最近のトラックバック

無料ブログはココログ

お知らせ

読書サークル・小平 2018年1月開催案内

第44回 読書サークル・小平

 2018年1月21 (日) 14:00~16:00頃

 会場 小平市立中央公民館 地下 和室 「つつじ」  (予定)
     小平市小川町2-1325

 友の会会員以外の方も お気軽にご参加ください。
 あらたに参加される方は メールで図書館友の会事務局までご連絡ください。
 当ブログ左上に記載のメールアドレス宛でもけっこうです。 

テキスト(課題本)

 『遺言。

  養老孟司 
  新潮新書  2017年11月発行
  196ページ  778円(税別)

― Amazonより ―

これだけは言っておきたかった――80歳の叡智がここに!
私たちの意識と感覚に関する思索は、人間関係やデジタル社会の息苦しさから解放される道となる。
知的刺激に満ちた、このうえなく明るく面白い「遺言」の誕生!

はじめに

1章 動物は言葉をどう聞くか
バカな犬と恩知らずの猫/動物は絶対音感の持ち主/絶対音感は「失うもの」
ヒトはノイズを求める/鳥がしゃべる証拠

2章 意味のないものにはどういう意味があるか
感覚所与とは/役に立たないものの必要性/都会は意味で満ちている
文字禍/客観的な現実なんてない/感覚所与と意識の対立/「違い」を重視する科学とは

3章 ヒトはなぜイコールを理解したのか
動物はイコールがわからない/池田清彦の挫折と復活/「朝三暮四」と「朝四暮三」は違う
イコールが生みだす「猫に小判」/ヒトは他人の立場に立つことができる
世界に一つだけの花

4章 乱暴なものいいはなぜ増えるのか
「an apple」と「the apple」/日本語の助詞/中国語の特性
意識と感覚の衝突/乱暴なことをいいやがって/サル真似の根拠
「誰でもわかる」のが数学

5章「同じ」はどこから来たか
ヒトの脳の特徴と「同じ」/ヒトとチンパンジーの僅かな差異
視覚と聴覚がぶつかると/漢字と視聴覚の関係/「同じ」のゴールは一神教
動物には言葉が要らない

6章 意識はそんなに偉いのか
金縛りになる理由/臨死体験をする人しない人/脳は図書館のようなもの
意識に科学的定義はない/意識の分割

7章 ヒトはなぜアートを求めるのか
芸術は解毒剤である/征服者は世界を「同じ」にする/唯一神誕生のメカニズム
コンピュータは芸術家になれない/生演奏は強い/その「赤」は同じか
一期一会のパイプ/アートの効用/建築は意識と感覚のどちらに重きをおくか
共有空間を受け入れられない人や動物/意識の集合体が都市

8章 社会はなぜデジタル化するのか
昨日の私と今日の私/『平家物語』と『方丈記』の時間/「私は私」と意識はいう
私の記憶喪失体験/デジカメのデータは変わらないのに/意識はデジタルを志向する
現代人は感覚所与を遮断する/情報は死なない/ジャンクにも意味がある
あなたがあなたであることを証明してください/マイ・ナンバーに抵抗感がある理由

9章 変わるものと変わらないものをどう考えるか
変化するものを情報に変換するということ/時空はいつからあったのか
卵がなぜ私になるのか/進化の本質はズレ/メンデルの法則は情報の法則
「情報」の発見

終章 デジタルは死なない
自然保護とグローバル化/少子高齢化の先行き/コンピュータと人の競争
不死へのあこがれ

おわりに

出版社からのコメント
 11月11日に80歳の誕生日を迎える養老先生が、「考える」ことを始めたのは小学4年生の頃でした。以来70年以上、「脳」と「身体」の関係をとことん考え抜き、「今を生きる」ためにどうしたらいいのか、わかりやすく、おもしろく、書き下ろして伝えています。

YAを楽しむ会 活動予定(2017年12月)

YAを楽しむ会 活動予定 2017年12月

2017年
■ 12
月15日 (金) 10:00~

 会場  元気村おがわ東 第2会議室

  『スウィングしなけりゃ意味がない』  佐藤亜紀 著  KADOKAWA

― Amazonより ―

ジャズが彼らのすべてだった――戦時下のドイツを舞台に描く音楽青春小説!
1940年代、ナチス政権下のドイツ。
金もあるし、暇もある。
無敵の悪ガキどもが、夢中になったのは敵性音楽のジャズだった――!

