2019年11月19日 (火)

2019年11月19日(火)

気温が20度まであがって、わりと暖かい日。

新宿へでかける家人を、立川駅まで車で送る。
コインパーキングに車をとめて、駅ビルでパンを買う。
その帰り、立川の丸亀製麺で昼食。
うどんではなく、親子丼(小)を食べる。
近くのブックオフに立ち寄り。
目的の文庫本はなく、CDコーナーでアンネ=ゾフィー・ムターのモーツァルトのヴァイオリン協奏曲集をみつける。
ムター自身がロンドン・フィルを指揮した2005年の録音。
さっそく車の中で聴いてみたが、手元にある若い頃の演奏とは、また、ひと味違う。
フレッシュな印象。

帰宅後、家で本を読んで過ごす。
一週間前から読んでいる小説『三体』(劉慈欣)の残りわずか。

(17:00記)

2019年11月18日(月)

曇りときどき雨。
気温22度と、暖かい日だった。

午前中、小平図書館友の会の定例役員会に出席。

午後、家人はクラス会へ。
駅まで車で送る。

私は、夕方、家を出て、バスと電車を乗り継いで高円寺へ。
沖縄居酒屋「抱瓶(だちびん)」で、西川郷子さんのバンド「星ノ飛ブ夜」ライブ。

早く着いたので、コーヒー屋で一服した後、店のある商店街を歩く。
リハーサルを終えたらしい出演者三人(西川さん、小澤さん、関根さん)に、ばったり会う。
商店街の奥にある「コクテイル書房」まで行ってみた。
夜の営業はまだらしく、昼間営業のカレー担当のお兄さんがいただけ。
外の本棚を見る。

午後8時開演。
一時間前に入店して、料理とソフトドリンクを注文。
飲み物も食べ物も安い。
知り合いが何人か来て、やあやあと挨拶。
すでにお客がたくさんいて、ボックス席を案内され、知り合いと同席する。
その後、団体客にボックス席を譲って、カウンターへ。
ステージは店のいちばん奥。

今夜は投げ銭ライブ。
ライブ目的ではないお客も多数。
それでも、ライブが始まると店内は熱気につつまれた。
店員の乗りもよく、やんややんやの喝采に包まれて、ライブが進行。

場所に合わせて、沖縄の唄も何曲か歌ってくれた。
いつもの星ノ飛ブ夜の曲がベースだったが、沖縄居酒屋ならではの”特別バージョン”だった。

居酒屋なので、ライブそっちのけで喋り続ける客もいたが、最後のアンコール曲(2曲)では、じっと耳を傾けていた。
さすが、聴かせどころを心得ているバンドだ。
休憩をはさんで、2時間ちょっと、午後10時過ぎに終演。

高円寺から中央線電車、三鷹で特別快速に乗り換え、かろうじて終バスに間に合って、さきほど帰宅。
いつになく楽しかったな。
このバンドで、こういうライブは、この先なかなか経験できないだろうな。

(24:00記)

2019年11月17日 (日)

2019年11月17日(日)

きのうの夕焼けは、じつにみごとだった。
今朝、早く目がさめて外を見ると、これまたみごとな朝焼け。
晴れた日。

家人は洗濯、布団干し。
私は室内掃除。
昼前、コープ他で買い物。

夕方、家人とふたり、バスで家を出て立川へ。
駅前の十字路あたりに警察車両と警察官が多数。
あとでツイッターを見たところ、「日本第一党」とかいう右翼の集会とデモがあったそうだ。

