2020年12月 2日 (水)

2020年12月2日(水)

曇り、一時小雨。
肌寒い冬空。

近所の市の施設2か所をまわって、職場のポスターとチラシの設置更新手続き。
図書館で、借りていたヒマラヤの写真集2冊を返却、予約本3冊を受け取る。

駅の近くの餃子専門店へバスに乗って行くも、開いていなかった。
ずっと気になっていた店なので、またあらためて行ってみたい。

20201202-122406

この店は、あとで調べたら13時開店とのこと。
しかたなく、駅前の「餃子の満州」でラーメンと餃子を食べて帰る。
駅前のモスバーガーがなくなっていた。

このところ、仕事(PC・スマホ講習)の申し込みが続いていて、明日、明後日と来週月曜日の仕事がはいった。
今日は、下調べ。

午後からずっと、灯油ストーブをつけている。
とうとう冬になった。

20201202weatherreport

(18:20記)

 

2020年12月 1日 (火)

2020年12月1日(火)

いよいよ師走。
よく晴れたが、気温は低かった。
4度―14度。
夕方からストーブ点火。
明日は曇って、最高気温12度の予報。

午前中、職場の会議。
めずらしく1時間で終わった。

金曜日12/4、ポレポレ東中野で映画「ある精肉店のはなし」を観にいくことにした。
ネットで前売り購入。
この日、纐纈あや監督の舞台挨拶もあるようだ。

https://www.seinikuten-eiga.com/

16:35記)

2020年11月30日 (月)

2020年11月30日(月)

今日も肌寒く、4度―14度。
朝昼の気温差が大きくなってきた。

朝焼け。

20201130-065716

台所の小窓の簾(すだれ)を、きのう買ってきた新品に交換。

昼食は小平のモスバーガーまで車で行く。

そして、今日も夕焼け。

20201130-1622471

(16:40記)

2020年11月29日 (日)

2020年11月29日(日)

曇り、ときどき陽射し。
肌寒い一日。
5度―12度。

風呂掃除。
ひさしぶりに風呂釜洗浄剤を入れて、きれいにした。

昼頃、車で家を出て、小川橋近くのドラッグストアーに停め、玉川上水沿いの遊歩道を歩く。
昨日と今日、ロバハウスで開かれている「ロバの市」を見に行った。
すぐ近くの団地に住んでいたこともあったのに、このロバハウスの中に入るのは初めて。

20201129-110243 20201129-112645

20201129-114253

20201129-114446 20201129-114557

20201129-121825

20201129-114520 20201129-120022

20201129-120042 20201129-120825

面白い物がたくさんあった。
しかも格安販売で驚いた。
おもちゃの楽器(カエルの形の木魚と、磁石の楽器)を購入。
それぞれ、1000円と300円。

昼をだいぶん過ぎていたので、立川砂川九番近くの丸亀製麺でうどんを食べた。
日曜日のせいか、混んでいた。

五日市街道のオリンピック(ホームセンター)で、窓の目隠しのすだれを買う。
台所の小窓の外に付けているすだれが、ぼろぼろになっていたので、交換するため。

帰りに、ずっと気になっていた「銀だこ」(ドライブスルー)で、焼き鳥弁当とたこ焼きを買う。

【昨夜の追記】
昨夜18時から放映の、BS朝日「ザ・インタビュー ~トップランナーの肖像~」(山崎ハコさん出演)を視聴。
開始時刻を15分ほど過ぎて気づき、途中から見始めて、後で冒頭部分を録画を見た。
ハコさん、元気そう。というか、気丈にふるまっていた。
何曲かスタジオ演奏も。
安田裕美さんのことも語っていた。

02

(16:25記)

2020年11月28日 (土)

2020年11月28日(土)

朝からいい天気。
ただし、北風が強い。
8度―16度。

洗濯、ふとん干し(家人の仕事)、室内掃除(私の仕事)

家で日向ぼっこしながら、本を読んで過ごす。
大塚かおり『愛とまぐはひの古事記』(ちくま文庫)読了。

夕焼けがすごいことに。

20201128-162605 20201128-163703

東京都の新型コロナウイルス陽性者数、連日500人超え。
今日の発表では、561人、重傷者67人。

(16:50記)

2020年11月27日 (金)

2020年11月27日(金)

曇り空、肌寒い日だった。
11度―13度。

家人を車で立川まで送り、帰りに買い物。
スーパー、パン屋、酒屋。
書店でPC関連の雑誌とムックを買う。

PC2台の回復ドライブ(USBメモリ)を作る。

(16:50記)

2020年11月26日 (木)

2020年11月26日(木)

