« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月30日 (月)

2018年4月30日(月)

今日も晴れて気温があがった。26度。
明日はもっと暑くなって28度になるという。

今週は、住棟の掃除当番。月・火・金の三日間、建物の共用部分(外回りと1階エレベーターホール)を掃除する。
今朝は40分ほどかけて、エレベーターホールに溜まっていた落ち葉を掃き、水を撒く。
自転車小屋にも落ち葉がたくさん溜まっていた。

掃除を終えて朝食。
その後、PCに向かって小平図書館友の会会報の編集を一日やっていた。
年に二回の会報編集。けっこうたいへんな作業だ。5月15日に印刷、配布する。
(19:30記)

2018年4月29日 (日)

2018年4月29日(日)

昨夜10時頃に寝たのに、今朝は8時起床。ずいぶん眠ったものだ。

今日も五月晴れ。気温26度、南風7メートル。

図書館まで歩いて行き、読めなかった本と雑誌「世界」3月号を返却。
「世界」の記事は、ざっと目を通してみた。あらためて読んでみたい。

ネットで見て面白いと思った世界地図の図法に関する本を探したが見つからず、司書(館長)に教えてもらう。プチ・レファレンス体験。
児童書コーナーに地球儀に関する子ども向けの本があったので借りる。
図書館は本を借りるだけの場所ではなく、調べ物の手助けをしてもらうところだと、あらためて思う。

今日もまた、本は読めず、パソコンをいじって、なんとなく一日が終わってしまう。
これでいいのだろうか、という気もするが、これでいいのだ。
明日で4月も終わる。
連休後半は天気が崩れるようだが、出かける予定もなく、あまり関係ない。

旅行会社から送られてきたパンフレットを見て、沖縄・宮古島の2泊ツアーに行くことにした。
まだ半年先の日程だが、ネットで予約。
ここ数年、11月は友人夫妻の北海道ライブ・ツアーに同行してきたが、今年は夫婦旅行にしよう。旅行初日は、ちょうど結婚記念日だし。
(19:15記)

2018年4月28日 (土)

2018年4月28日(土)

今日もいい天気。北風のち南風がやや強く、気温26度。

洗濯する家人の脇で、室内掃除と風呂の掃除。
今日は洗濯物もよく乾く。

小平図書館の会報(5月発行予定)の編集を少し。

夕方、届け物をするために車で7キロほどの東久留米市まで往復。
新青梅街道沿いを走り、角上魚類の前を通る。連休のせいか車で買い物に来ている人で賑わっている様子。

なんだかんだで、今日も終わろうとしている。
きのうの日帰り旅行で家人が買ってきた干物を焼いて夕食にする。

大型連休といっても、退職した私には、ほとんど関係ない。行楽地も混みそうなので、家でおとなしく過ごそう。
(17:25記)

2018年4月27日 (金)

2018年4月27日(金)

曇り空。気温22度。

朝、立川にでかける家人を車で送る。
帰りに、市内公共施設に置かせてもらっている仕事関係のポスターとチラシの更新手続き。

その足で、書店と図書館へ。
書店では、ネット注文しておいた『琉球独立は可能か』(解放出版社、2018年2月)を受け取る。この本は図書館から借りて途中まで読んでいたが、返却。

帰宅後、ネットでスマホについて少し調べる。仕事がらみの調査。
Androidスマホは機種依存が大きく、機種による違いを研究する必要あり、というわけだ。

書店で、スマホの参考書を購入。なかなかいい本。

夕方から、テレビでは朝鮮半島の南北首脳会談のニュースでにぎわっている。
分断されている朝鮮半島の統一に向けての一歩だと思う。
米朝会談に向けて、どうなるのか、目が離せない。
(19:20記)

2018年4月26日 (木)

2018年4月26日(木)

