最近のトラックバック

無料ブログはココログ

お知らせ

YAを楽しむ会 活動予定(2019年9月・10月)

YAを楽しむ会 活動予定 2019年9

2019年

■ 9月20日 (金) 10:00~

  会場  元気村第2会議室

  『太陽の戦士』 ローズマリ・サトクリフ  岩波書店

  『月白青船山(つきしろあおふねやま)』 朽木 祥  岩波書店

■ 10月25日 (金) 10:00~

  会場  元気村多目的ホール

  『羊の告解』 いとう みく  静山社

  『星を見あげたふたりの夏』 シンシア・ロード  あかね書房

 

   

 

課題本紹介 (Amazonより)

『太陽の戦士』

片腕のきかぬドレムは、愛犬ノドジロや親友にささえられ、一人前の戦士になるためのきびしい試練に立ちむかう。青銅器時代を背景に、少年の挫折と成長を描いた、サトクリフの代表作。中学生以上。

『月白青船山(つきしろあおふねやま)』

夏休み,鎌倉の大叔父さんのお屋敷に預けられた兵吾と主税の兄弟は,地元の少女,静音と知り合って遊ぶようになるが,ある日,切り通しを滑っていて”時間が止まった”不思議な谷に迷い込み…….。

『羊の告解』

いつもと同じ光景、いつもと同じ朝食、いつもと同じ朝、中学3年生の涼平の父親が、逮捕された。容疑は殺人―。何かの間違いか、そうでなければ事故だったと信じたい涼平だったが、父親は家族との面会をかたくなに拒む。真相も知らされないまま、突如“カガイシャカゾク”となった涼平は、父と同じ加害者なのか、それとも憐れむべき被害者なのか…。

【告解】罪を神に告白し、許しを求めること。

『星を見あげたふたりの夏』

飼い犬のラッキーが突然走りだしてブルーベリー畑に入ってしまったとき、それを止めてくれたのは、遠くからブルーベリー農園に働きにきていた少女サルマ。厳しい暮らしであるにもかかわらず、サルマは前向き。そんなサルマに触発され、リリーは自分の殻を破ろうとこころみます。サルマは自分の将来のためにブルーベリーフェスティバルのクイーンを決めるコンテストに挑戦することに! 友情と成長を生き生きと描いた物語です。 

読書サークル・小平 2019年9月開催案内

第54回 読書サークル・小平

 2019年9月29日 (日) 14:00~16:00頃

 会場 小平市立中央公民館 地下 和室つつじ
     小平市小川町2-1325

 友の会会員以外の方も お気軽にご参加ください。
 あらたに参加される方は メールで図書館友の会事務局までご連絡ください。
 当ブログ左上に記載のメールアドレス宛でもけっこうです。 

テキスト(課題本)

 『憲法学の病
  新潮新書 篠田英朗(しのだ・ひでお)/著 (2019年7月)

― テキストの内容(Amazonより)―

日本は憲法で戦争を放棄した世界唯一の国だ──。日本人の多くは漠然とそう信じているが、これは戦後の憲法学者たちが日本国憲法をねじ曲げて解釈した「虚構」に過ぎない。憲法が制定された文脈と、国際法の常識に照らし合わせた時、本当は「国際主義的」な日本国憲法の真の姿が明らかとなる。東大法学部を頂点とする「ガラパゴス憲法学」の病理を、平和構築を専門とする国際政治学者が徹底解剖する。

目次

はじめに

第1部 憲法をガラパゴス主義から解放する

1 本当の憲法9条1項「戦争」放棄
2 本当の憲法9条2項「戦力」不保持
3 本当の憲法9条2項「交戦権」否認
4 本当の憲法前文一大「原理」
5 本当の憲法前文「平和を愛する諸国民」
6 本当の憲法前文「法則」
7 本当の「集団的自衛権」
8 本当の「砂川判決」
9 本当の「芦田修正」

第2部 ガラパゴス主義の起源と現状

10 宮沢俊義教授の謎の「八月革命」
11 長谷部恭男教授の謎の「立憲主義」
12 石川健治教授の謎の「クーデター」
13 木村草太教授の謎の「軍事権」

おわりに

コラム
芦田修正 19世紀ドイツ国法学 1972年内閣法制局見解 砂川判決

YAを楽しむ会 活動予定(2019年8月)

