« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月29日 (金)

2018年6月29日(金)

関東甲信地方の梅雨明け発表。
1951年以降の統計史上で最も早い。
まだ6月だというのに。

気温32度。
朝から強い南風の吹く一日だった。
まるで、真夏。

朝、住棟の掃除当番で掃き掃除をするも、あっという間に落ち葉の吹き溜まりができて、あきらめる。

午後、相模原の義姉の家へ。
生協の品物受け取り。
夜、帰宅。

昨夜、ワールドカップの日本第3戦(対ポーランド)を見る。
0対1で敗戦したが、同率同順位のセネガルがコロンビアに負けたため、勝ち点4で並び、フェアープレイポイント(累積警告数)の差で、なんとかグループ2位になり、決勝トーナメント進出が決まった。

試合終了前の残り15分頃から、日本は攻めるのやめて最終ラインでパスをまわす。
セネガルの敗退を見越しての作戦だったが、見ていてフラストレーションが溜まるものだった。
まちがって、残り時間にセネガルが得点したら、アウトだった。
西野監督の選択に、試合後、批判が殺到したが、決勝トーナメント進出のためには仕方がなかったと思う。
トーナメントの初戦相手は、ベルギー。
7月3日の早朝3時から。

明日、あさっては、豊橋で一泊。
山崎ハコさんのコンサートへ夫婦で。
(20:40記)

2018年6月28日 (木)

2018年6月28日(木)

朝から曇天。
気温32度、南風も吹いて、蒸し暑い日。

午前中、市役所で手続きの用事があり、庁舎で販売していたブルーベリーを買う。
今シーズンの初物。

午後、近所に住む義妹が、ブルーベリーとさくらんぼを持ってきてくれた。
ブルーベリー園で手伝いの仕事をしていて、そのお土産。

さくらんぼにしろ、ブルーベリーにしろ、季節の果物はうれしい。
きのう、農家で買ってきたとうもろこしも、おいしかった。

今夜11時から、いよいよワールドカップの日本チーム、グループリーグの最終戦。
勝つか引き分けで、決勝トーナメント進出が決まる試合。
相手はポーランド(予選敗退が決まっている)だが、さて、どうなるのか楽しみだ。

午後は、BSで昨夜から今朝にかけての試合の録画放送を見た。
韓国がドイツに買った試合と、スウェーデン対メキシコの試合。
試合結果がわかっていても、世界レベルの試合は見応えがあったな。

夕刻になっても気温・室温が下がらず、扇風機・サーキュレーター・冷風扇がフル稼働。
真夏の暑さだ。
(18:20記)

2018年6月27日 (水)

2018年6月27日(水)

南風強く、最高気温32度と、真夏の暑さ。

朝から夕方まで仕事。

帰り道、農家の販売所に寄ってピーマンととうもろこしを買う。

帰って来ると、エレベーターホールに枯葉が吹き溜まっていた。
今週は住棟の掃除当番なので、荷物を家に置いてきてから、あらためて掃除に下りる。

室内は、扇風機とサーキュレーターがフル稼働。
まだ6月だというのに、この暑さはどうしたことか。
今日あたりは冷房が必要か。
(17:25記)

2018年6月26日 (火)

2018年6月26日(火)

今日も30度、蒸し暑い。

昼前、小平の日帰り温泉へ行って、散髪。
温泉に浸かって、昼食をとる。

扇風機に加えて冷風扇も出す。
家の中は、外の熱気に比べると涼しく感じるが、ずっといると蒸す。
室内の温度計も30度を指したまま。

温泉に持っていく本として、少し前に買った新書を選ぶ。
読みかけの分厚い本と並行して読んでいくことにした。
『絶滅の人類史 なぜ「私たち」が生き延びたのか』(NHK出版新書、2018年1月)。

明日は、ひさしぶりの仕事。
(18:00記)

2018年6月25日 (月)

2018年6月25日(月)