きもちのいい五月晴れ。

朝5時起き。7時半に立川集合という家人を玄関で見送る。
来月発行予定の小平図書館友の会の会報40号、原稿が集まってきたので編集を始める。

8時半頃、近くのコインランドリーへ。冬毛布の洗濯、乾燥。そろそろ夏のタオルケットに交換する時期だ。
帰りにコープで買い物。

コインランドリーでの待ち時間に、本をすこし読む。
図書館から借りていて2週間が過ぎ、貸出延長している本、『琉球独立は可能か』(解放出版社、2018年2月)。まだ半分ほどしか読めていない。

はっとする箇所があった。第五章「暴圧に向かう涯に」(P.162あたり)、松島泰勝氏の発言。
氏は「沖縄」と言わずに「琉球」と言い、「本土」と言わずに「ヤマトゥ」と言う。
以下、この本の松島氏の発言要旨――。

米軍基地が琉球に集中したのはヤマトゥでの反基地闘争の劇化からだという。ヤマトゥ(本土)の米軍基地の移設先として日米政府が考えたのが琉球。1950年代のことだ。当時の琉球は米軍政下で、日本国憲法が及ばない。つまり、やり放題。いわゆる「銃剣とブルドーザー」で琉球に米軍基地を建設していった。

これまでアメリカ政府は琉球に”地政学的理由”で琉球に基地を建設してきた、と言われているが、そうではない。(私も、なんとなくそう思っていた)

アメリカ政府は1972年と73年、さらに1995年、2005年に琉球に駐留する海兵隊を、カリフォルニア州や韓国などへ移転することを提案したが、日本政府はこれを拒否。日本政府は意図的に琉球に米軍基地を押しつけているのだ。

「地政学的に琉球に米軍基地がなくてはならない」と基地容認派は指摘する。だが、在琉米軍はアジア太平洋地域を定期的に移動するローテーションを繰り返しており、常に琉球に常駐してヤマトゥを守っているわけでもない。
また、中東地域での紛争に出撃する米軍は、琉球から長崎の佐世保にある米軍基地に移動し、そこから紛争地に向かうという「回り道」をする。
在琉米軍の主体となる海兵隊は、紛争地に真っ先に送り込まれる「殴り込み部隊」であり、ある地域を守って「抑止力」を発揮する軍隊ではない。

米軍が琉球に常駐して琉球人の生命や生活が破壊されたのであって、それらが守られたことは一度もない。そのような琉球の歴史や現実を日本政府や国民の大部分は知っているから、意識的に琉球に米軍基地を押しつけている。
(この部分は、ちょっと違う気がする。日本政府はともかく、国民の大部分は「地政学的に琉球に米軍基地がなくてはならない」という一種の「神話」を、なんとなく信じているのではないか、と私は思う)

――ブログ日記らしからぬ長い引用になったが、理路整然と在琉米軍の現実を指摘しているこの部分に、目から鱗が落ちる思いをした。もっと琉球(沖縄)の歴史を学ばなければいけないな、という思いを強くした。

日帰り旅行に出かけている家人の帰りを待ちながら、ビデオ録画してあった金城実さんのインタビュー番組(2017年7月30日放送、こころの時代 ~宗教・人生~ 「沖縄は我が念仏」)をDVDにダビングしながら見る。金城実さん、なんと魅力的は人だろう。

もう一本、石牟礼道子さんの特集番組(2018年3月2日放送、くまもとの風スペシャル「あした、石牟礼道子を読む」)も、ダビングしながら見た。
(17:50記)

2018年4月25日 (水)

2018年4月25日(水)

朝から強い雨。

完全装備で、立川までバスで出かける家人。バス停まで行って、遅れてきた一本前のバスに乗れず、雨の中に佇んでいたので近くの駅まで送る。駅前のバス停なら屋根があって濡れずにすむのだ。
その足で仕事場へ。午前中、仕事。

仕事が終わる頃、雨があがって青空になった。ひさしぶりに青空を見る気がする。

コンビニで昼食を買い、家に戻って食べ、室内の掃除。
気になっていた洗面所と浴室の換気扇も掃除した。

昨夜は、日帰り小旅行で疲れていたので早く寝た。そのせいか、旅行の興奮からか、今朝5時頃目が覚めた。妙な夢をみていた。とっくに忘れていた人や、見知らぬ人がでてきて、例によって私はピンチに陥っていた。こういう夢をみるのは、なぜなんだろうかと考えると面白い。夢に意味などないのだろうが、脳内でどんなことになっているのか、興味ぶかい。
(19:45記)