 1939年ナチス政権下のドイツ、ハンブルク。軍需会社経営者である父を持つ15歳の少年エディは享楽的な毎日を送っていた。戦争に行く気はないし、兵役を逃れる手段もある。ブルジョワと呼ばれるエディと仲間たちが夢中なのは、”スウィング(ジャズ)”だ。敵性音楽だが、なじみのカフェに行けば、お望みの音に浸ることができる。ここでは歌い踊り、全身が痺れるような音と、天才的な即興に驚嘆することがすべて。ゲシュタポの手入れからの脱走もお手のものだ。だが、そんな永遠に思える日々にも戦争が不穏な影を色濃く落としはじめた……。一人の少年の目を通し、戦争の狂気と滑稽さ、人間の本質を容赦なく抉り出す。権力と暴力に蹂躙されながらも、“未来”を掴みとろうと闘う人々の姿を、全編にちりばめられたジャズのナンバーとともに描きあげる、魂を震わせる物語。

― YouTube ―
Duke Ellington - It don't mean a thing (1943)

YAを楽しむ会 活動予定(2017年11月)

YAを楽しむ会 活動予定 2017年11月

2017年
■ 11
月24日 (金) 10:00~

 会場  元気村おがわ東 第2会議室

  『こんとんじいちゃんの裏庭』  村上しい子 著  小学館

  『白いタカ』  エリオット・アーノルド 著  岩波少年文庫

 

― Amazonより ―

『こんとんじいちゃんの裏庭』

 真実を追究する少年の奮闘物語
 作者村上しいこさんは、今、最も注目される児童文学作家です。ほのぼのとした幼年童話や絵本が多く、子どもたちにも人気のある作家ですが、初めての長編『ダッシュ!』が大変好評で、その後長編としては、2作目となる『歌うとは小さな命のひろいあげ』で野間児童文芸賞を受賞しました。それぞれ少年少女の抱える問題や社会的テーマをリアルに描き出し、次々と問題作を発表しています。
 今回の作品は、昨今の大きな社会問題となっている"認知症老人"と暮らす家族の物語です。

 いっしょに暮らす呆けちゃったじいちゃんが、ある日交通事故に遭って意識不明となります。にもかかわらず車を運転していた人に損害賠償請求をされてしまいました。法律のことなどよくわからない両親は、「なぜ?」と憤りつつもどうしていいかわからず、言われるままに支払ってしまいそうになります。横目で見ていた少年は、「絶対におかしい!!!!」と、どうしてこんなことになってしまったのか自分で調べはじめます。社会の仕組みに納得いかない少年の前に、生死をさまようじいちゃんが、ふらふらと現れて、「暮らすってどういう意味だ~?」なんてぼけたことをつぶやいたりします。少年は、納得のいく真実を見つけることができるのでしょうか?

 ちょっとユーモラスに、ちょっと少年探偵風に、難しい問題を解き明かします。

【編集担当からのおすすめ情報】

 問題作を次々に送り出す児童文学作家村上しいこさんの渾身の書き下ろしです。深刻な問題を、淡々と進撃に追求していきます。そして、問題を掘り下げていくのは、中学生の少年。
多くのテーマが秘められた一冊です。

読書サークル・小平 2017年11月開催案内

第43回 読書サークル・小平

 2017年11月19 (日) 14:00~16:00頃  終了

 会場 小平市立中央公民館 地下 和室 「つつじ」
     小平市小川町2-1325

 友の会会員以外の方も お気軽にご参加ください。
 あらたに参加される方は メールで図書館友の会事務局までご連絡ください。
 当ブログ左上に記載のメールアドレス宛でもけっこうです。 

テキスト(課題本)

 『さらば、民主主義 憲法と日本社会を問いなおす』

  佐伯啓思 
  朝日新書 617  2017年5月発行
  238ページ  821円(税込)

 『反・幸福論』

  佐伯啓思 
  新潮社新書 450  2012年1月発行
  254ページ  799円(税込)

 

― Amazonより ―

『さらば、民主主義 憲法と日本社会を問いなおす』

ポピュリズムや戦前復古の嵐が吹いているという。民主主義と自由、平和があぶないという。しかし「守れ」と言っているだけでは、守れない。かりに民主主義や平和を大切に思うならばこそ、いま私たちに必要なことは、もういちど諸価値の根源を掘り下げ、一人ひとりが自分なりに考え抜くことではないだろうか。稀代の思想家が現代日本の欺瞞を撃つ!