深夜0時からのワールドカップ、対セネガル戦を見て、今日は寝不足気味。

点を取られて、取り返して、の繰り返しで、面白かった。
2対2の引き分け。
2点目、本田のゴールシーンに快哉を叫ぶ。

6時半に起きて掃除当番に出るも、すでに他の人が済ませてくれていた。

昼間、うたた寝をする。
今日から分厚い本を読みはじめる。
『コレクション 戦争×文学 日中戦争』(集英社、752ページ)。
このシリーズ、発売されたときに全巻を買い揃え、本棚にしまってあった。
20巻+別巻。

朝から晴れて、気温が32度まであがった。
まるで梅雨が明けたような夏の天気。
明日から30度超えの真夏日が続く模様。

きのうの日記を書いた後で、外を見ると西の空が異様な夕焼けだった。
今日も、きのうほどではないが、夕焼けになりそう。
(18:20記)

2018年6月24日 (日)

2018年6月24日(日)

きもちよく晴れた日。
最高気温27度。すこし蒸す。

室内掃除。
自転車で近くの農家の販売所へ行き、野菜を買う。
道端の紫陽花がきれいだ。

ずっと中断していた新潮文庫のアンソロジー「日本文学100年の名作 第4巻 1944-1953」を、やっと読了。
今日は、なんだか目がしょぼしょぼする。

農家で買ってきたとうもろこしを一本、食べた。

今夜は、ワールドカップの日本代表のグループステージ第2戦。
対戦相手のセネガルは強敵だが、観戦が楽しみだ。
深夜0時から。
(16:30記)

2018年6月23日 (土)

2018年6月23日(土)

曇りのち雨。
気温24度と涼しく、長袖で過ごす。

朝9時前にバスで立川へ。
ひさしぶりに映画館で邦画を見る。
評判の「万引き家族」。
開場前のシネコンで、切符を買う人の行列に並ぶ。
10時20分からの上映。

血縁関係のない5人が暮らす”疑似家族”に、あらたに幼女が加わり、ドラマが展開する。
家族を超えた人と人との”絆”が描かれ、なんともいえない人間の温かみに、涙が出そうになった。
是枝監督の手腕、出演俳優の演技と存在感に感銘を受ける。
いい映画だった。

夜、国分寺駅北口のライブハウス「giee」まで車で。
西川郷子さんのバンド「星ノ飛ブ夜」のライブ。
19:30から休憩をはさんで2時間ほど。

たくさんお客さんが入って、よかった。
音がよく聴こえて(関根真理さんのパーカッションの細かい音まで)、密度の濃いライブだった。
(23:00記)

2018年6月22日 (金)

2018年6月22日(金)

最高気温29度、夏のような暑さ。

朝、家人を立川まで車で送る。
帰り道、市の施設二か所をまわって、置いてもらっているポスターとちらしの延長申請。
図書館で、借りていた本の返却。

帰宅後、押入れの天袋にしまったあった扇風機を出す。
押入れの構造上、けっこうたいへんな作業。
ついでに、押入れ下部のプラスチック・ケースをどけて、溜まっていた綿埃の掃除。
なんだかんだで一時間ほどかかった。

今日は誕生日。
フェイスブックにたくさんのお祝いメッセージが届いていた。
ひとつひとつに、お礼のコメントを入れる。

山崎ハコさんの歌「私が生まれた日」を聴く。
歳をとると誕生日も嬉しくないという人もいるけれど、そんなことはない。
また一年、なんとか生きながらえたことに感謝し、思いをあらたにする日。
もうこの世にいない母に、ありがとうと言いたくて、仏壇に線香をあげる。

家人が帰宅し、夕食は車で5キロほど離れた五日市街道沿いのパスタ屋へ行く。
誕生祝のサービス券(はがき)が届いていたので、これを使って、ささやかなお祝いの食事。

さて、今夜も9時からのサッカーの試合を見ようか。
ブラジル対コスタリカ戦。
(20:50記)

2018年6月21日 (木)

2018年6月21日(木)