2018年4月24日 (火)

2018年4月24日(火)

朝5時起き。6時半頃にバスで立川へ。

ツアー会社の日帰りバスツアーに参加。
高速道路を乗り継いで、茨城県の国営ひたち海浜公園と、栃木県のあしかがフラワーパークの二か所をまわる旅。

朝7時40分に立川を出発し、ひたち海浜公園では、一面に咲くネモフィラやチューリップを見て、次に、あしかがフラワーパークで、天然記念物の大藤、白藤を堪能した。それぞれ一時間半ずつの見学。あとはバスの中で、昼食もバスの中で弁当。
平日なのに、どちらもたいへんな混雑ぶりだった。週末はもっと混むという。

あいにくの雨模様だったが、楽しい日帰り小旅行だった。
自分で運転しなくてすみのは、なんと楽なことか。
(21:00記)

2018年4月23日 (月)

2018年4月23日(月)

一日中、今にも降りそうな曇天。
気温も19度と、きのうより10度近く低くなった。

昼前、外出する家人を駅まで車で送り、その足で小平の給油所へ。
小平に住んでいた頃、よく通ったセルフ・スタンド。
ここで給油とセルフ洗車。すぐに汚れてしまうのだが、あまりにも汚れていたので。

家に戻り、昼食後、2時から2時間の仕事。コンビニで買い物をして帰宅。

明日は、家人と二人で日帰りバスツアー。朝早いので、朝食用のサンドイッチを買ってきた。明日もぱっとしない天気のようで、夜は雨になりそう。
(17:30記)

2018年4月22日 (日)

2018年4月22日(日)

気温が28度まであがり、真夏のような日。家の中は、それほど暑くなく、きもちのいい天気だった。

一昨日(金曜日)の寝不足を解消するために、昨夜は早々に寝床にはいって、ぐっすり眠った。

今日は、友人のライブ(高円寺)、西川郷子さんと西村直樹さんのライブ、山崎ハコさんのライブの日だったが、どこにも行かずに家で過ごす。

コンビニで昼食に冷し中華を買い、毎日新聞(読書欄がめあて)を買う。
本をすこし読む。きのう図書館から借りてきた『シャクルトンの大漂流』という絵本は、すぐに読み終えた。読みかけの金城実・松島泰勝『琉球独立は可能か』(解放出版社)を少し。

妻の妹二人とその連れ合い、総勢6人で和食ファミレスへ行って夕食。

5月に山崎ハコさんのバースデイライブ(二日連続)がある。どうしようか迷っていたが、二日目を電話予約。会場は大塚のライブハウス。
6月には豊橋のライブにも行くので、今月から三か月連続のハコさんのライブ参加となる。これほど頻繁に通うのは、私にしては珍しい。
(19:40記)

2018年4月21日 (土)

2018年4月21日(土)

昨夜は、女子サッカーのアジアカップ決勝戦を見るため、遅くまで起きていた。
深夜2時、キックオフ。

その時刻まで寝ないで、撮りためてあった録画のひとつを見る。
池澤夏樹さんのパタゴニア紀行(池澤夏樹と世界の果て「パタゴニア 冒険の旅」)。
今年3月17日放送、BSプレミアムの番組。

72歳になる池澤さんが、夢にみていたパタゴニア訪問。日本の真裏の広大な大地。美しい映像と池澤さんの含蓄のある言葉。いい番組だった。
DVDにダビングして保存。

サッカーの試合は、なでしこジャパンがオーストラリアチームに1対0で勝利して優勝。

今日の最高気温27度を超え、真夏のような日。
家の中は涼しいが、外は暑かった。

いつものように午前7時起床。午前9時半に市内の南公園に集合して、職場の宣伝ちらし配りに参加。
10時から一時間ほどで、予定枚数を配布し終える。
この「うまかんべぇ~祭」の会場に来ていた家人とその妹と落ち合って帰宅。