信じられるものがない時代に、必読の一冊――。
フェイクニュースやポピュリズムの嵐に驚いてはいけない。
足の引っ張り合いでグダグダの国内政治を嘆いても始まらない。
ウソとハッタリこそが、民主主義の本質なのだから。

民主主義は人間をつまらないものにし、我々は主権の重みに耐えかねて安全保障を他国にまかせ、憲法の崇高なる理念に淫している。

漂流するこの国はどこへ向かうのか。
日本人は何を捨て、何を守るべきか。
稀代の思想家がこの「いやな感じ」の核心を衝く!

(もくじより)
序章 日本の戦後はいつ終わるか
第1章 「よい民主主義」なんてない
第2章 憲法は反・民主主義的――不都合な真実
第3章 社会をよくするという罠――民主主義と哲学
第4章 「みんなのために」を疑う――「公共性」とは何か
第5章 日本国憲法は「違憲」である――主権をめぐる考察

『反・幸福論』

無縁社会の何が悪いのか。遁世も悪くない。「ポジティブ」がそんなに善いのか。格差是正なんて欺瞞だ―。権利や豊かさや便利さを追求し「幸せになるべき」と刻苦勉励してきたはずの日本人が今、不幸の底に堕ちている。大震災、政権交代、「正義論」ブームなど近年の出来事を稀代の思想家が厳しく見つめた時、偽善の殻に包まれたこの国の正体が露わになる。柔らかい筆致の中に、日本人の禍福の真理が詰まった至高の啓蒙書。

「人はみな幸せになるべき」なんて大ウソ!
「無縁社会」の何が悪いのか。
「遁世」も悪くない。
「ポジティブ・シンキング」はそんなに善いのか。
自由と民主主義が不幸せを生んでいる。
平等主義や格差是正などは欺瞞である・・・・・・。
豊かさや便利さを追求し、「幸せになるべき」と刻苦勉励してきたはずの日本人が、今、不幸の底に堕ちている。
東日本大震災、政権交代、「正義論」ブームや「孤独死」など、最近の出来事を、稀代の思想家が厳しく見つめた時、偽善の殻に包まれた「この国の正体」があらわになる。
日本人が幸せを感じられないのはなぜなのか……。
柔らかい筆致の中に、「禍福の真理」が詰まった至高の論考!

YAを楽しむ会 活動予定(2017年10月)

YAを楽しむ会 活動予定 2017年10月

2017年
■ 10
月27日 (金) 10:00~  終了

 会場  元気村おがわ東 多目的ホール

  『銀の馬車』  C・アドラー 著  金の星社

  『ワトソン一家に天使がやってくるとき』
   クリストファー・ポール・カーティス 著  くもん出版

 

― e-honサイトより ―

『銀の馬車』

 「これは、会いたい人や、なつかしいところへつれていってくれる、魔法の馬車なの」両親の離婚によっておこる、さまざまな人間関係を、微妙な心理をもつ十二歳の少女を通して描き出す。(金の星社提供)

― Amazonより ―

『ワトソン一家に天使がやってくるとき』

 ぼく、ケニー、十歳。不良の兄きバイ、妹のジョーイ、父ちゃん、母ちゃんの一家五人で、北のミシガン州フリントに住んでいる。兄きの悪さがますますひどくなったんで、父ちゃんたちはバイを、遠くに住んでるこわいおばあちゃんに預けようって考えたんだ。いつもいじめられているぼくからすれば、ざまぁみろってとこだよ。ぼくらは出発した。南のアラバマ州バーミングハムをめざして…。愛すべき黒人一家の笑いと涙の日々を描きながら、人種差別をするどく告発し、全米で絶賛を浴びた傑作。ニューベリー賞銀賞ほか数多くの受賞に輝く。

 妹の行った教会が爆破された! はちゃめちゃだけど、愛情いっぱいのワトソン一家。南部バーミングハムの旅で、一家が見たものは? 人種差別をするどく告発する、それでいてとびきり楽しいホームコメディー。

YAを楽しむ会 活動予定(2017年9月)

YAを楽しむ会 活動予定 2017年9月

2017年
■ 9
月22日 (金) 10:00~  終了

 会場  元気村おがわ東 第2会議室

  『100時間の夜』  アンナ・ウォルツ 著  フレーベル館

  『海辺の王国』  ロバート・ウェストール 著  徳間書店

 