晴れて暖かい日。
7度―18度。

午前中、歩いて図書館へ。
借りていた本を5冊返却。
ヒマラヤの写真集2冊を借りてきた。

20201126-082225

20201126-101338 20201126-101434

20201126-102612

午後、小平の歯科医院で、夫婦そろって定期検診。

(16:40記)

2020年11月25日 (水)

2020年11月25日(水)

最高気温12度、小雨の降る寒い日だった。

午前中、仕事。
午後、義姉が訪ねてきて、夕方から小平の中華料理店へ。
食事の後、義姉を車で送り届けて、さきほど帰宅。

急に寒くなり、火の気がないと過ごせない日だったが、明日は晴れて18度まであがるという。

全国的に新型コロナウイルスの感染拡大。
政府もようやく重い腰をあげて、GoToの見直しを始めたようだ。
各所の病院の医療体制が逼迫してきて、心配。
春先のように、外出自粛が求められるようになってくるのか。

(23:50記)

2020年11月24日 (火)

2020年11月24日(火)

曇り、肌寒い一日。
10度―13度。
朝から灯油ストーブ点灯、昼に消して、夜また点灯。

20201124-130230

竹内洋岳さんの『標高8000メートルを生き抜く登山の哲学』 NHK出版新書(2013年)読了。
『下山の哲学』(2020年)に続いての2冊目。
すっかりファンになってしまった。

今夜は、北海道の友人が送ってくれた野菜を使ったポトフ。

20201124-165922

(18:25記)

2020年11月23日 (月)

2020年11月23日(月)

気温10度―18度。
曇り空、北風。

室内掃除、風呂掃除。
昼頃まで陽射しがあったので布団干し。

竹内洋岳さんの『登山の哲学』を読む。

夕方、北西の奥多摩の空の残照がきれいだった。

20201123-162900

20201123-164824

夕食は、近くの回転寿司。

(18:45記)

2020年11月22日 (日)

2020年11月22日(日)

今日も、晴れて暖かかった。
7度―19度。

天気がいいので、近くの図書館まで歩く。
読めそうもない本を返却し、予約本(竹内洋岳さんの『標高8000メートルを生き抜く登山の哲学』NHK出版新書・2013年)を借りてきた。

午後1時過ぎ、家人と連れだって車で家を出て小金井公園へ向かう。
途中「民芸」で昼食。

今日と明日、開催されている江戸東京たてもの園のイベント「紅葉とたてもののライトアップ」を見てきた。
日没後のライトアップ、キャンドル、切り絵のランタン展示など、きれいだった。

人は多かったが、屋外だし、みんなマスクをしているし、心配はしなかった。

展示室の「大銭湯展」も覗いてみた。
ここは入室制限ありで、行列に並んだ。

20201122-152104

20201122-153529

20201122-153731

20201122-161559 20201122-172623

20201122-165732 20201122-173922

20201122-173715

20201122-173059

東の広場にキッチンカーが出ていたが、昨年までよりも数が少なかった。
コロナのせいだろう。
甘酒、熱燗、肉巻きおにぎり、ピザ、アップルパイのようなお菓子、などを飲食。

19時過ぎに帰宅。
おもしろかったな。

19時6分頃、茨城県でわりと大きな地震があったらしい。
マグニチュード5.8、最大震度5弱。
車に乗っていて、まるで気がつかなかった。

(20:20記)

 

2020年11月21日 (土)

2020年11月21日(土)

快晴。
木枯らしのような強い北風。
16度―19度。

竹内洋岳さんの『下山の哲学』読了。
図書館から借りている、難しい本は、ギブアップ。
明日、まとめて返却しよう。

20201114-141342_20201121164601 20201114-145642

横になって本を読んでいるうちに、うたた寝してしまった。
昨夜は、寝たのが零時をまわっていたからなあ。
おかげで、すっきりした。

今日も残照がきれいだった。

20201121-163329

(16:50記)

2020年11月20日(金)

昨夜は帰りが11時半になり、風呂にはいって寝てしまった。
これはきのうの日記。

11月20日も、晴れて暖かい日だった。

午前中、一時間ほど、職場でZoomについて勉強会。

帰宅後、軽く昼食をとり、PCであれこれ調べ物。
夕方、家人と連れだってバスで家を出て、立川へ。
駅ビル(グランデュオ)で買い物と早めの夕食。

20201120-170251

中央線の電車で中野、総武線に乗り換えて東中野。
東口から歩いてすぐのライブハウス「じみへん」で、友人夫妻「MOTEL」ライブ。
もう一組「しげとよ」(こちらも夫婦のユニット)との共演。

Live20201120

遅めのスタート。
20時に始まって22時過ぎまで。
「じみへん」は、ずっと気になっていた店だが、はじめて入った。
狭い店にお客がいっぱいで、楽しいライブだったな。