YAを楽しむ会 活動予定 2019年8

2019年

■ 8月30日 (金) 10:00~ 終了

  会場  あすぴあ会議室

  DVDを観る会 DVD 「ニューシネマパラダイス」

岡崎武志さん講演会(2019/9/8)

小平図書館友の会主催 講演会

  読書の愉しみは永遠に

講師 岡崎武志さん(ライター、書評家)

~ 講師より ~
読書の楽しみ、喜びが自分を作ってきました。
その延長として、若き日より、古本屋巡りを重ね、過去の本と大量に出会いました。
日々、本と向き合い、そこからさまざまな糧を得て、人生に役立ててきたのです。
いかに本と向き合い、本と格闘しているかを、いろいろな本を紹介しながら語ります

日時 2019年9月8日(日) 13:30~15:30

 終了しました。ご来場、ありがとうございました。

会場 小平市中央図書館 3階 視聴覚室
    小平市小川町2-1325
    西武多摩湖線「青梅街道」駅下車 徒歩5分

定員 80人 先着順(申込不要)
    ※ 予約は受け付けていません
    ※ 満席になりしだい、入場をお断りすることがあります

参加費用 無料
主催 小平図書館友の会
後援 小平市教育委員会

20190908

岡崎武志さんの最近の著書 ※他にも共著を含め、多数

    

読書サークル・小平 2019年7月開催案内

第53回 読書サークル・小平

 2019年7月28日 (日) 14:00~16:00頃  終了

 会場 小平市立中央公民館 地下 和室つつじ
     小平市小川町2-1325

 友の会会員以外の方も お気軽にご参加ください。
 あらたに参加される方は メールで図書館友の会事務局までご連絡ください。
 当ブログ左上に記載のメールアドレス宛でもけっこうです。 

テキスト(課題本)

 『昭和の怪物7つの謎』 講談社現代新書 保坂正康 著(2018年7月)

 (サブテキスト)
 『続 昭和の怪物7つの謎』 講談社現代新書 保坂正康 著(2019年4月)

 

― テキストの内容(Amazonより)―

『昭和の怪物7つの謎』

昭和史研究の第一人者が、積み重ねた取材から東條英機、、石原莞爾、犬養毅、渡辺和子、瀬島龍三、吉田茂が残した謎に迫る。
私の使命は、昭和前期から無謀な戦争に突入し、悲惨な敗戦を迎えるまでの記録と教訓を、次世代に繋げることだと考えている、と筆者は言う。これまで40年以上にわたる近現代史研究で、のべ4000人から貴重な証言を得てきた。本書でも紹介する東條英機夫人。秘書官・赤松貞夫。石原莞爾の秘書・髙木清寿。東條暗殺計画の首謀者・牛島辰熊。2・26事件で惨殺された陸軍教育総監・渡辺錠太郎の娘、和子。犬養毅首相の孫娘、道子。瀬島龍三本人。吉田茂の娘、麻生和子などなど。その証言と発掘した史料により筆者は多くの評伝を書いてきたが、そこに盛り込めなかった史実からあらためて「昭和の闇」を振り返る。とくにこれまで一冊にまとめられていなかった石原莞爾については、はじめての原稿となる(初出は「サンデー毎日」)。

『続 昭和の怪物7つの謎』

【シリーズ累計22万部突破、第二弾!】
のべ4000人の元軍人らに取材を重ねてきた保阪正康氏が、昭和を代表する人物のエピソードを通じて昭和の闇=語られざる真実を語るシリーズ第二弾。本書では、三島由紀夫・近衛文麿・橘孝三郎・野村吉三郎・田中角栄・伊藤昌哉・後藤田正晴を取り上げる。
「これまでの私の取材を通して知り得たことは、確かに歴史の検証に必要な史実から、指導者の人間的エピソードに至るまで数多い。それらを歴史書として現すのではなく、人間学という枠内での書として刊行したいと私は考えるようになった。この系譜にある前著『昭和の怪物 七つの謎』(講談社現代新書)は、予想外の多くの人びとに手にとってもらい、これほどまでに昭和史の人間学が興味を持たれるのかと驚きを持った。歴史をもっと生身の人間の姿を反映したものとして表現したいという考えが受け入れられたようで、私には感慨ひとしおであった。
本書はこのシリーズの二冊目になる。(中略)私は古いノートをとり出しては、かつて聞いた歴史上の人物たちの証言が今はどのように受け止められるかを考えてみたかった。言うまでもなく、彼らの人物像を通して、日本の近現代史の流れを確認したかったのである。」(本書あとがきより)

