学作家としてデビュー。以後、意欲的に活動を続ける。2012年には『まだ飛べない』(未邦訳)で“テア・ベックマン賞”を受賞。2016年、『ギプス』(未邦訳)で“金の石筆賞”受賞。『100時間の夜』は、2015年にオランダのもっとも優れたYA作品に贈られる“ニンケ・ファン・ヒフトゥム賞”を、2016年にベルギーの“フランドル児童YA審査団賞”を受賞。

『海辺の王国』
空襲で家と家族を失った12歳のハリーは、イギリスの北の海辺を、犬とともに歩いていた。わずかな食べ物を犬と分けあい、親切な人や心に痛みを抱えた人、残酷なゆがんだ人など、さまざまな出会いをくぐり抜けるうちに、ハリーが見出した心の王国とは…。イギリス児童文学の実力派作家ウェストールの代表作。「児童文学の歴史に残る作品」と評価され、世界十数ヵ国で話題を呼んだ。ガーディアン賞受賞、カーネギー賞銀賞受賞。

« 読書サークル・小平 2017年9月開催案内 | トップページ | YAを楽しむ会 活動予定(2017年10月) »

お知らせ」カテゴリの記事

YAを楽しむ会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/65674770

この記事へのトラックバック一覧です: YAを楽しむ会 活動予定(2017年9月):

« 読書サークル・小平 2017年9月開催案内 | トップページ | YAを楽しむ会 活動予定(2017年10月) »