駅ビルで早めの夕食。
駅ビルは、日曜日のせいか混雑していた。
時間があまりなかったので、すいていた中華屋で焼そばを食べる。

立川から青梅線と八高線を乗り継いで東福生へ。
駅近くのライブハウス「カフェ・ド・ノエル」で、午後6時からMOTELと"sleepy and Yuzo"の二組のライブ。
豊橋の井上としなりさんが出場とりやめになったので、午後9時前まで、この二組の演奏。
"sleepy and Yuzo"は、"sleepy Maki Tokutaro"(牧徳太郎)さんのギター弾き語りと、成宮雄三さんのサックスのデュオ。
サックス4本と電子楽器の演奏のすばらしさに驚く。
牧さんも、さすがの演奏。
テナーサックスとソプラノサックス、アルトとソプラニーノサックスのキーが、それぞれ同じだということを知った。
ジョン・コルトレーンがテナーとソプラノの二種類を演奏していたことに、合点がいった。

帰りは、東福生から拝島乗り換えで西武線。
東大和市駅からバスに乗り、午後10時前に帰宅。

夜になって、底冷えがする。
コートを着ていってよかった。

(22:30記)

2019年11月16日 (土)

2019年11月16日(土)

朝から晴れて、いい天気。
気温6度、19度。
朝の冷え込みが強くなってきた。
昨夜は、ぐっすり眠ったので、寝起きはすっきり。

9時前に車で家を出て、小平の元気村「あすぴあ」へ。
小平図書館友の会、会報43号印刷作業。

A3裏表(4ページ分)を2枚、帳合いするとA4で8ページ(見開き)、1000部作成。
印刷機で4回、これに1時間ほどかかる。
折り機で追って、後は手作業で帳合い。

6人がかり、9時半前から初めて11時頃終了。
手配り用の分配、図書館・公民館・市議会・関係機関向けに分ける作業を、みんなで行なう。

版下に工夫した効果があって、今号は写真(原稿はカラー写真、印刷はモノクロ)も、きれいに印刷できた。
10月はじめから、ずっと続いていた編集作業が、今日の印刷で完結。
ほっとしている。

帰り道、小平のガソリンスタンドでセルフ洗車。
車もきれいになって、うれしい。
すぐに汚れてしまうにしても。

帰宅後、コンビニで買ってきたおにぎりとカップスープで、軽く昼食。
図書館友の会のブログと、Facebookに、会報43号を掲載。

夕食は、この後、外食の予定(近所のとんかつ屋)。
会報完成祝い、といった趣き。

(16:50記)

 

2019年11月15日 (金)

2019年11月15日(金)

どういうわけか、昨夜は、なかなか寝付くことができず、悶々としていた。
こういうことが、数か月に一度ある。
朝も早く目がさめた。
寝不足。

晴れたが、やや肌寒さを感じる日だった。
最高気温18度。

朝、掃除当番。
今日でおしまい。

午前中、仕事。
午後も予定されていたが、羅客無しで中止。
昼は市役所食堂で食べた。
いつも麺類ばかり食べていて飽きたので、今日はカレー。

帰宅後、横になって本を読んでいたら、たちまち眠くなって、しばらくうたた寝。
目覚めて、すっきりした。

一昨日、図書館から借りてきた、人気の小説が面白い。
劉慈欣/著 大森望/訳 光吉さくら/訳 ワンチャイ/訳 立原透耶/監修 『三体』 早川書房 (2019/7/10) 447ページ。

これから夕食。今日で三日目の豚汁。

(16:45記)

 

2019年11月14日 (木)

2019年11月14日(木)

昨夜の天気予報がはずれて、朝からいい天気。
夕方になって、冷たい北風が吹いてきた。
北海道は大荒れの天気、猛吹雪だという。
いよいよ冬が近づいている感じ。

朝、ごみ置き場を見に行く。
昨日のペットボトルが一袋、回収されずに残っていた。
きちんと分別せずに出す人が後を絶たない。困ったものだ。

午後、客先訪問で2時間の仕事。

夕方からテレビで大相撲中継を見る。
上位陣に元気がなく、つまらない。

明日から日曜日まで、晴れの予報。

(17:50記)

2019年11月13日 (水)

2019年11月13日(水)