団地の自治会会費を支払い、図書館2館で本の返却・借り出し。
コンビニでアイスを買ってきて食べる。それほど暑い日だった。

録画してあるもうひとつの番組をDVDにダビング。ディスクレーベルを作って印刷する。
そんなことをしているうちに、夕方になってしまった。
今夜は早く寝よう。
(16:10記)

2018年4月20日 (金)

2018年4月20日(金)

25度超えの夏日。

午前中から午後まで仕事。仕事といっても、その場でのサポートだけの4時間。

帰り道、注文してあった本を受け取りに寄った新刊書店で何気なく雑誌売り場を見ると、アイヌ特集のムック 「時空旅人別冊 今こそ知りたいアイヌ」 をみつけた。890円だったが、購入。
さして新しいことが書かれているわけでもないが、写真も豊富で、よくまとまっている。

夕食は、近くのスパゲッティ屋へ。
夕焼けがきれいだ。
(18:35記)

2018年4月19日 (木)

2018年4月19日(木)

五月晴れ。南風やや強し。
一日中、外に出ることもなく、土踏まずの日。
家で本を読んだり、ラジオを聞いたり、タブレットでネットを見たりして過ごす。

図書館から借りている、金城実・松島泰勝 著/川瀬俊治 編 『琉球独立は可能か』(解放出版社、2018年2月発行)を読んでいる。

1939年沖縄県浜比嘉島生まれの彫刻家、金城実さんは、私が敬愛する人。
ご自身の幼少時の沖縄戦体験、その後の沖縄、大阪での体験に根付いた、しっかりした思想、発言に共感する。
三分の一ほど読みすすんだ。
いい本なのでネットで注文したが、まだ出版社から取り寄せ中とのこと。
(17:00記)

2018年4月18日 (水)

2018年4月18日(水)

午前中、細かい雨。昼頃から晴れ間がみえて、天気回復。

あきる野のパン屋(スリール)までパンを買いに行き、帰り道、そば屋(いぐさ)で春らしい天ぷら付きのそばを食べる。

夕方4時頃、バスで立川へ。中央線で立川から国立へ。イベント参加。
本屋(増田書店)を覗き、ドトールで一服し、まだ時間があったので駅前の古本屋を覗く。

6時過ぎ、会場の「カフェ・れら」へ。
パレスチナ・オリーブの皆川万葉さんと、写真家の高橋美香さんのスライドトーク・イベントに参加。終了後、懇親会にも参加して、お店のカレーをいただく。

パレスチナからフェアトレードで輸入している、オリーブ石鹸を購入。

終バスのひとつ前に乗り、午後11時過ぎ帰宅。
(21:45記)

2018年4月17日 (火)

2018年4月17日(火)

暖房が恋しい、肌寒い日。最高気温16度ほど。

午前中は、家で調べ物(仕事の準備)。午後から仕事場で2時間の仕事。
さすがに暖房を入れないと寒かった。

家に帰って、メールをチェックし、夕食を食べて、風呂にはいったら、なんとなくこんな時間になった。寒かったけれど、平穏な一日。

5月12日、浦和での「星ノ飛ブ夜」(西川郷子さんのバンド)ライブに行くことにした。
「アスカタスナレコード」という、「中古・輸入CD・レコード・アートブック」の店。
前にも、古書店の店内ライブがあったが、いい感じだった。楽しみだ。
(19:50記)

2018年4月16日 (月)

2018年4月16日(月)

昨夜は、横須賀でライブを聴いてから電車とタクシーで、23時半に帰宅。
記憶に長く残りそうな、いいライブだった。

今日は薄曇り、ときどき晴れ間。なんとなく肌寒い日だった。

朝9時半、夫婦で近くの眼科医へ。近いといっても2Kmほどあり、車で行く。
二か月にいちどの定期受診。視力検査、眼圧測定、左目の視野検査を受けてから診察。とくに悪くはなっていないようだ。