 

小平図書館友の会 会報42号発行 (2019/5/15)

小平図書館友の会では 毎年2回 会報を発行しています。
第42号ができました。

■会報 第42号■ 2019年5月15日発行

<内容>

・ 「平成から令和」(巻頭)

・ 第21回チャリティ古本市 報告

・ 図書館友の会 年間活動

・ 学習会報告
  声に出して本を読む会
  読書サークル・小平
  図書館について学ぶ会
  YAを楽しむ会

・ 図書館協議会報告

・ 小平市立図書館の「ブックスタート」

・ 講演会のお知らせ
  「平櫛田中氏の寄贈資料から」
   2019年6月15日 小平市中央公民館視聴覚室
   講師 大沼晴暉さん(書誌学・民族学者、小平市図書館協議会委員)

下のリンクからPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。  

会報42号 (kaiho42.pdf/994KB) ダウンロード

Kaiho42

YAを楽しむ会 活動予定(2019年7月)

YAを楽しむ会 活動予定 2019年7

2019年

■ 7月19日 (金) 10:00~  終了

  会場  元気村多目的ホール

  『君が夏を走らせる』 瀬尾まいこ 新潮社

  『秘密をもてないわたし』 ペニー・ジョエルソン KADOKAWA

 

   

課題本紹介 (Amazonより)

『君が夏を走らせる』

金髪にピアスでふらふらしている俺が先輩の子どもの面倒をみる羽目に。何とかひと夏を乗り切ろうとする16歳の出会いと別れの物語。
小さな手。でたらめな歌。喜ぶ顔。増えていく言葉。まっしぐらに走ってくる姿。夏はまだ残っているというのに、それらをすべて手放さないといけないのだ。寂しい、悲しい。そういう言葉はピンとこないけど、体の、生活の、心の、ど真ん中にあったものを、するっと持っていかれるような心地。金髪ピアスの俺が1歳の女の子の面倒をみるなんて!? 16歳の少年の思いがけない夏。青春小説の傑作が誕生!

『秘密をもてないわたし』

ジェマ、14歳。重度の脳性まひで話せず、動けない。ところが殺人犯の告白を聞いてしまい、なんとか誰かに伝えようとする。勇気と感動のサスペンス。
わたしには、秘密がない。だって、脳性まひで話せないし、身体は動かないから。でも、ちゃんとみんなの話を聞いているし、わかってる。ときどき、わたしに秘密を打ち明ける人がいる。だれにも話せないんだから、わたしみたいに口がかたい人はいないから。でも、まさか、殺人を打ち明ける人がいるなんて。なんとかして、伝えなきゃ―! 全英の少年少女たちの心をつかんだ、スリリングな感動作。

大沼晴暉 (おおぬま・はるき) さん講演会 (2019/6/15)

 大沼晴暉 (おおぬま・はるき) さん 講演会

   「平櫛田中氏の資料から」

 日本近代彫刻の巨匠、平櫛田中(ひらくし でんちゅう)氏の旧蔵書が
 お孫さんの平櫛弘子氏より小平市に寄贈されました。
 小平市中央図書館で「平櫛田中文庫」として公開しています。

 この資料は平櫛田中氏の創作活動の基礎となったものであり、
 日本の図書の歴史を俯瞰できる質と量とを持っています。

 資料の整理にあたられた大沼晴暉氏に平櫛田中文庫の意義と面白さを
 語っていただきます。

 平櫛田中氏は昭和37年に文化勲章を受章。
 昭和45年、台東区から小平市学園西町に転居し、
 昭和54年に107歳で亡くなるまでの約10年間を過ごしました。
 昭和47年には小平市名誉市民に推戴されました。

  小平市立図書館 平櫛田中文庫 蔵書検索
  https://library.kodaira.ed.jp/cms/

日時 2019年6月15日(土) 13:30~15:30 終了しました
会場 小平市中央図書館3階 視聴覚室

    小平市小川町2-1325
    西武多摩湖線「青梅街道」駅下車 徒歩5分

講師 大沼晴暉 (おおぬま・はるき) さん
   (書誌学・民族学者、小平市図書館協議会委員)