20201120-190556

20201120-192316

20201120-215203 20201120-220417

週末のせいか、けっこう混雑する電車で立川に戻り、タクシーで帰宅。
ひさしぶりにライブに行った家人も、喜んでいた。

(2020/11/21 7:35記)

2020年11月19日 (木)

2020年11月19日(水)

南風強く、汗ばむ陽気。
いわゆる夏日で、12度―25度。

午前中、小平の中央公民館で小平図書館友の会役員会。
7人参加。
広い視聴覚室で、椅子を円形に並べて距離をとる。

夕方から家人が出かけたため、ひとりでレトルトカレーを食べる。
近くの「かつや」でメンチカツを買って来て、カレーに乗せた。

友の会の交流紙(毎月、会員に発送)200号記念号に役員の読書記(コロナ禍に読んだ本)を掲載することになった。
さっそく書いてみたが、紹介したい本がたくさんあって迷う。

以下、ここに掲載(フライングだが)。

===============================================================================

3冊というので選ぶのに悩みました。小説2冊、エッセー1冊、おまけ数冊。
■馳星周 『少年と犬』 文藝春秋(2020)
いわゆるノワール(暗黒小説)の巧者・馳星周さんの直木賞受賞作。
一匹の犬をめぐるさまざまな(ドロドロとした)人間模様が巧みに描かれていて感動しました。
作者のまなざしがあたたかい。犬好きの人にはたまらないでしょう。
■池澤夏樹 『ワカタケル』 日本経済新聞出版(2020)
日経新聞連載小説。舞台は5世紀、後に雄略天皇と呼ばれるワカタケルの荒々しくも人間くさい生涯が描かれています。
「古事記」現代語訳(河出書房新社「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集第1巻)も、あわせてオススメ。
■池澤夏樹 『科学する心』 集英社インターナショナル(2019)
大学で物理を学んだ池澤さんらしい珠玉の科学エッセー(氏はエッセイと表記しない)。
目を見開かされること、多々あり。
<「科学する心」とでも呼ぶべきものを持ち続けた作家が、身の周りの生物から最先端の人工知能まで、進化論、永遠と無限、そして失われつつある日常の科学などを、「文学的まなざし」を保ちつつ考察する。>(出版社の紹介文)
■おまけ
以前から大好きだった内澤旬子さん(自称イラストライター)の本をまとめて読みました。
内澤さんは千葉で(最終的に屠畜して食べるまでを体験したくて)三匹の豚を飼い(飼い喰い)、東京の住まいを畳んで(捨てる女、ついでに配偶者も捨てる)小豆島に移住、小豆島でのストーカー被害体験が生々しい。
内澤旬子 『飼い喰い 三匹の豚とわたし』 岩波書店(2012)/『捨てる女』 朝日文庫(2017)/『ストーカーとの七〇〇日戦争』 文藝春秋(2019)/ 『漂うままに島に着き』 朝日文庫(2019)/松田哲夫/内澤旬子(イラスト) 『本に恋して』 新潮社(2006)
もう一冊、これもはずせない新刊。
ヒマラヤの世界第2の高峰K2登頂(日本人女性初)の経験もある小松由佳さん(フォトグラファー)。
沙漠(小松さんは砂漠と書かない、砂ばかりではないので)の土地シリアに魅かれて通いつめ、シリア人男性と結婚するに至った経緯、シリアの人々の平和だった日常と内線勃発後の難民生活が、優しい筆致で綴られていて心を打たれました。
ちなみに、現在、八王子で夫と二人のお子さんと暮らしています。
講演会をお願いしたいと思うような、おだやかで人を惹きつけるトークを何度か拝聴しました。
小松由佳 『人間の土地へ』 集英社インターナショナル(2020)

===============================================================================

(18:30記)

2020年11月18日 (水)

2020年11月18日(水)

今日も、いい天気。
10度―21度。
全国的に気温が高く、25度の夏日になった地域も。
東京も、明日は24度まで気温が上がる予報。

午前中、小平の元気村(あすぴあ)で、小平図書館友の会の会報44号印刷。
印刷後の発送準備まで、約2時間

20201118-094346 20201118-092550

20201118-101741 20201118-101751

帰宅後、昼食。
会報44号を、友の会のブログにアップ。
午後は本を読む。

竹内洋岳さんの『下山の哲学』。
図書館本。

20201118-160124 20201118-153810

夕方、職場から電話あり。
客先への連絡、ヒアリング、担当者手配と連絡など、バタバタしているうちに、日記を忘れて今ごろになった。

(21:55記)

2020年11月17日 (火)

2020年11月17日(火)