薄着で行ったので、肌寒さを感じた。
その帰り、ひさしぶりにモスバーガーに寄って昼食。さらに、ユニクロでTシャツを買う。

帰宅後、室内の掃除、風呂の掃除。掃除は私の担当なので。
なんだかんだで夕方になってしまった。早めに風呂にはいり、薄手の寝間着の上にジャージを着る。

暖かかったり、肌寒かったり、この時期は天気がめまぐるしく変わる。
週末には30度近い、夏の気温になるそうだ。
(17:40記)

2018年4月15日 (日)

2018年4月15日(日)

晴れたり曇ったり。
昼過ぎに家を出て、バスと電車を乗り継ぎ、横須賀へ。
京浜急行横須賀中央駅に午後3時到着。 今回は三笠記念艦を見学。市内を彷徨し、軽く夕食をとってからライブ会場へ。
18時開場、18時半過ぎ開演。西川郷子さんのバンド「星ノ飛ブ夜」のライブは、素晴らしかった。映画館の跡をホールにした店。音の響きがよく、音楽に酔った。
帰宅途中の電車の中で。
(22:25記)

2018年4月14日 (土)

2018年4月14日(土)

南風が吹き荒れた日。

午後、近くのディーラーへ車を運び、車検前の点検と相談。新車への買い替えをすすめられるも、最低でもあと2年は乗り続けるつもり。

夕方、車で国分寺へ。北口のライブハウス「giee(ギー)」で、ママさんと相談ごとがあったので。ついでと言ってはなんだが、今夜のライブには知り合いも出演していたので、二時間ほどライブを聴いてきた。
三組出演という長いライブだったが、長居もできず、途中で失礼してきた。
(23:15記)

2018年4月13日 (金)

2018年4月13日(金)

晴れて北風が強かった。気温は19度どまり。

昼前、ブックオフへ不要になった本を売りに行った。700円にしかならなかった。
午後、2時間の仕事。お客さまのお宅を訪問。

今日も、本は読めなかった。
先日、新刊書店で購入した新書をすっかり忘れていて、同じ本を、またネット注文してしまった。
気づいてキャンセルしようとしたが、すでに時遅し。こういうことが、これまでにも何度かあった。困ったものだ。
(22:40記)

2018年4月12日 (木)

2018年4月12日(木)

おだやかな一日だった。
気温が25度近くまであがり、さわやかな風が吹いていた。

きのうの強風で埃まみれになっていたベランダ、玄関前の通路、エレベータホールを掃く。
室内掃除、布団干し。
ラジオ(いつもおTBSラジオ)を聴きながら、なんということもなく夕方になった。

借りてきてから二週間以上もたって読み終えていなかった、池澤夏樹=個人編集 日本文学全集16「宮沢賢治・中島敦」(河出書房新社)の残り20ページを読む。

図書館まで歩き、この本を返却。代わりにリクエストしてあった本を二冊借りる。
佐野洋子の対談集「ほんとのこと言えば?」(河出書房新社)と、金城実・松島泰勝「琉球独立は可能か」(解放出版社・2018/2/11発行)。
他にも図書館から借りている本が二冊ある。

図書館への往復の途上、春の花々をタブレットで撮る。
八重の桜、ハナミズキが満開。フジも咲いている。住棟の前のシモクレン(この樹は花の咲くのが遅い)や、ドウダンツツジ、ツツジ、シャクナゲなど。

外出していた家人の帰りを待って、ひさしぶりに近くのとんかつ屋へ。
帰りに文房具屋に寄る。

車のウィンドウが埃まみれ。洗車してもすぐに汚れるので、そのままにしてある。
(20:30記)

2018年4月11日 (水)

2018年4月11日(水)

朝から春の嵐。風速10メートル近くの南風。

午前中、コンビニで振り込み、図書館2館をまわって返却と借り出し。
東村山富士見図書館近辺の、街路樹のハナミズキがきれいだった。

午後、2時間ほど仕事。仕事場の青空駐車場(砂利)では、砂埃が舞い上がっていた。
ここは砂漠か?