朝から曇天、ときどき雨。
肌寒い。最高気温14度。

今日と明日は、住棟掃除をしなくてもよい日。

室内掃除。
家人は洗濯。

車で図書館、ガソリンスタンド(とうとう灯油を購入)、新刊書店、職場をまわる。

図書館では、リクエストしてあった本が三冊届いていた。
読みかけの新書『高校紛争』を、がんばって読み終えて、借りてきた小説『三体』を読み始める。
次の予約者が控えている話題の小説。
視力が減退しているのか、活字がよく見えない。

灯油ストーブはまだ出さないが、ファンヒーターを出してつける。
室内温度も下がっているので、ヒーターの温風がありがたい。

明日は晴れて、気温も21度まであがるようだ。
昨夜は、満月がきれいだった。
風も強かったので大気が澄んでいたのだろう。

昨夜8時からの狛江のコミュニティFM(コマラジ)が面白かった。
高山正樹さん(狛江M.A.P.主宰)と、ゲストの西川郷子さんのかけあいが絶妙。
上々颱風の昔のエピソードなど、興味ぶかい話も聞けた。

今日は、早めの日記。
大相撲テレビ中継を見ている。

外の雨はあがっているが、冬のような寒さ。
今夜は豚汁。

(16:40記)

2019年11月12日 (火)

2019年11月12日(火)

朝から快晴。
富士山がよく見えた。

今日も掃除当番。
家人と二人、20分ほどで終わる。

午前中、喪中はがきの印刷。
57枚。郵便局に持っていく。
年賀状よりもずっと楽だ。

昼食、ひさしぶりにラーメン(インスタントだが)を作る。

午後、手続きのため市役所へ。
駐車場がいっぱいだったのは、なぜだろう。

12月と1月の、山崎ハコさんのライブ予約をする。
12月23日(月)大塚Hearts Nextのライブは、電話予約。
当日、整理番号順にチケット受け取り。
1月18日(土)亀戸カメリアホールのコンサートは、ネット予約。
クレジットカード決済がうまくいかず、振り込みとする。

ハコさんのライブは、5月以来か。
ひさしぶりだ。

今夜8時から、狛江のFM局「コマラジ」で、M.A.Pの高山さんの番組。
西川郷子さんがゲスト出演とのことで、楽しみだ。

今日は、テレビで大相撲中継を見ている。
きのう、見られなかったが、関脇・大関・横綱陣が総崩れだったようだ。
豪栄道が初日の取り組みで足を痛めて休場。

(17:10記)

2019年11月11日 (月)

2019年11月11日(月)

朝方まで雨。
ときおり薄日のさす、曇り空の日。
夕方、雨がぱらつく。
気温15度、肌寒かった。

今週は住棟の掃除当番(ごみ当番)。
いつもより少し早く起きて、ごみ集積所まわりの掃除。
同じ階のご婦人お二人と。

外出する家人を駅前まで車で送る。
帰りに本屋に立ち寄り、注文してあった本を受け取る。
郵便局ではがきを大量に購入。

帰宅後、PCに向かって、あれこれ。
今年3月に家人の兄が亡くなったため、喪中はがきの準備(PCで作成)。
宛先一覧をチェックして送付先を決める。

夕方、家を出てバスで立川へ。
中央線ひと駅の国立まで電車。
「ギャラリービブリオ」での音楽イベント「中川フォークジャンボリー」に参加。
今夜のゲストは、いとうたかおさん。
この人の歌を聴くのは初めてだった。

午後7時開演、9時過ぎまで。
いつものように、はじめは、岡崎武志さん、中川五郎さんと、ゲストの3人のトーク。
その後、中川五郎さんの歌。
短い休憩後、いとうたかおさんのステージ。
最後に、中川さんといとうさんのセッション。
いとうたかおさんの、しっとりとした歌がよかった。

いとうさんのCDと本を購入。
ビレッジプレスの五十嵐さんもみえていた。
(いとうたかおさんの本はビレッジプレスの出版)

午後10時過ぎのバスで帰宅。

(23:20記)

 

2019年11月10日 (日)

