最近のトラックバック

無料ブログはココログ

読書サークル・小平

読書サークル・小平 2019年7月開催案内

第53回 読書サークル・小平

 2019年7月28日 (日) 14:00~16:00頃

 会場 小平市立中央公民館 地下 和室つつじ
     小平市小川町2-1325

 友の会会員以外の方も お気軽にご参加ください。
 あらたに参加される方は メールで図書館友の会事務局までご連絡ください。
 当ブログ左上に記載のメールアドレス宛でもけっこうです。 

テキスト(課題本)

 『昭和の怪物7つの謎』 講談社現代新書 保坂正康 著(2018年7月)

 (サブテキスト)
 『続 昭和の怪物7つの謎』 講談社現代新書 保坂正康 著(2019年4月)

 

― テキストの内容(Amazonより)―

『昭和の怪物7つの謎』

昭和史研究の第一人者が、積み重ねた取材から東條英機、、石原莞爾、犬養毅、渡辺和子、瀬島龍三、吉田茂が残した謎に迫る。
私の使命は、昭和前期から無謀な戦争に突入し、悲惨な敗戦を迎えるまでの記録と教訓を、次世代に繋げることだと考えている、と筆者は言う。これまで40年以上にわたる近現代史研究で、のべ4000人から貴重な証言を得てきた。本書でも紹介する東條英機夫人。秘書官・赤松貞夫。石原莞爾の秘書・髙木清寿。東條暗殺計画の首謀者・牛島辰熊。2・26事件で惨殺された陸軍教育総監・渡辺錠太郎の娘、和子。犬養毅首相の孫娘、道子。瀬島龍三本人。吉田茂の娘、麻生和子などなど。その証言と発掘した史料により筆者は多くの評伝を書いてきたが、そこに盛り込めなかった史実からあらためて「昭和の闇」を振り返る。とくにこれまで一冊にまとめられていなかった石原莞爾については、はじめての原稿となる(初出は「サンデー毎日」)。

『続 昭和の怪物7つの謎』

【シリーズ累計22万部突破、第二弾!】
のべ4000人の元軍人らに取材を重ねてきた保阪正康氏が、昭和を代表する人物のエピソードを通じて昭和の闇=語られざる真実を語るシリーズ第二弾。本書では、三島由紀夫・近衛文麿・橘孝三郎・野村吉三郎・田中角栄・伊藤昌哉・後藤田正晴を取り上げる。
「これまでの私の取材を通して知り得たことは、確かに歴史の検証に必要な史実から、指導者の人間的エピソードに至るまで数多い。それらを歴史書として現すのではなく、人間学という枠内での書として刊行したいと私は考えるようになった。この系譜にある前著『昭和の怪物 七つの謎』(講談社現代新書)は、予想外の多くの人びとに手にとってもらい、これほどまでに昭和史の人間学が興味を持たれるのかと驚きを持った。歴史をもっと生身の人間の姿を反映したものとして表現したいという考えが受け入れられたようで、私には感慨ひとしおであった。
本書はこのシリーズの二冊目になる。(中略)私は古いノートをとり出しては、かつて聞いた歴史上の人物たちの証言が今はどのように受け止められるかを考えてみたかった。言うまでもなく、彼らの人物像を通して、日本の近現代史の流れを確認したかったのである。」(本書あとがきより)

 

読書サークル・小平 2019年5月開催案内

第52回 読書サークル・小平

 2019年5月26日 (日) 14:00~16:00頃  終了

 会場 小平市立中央公民館
     小平市小川町2-1325

 友の会会員以外の方も お気軽にご参加ください。
 あらたに参加される方は メールで図書館友の会事務局までご連絡ください。
 当ブログ左上に記載のメールアドレス宛でもけっこうです。 

テキスト(課題本)

 『平成史講義

  吉見 俊哉  (編集)
  ちくま新書 2019年2月発行 972円(税込)

 

続きを読む "読書サークル・小平 2019年5月開催案内" »

読書サークル・小平 2019年3月開催案内

第51回 読書サークル・小平

 2019年3月17日 (日) 14:00~16:00頃  終了

 会場 小平市立中央公民館
     小平市小川町2-1325

 友の会会員以外の方も お気軽にご参加ください。
 あらたに参加される方は メールで図書館友の会事務局までご連絡ください。
 当ブログ左上に記載のメールアドレス宛でもけっこうです。 