定員 80人 先着順 (申込不要)
 満席になりしだい、入場をお断りすることがあります
     ご予約は受け付けていません 早めにご来場ください

費用 無料

主催 小平図書館友の会
     友の会ブログ http://yamaoji.cocolog-nifty.com/kltomonokai/

後援 小平市教育委員会

  講演会ちらし

20190615_kouenkai

YAを楽しむ会 活動予定(2019年5月・6月)

YAを楽しむ会 活動予定 2019年5月・6月

2019年

■ 5月17日 (金) 10:00~

  会場  元気村多目的ホール

  『むこう岸』 安田夏菜 講談社

  『サリーおばさんとの一週間』 ポリー・ホーヴァス 偕成社

 

 

■ 6月21日 (金) 10:00~

  会場  元気村多目的ホール

  『わたしは女王を見たのか』

   ヴァージニア・ハミルトン 岩波少年少女の本

  『フラダン』 古内一絵 小峰書店

 

 

 

課題本紹介 (Amazonより)

『むこう岸』

【対象:小学校高学年以上】
児童文学作家、ひこ・田中氏がイッキ読み! 「『貧乏なのはそいつの責任』なんて蹴っ飛ばし、権利を守るため、地道に情報を集める二人。うん。痛快だ。」

小さなころから、勉強だけは得意だった山之内和真は、必死の受験勉強の末、有名進学校である「蒼洋中学」に合格するが、トップレベルの生徒たちとの埋めようもない能力の差を見せつけられ、中三になって公立中学への転校を余儀なくされた。
ちっちゃいころからタフな女の子だった佐野樹希は、小五のとき、パパを事故で亡くした。残された母のお腹には新しい命が宿っていた。いまは母と妹と三人、生活保護を受けて暮らしている。
ふとしたきっかけで顔を出すようになった『カフェ・居場所』で互いの生活環境を知る二人。和真は「生活レベルが低い人たちが苦手だ」と樹希に苦手意識を持ち、樹希は「恵まれた家で育ってきたくせに」と、和真が見せる甘さを許せない。
中学生の前に立ちはだかる「貧困」というリアルに、彼ら自身が解決のために動けることはないのだろうか。
講談社児童文学新人賞出身作家が、中三の少年と少女とともに、手探りで探し当てた一筋の光。それは、生易しくはないけれど、たしかな手応えをもっていた――。

『サリーおばさんとの一週間』

サリーおばさんと一週間を過ごすことになったアンダソン家の三人姉弟メリッサ、アマンダ、フランク。三人はサリーおばさんの語るほんとかうそかわからぬ不思議な話にひきこまれていく。やがて、その不思議な話はじつは作り話ではなくお父さんたちが小さかった時のアンダソン家の物語であることがわかってくる。なぜお父さんがサリーおばさんに冷たいかその理由も…。小学4・5年生から。

『わたしは女王を見たのか』

Amazon紹介文なし。

『フラダン』

女子率100パーセントのフラダンス愛好会に集められた4人の男子高校生。その目的は男女混合によるフラガールズ甲子園出場だった! 震災から5年後の福島を舞台に描くとびきりの笑顔と涙の青春ストーリー。
「ようこそ、フラ男子」藍色の垂れ幕が、ホールの後方の壁にでかでかと貼ってあった。天井の高い会場は、お年寄りたちでいっぱいだ。車椅子に座った人や、腕に点滴の針を刺したままの人もいる。その全員が、きらきらした眼差しでこちらを見ていた。自ずと穣の足に力がこもった―。宙彦と動きを合わせ、軽快なリズムに乗って、ステージの床を踏みしめる。

 

読書サークル・小平 2019年5月開催案内

第52回 読書サークル・小平

 2019年5月26日 (日) 14:00~16:00頃  終了

 会場 小平市立中央公民館
     小平市小川町2-1325

 友の会会員以外の方も お気軽にご参加ください。
 あらたに参加される方は メールで図書館友の会事務局までご連絡ください。
 当ブログ左上に記載のメールアドレス宛でもけっこうです。 

テキスト(課題本)

 『平成史講義

  吉見 俊哉  (編集)
  ちくま新書 2019年2月発行 972円(税込)

 

続きを読む "読書サークル・小平 2019年5月開催案内" »

より以前の記事一覧