2019年11月10日(日)

さわやかな晴れの日。18度。

室内掃除。
昼前に車で家を出て、相模原へ。
生協の品物受け取り。
家人を待つ間、相模原の道保川公園駐車場に車をとめて、PCの資料・雑誌を読む。
夕方、帰宅。

新天皇夫妻のパレードを車のワンセグテレビで見る。
各局、大騒ぎ。
今日から大相撲。
鶴竜、初日から休場。

(17:00記)

2019年11月 9日 (土)

2019年11月9日(土)

今日も晴れて、きもちのいい天気。

午前中、仕事。
帰宅、昼食後、夕方になってバスと西武線、山手線を乗り継いで新宿へ。

新宿駅東南口近くのライブスペース「無荷有(むかう)」。
西川郷子さんと”フォーク者イサジ式”さん(イサジさん)のユニット「ニシカワmeetsフォーク」ライブ。

ギターとボーカルのシンプルな構成。
前半、イサジさんのソロ。
後半、二人のデュエット。

カヴァー曲以外は、イサジさんのオリジナル曲。
しみじみと、心に沁みる歌の数々。
二人の歌声の調和。
イサジさんの静かな、それでいて強く訴えてくるギター演奏。

あらためて、西川さんの歌声の美しさを感じる。
PAを使っての音響も控えめで、とても聴きやすく、うっとりと聴き惚れた。

午後5時開演、休憩をはさんで午後7時終演。

新宿駅南口構内の立ち食いそばで、軽く夕食をとって帰宅。

(21:20記)

2019年11月 8日 (金)

2019年11月8日(金)

今日は、さわやかな晴れ。
最高気温18度、北寄りの風がやや強かった。

午前9時、近所の診療所で、夫婦そろってインフルエンザの予防接種を受ける。
帰宅後、室内掃除。
午後、風呂掃除。

あとは家で過ごす。
書類の整理。
講習に備えて、らくらくスマホの資料収集。

(18:05記)

 

2019年11月 7日 (木)

2019年11月7日(木)

晴れのち曇り。
昨夜は、夕焼けがみごとだった。
今日は朝から晴れて、湿度も低く、まさに小春日和。
南側、ベランダの大窓を開けっぱなしにしていた。

冷蔵庫に大量のぶどうが残っていたので、思い立ってジャムにしてみた。
ピオーネ系の黒ぶどうで一瓶、甲斐路ひと房でもう一瓶。
ジャムにすると、たいした量にはならなかったが、わりと簡単だった。
ただ、ぶどうの皮むきと、種をとるのが難儀。
指先がぶどう色に染まってしまった。

午後、職場へ車で行き、受注書類を取ってくる。
その前に、郵便局とコープ買い物に立ち寄り。

帰宅してすぐにLINEメッセージが入り、もう一件、受注があったという。
とんぼ返りで、職場事務所に車で行き、内容確認。
私を指名してきた発注だったが、他の人に替わってもらう。

再度、帰宅後、そんなやりとりをPCでやっているうちに、夕方になってしまった。
明日は、近くの診療所でインフルエンザの予防接種を受けてこようか。

(19:20記)

2019年11月 6日 (水)

2019年11月6日(水)

昨夜、北海道から帰宅。
まだ時間は早かったので、昨夜はぐっすり眠れて、なんだかすっきりした。
今のところ疲れは出ていないようだ。
かえって、すっきりしているのは、どういうわけだろうか。

撮りためた動画、写真の整理。
たまっていたメールの整理、返信、送信。
北海道の店と、友人宅へ、令状を書く。
洗濯物がたくさんあったが、家人が洗濯してくれたので、のんびり過ごした。
家にいなかった5日分のブログ日記を書いた。

夕方、図書館に行って予約本を受け取り、書店で注文してあった本を受け取る。
帰りに、ちょっと買い物。

朝からいい天気。
夕焼けがみごとだった。
昼間は暖かいが、朝夕、冷え込む。
そろそろ灯油を買ってきて、ストーブを出さなくては。

(18:10記)