図書館にリクエストしてあって、まだ届いていない本を2冊、キャンセル。そんなにいっぺんに読めるものでもないので。

明日は完全オフの予定。
あさって、また仕事がはいってしまった。その翌日は国分寺のライブハウスへ。そして、日曜日は、横須賀まで西川郷子さんのバンド「星ノ飛ブ夜」を聴きに遠征する。
来週水曜日、国立へイベント参加に。
なかなか家で落ち着ける時間がない。
(19:30記)

2018年4月10日 (火)

2018年4月10日(火)

今日も春らしい陽気。南風がやや強かった。

午前中、夫婦で小平の歯科医へ。二か月に一度の定期健診。
歯の清掃、チェックをしてもらって、すっきりした。
もっと若い頃からやっておけばよかったと、今さら後悔している。

昼食後、さてゆっくりしようと思っていたら、仕事の依頼。
お客さんの家を訪問して、1時間ちょっとの仕事。
急な依頼だったが、お客さんの困りごとが解決できてよかった。

今日も本は読めそうもない。
そうこうしているうちに、新刊書やら、図書館リクエスト本が届いているという通知。明日、受け取ってこよう。
(20:05記)

2018年4月 9日 (月)

2018年4月9日(月)

今日も、本は一行も読めず。

大相撲、レスリングに続いて、サッカー日本代表でも騒ぎが起きている。とつぜんの監督解任。日夜、テレビの報道番組やワイドショーが大騒ぎしているが、私には関係ないこと。

陸上自衛隊の日報隠匿問題やら、森友・加計問題も、見ていていらだたしい。
今日の早朝には、島根で大きな地震。いろんなニュースが耳にはいってくる。

一日、パソコンに向かって過ごす。連絡事項のやりとりやら、何やら。
昼間、わりと近くの、家人の妹宅まで車で送迎。
街路樹のハナミズキが満開、きれいだった。
帰りに小平の角上魚類で買い物。

明日は歯科の定期健診。
図書館にリクエストしておいた本が届き、新刊書店にも注文書籍が届いている。
読むのが追いつかない。困ったものだ。
(20:25記)

2018年4月 8日 (日)

2018年4月8日(日)

今日も春らしい陽気だったが、夜になって冷え込んできた。家の中は、もちろん暖房不要。

金曜の夜、寝不足だったので、昨夜はたっぷり睡眠をとって、すっきりした。
やはり寝不足はよくない。

6月30日、豊橋での山崎ハコさんのライブに、夫婦で行ってみることにした。
豊橋なら新幹線で往復する方が楽だし、ホテル宿泊とのパックで、割安料金でパック旅行の予約もできた。
なんだか、遠征・追っかけのクセがついたようで、われながら可笑しい。

午後、近所に住む家人の妹が訪ねてきた。夜は、妹夫婦と中華料理(といっても、バーミヤンだが)へ。
明日は、ひさしぶりに外出の用事がない。すこし本を読みたい。図書館から借りている本を、なかなか読み終えない。
(21:55記)

2018年4月 7日 (土)

2018年4月7日(土)

昨夜というか、今日の早朝2時から1時間半ぐらいしか眠っていなくて、睡眠不足。
前橋から、途中休憩をじゅうぶんにとりながら、とはいえ、よく無事で帰ってこられたものだ。

以前から予定していた狛江「M.A.P.」でのイベントに出かけた。
午後2時半頃、家を出て、バスで立川まで。立川から南武線と小田急線を乗り継いで、喜多見駅。会場午後4時半、開演5時。
フォトジャーナリストの高橋美香さんの「パレスチナ帰国報告会」。
20人ほど集まっていた。

前半1時間ほど、主催者の高山正樹さんの「パレスチナ入門」レクチャー。その後、高橋美香さんのスライドトークと質疑応答で2時間半ほど。午後8時半終了。
寝不足の頭では、ところどころぼうっとなってしまった。懇親会には参加せずに帰宅。

夜風が冷たくて、体が冷えた。
風邪をぶり返さないようにしなくては。
(23:15記)

2018年4月6日(金)