テキスト(課題本)

 『AI vs. 教科書が読めない子どもたち

  新井紀子 著
  東洋経済新報社 2018年2月発行 1,620円(税込)

続きを読む "読書サークル・小平 2019年3月開催案内" »

読書サークル・小平 2019年1月開催案内

第50回 読書サークル・小平

 2019年1月20 (日) 14:00~16:00頃  終了

 会場 小平市立中央公民館
     小平市小川町2-1325

 友の会会員以外の方も お気軽にご参加ください。
 あらたに参加される方は メールで図書館友の会事務局までご連絡ください。
 当ブログ左上に記載のメールアドレス宛でもけっこうです。 

テキスト(課題本)

 『日本の同時代小説

  斎藤美奈子 著
  岩波新書 2018年11月発行 950円(税込)

【サブテキスト】 
 『服従』 ミシェル・ウェルベック 著
 河出文庫 2017年5月発行 994円(税込)

 

続きを読む "読書サークル・小平 2019年1月開催案内" »

読書サークル・小平 2018年11月開催案内

第49回 読書サークル・小平

 2018年11月25 (日) 14:00~16:00頃  終了

 会場 小平市立中央公民館 和室つつじ
     小平市小川町2-1325

 友の会会員以外の方も お気軽にご参加ください。
 あらたに参加される方は メールで図書館友の会事務局までご連絡ください。
 当ブログ左上に記載のメールアドレス宛でもけっこうです。 

テキスト(課題本)

 『持続可能な医療

  広井良典 著
  ちくま新書 2018年6月発行 886円(税込)

【サブテキスト】 
 『ルポ 中国「潜入バイト」日記』 西谷格 著
 小学館新書 2018年3月発行 864円(税込)

 

内容紹介  ―Amazonより―

『持続可能な医療』

内容紹介
増加する医療費を、将来世代にこれ以上ツケ回しすべきではない。「破局」を避けるため、医療をめぐる現代的課題を俯瞰し、問いなおす。

内容(「BOOK」データベースより)
高齢化の急速な進展の中で、日本の医療費はすでに年間四十数兆円を超え、さらに着実に増加している。一方、私たちは医療や社会保障に必要な負担を忌避し、一千兆円に及ぶ借金を将来世代にツケ回ししつつある―。そもそも医療とは、科学、社会システム、ケア、死生観、コミュニティといった多様なテーマが交差する領域だ。これらの全体を俯瞰したうえで、医療のありようや社会の中での位置づけが、いまこそ公共的に問いなおされねばならない。持続可能な医療そして社会を構想するための思想と道筋を明快かつトータルに示す。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
広井/良典
1961年岡山市生まれ。東京大学・同大学院修士課程修了後、厚生省勤務、千葉大学法経学部教授をへて、京都大学こころの未来研究センター教授。この間マサチューセッツ工科大学(MIT)客員研究員。社会保障や環境、医療、都市・地域に関する政策研究から、死生観、ケア等をめぐる哲学的考察まで、幅広い活動を行なっている。『コミュニティを問いなおす』(ちくま新書)で第9回大佛次郎論壇賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

『ルポ 中国「潜入バイト」日記』

内容紹介
中国人のリアルを描いたチャイナ潜入ルポ!
働く現場で見たリアルな姿を描いたチャイナ潜入ルポ!
小学館ノンフィクション大賞で審査員一同を爆笑の渦に巻き込んだ異色の最終候補作が書籍化。

ジャーナリストの著者が日本人が知らない中国人の現場に潜入。上海の寿司屋の店員、反日ドラマの俳優、パクリ遊園地の踊り子、婚活パーティの参加者、富裕層向けのホスト、日本ツアーのガイドなどを自ら体験。そこで出会った中国人との奇妙な交流と職業体験から感じた中国人のリアルな生態を描いた、全く新しいルポルタージュ。

【編集担当からのおすすめ情報】
中国人の”素顔”が分かる1冊です!
日本では爆買い中国人に注目が集まっていますが、そうした中国人の姿は表面のほんの一部に過ぎません。
6年間にわたってカラダを張って彼らと生活をともにした著者がユーモアたっぷりにその姿を伝えています。
きっと、皆さんが持つ「中国人のイメージ」を変える1冊になるはずです。
一気読み必至のこの作品、ぜひご一読ください。

