最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【開催中止のご案内】2021年のチャリティ古本市 | トップページ | YAを楽しむ会 活動予定(2021年1月) »

【中止】読書サークル・小平 2021年1月開催案内

1月17日(日)の読書サークル・小平は、新型コロナの緊急事態宣言が発令されたため中止します。

次回については、状態を見てお知らせします。

第59回 読書サークル・小平 中止

 2021年1月17日 (日) 14:00~16:00頃

会場 小平市中央公民館 地下 和室けやき
     小平市小川町2-1325

 友の会会員以外の方も お気軽にご参加ください。
 あらたに参加される方は メールで図書館友の会事務局までご連絡ください。
 当ブログ左上に記載のメールアドレス宛でもけっこうです。 

テキスト(課題本)

 『アメリカン・デモクラシーの逆説』

   渡辺靖 著 岩波新書 (2010/10)

Amazonより

恐怖でがんじがらめの自由、負の連鎖に絡めとられる公正、他人の心身までも規定してゆく多様性、空洞化してゆく民主主義……。建国の理念を生き抜こうとするアメリカ社会の足下で、さまざまな皮肉な「転倒状況」が起きている。この希有な社会でフィールドワークを重ねてきた著者が、その実像と向かう先を余すところなく検分する。

サブテキスト

 『メディアが動かすアメリカ—―民主政治とジャーナリズム』

    渡辺将人 著 ちくま新書 (2020/9)

Amazonより

メディアは政治をいかに動かし、また動かされてきたのか。アメリカのテレビと選挙の現場を知り尽くした著者が解き明かす、超大国アメリカの知られざる姿。 《書評》 ・日本経済新聞(2020年10月17日付) ・毎日新聞(2020年10月24日付) ・朝日新聞(2020年11月14日付:評者:生井英考) ・共同通信(評者:渡辺靖) ・時事通信(評者:軽部謙介) ・広報会議(2020年12月号) "政治・社会風土に関わるメディアを総覧する。テレビ記者の前歴を持つ一方、アメリカの政党政治の現場経験もある政治学者が「アメリカのメディアの見えない諸相を可視化」した野心作" (朝日新聞(2020年11月14日付「ひもとく トランプの系譜学」より)

 

« 【開催中止のご案内】2021年のチャリティ古本市 | トップページ | YAを楽しむ会 活動予定(2021年1月) »

お知らせ」カテゴリの記事

読書サークル・小平」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【開催中止のご案内】2021年のチャリティ古本市 | トップページ | YAを楽しむ会 活動予定(2021年1月) »