最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 小平図書館友の会 会報40号発行 (2018/5/15) | トップページ | 読書サークル・小平 2018年7月開催案内 »

YAを楽しむ会 活動予定(2018年6月・7月)

YAを楽しむ会 活動予定 2018年6月・7月

2018年
■ 6
月15日 (金) 10:00~

 会場  元気村おがわ東 第2会議室

  『パーフェクトコピー』  アンドレアス・エシュバッハ 著  ポプラ社

  『われはロボット』  アイザック・アシモフ 著  早川書房

■ 7月20日 (金) 10:00~

 会場  元気村おがわ東 第2会議室

  『エリコの丘から』  カニグズバーグ 著  岩波書店

  他 未定

 

課題本の紹介

『パーフェクトコピー』

― 内容紹介 (Amazon)―

 ドイツの田舎町に暮らす十五歳の少年ヴォルフガングは、幼いころから地道にチェロの練習を続けてきた。しかし、本物の天才を目のあたりにしたとき、一流のチェリストになるのは父の願いであって自分の願いではなかったことに気づく。一方、「自分は十六年前クローン人間を造ることに成功していた」というキューバ人医師のセンセーショナルな発表にマスコミが騒然とするなか、ヴォルフガングに謎の男が接近し、いつしか彼はクローン事件の渦中に巻きこまれていく―。

アンドレアス・エシュバッハ
1959年ドイツのウルム生まれ。大学で航空宇宙工学を学んだのち、ソフトウエア会社をおこす。その後、執筆に専念。1995年に出版された最初の長編小説はドイツSFクラブ文学賞を受賞

『われはロボット』

  

― 内容紹介 (Amazon)―

 ロボットは人間に危害を加えてはならない。人間の命令に服従しなければならない…これらロボット工学三原則には、すべてのロボットがかならず従うはずだった。この三原則の第一条を改変した事件にロボット心理学者キャルヴィンが挑む「迷子のロボット」をはじめ、少女グローリアの最愛の友である子守り用ロボットのロビイ、ひとの心を読むロボットのハービイなど、ロボット工学三原則を創案した巨匠が描くロボット開発史。

『エリコの丘から』

 

― 内容紹介 (Amazon)―

 わたしは11歳のとき、一時期、姿が見えなくなったことがある―。すべては〈エリコの丘〉から始まった―ジーンマリーと韓国人の少年メルカムがお葬式ごっこをしたあの墓地から。〈エリコの丘〉の下で亡き女優タリューラに会ったふたりは、姿を消してある謎を解く課題を与えられる。それは同時に、自分たちの夢を実現する鍵を見つけることでもあった―。ニューベリー賞作家カニグズバーグが、おもしろく風変わりに、多くのことを語りかける一冊。

« 小平図書館友の会 会報40号発行 (2018/5/15) | トップページ | 読書サークル・小平 2018年7月開催案内 »

お知らせ」カテゴリの記事

YAを楽しむ会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/66739365

この記事へのトラックバック一覧です: YAを楽しむ会 活動予定(2018年6月・7月):

« 小平図書館友の会 会報40号発行 (2018/5/15) | トップページ | 読書サークル・小平 2018年7月開催案内 »