― Amazonより ―

『100時間の夜』
私はニューヨークに住みたい。私は生きていたい―アムステルダムからニューヨークへひとり旅立つ、エミリア。直行便で八時間四十分、時差六時間のあこがれの街へ。エミリアは、そこで知りあいになったセスとアビーの兄妹、ジムの四人で、ハリケーン上陸のニューヨークで大停電の日々を過ごすことになった…。

著者略歴
ウォルツ,アンナ
1981年、ロンドンに生まれ、オランダのデン・ハーグで育つ。15歳で学校生活のコラムをフォルクスクラント紙に連載し、注目を集めた。ライデン大学で歴史学を学び、在学中の2002年、『わたしの犬を助けて!』(未邦訳)で児童文学作家としてデビュー。以後、意欲的に活動を続ける。2012年には『まだ飛べない』(未邦訳)で“テア・ベックマン賞”を受賞。2016年、『ギプス』(未邦訳)で“金の石筆賞”受賞。『100時間の夜』は、2015年にオランダのもっとも優れたYA作品に贈られる“ニンケ・ファン・ヒフトゥム賞”を、2016年にベルギーの“フランドル児童YA審査団賞”を受賞。

『海辺の王国』
空襲で家と家族を失った12歳のハリーは、イギリスの北の海辺を、犬とともに歩いていた。わずかな食べ物を犬と分けあい、親切な人や心に痛みを抱えた人、残酷なゆがんだ人など、さまざまな出会いをくぐり抜けるうちに、ハリーが見出した心の王国とは…。イギリス児童文学の実力派作家ウェストールの代表作。「児童文学の歴史に残る作品」と評価され、世界十数ヵ国で話題を呼んだ。ガーディアン賞受賞、カーネギー賞銀賞受賞。

読書サークル・小平 2017年9月開催案内

第42回 読書サークル・小平

 2017年9月24 (日) 14:00~16:00頃  終了

 会場 小平市立中央公民館 地下 和室 「つつじ」  (予定)
     小平市小川町2-1325

 友の会会員以外の方も お気軽にご参加ください。
 あらたに参加される方は メールで図書館友の会事務局までご連絡ください。
 当ブログ左上に記載のメールアドレス宛でもけっこうです。 

テキスト(課題本)

 『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること

  河合雅司 
  講談社現代新書 2431  2017年6月発行
  206ページ  821円(税込)

― Amazonより ―

日本が人口減少社会にあることは「常識」。だが、その実態を正確に知る人はどのくらいいるだろうか?
人口減少に関する日々の変化というのは、極めてわずか。ゆえに人々を無関心にする。だが、それこそがこの問題の真の危機、「静かなる有事」である。

書店には、人口減少・少子高齢社会の課題を論じた書物が数多く並ぶ。しかし、テーマを絞って論じるにとどまり、恐るべき日本の未来図を時系列に沿って、かつ体系的に解き明かす書物はこれまでなかった。それを明確にしておかなければ、講ずべき適切な対策とは何なのかを判断できず、日本の行く末を変えることは叶わないはずなのに、である。

本書が、その画期的な役目を担おう。
第1部は「人口減少カレンダー」とし、年代順に何が起こるのかを時系列に沿って、かつ体系的に示した。未来の現実をデータで示した「基礎編」である。第2部では、第1部で取り上げた問題への対策を「10の処方箋」として提示した。こちらは、全国の公務員・政策決定者にも向けた「応用編」と言える。

これからの日本社会・日本経済を真摯に考えるうえでの必読書!

<主な内容>
第1部 人口減少カレンダー
2017年 「おばあちゃん大国」に変化
2018年 国立大学が倒産の危機へ
2019年 IT技術者が不足し始め、技術大国の地位揺らぐ
2020年 女性の2人に1人が50歳以上に
2021年 介護離職が大量発生する
2022年 「ひとり暮らし社会」が本格化する
2023年 企業の人件費がピークを迎え、経営を苦しめる
2024年 3人に1人が65歳以上の「超・高齢者大国」へ
2025年 ついに東京都も人口減少へ
2026年 認知症患者が700万人規模に
2027年 輸血用血液が不足する
2030年 百貨店も銀行も老人ホームも地方から消える
2033年 全国の住宅の3戸に1戸が空き家になる
・・・ほか

