最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« YAを楽しむ会 活動予定(2018年1月) | トップページ | 読書サークル・小平 2018年3月開催案内 »

YAを楽しむ会 活動予定(2018年2月・3月)

YAを楽しむ会 活動予定 2018年2月

2018年
■ 2
月16日 (金) 10:00~

 会場  元気村おがわ東 多目的ホール

  『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
    フィリップ・K・ディック 著  ハヤカワ文庫

  『もうひとつのワンダー』  R・J・パラシオ 著  ほるぷ出版

■ 3月16日 (金) 10:00~

 会場  元気村おがわ東 第2会議室

  『九時の月』  デボラ・エリス 著  さ・え・ら書房

  他1冊(未定)


― 内容紹介 ―

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

― Amazonより ―

  長く続いた戦争のため、放射能灰に汚染され廃墟と化した地球。生き残ったものの中には異星に安住の地を求めるものも多い。そのため異星での植民計画が重要視されるが、過酷で危険を伴う労働は、もっぱらアンドロイドを用いて行われている。また、多くの生物が絶滅し稀少なため、生物を所有することが一種のステータスとなっている。そんななか、火星で植民奴隷として使われていた8人のアンドロイドが逃亡し、地球に逃げ込むという事件が発生。人工の電気羊しか飼えず、本物の動物を手に入れたいと願っているリックは、多額の懸賞金のため「アンドロイド狩り」の仕事を引き受けるのだが…。

   映画『ブレードランナー』の原作として知られている、フィリップ・K・ディック1968年発表の傑作長編。著者は1982年、53歳で亡くなった。皮肉にもこの年に公開されたこの映画作品により、彼は一躍スターダムにのしあがることとなった。

   ディックの作品には、SF小説でありながら、登場人物の人間関係、恋愛、家族のきずななどが見事に盛り込まれている。この物語も単なる賞金かせぎとアンドロイド8人のバトルで終わってはいない。人間とアンドロイドの違いを通して、人間とは何かを考えさせられる作品だ。

もうひとつのワンダー

― Amazonより ―

内容紹介
 いじめっ子のジュリアン、オーガストの幼なじみのクリストファー、優等生のシャーロットの3人の視点から語られる「もうひとつのワンダー・ストーリー」。この本の中ではオギーは脇役であり、オギーとの出会いによってそれぞれがどのように影響を受けて変化していったかを描いている。冒頭には、続編は書かないつもりでいた著者が『ワンダー』刊行後に米国で起こった「ジュリアンになるな」運動に違和感を持ち、本作を書くことにした経緯がつづられている。

出版社からのコメント
 「続編は書かない」と言っていた作者がこの作品を書いた理由、それは米国で「いじめっ子ジュリアンになるな」という運動が起こってしまったから。「ジュリアンには、ジュリアンが語るべき物語がある」という作者は、「ジュリアンをもっと理解するために」この物語を書きました。

本書は、「いじめっ子」ジュリアン、幼い頃からオーガストのそばにいた幼なじみのクリストファー、学校の案内役になった優等生の女の子シャーロットの、3人の「ふつうの子」による、それぞれのワンダー・ストーリーです。

『九時の月

― Amazonより ―

 革命後のイランを舞台とした、愛し合う二人の少女たちの悲しい運命を描く実話を基にした物語。 15歳のファリンは、イランの首都テヘランの名門女子校に通う裕福な家の一人娘。学校では孤立し、運転手付きの車で家と学校を往復するだけの鬱屈した毎日を送っている。だが、美しいサディーラが転校してきたことで、ファリンの日常は一変する。親友となった二人は、学校だけでなく休日も行動を共にするようになり、互いを想う気持ちを深めていく…。 「LGBTとは、恋とは、愛とは。」人が人を好きになること、ただ、そのことだけで、国家に否定され、法律で禁じられ、そして、世間にも、家族にさえも認められず、悲しい運命をたどることになる二人の少女。恋とは、愛とは。その本質を胸に置くことが、LGBTに関する社会問題を理解するために必要なことではないかと気付かされます。

« YAを楽しむ会 活動予定(2018年1月) | トップページ | 読書サークル・小平 2018年3月開催案内 »

お知らせ」カテゴリの記事

YAを楽しむ会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/66338859

この記事へのトラックバック一覧です: YAを楽しむ会 活動予定(2018年2月・3月):

« YAを楽しむ会 活動予定(2018年1月) | トップページ | 読書サークル・小平 2018年3月開催案内 »