きのうのこと。

前橋の「テルサ」で開かれた山崎ハコさんと安田裕美さん(ギター)のコンサートへ。
会場近くのホテルに泊まることにして、自宅から車で出かけた。

自宅を朝早く出発。圏央道から関越自動車道。前橋インターの手前、高崎玉村スマートICで高速をおりて、博物館に寄る。

事前に調べた地図とカーナビを頼りに、まずは、県立歴史博物館へ。
こぎれいな建物で、隣りが美術館。一帯が公園になっていて、きもちがよかった。
はじめて行く博物館だったが、常設展示に工夫が凝らされていて、なかなかのもの。

次に、近くの高崎市歴史民俗資料館へ。
こちらは、博物館とちがい、雑多な民俗資料が多数展示されていて、見どころ満載。
昔の役場、その後、学校として使われていたという木造二階建ての建物も、味があった。
この手の資料館の薄暗さを予想していたが、ここは、採光もよく、すばらしいコレクションだった。寄ってみて、よかった。

前橋のホテルのチェックインには早かったので、市営駐車場に車を置いて、萩原朔太郎記念館と前橋文学館を見学し、その周辺を歩いた。文学館は、これまたよく工夫された展示だった。前橋の街並みは、いい。はじめて歩いたが、すっかり気に入った。

コンサートは、午後5時半開場、6時半開演。
500人ほどはいるホールが、7割方埋まっていただろうか。
ネット販売していなかったので、チケットは手売り。スタッフ(ハコさんのファン)の苦労に頭がさがる。

いいコンサートだった。詳しいことは、まだ興奮の余韻が残っていて書けないのだが、これまでに聴いたホールのコンサートの中で、これほど熱いライブはなかったと思うほど。

終演後、ハコさん、安田さんと、ファン及びスタッフでの打ち上げ。参加させてもらった。
翌日(つまり、今日)が、ちょうど安田さんの誕生日ということもあって、おおいに盛りあがった。会場撤収などの事情から、午後10時過ぎに始まり、2時間ほど。

その後、ファンとスタッフ(これもファンの有志)だけで、二次会。誘われるまま居酒屋で。16人も参加。深夜2時までお付き合いし、まだ続ける人たちと別れて、ホテルへ。一次会、二次会と、たくさん食べて満腹。

今回、会場でのサイン会や、打ち上げの場で、ハコさんと安田さんの写真をタブレットでたくさん撮らせてもらった。いつも、ライブが終わると早々に退散していたので、今回は貴重な機会だった。それも、うれしい。

ホテルに帰って少し眠ったが、早朝、目が覚めてしまい、そのまま起きていた。
ここからは、今日の日記につながる。

ホテルでバイキング形式の朝食をとり(昨夜、たくさん食べたわりには、食欲旺盛だった)、午前8時過ぎにホテルの駐車場を出発。高速道路を使って午前11時過ぎに無事帰宅。
途中、サービスエリアで休憩をたっぷりとったので、実質2時間ぐらいの走行だったろうか。往復210キロほどだった。
前橋も、思ったより近いことを知った。
(4/7 12:45記)

2018年4月 5日 (木)

2018年4月5日(木)

朝、車で家人を立川まで送り、その足で給油。明日の高速道路走行に備えて空気圧のチェック。洗車もしたかったが、30分ほど待つというのでやめた。

帰宅後、室内と風呂の掃除。明日から一泊で前橋までの小旅行。受け持ちの家事を済ます。

前橋の博物館や道路をネットで調べる。カーナビにも、行きたいところを目的地セット。
明日は早めに家を出て、関越自動車道へ向かうつもり。前橋のホールで山崎ハコさんのコンサート。

ずっと中断していた本、池澤夏樹個人編集「日本文学全集16」所収の中島敦の小説を読む。
土曜日に図書館で借りてきた「KAWADE 道の手帖 中島敦」というムックに、池澤夏樹さんが一文を寄せている。池澤さんが、自身の個人編集で宮沢賢治と中島敦に一巻をあてた理由がわかった気がする。
(18:35記)

2018年4月 4日 (水)

2018年4月4日(水)