夏至の今日も梅雨空、梅雨寒。

読み続けていた本、金子遊『混血列島論』をようやく読み終えた。
ずっと中断していた文庫、『日本文学100年の名作 第4巻』の続きを読みはじめる。

午後、近くの眼科医へ。
二か月に一度の診察。眼圧は特に悪くなっていない。

連日のワールドカップ、いちばん早い放映時間帯が午後9時から。
その後、深夜0時、3時という試合開始時刻なので、毎晩、一試合目しか見られないのが残念。
これほど一生懸命見たことはないかもしれない。

明日は、ようやく夏の陽射しが戻ってくるようだ。
西日本では豪雨の被害が。
(17:10記)

2018年6月20日 (水)

2018年6月20日(水)

一日中、雨。

昨夜9時からのワールドカップ、対コロンビア戦は面白かった。
開始早々、コロンビア守備陣のファウル(ハンド)でレッドカードが出て驚く。
PKを香川が決めて1点先取。
前半終了間際にフリーキックで同点にされたが、後半にコーナーキックから大迫がきれいに決めて勝ち越し。
終了までヒヤヒヤしなが見ていたが、勝ちを決めて嬉しかった。
今日は朝からこの勝利の話題でもちきり。

開始早々、相手チームが一人少なかったことで、ラッキーな勝利だった。
残り二試合。
もう一勝しないと決勝トーナメントに進むのは無理なので、まだまだわからない。

今日は、昨日できなかった室内掃除。
昼前、スーパーで買い物。
家を出るときは強い雨だったが、帰りは小雨。

ディーラーから連絡があり、先週木曜日に終わった車検の車検証が届いたので、受け取りに行き、車のシールを貼ってもらった。

夕方になって空が明るくなってきた。
明日は曇り、あさっては晴れる予報。
(16:10記)

2018年6月19日 (火)

2018年6月19日(火)

ひさしぶりに青空。
最高気温28度。

午前中、小平の歯科医で定期健診。
針の先ほどの虫歯がみつかり、近いうちに治療することになった。
今日やってくれるとよかったのだが、担当医の都合で。

帰り道、地元の新刊書店で注文してあったCDを受け取る。
山崎ハコさんのニュー・アルバム。
阿久悠の未発表詩をハコさんが曲にした「横浜から」という8曲入りのミニ・アルバムだ。
ジャケットの絵が上村一夫で、すてきなアルバム。

今夜はワールドカップの日本対コロンビア戦を見る。
(18:20記)

2018年6月18日 (月)

2018年6月18日(月)

今朝8時前、ネットで大きな地震の速報を見る。
すぐにテレビをつけると、大阪で最大震度6弱の地震。マグニチュード5.9(その後の発表で6.1に修正された)。

時間が経つにつれて被害が続々と報道されている。ずっとテレビに釘付け。
ブロック塀が倒壊して下敷きになるなど、亡くなった人もいる。
銭湯の煙突が折れたり、道路が陥没したりと、直下型地震の怖さを痛感。

京都に住む弟一家に携帯メールを入れたが、被害はなかった模様。

午前中、眼科医に行っていた家人の診察が長引き(混んでいたらしい)、車で迎えに行った。

今月末、豊橋へ一泊で行く。往復の新幹線チケットとホテル宿泊券が届いた。

昼過ぎから小雨。
今日も曇天、外は肌寒いが室内は蒸し暑い。
最高気温21度。
(18:15記)

2018年6月17日 (日)

2018年6月17日(日)

先週、雨のため延期になった団地住棟の草取り。
朝7時から一時間ほど、住棟の人たちといっしょに作業。
暑くなくてよかった。

一日中、曇り空だったが、日中、薄日が射した。

団地で不要自転車を無料回収するというので、ボロボロになった自転車を出し、代わりに新しい自転車を購入することにした。
自宅から1キロほどのところにある自転車店まで、家人と二人で歩いて行く。