2019年11月5日(火)

11月5日。
小樽を後にして帰る日。

朝8時頃まで、ぐっすり眠る。
11時台の飛行機に乗る友人夫妻と、井上さんと、4人で、なまらやからおいとまする。
店の前で記念撮影。
店の前を、登校するこどもたちが通る。

バスで小樽駅へ。
駅ビルの中にあるハンバーガーショップで朝食。
午前9時半過ぎ、新千歳空港に列車で向かう3人を、改札前で見送る。

私が乗る飛行機は16時発だったので、時間に余裕があった。
コインロッカーに荷物を預けて、小樽市街を散策。
あまり遠くまで歩く元気もなかったので、まずは小樽運河まで。
運河近くの店で土産物を買う。

小樽金融資料館に入ってみる。
ここは、数年前に一度来ているが、入場無料なので気軽に入る。
前回気づかなかった発見もあって、面白かった。
売店でお札せんべいを買おうか迷ったが(前回、買った)、やめた。

駅前まで戻り、まだ時間が早かったので、図書館に行ってみることにした。
駅前から歩くには、ちょっと距離がある。
バスに乗って最寄りのバス停まで。
そこから坂道を登って、小樽市図書館に到着。
レンガ壁の、風情のある建物だが、館内はごく普通の図書館だった。
近くに市役所もあり、ここまで坂道を歩いて来るのはたいへんそうだ。

帰り道は駅まで歩く。
途中、妙見市場を通りかかったが、中には入らなかった。

小樽駅のハンバーガーショップでコーヒーを飲み、コインロッカーの荷物を回収。
売店で土産物を少し買う。

12時30分発の空港ライナーに乗り、新千歳空港に13時51分到着。
車内で、なまらや店主ギタローさんが書いた紀行文(なまらやで購入)を読む。
人柄が感じられる、なかなか面白い文章。
挿絵、地図、写真もいい。

空港で、土産物屋をのぞいたりして、ビルの上階にある温泉へ。
荷物を預けて、温泉で汗を流し、食事処で天ざるを食べた。
空港で温泉に入れるここは、すばらしい。

飛行機では、機内Wi-Fiを使ってネットで遊ぶ(羽田からの飛行機でも、そんな過ごし方をした)。
日暮れどきで、日没、夕焼けが窓からよく見えた。
羽田に近づくと富士山も見えて、スマホとタブレットで写真を撮りまくった。

北海道に飛行機で行くときは、往路は左側の窓際、復路は右側の窓際の席を予約することにしている。
天気がよければ、外がよく見えてうれしい。

羽田空港には17時30分、定刻に到着。
立川行きの高速バス、18時20分発に乗ることができた。
バスを待つあいだ、バッグに入れていたバナナを1本食べ、野菜ジュースを飲む。

途中、渋滞していたが、立川には20時過ぎに到着。
駅ビルでパンを買い、ちょうど来ていたバスに乗って帰宅。

楽しい4泊5日の北海道旅行だった。

(2019/11/6記)

2019年11月4日(月)

11月4日。文化の日。

この日は小樽まで移動。
札幌駅で12時に待ち合わせ。

前日買っておいた朝食を、ホテルの部屋で食べる。
このホテルはウィークリーマンションなので、電子レンジやらの自炊道具も、ある程度揃っている。
出がけに、冷蔵庫に入れておいたヨーグルトに気づき、食べてしまおうとしたら、スプーンがない。
しかたがないので、割り箸でヨーグルトを食べるはめに。
バナナが2本、余ってしまったのでバッグに入れる。

すすき野駅から札幌駅まで地下鉄利用。
わずか2駅だが、荷物が重くて歩く元気なし。
来年は、登山用ザックにしようと決意する。
それに、プラスチックのスプーンなども持っていこう。