第2部 日本を救う10の処方箋 ――次世代のために、いま取り組むこと
「高齢者」を削減/24時間社会からの脱却/非居住エリアを明確化/中高年の地方移住推進/第3子以降に1000万円給付
・・・ほか

≪サブテキスト≫
吉川洋 著 『人口と日本経済 - 長寿、イノベーション、経済成長』 (中公新書)

読書サークル・小平 2017年7月開催案内

第41回 読書サークル・小平

 2017年7月16 (日) 14:00~16:00頃  終了

 会場 小平市立中央公民館 地下 和室 「つつじ」
     小平市小川町2-1325

 友の会会員以外の方も お気軽にご参加ください。
 あらたに参加される方は メールで図書館友の会事務局までご連絡ください。
 当ブログ左上に記載のメールアドレス宛でもけっこうです。 

テキスト(課題本)

 『日本会議の研究

  菅野 完 
  扶桑社新書 212  2016年4月発行
  302ページ  864円(税込)

― Amazonより ―

「日本会議」とは何なのか?
市民運動が嘲笑の対象にさえなった80年代以降の日本で、めげずに、愚直に、地道に、そして極めて民主的な、市民運動の王道を歩んできた「一群の人々」がいた。

彼らは地道な運動を通し、「日本会議」をフロント団体として政権に影響を与えるまでに至った。そして今、彼らの運動が結実し、日本の民主主義は殺されんとしている。――

安倍政権を支える「日本会議」の真の姿とは? 中核にはどのような思想があるのか?
膨大な資料と関係者への取材により明らかになる「日本の保守圧力団体」の真の姿。

― e-honサイトより ―

目次
第1章 日本会議とは何か
第2章 歴史
第3章 憲法
第4章 草の根
第5章 「一群の人々」
第6章 淵源

出版社 商品紹介
 安倍政権の背後にいるとされる保守系団体、「日本会議」の真実 安倍政権における閣僚のほとんどが所属している「日本会議」。「日本会議」は誰のために何をなそうとしているのか? 日本改憲勢力の真実の姿とは?

出版社・メーカーコメント
【※お知らせ】
2017年1月6日(金)以降のご注文分につきましては、裁判所より削除を求められた第六章(289頁)の36字を抹消した【修正版】となります。 何卒ご了承の程よろしくお願いいたします。

続きを読む "読書サークル・小平 2017年7月開催案内" »

YAを楽しむ会 活動予定(2017年6月・7月)

YAを楽しむ会 活動予定 2017年6月・7月

2017年
■ 6
月16日 (金) 10:00~  終了

 会場  元気村おがわ東 第2会議室

  『サリーの帰る家』
  『サリーのえらぶ道』
  『サリーの愛する人』 三部作

  エリザベス・オハラ 作/もりうちすみこ 訳/さ・え・ら書房

― Amazonより ―

『サリーの帰る家』
 「雇われ人の市?それって、奴隷と同じじゃない!『アンクルトムの小屋』そのものだわ!そんなもの、行かない。母さん、いやよ!」夢想家の少女が、父親の急死で遠い農場にやとわれ働くことに。読書でつちかった洞察力を駆使し現実にたちむかい、思いやりのある一人前の娘に成長するまで。

『サリーのえらぶ道』
 1893年の夏、北アイルランドのドニゴール州は、かつてない暑さと乾きに見舞われていた。雇われ娘のまま一生を終えたくはないと決意して故郷に帰ったサリーだったが、待っていた現実は、追い立て、死、侮辱と、きびしいものばかり。しかも、一年でもっとも楽しいはずのブルーベリー・サンデーの祭りが、これほどつらいものになるとは…。「サリーの帰る家」の待望の続編。アイルランドのビスト最優秀児童図書賞受賞。

エリザベス・オハラ
 1954年、アイルランド、ダブリン生まれ。国内外の複数の大学で、古英語、古アイルランド語、民間伝承を研究し、アイルランド国立図書館に勤務しながら、たくさんの作品を発表している。一般読者向けおよび子供向けの小説、詩、演劇、放送用脚本など多岐にわたる作品は、ドイツ語、イタリア語、フランス語、ロシア語ほか、多数の言語に翻訳され、国内外の多くの賞を受賞している。