三日前に片づけた灯油ストーブ。
納戸に入れておいたのだが、納戸を開けると灯油臭い。

片づけるとき、ビニール袋をかぶせて底面にテープを貼る際、大胆にもストーブを引っくり返したのがいけなかった。残っていた灯油が芯からあふれたようだ。かぶせてあったビニール袋の内側に灯油がべったり付いていた。

午前中、袋からストーブを出して袋を乾かす。暑いのに、灯油の残っていたストーブに点火して芯も乾かす。あらためて梱包、収納。臭わなくなった。やれやれ。

昼前、車で家を出て、あきる野へ。いつものパン屋でパンを仕入れ、少し先の蕎麦屋「加賀屋」へ。この店で蕎麦を食べるのは、ひさしぶりだ。
窓から、山桜やミツバツツジを眺めながら、山芋と卵をつなぎに使った独特の蕎麦をいただく。ちょうど昼どきで、平日なのに店は混んでいた。

帰りに、五日市街道沿いのスーパーで買い物。午後3時頃、帰宅。

暑い日だった。当地の最高気温は26度を超えて、夏日。
五日市街道のあきる野あたりは、街路樹のハナミズキが咲きはじめていた。白や薄紅色のハナミズキの花は、若葉とまじって目に優しい。
いい季節になった。
(18:50記)

2018年4月 3日 (火)

2018年4月3日(火)

今日も春らしい陽気。

午前中、仕事の月例会議。
帰宅後、仕事がらみのちらし作成。半日を費やす。

今日あたり、時間ができるはずだったので、中断している本でも読もうと思っていたのだが、人生ままならぬ。

明日は、あきる野のパン屋まで車で出かける予定。
金曜日、土曜日と前橋まで山崎ハコさんのライブに行く。それまでの空き時間は読書にあてたいな。

ソメイヨシノが葉桜になってきて、新緑の季節。春の花木も今が盛り。いい季節だ。
(20:00記)

2018年4月 2日 (月)

2018年4月2日(月)

午前中、手続きのため市役所へ。
帰宅後、友人から依頼されていたウェブサイトの更新。古本市の前に依頼されていたものが、今日になってしまった。今月から来月にかけてのライブ予定5本をアップ。

その後、古本市の写真を編集、アルバムにして、小平の友の会メンバーにメールで送る。

夕方、ひさしぶりに小金井の日帰り温泉へ。ひと月半ぶりの散髪で、すっきりした。
夕食は、温泉の食堂で。
(21:00記)

2018年4月 1日 (日)

2018年4月1日(日)

春らしい陽気になった。

灯油ストーブとファンヒーターを片づけて、すっきりした。
風呂の掃除。ひさしぶりに風呂釜洗浄剤を使ってきれいになった。

午後、市内の市民センターでの集まりに参加。市立図書館の2つの地区館に指定管理を導入しようという行政側の動きについて、図書館協議会に諮問があり、その答申が2月に出た。今日は、その答申内容の確認。学芸大の山口源次郎氏が助言者として参加。有意義な話が聞けた。

会場近くのスーパーの駐車場に車をとめさせてもらおうと、入ってみると有料のパーキングに変わっていた。スーパーで買い物をして、一時間だけ無料のサービスを受ける。こんなことなら、自転車で行けばよかった。

行きがけ、図書館で予約の本を受け取り、新刊書店で注文してあった本を受け取る。ついでに、隣りのブックオフをのぞいて、中古CDを買う。カーペンターズの2枚組と、アンネ=ゾフィー・ムター(ヴァイオリンと指揮)のヴィヴァルディ「四季」。こちらは盤面に傷があるとかで200円引き。得した気分。

帰宅後、仕事先の会議のレジュメを作ってメール送信。クラウド(Googleドライブ)の写真の整理。なぜか、同じ写真が複数アップされていたので、せっせと削除していたら、こんな時間になってしまった。

明日は、ひさしぶりに日帰り温泉で散髪でもしてこようと思う。
(21:55記)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Facebook

Twitter

  • 気まぐれにツィートしています よろしければFollowを
無料ブログはココログ