今日も晴天。
10度―20度。

車で買い物に出たあとで、あらためて散歩に出る。
近くの上仲原公園を一周。
紅葉がすすんでいる。

20201117-105800

20201117-110546 20201117-110326

20201117-113707

今日も布団干し。

本を読んで過ごす。
ひさしぶりに中島みゆきのアルバム(CD)を聴く。
西川郷子さんがカヴァーしている「誰のせいでもない雨が」が、いい。
(みゆきさんの歌唱よりも、西川さんの方がいいように思う)

20201117-143154

(16:55記)

2020年11月16日 (月)

2020年11月16日(月)

今日も快晴。
すこし汗ばむほどの陽気だった。
最高気温20度。朝は冷えて8度。

ずっと気になっていた厚手のカーテンを、コインランドリーで洗濯。
レースのカーテンは家で洗濯(家人の仕事)。
布団も干した。

昼頃、宅配便が届いた。
北海道(置戸)の友人から、自家菜園の野菜が段ボール箱にいっぱい。
大量のじゃがいも、それに牛蒡と南瓜、玉葱。
食べきれないので近くの知人におすそ分け。

20201116-123449

今日も、みごとな夕焼け。

20201116-170010 20201116-165933

(17:30記)

2020年11月15日 (日)

2020年11月15日(日)

今日も朝から快晴。

昼前に家を出て高円寺へ向かう。
立川の本屋に立ち寄り、ジオ・グラフィック11月号(コロナ特集)を買い、新書コーナーで3冊、興味のある本をみつけて購入。
立川駅ホームの立ち食いそばを食べる。

高円寺北口「座・高円寺」(1階のホール)で芝居を観る。
13:30開場、14:00から16:15までの上演。

http://rinkogun.com/Haikei.html

岡山出身の作家・棟田博の代表作『拝啓天皇陛下様』。かつて渥美清主演・野村芳太郎監督で映画化され、「国民的喜劇」として成功を収めた。
棟田博氏が遠い姻戚であることは知っていた。曾祖父の弟にあたる人が養子に行った先が、棟田家である。
じつは棟田博氏も、同じ棟田家に養子で入っていたのである。
『拝啓天皇陛下様』を劇化することが、私の永年の夢であった。
『拝啓天皇陛下様』の愛読者である、現代を生きる官僚が、「玲和」を迎える世の「生きにくさ」「宮仕えの辛さ」を、
かつての時代に思いを馳せながら耐えていく。
倉本聰さんが棟田博作『サイパンから来た列車』をもとに『歸國』を書いたように、
先達の刻みつけた忘れがたき人々の世界が、私自身の現在と交錯する。
 坂手洋二

20201115-125754 20201115-125833

20201115-133246

燐光群公演「背景天皇陛下様、前略総理大臣殿」。
棟田博作、渥美清主演で映画かされた「拝啓天皇陛下様」と、森友学園問題で自ら命を絶った元財務省近畿財務局職員の赤木俊夫さんにまつわる話をつなげた内容。
出演者は、軍服姿とスーツ姿をとっかえひっかえ着替えての演技。
舞台セットはシンプルで、場の転換が巧みだった。

留守中、近所のちびちゃんが遊びに来ていたらしい。
家人の携帯に電話したところ、ちびちゃん(3歳女児)のかわいい声が。
「〇〇ちゃんだよ」と。
いっとき遊んで、家人といっしょにコンビニへ買い物に行ったりしていたそうだ。

帰宅後、夕食は市内のとんかつ屋へ。
立川にあったとんかつ屋「はま田」は、開店してから半年で、唐揚げ屋に改築中。
いい店だったのに、残念。

(20:25)

 

2020年11月14日 (土)

2020年11月14日(土)

今日も晴天。
10度―21度。
風も冷たくなく、きもちのいい日だった。

下の写真は昨日の夕暮れ。

20201113-171321

今日は、急きょ、仕事になった。
職場で1時間ほど。

帰宅、昼食後、図書館まで歩く。

20201114-140419 20201114-140706

20201114-140621 20201114-141103

20201114-144331

20201114-144605 20201114-144815

予約本が届いた。
購入してくれたようだ。

20201114-141342 20201114-142306

そして、今日もみごとな日没。

20201114-162310

(16:40記)

2020年11月13日 (金)

2020年11月13日(金)

風もなく、いい陽気だった。
最低気温9度―最高気温20度。

明日も晴天らしい。

昼食は、ぜんざい。

20201113-122006

近くのパン屋まで散歩をかねて歩く。
紅葉がすすんでいる。

20201113-132857

20201113-135339 20201113-135423

20201113-130922

20201113-135535 20201113-135613

散歩の帰りに職場から電話。
急ぎの仕事がはいって、午後3時から1時間ほど仕事。

(17:10記)

«2020年11月12日(木)

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Facebook

Twitter

  • 気まぐれにツィートしています よろしければFollowを
無料ブログはココログ