■ 7月21日 (金) 10:00~  終了

 会場  元気村おがわ東 第2会議室

  『カニグズバーグ作品集 7』 より
    「影 小さな5つの話」
   E.L.カニグズバーグ 著/岩波書店

  『太陽と月の大地』 世界傑作童話シリーズ
 
  コンチャ・ロペス=ナルバエス 著/福音館書店

― Amazonより ―

『カニグズバーグ作品集 7』 より 「影 小さな5つの話」
 日常のふとした出来事を通して子どもたちが感じた人生の機微を描く、初訳の短編集『影』。 [解説・鶴見俊輔]

『太陽と月の大地』
 16世紀スペイン。キリスト教徒の伯爵令嬢マリアと、伯爵家に長年仕え友情を育んできたイスラム教徒の家に生まれた少年エルナンド。ふたりの間には恋が芽生えるが、やがて両家の人々は異なる宗教・民族間の対立に巻き込まれていく。悲惨な戦争の果てに、エルナンドは故郷を追われていく……。宗教や民族の違いによって引き裂かれ、運命に翻弄される人々を描いた歴史小説。
 「見ろよ、ハクセル、海だ。アフリカの海、そしてグラナダの海だ」信じる宗教はちがっても、ふたりは親友だった。時代はめぐり、かれらの子や孫たちは、災いの中に巻きこまれていく――。いつか再び、共に平和に暮らせる日まで。16世紀グラナダを舞台に、宗教・民族の違いによってひきさかれ、運命に翻弄される人々をえがく。――スペインで読みつがれてきた児童文学の名作、初邦訳!
 

続きを読む "YAを楽しむ会 活動予定(2017年6月・7月)" »

YAを楽しむ会 活動予定(2017年4月・5月)

YAを楽しむ会 活動予定 2017年4月・5月

2017年
■ 4
月21日 (金) 10:00~  終了

 会場  元気村おがわ東 第2会議室

  『川の少年』 ティム・ボウラー 著  早川書房
  『少年キム』 ラドヤード・キプリング 著  岩波少年文庫カラフル

― Amazonより ―

『川の少年』
ジェスはおじいちゃんが大好きな15才の女の子。夏のある日、そのおじいちゃんが倒れた。最後の願いをかなえるため、家族はおじいちゃんを連れて故郷の川へ向かう。ジェスはそこで、不思議な少年と出会った。その少年に導かれ、ジェスとおじいちゃんの運命は大きく変わっていく。カーネギー賞受賞の感動作。

『少年キム』
舞台は19世紀、英領インド。イギリス人の孤児キムは、チベットからきたラマと〈矢の川〉を探す旅に出る。やがて才能を見出されて、優秀なスパイとして育てられたキムは、大国の覇権争いのただなかに身を投じるが……。天才キプリングが少年の数奇な運命を描き、インドの豊かな風景と多彩な人びとを活写した、大河冒険小説。 (黒田硫黄・画) (全2冊)

■ 5月19日 (金) 10:00~  終了

 会場  元気村おがわ東 第2会議室

  『いろいろな性、いろいろな生きかた』

   1. いろいろな性ってなんだろう?
   2. だれもが楽しくすごせる学校 (学校編)
   3. ありのままでいられる社会 (社会編)

  渡辺大輔/著 2016.4 小学校中学年、図書館向け ポプラ社

― Amazonより ―

1. いろいろな性と向きあうインタビュー。性のありかたは人それぞれ。生きかたも人それぞれ。家族とのかかわりかたも人それぞれ。さまざまなセクシュアリティを知るための、導入編。

2. いろいろな性と向きあうインタビュー。学校生活のなかで、セクシュアルマイノリティの人がかかえる悩みを知り、どんな学校なら、だれもが居心地よくすごせるかを考えていく、学校編。

3. いろいろな性と向きあうインタビュー。同性どうしで暮らしたり、ありのままの性で働いたりなど、みんなが生きやすい社会にするために活動している人たちの生きかたを知る、社会編。

(著者略歴) 渡辺大輔
埼玉大学基盤教育研究センター准教授。東京都立大学大学院博士課程単位取得満期退学。博士(教育学)。主要研究テーマは、ジェンダー/セクシュアリティ教育、セクシュアルマイノリティ支援。講義、講演、執筆、授業づくりなどを通して、性の多様性について、学校でどのように教えたらよいかなどの情報を発信している。

続きを読む "YAを楽しむ会 活動予定(2017年4月・5月)" »

より以前の記事一覧