内容(「BOOK」データベースより)
理解しがたい超大国・中国のリアルな姿を知りたい―そんな想いから、ジャーナリストの著者が現地に移住し、6年にわたって様々な「潜入アルバイト」を敢行。上海の寿司屋、反日ドラマ、パクリ遊園地、ホストクラブ、爆買いツアーのガイド等の職場に、ライターという身分を隠して潜り込んだ。彼らと同僚として働くことでわかった、日本人の知らない中国人の本質とは。渾身の潜入ルポ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
西谷/格
1981年、神奈川県生まれ。フリーライター。早稲田大学社会科学部卒。地方新聞の記者を経て、フリーランスとして活動。2009年に上海に移住、2015年まで現地から中国の現状をレポートした(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

読書サークル・小平 2018年9月開催案内

第48回 読書サークル・小平

 2018年9月23 (日) 14:00~16:00頃 終了

 会場 小平市立中央公民館 和室けやき
     小平市小川町2-1325

 友の会会員以外の方も お気軽にご参加ください。
 あらたに参加される方は メールで図書館友の会事務局までご連絡ください。
 当ブログ左上に記載のメールアドレス宛でもけっこうです。 

テキスト(課題本)

 『朝日ぎらい よりよい世界のためのリベラル進化論

  橘 玲 著
  朝日新書 2018年6月発行 875円(税込)

内容紹介  ―Amazonより―

「明日は今日よりずっとよくなる」。そういう希望がほんらいのリベラル。
私たちが、そう思えないのはなぜだろう。
朝日新聞に代表される戦後民主主義は、なぜ嫌われるのか。
今、日本の「リベラル」は世界基準のリベラリズムから脱落しつつある。
再び希望を取り戻すには、どうしたらいいのか?
若者が自民党を支持するワケからネトウヨの実態、リベラルの未来像まで、世界の大潮流から読み解く、再生のための愛の劇薬処方箋!

目次

【PART1】 「リベラル」と「保守」が逆転する不思議の国
1 安倍政権はリベラル
 若者の「右傾化」は教育が悪いのか/不思議の国のアリス/変わらなければ生き残れない/3人の「ポピュリスト」/右傾化する「リベラル」政党/安倍政権は旧民主党のコピー/「一億総活躍」以外にどうしようもない社会/「リベラル」の欺瞞
2 リベラル化する世界
 三位一体の巨大な潮流/「右傾化」というバックラッシュ/アメリカでは「人種差別」は減っている/今の男性は1970年代の女性よりフェミニスト/リベラルは勝利したことで敗北する/日本でも「リベラル化」は進んでいる

【PART2】 アイデンティティという病
3 「ネトウヨ」とは誰のことか
 非マイノリティポリティクス/「白人至上主義者」はネトウヨ/「人種差別」をしないレイシスト/「絶望死」する白人たち/日本人アイデンティティ主義/「在日認定」とはなにか/離島は「乗っ取れる」か/誇るものの価値
4 正義依存症と愛国原理主義
 「俺たち」と「奴ら」/「正義依存症」のひとびと/「愛と絆」による差別/思想的リーダーの誕生/右派論壇のポストモダンとエンタメ化/右派論壇の「愛国原理主義」/愛国の哲学者/右翼と「愛国リベラル」/「加害」と「被害」の非対称性/“右傾化"の正体

【PART3】 リバタニアとドメスティックス
5 グローバルスタンダードの「リベラル」
 「己の欲せざるところ、他に施すことなかれ」/ダブルスタンダードの罠/リベラルの「理想社会」/リベラルを懐疑する「保守」/無知のヴェールと「格差原理」/チンパンジーにも「正義」はある/4つの政治思想/サイバーリバタリアン/知性主義と反知性主義
6 「保守」はなぜ「リベラル」に勝つのか
 チキンで性行為をすることは許されるか
6つの道徳基盤
 「保守派部族」と「リベラル部族」/アイデンティティとしての政治/ビヨンセはなぜアメリカ国歌を歌ったのか/グローバル空間の「リベラル共和国」/「安倍一強」の秘密