ホテルのチェックアウト門限は11時だったが、10時前に出た。
札幌駅で時間があったので、駅ビル(コンコース脇)のコーヒー店に入る。
窓から喫煙席が見えたので(いまどき珍しい)。
そこにしばらくいて、まだ待ち合わせ時刻まで時間があったので、コンコースのベンチで他の3人を待つ。
まもなく合流。
友人夫妻は、この夜の打ち上げのために、日本酒の瓶をしこたま買い集めていて、大荷物だ。

12時13分発空港ライナーで小樽へ。
小樽は浜風が吹いて寒い。
バスに乗って、この夜のライブ会場「なまらや」へ。
元、寿司屋だったという3階建の店。
ここも落ち着ける場所だ。

熱いお茶をいただき、私が持参したお土産の濡れ饅頭など、いただく。
PA調整のリハーサル。
前回(2年前)は、開演前に、この店のパスタ料理をいただいたが、今回は打ち上げに備えてやめておいた。
オープニングアクトをつとめてくれる、キモサリバンショーの木本さんとさりーさん到着。
再会を祝す。

開場18時半、開演19時。
キモサリ、MOTEL、井上さんの順に3組演奏。
2時間半ほどのライブ。
地元小樽のお客さんが、10人ほど来てくださって、あたたかい雰囲気のライブだった。

終演後、恒例の打ち上げ。
食べきれないほどの料理が次々と出て、私以外は、お酒もすすむ。
店主夫妻(ギタローさん、がんこさん)の料理が、とてもおいしいのだ。
深夜まで宴会は続いた。
私は午前1時半まで、おつきあいしたが、さすがに疲れて、2階に用意してくれている部屋へ。
ここで4人が雑魚寝。
寝具がたくさん常備されていて、温かく寝られる。
泊めていただけるお店は、ありがたい。
でも、来年からは寝袋持参で行こうか、などと考える。
その方が、めんどうがないので。

(2019/11/6記)

2019年11月3日(日)

11月3日。
ライブツアーの3日目は、再び札幌。

コンビニで買って来てくれた朝食を、宿の部屋で、みんなで食べる。
芦別駅前発11時40分の高速バスで、札幌に向かう。
札幌12時半着。
バスターミナルから大荷物をひきずりながら、すすき野まで歩く。
私以外は、ギターを背負い、キャリングケースを引っ張って歩く。
私は、手提げバッグが重く、足が痛くなってしまった。

すすき野の、目当てのラーメン屋が開いていなくて、別の店に入る。
札幌ラーメン、特別うまいものでもなかった(この日は醤油ラーメン)。

2日前に泊まったホテルに入り、偶然にも、2日前と同じ部屋だった。
コンビニに行って、翌朝の朝食を仕入れる。

16時過ぎ、友人夫妻と待ち合わせて、この夜のライブ会場まで歩く。
歩いてさほど遠くない場所。
「SALINAS」という店。

店に入るなり、大きな声で「いらっしゃいませ」と、店主が出迎えてくれた。
PA装置の調子がいまひとつで、リハーサルでの調整に手間取る。

この夜のライブは、4組5人が出演。
札幌在住の2人が先に演奏し、次に友人夫妻、トリの演奏が井上としなりさん。
19時前開演、終了は22時前。

石狩鍋の打ち上げ。
イナゴの佃煮やら、ホッケの開きも出て、宴会が続いた。
午前1時前まで。
歩いてホテルに戻り、シャワーをざっと浴びて寝る。

(2019/11/6記)

2019年11月2日(土)

11月2日。
札幌の朝の冷え込みは、思ったほどではなかった。

近くのコンビニでサンドイッチなどを買い、ホテルの部屋で食べる。
午前11時、札幌駅前のバスターミナルで待ち合わせ。

この日は、高速バスで芦別までの移動。
芦別まで2時間近くかかる。

芦別市街のはずれ、駅前より少し手前の「渓水町」バス停で下車。
毎回、立ち寄る、旭川ラーメンのお店に4人で入る。
今回、私は味噌チャーシュー麺。
なつかしい旭川ラーメンだ。うまい。