【PART4】 「リベラル」と「保守」の進化論
7 きれいごとはなぜうさん臭いのか
 ニューリッチはリベラルの牙城/道徳の貯金箱/「きれいごと」はなんにでも使える/潜在的な偏見を可視化する
8 リベラルはなぜ金持ちなのか
 政治的態度の遺伝率/知能と政治的態度の相関/ネオフィリアとネオフォビア/雑食動物のジレンマ/3歳児の「リベラル」と「保守」/「リベラル」と「保守」の遺伝子を探す/イデオロギーは匂うか/「リベラル」が嫌われるほんとうの理由

エピローグ サイバー空間のイデオロギー戦争

続きを読む "読書サークル・小平 2018年9月開催案内" »

読書サークル・小平 2018年7月開催案内

第47回 読書サークル・小平

 2018年7月15 (日) 14:00~16:00頃  終了

 会場 小平市立中央公民館 和室つつじ
     小平市小川町2-1325

 友の会会員以外の方も お気軽にご参加ください。
 あらたに参加される方は メールで図書館友の会事務局までご連絡ください。
 当ブログ左上に記載のメールアドレス宛でもけっこうです。 

テキスト(課題本)

 『明治維新とは何だったのか 世界史から考える

  半藤一利/出口治明 著
  祥伝社 2018年4月発行 1,620円(税込)

内容紹介  ―Amazonより―

あのとき、日本を動かしたのは龍馬でも松陰でもなかった!
知の巨人2人が、薩長史観に隠された「幕末・維新」を語る半藤一利と出口治明がこの150年を語る!
ペリーの黒船はなぜ日本へ来たのか?
老中首座・阿部正弘が描いた国の形「御一新」は革命か内乱か?
吉田松陰は誰に利用されたのか?
幕末の激変期を支えた、合理的思考のリーダーとは?
薩長が始めた太平洋戦争を「賊軍」が終わらせた

●巻末収録半藤一利・出口治明 選 明治維新をより深く理解する35冊

出口さんとの対談は、幕末・維新史にいままでにない新味を加えるものとなった出口さんとは何度か座談会や対談でおつき合いをしましたが、そのすばらしく視野の広い、ごく真っ当な見方をされるお人柄にはただ感服していました。それにわたくしのもっとも弱点である経済的な観点が、びっくりするほど完備している方である。ならば、きっとあの動乱の時代にたいする新しい見方ができ、また広々とした展望のもとでの話が展開できることであろう。それで二つ返事で「OK」といいました。対談は、本書でみるとおり、幕末・維新史にいままでにない新味を加えるものとなり、わたくしはまことに勝手ながらひとりで、ひそかに喜んでいるのです。(半藤一利「あとがき」より)

目次
第1章 幕末の動乱を生み出したもの
 ペリーの黒船はなぜ日本へ来たのか/最大の目的は太平洋航路の開拓 ほか
第2章 「御一新」は革命か内乱か
 光格天皇が復活させた「天皇」の権威/薩長が徳川への恨みを晴らした「暴力革命」 ほか
第3章 幕末の志士たちは何を見ていたのか(最初に「日本人」を自覚した勝海舟
 イギリス公使パークスとの会談 ほか
第4章 「近代日本」とは何か(お雇い外国人の給与は東大教授六人分
 「脱亜入欧」を可能にした日本語による高等教育 ほか

続きを読む "読書サークル・小平 2018年7月開催案内" »

読書サークル・小平 2018年5月開催案内

第46回 読書サークル・小平

 2018年5月27 (日) 14:00~16:00頃  終了

 会場 小平市立中央公民館 学習室1
     小平市小川町2-1325

 友の会会員以外の方も お気軽にご参加ください。
 あらたに参加される方は メールで図書館友の会事務局までご連絡ください。
 当ブログ左上に記載のメールアドレス宛でもけっこうです。 

テキスト(課題本)

 『日本史のツボ

  本郷和人
  文春新書  2018年1月発行  907円(税込)

 『日本史の内幕
   ―戦国女性の素顔から幕末・近代の謎まで

  磯田道史
  中公新書  2017年10月発行  907円(税込)

『日本史のツボ』 内容紹介  ―Amazonより―

日本史は暗記科目じゃない!
天皇、土地、宗教、軍事、地域、女性、経済。七つのツボを押さえれば、日本史の流れが一気につかめる。
最もコンパクトな日本通史、登場。
大事なのは疑問を出す力、仮説を立てる力、そして常識の力。
人気歴史学者が面白くかつ明快に日本史を解説する。

「天下分け目の関ヶ原」は三度あった
律令制は「絵に描いた餅」
応仁の乱、本当の勝者は?
銭が滅ぼした鎌倉幕府
皇位継承 ヨコとタテの違い
川中島の戦い、真の勝者は武田信玄
貴族と武士の年収は一桁違う?
などなど、目からウロコのトピックも満載

『日本史の内幕』 レビュー  ―Amazonより―

 好調の日本史本のなかでも「磯田歴史学」が絶好調の秘密

 来年のNHK大河ドラマ『西郷(せご)どん』で時代考証を務める、気鋭の歴史学者の最新エッセイ集が絶好調だ。映画化もされた『武士の家計簿』を始め、既に数々のヒット作のある著者だが、本書は刊行から2週間弱で10万部を突破。その後もペースの落ちない異例のロケットスタートぶりだ。
 「著者のテレビ出演が増えたことや、『応仁の乱』から続く中公新書の歴史ものの好調もあってか、歴史の本をあまり手に取らないような読者にも幅広く届いている印象です」(担当編集者)

 江戸や幕末の民衆の暮らしを史料から細やかに想像し、徳川家康や坂本龍馬といった大人物たちの意外な一面を掘り下げ、井伊直虎のようにややマイナーな人物にも光を当てる。天災の記録を現代の災害対策と結びつける、アクチュアルな発言でも知られる。そんな多面的な「磯田歴史学」のエッセンスが、いい意味で学者離れした、滑らかな文章で詰め込まれている。
 「一篇が数ページのエッセイに、史料や史跡の研究に基づく新たな発見が惜しげもなく盛り込まれる。アウトプットは柔らかでも、インプットは骨太。それが著者の持ち味です」(担当編集者)

 前書きで著者は、古文書にきちんと向き合うことの大切さを熱く語っている。本書はまさにその実践の成果。歴史学への入門書であると同時に、日本史に一家言ある人に気付きを与える一冊にも仕上がっている。
 評者:前田 久 (週刊文春 2017.11.30 号掲載)

続きを読む "読書サークル・小平 2018年5月開催案内" »

読書サークル・小平 2018年3月開催案内

第45回 読書サークル・小平

 2018年3月18 (日) 14:00~16:00頃 終了

 会場 小平市立中央公民館 地下 和室 「つつじ」  (予定)
     小平市小川町2-1325

 友の会会員以外の方も お気軽にご参加ください。
 あらたに参加される方は メールで図書館友の会事務局までご連絡ください。
 当ブログ左上に記載のメールアドレス宛でもけっこうです。 

テキスト(課題本)

 『現代日本の地政学 - 13のリスクと地経学の時代

  日本再建イニシアティブ 
  中公新書  2017年8月発行

― Amazonより ―

内容紹介
 アメリカ主導の戦後秩序と同盟で、地政学的な脅威から守られていた日本。 しかし中国の急速な軍拡と経済成長により、東アジアの戦略環境は一変しました。
中国が強大な経済力をテコに地域や多国に干渉する「地経学」的脅威が姿を現しています。
北朝鮮の核やロシアの動向も日本を悩ませ、トランプ米大統領の出方も予測が難しい状況です。
 また、エネルギー、サイバー戦争、気候変動、貿易交渉など地球規模の変動も日本の戦略に大きな影響を与えています。
日本は数々のリスクをいかに乗り越えるべきなのか――。
 2013年刊の『民主党政権 失敗の検証』も高い評価を受けたシンクタンク(船橋洋一理事長)のもとに結集した気鋭の論者たちが、13のテーマを分析します。

内容(「BOOK」データベースより)
 国家の行動を地理環境と結びつけて考える「地政学」が復活している。米国主導の秩序と日米同盟に守られていた日本だが、中国の軍拡による脅威は深刻だ。さらに経済力で地政学的利益の実現を目指す中国の手法は「地経学」時代の到来を示す。北朝鮮の核やロシアの動向のほか、エネルギー、サイバー戦争、気候変動など地球規模のリスクの影響も大きい。トランプ米政権のもと、日本がとるべき戦略を俊英13人が描く。

著者について
 日本が直面する戦略的課題を調査・検証し,民間の独立した立場とグローバルな視点から日本を再建する新たなビジョンを描くことを目的とするシンクタンク.2011年9月設立.最初のプロジェクト「福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)」では,国民の目線から事故対応の問題点の分析や事故の歴史的・構造的背景について調査を行った.理事長は船橋洋一(元朝日新聞主筆,法学博士).