下車したバス停に戻り、芦別行きの路線バスに乗る。
芦別の宿は、ここ数年、「秋田屋旅館」。
宿に入り、風呂でさっぱりする。

夕方、4人で宿を出て、歩いてライブ会場「貘」へ。
ログハウス風の建物で、いつ行っても落ち着ける店だ。
リハーサル(PA音合わせ)の後、開場・開演(19時)を待つ。
常連のお客さんが次々と到着。

ライブは2時間半ほど。
打ち上げには、きのこ鍋や手巻き寿司、さんまの刺身などが出て、いつもように宴会。
午前零時頃まで店にいて、宿に戻る。
ライブ中、雨が降り出し、歩くと10分以上ある宿まで、お客さんの一人が車で送ってくれた。
打ち上げで知ったのだが、この方は山崎ハコさんのファンだという。
うれしくなった。

(2019/11/6記)

2019年11月1日(金)

11月1日から5日まで、北海道へ行っていた。
その間の日記を、まとめて書く。

11月1日。
朝早く起きて、7時頃のバスに乗り、立川から浜松町経由で羽田空港へ。
10時30分のJAL便で札幌新千歳空港に12時10分到着。
列車で札幌駅へ。

ホテルに入るには早い時間。
駅ビル内の立ち食いそばで腹を満たし、荷物をコインロッカーに預けて、駅北口から北大構内へ。
思えば、半世紀前、受験で訪れて以来かも(受験は、はなから合格の見込みなし)。

建物の配置など調べもせずに、足の向くままキャンパスを歩く。
博物館があったので、入ってみた。
小部屋に分かれていて、博物館のイメージから遠い。
古い建物で風情があった。
売店で知里真志保の新書版書籍をみつけて購入。
トマトジュースを飲む。

札幌駅に歩いて戻り、地下鉄で中島駅へ。
ホテルまでの道順がよくわからず、タブレットの地図を頼りに向かうも、迷ってしまう。
なんとか到着。

今回は、2年ぶりに友人夫妻とその友人(井上としなりさん)のライブツアーに同行したのだ。
友人夫妻(MOTEL:須藤もん&対馬照)が同じホテルの別棟に、すでに到着していた。
出発時間を示し合わせ、夕方、ホテル前で友人夫妻と落ち合い、ライブ会場に向かう。

地下鉄に乗り、少し歩いて、ライブ会場「Jack in the box」に到着。
共演の井上さんを待って、店主と歓談。
PA装置を使わない生音ライブだったので、とくべつにリハーサルもせずに開演時間を待つも、お客さんが来ない。
スプカレーの店なので、井上さんと私は、野菜カレーを注文。
これが、とてもおいしい。

定刻になったので、出演者3名と私、店主の5人だけのお店で、ライブ開演。
結局、最後までお客さんが一人も来ないという、珍しいライブ? になった。
終了後、5人で打ち上げ。
酒が飲めない私以外は、日本酒でそうとう酔っていたようだ。
四方山話に花が咲く。

地下鉄の終電間際に、ホテルに戻る。
午前零時をまわっていて、シャワーも浴びずにベッドに入った。

(2019/11/6記)

2019年10月31日 (木)

2019年10月31日(木)

曇りときどき晴れ。
21度。

朝早く目がさめて、タブレットでニュースを見て驚く。
首里城が火災で焼失。
なんということだろう。
正殿から出火して、北殿、南殿など、城内一帯が焼けてしまった。

午前中、風呂掃除。
午後、客先訪問の仕事。2時間。

明日から4泊5日、北海道へ。
友人夫妻(MOTEL)のライブツアーに同行する。
札幌、芦別、札幌、小樽の4か所。

ブログ日記、旅先では、たぶん書けないだろうな。

(20:10記)

«2019年10月30日(水)

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Facebook

Twitter

  • 気まぐれにツィートしています よろしければFollowを
無料ブログはココログ