読書サークル・小平 2018年1月開催案内

第44回 読書サークル・小平

 2018年1月21 (日) 14:00~16:00頃 終了

 会場 小平市立中央公民館 地下 和室 「つつじ」  (予定)
     小平市小川町2-1325

 友の会会員以外の方も お気軽にご参加ください。
 あらたに参加される方は メールで図書館友の会事務局までご連絡ください。
 当ブログ左上に記載のメールアドレス宛でもけっこうです。 

テキスト(課題本)

 『遺言。

  養老孟司 
  新潮新書  2017年11月発行
  196ページ  778円(税別)

― Amazonより ―

これだけは言っておきたかった――80歳の叡智がここに!
私たちの意識と感覚に関する思索は、人間関係やデジタル社会の息苦しさから解放される道となる。
知的刺激に満ちた、このうえなく明るく面白い「遺言」の誕生!

はじめに

1章 動物は言葉をどう聞くか
バカな犬と恩知らずの猫/動物は絶対音感の持ち主/絶対音感は「失うもの」
ヒトはノイズを求める/鳥がしゃべる証拠

2章 意味のないものにはどういう意味があるか
感覚所与とは/役に立たないものの必要性/都会は意味で満ちている
文字禍/客観的な現実なんてない/感覚所与と意識の対立/「違い」を重視する科学とは

3章 ヒトはなぜイコールを理解したのか
動物はイコールがわからない/池田清彦の挫折と復活/「朝三暮四」と「朝四暮三」は違う
イコールが生みだす「猫に小判」/ヒトは他人の立場に立つことができる
世界に一つだけの花

4章 乱暴なものいいはなぜ増えるのか
「an apple」と「the apple」/日本語の助詞/中国語の特性
意識と感覚の衝突/乱暴なことをいいやがって/サル真似の根拠
「誰でもわかる」のが数学

5章「同じ」はどこから来たか
ヒトの脳の特徴と「同じ」/ヒトとチンパンジーの僅かな差異
視覚と聴覚がぶつかると/漢字と視聴覚の関係/「同じ」のゴールは一神教
動物には言葉が要らない

6章 意識はそんなに偉いのか
金縛りになる理由/臨死体験をする人しない人/脳は図書館のようなもの
意識に科学的定義はない/意識の分割

7章 ヒトはなぜアートを求めるのか
芸術は解毒剤である/征服者は世界を「同じ」にする/唯一神誕生のメカニズム
コンピュータは芸術家になれない/生演奏は強い/その「赤」は同じか
一期一会のパイプ/アートの効用/建築は意識と感覚のどちらに重きをおくか
共有空間を受け入れられない人や動物/意識の集合体が都市

8章 社会はなぜデジタル化するのか
昨日の私と今日の私/『平家物語』と『方丈記』の時間/「私は私」と意識はいう
私の記憶喪失体験/デジカメのデータは変わらないのに/意識はデジタルを志向する
現代人は感覚所与を遮断する/情報は死なない/ジャンクにも意味がある
あなたがあなたであることを証明してください/マイ・ナンバーに抵抗感がある理由

9章 変わるものと変わらないものをどう考えるか
変化するものを情報に変換するということ/時空はいつからあったのか
卵がなぜ私になるのか/進化の本質はズレ/メンデルの法則は情報の法則
「情報」の発見

終章 デジタルは死なない
自然保護とグローバル化/少子高齢化の先行き/コンピュータと人の競争
不死へのあこがれ

おわりに

出版社からのコメント
 11月11日に80歳の誕生日を迎える養老先生が、「考える」ことを始めたのは小学4年生の頃でした。以来70年以上、「脳」と「身体」の関係をとことん考え抜き、「今を生きる」ためにどうしたらいいのか、わかりやすく、おもしろく、書き下ろして伝えています。

より以前の記事一覧