スポーツタイプにしようと思ったが、家人が乗ることを考えると、普通のママチャリの方がいいと考え直す。三段変速車で手頃なものにした。

すぐに引き渡しできないということで(整備するため)、いったん帰宅。
不要自転車も引き取ってもらえるというので、それに乗って受け取りに行った。

これまで乗っていたボロ自転車は、買ってから30年ぐらいになるはず。
手入れもしていなかったため、すっかり錆びついて、チェーンもゆるくなっていた。
新車は軽快だ。

自転車店からの帰り道、果物専門店でさくらんぼを買う。
2パックで1000円。うまい。

午後3時半頃、地震があった。
ズドンと突き上げるような振動の後、ガタガタと揺れた。
震源地の群馬では震度5弱という、わりと大きな地震。
ここは震度2程度だったが、いやな感じの揺れだった。

このところ千葉での「スロースリップ」現象が報告されている。
千葉で震度4程度の地震が頻発。
大きな地震が心配だ。
(19:15記)

2018年6月16日 (土)

2018年6月16日(土)

雨こそ降らなかったものの、曇天で肌寒い一日だった。

午後、バスと電車を乗り継いで、世田谷線の松陰神社前へ。
西川郷子さんと西村直樹さん(ベース奏者)のアンプラグド・ライブ。
このユニットは二人の名前(西西)から「歌弦萬西西屋」という。

だいぶん早く松陰神社前駅に着いた。

松陰神社の境内を見学し、松陰神社通り商店街を歩いた。
この商店街、昔からの店と、あたらしい小洒落た店が混在していて面白い。
線路の南側に「nostos books」という、きれいな書店があったので入ってみた。
ちょうど上村一夫原画展が開催されていた。
書棚には、高価な美術書類が並んでいた。どうやら古書店のようだが、洒落た店だった。

今夜のライブ会場「ビリケンカフェ」は、20人も入れば満席になる小ぢんまりとしたお店。
間近で聴く郷子さんの澄んだ歌声と、生のウッドベースがからみあう音楽に、うっとりした。

午後6時開場、6時半から休憩をはさんで8時20分頃までのライブ。
オリジナル曲、カヴァー曲とりまぜた、すばらしい演奏に満足。
満ち足りた気持ちで帰宅した。

来週土曜日(23日)は、国分寺「giee(ギー)」で、郷子さんのバンド「星ノ飛ブ夜」のライブ。
そして再来週の土曜日(30日)は、豊橋で山崎ハコさんのライブと、三週連続のライブ観戦。
(23:35記)

2018年6月15日 (金)

2018年6月15日(金)

肌寒い雨の日。
長袖シャツを羽織る。
最高気温22度。

朝から午後3時過ぎまで仕事。
帰りに買い物。

車検で付けてもらったドライブレコーダーのメモリカードを抜いて、PCに再生ソフトを入れ、見てみる。
映像はカラーで社内の音声も記録されており、ドライブの記録としても役立ちそうだ。
8GBのマイクロSDカードでは、2時間半までしか録画できず、上書きになるため、もう少し容量の大きなメモリカードに替えようと思う。

きのうから、男子サッカーのワールドカップが始まっている。
中継時間帯が夜遅くなので、あまり見られないのが残念。

明日の夜は、西川郷子さんと西村直樹さんのライブに行くつもり。
世田谷、松陰神社前の「ビリケンカフェ」。はじめて行く店。
近くに世田谷区立図書館がある。
区民以外でも貸出カードが作れるという、ありがたい図書館。
早めに行って覗いてみようか。

ずっとシャワーで済ませてきたが、ひさしぶりに浴槽にお湯を張った。
(18:55記)

2018年6月14日 (木)

2018年6月14日(木)

曇って肌寒い日。最高気温24度。

家でラジオを聴いたり本を読んで過ごす。
昼食は、きのうと同じ、とうもろこし半分。
気になっていた風呂場の黴取り。重曹を使って。

夕方、きのう車検に出した車を受け取りに行く。
タイヤを交換し、ドライブレコーダーを取り付けてもらった。

夕食は、ひさしぶりに回転寿司でぜいたくをした。

明日は雨。21度までしか上がらないようだ。
(19:15記)

2018年6月13日 (水)

2018年6月13日(水)

晴れて、さわやかな天気。
気温がやや高いものの(27度)、北寄りの風が涼しい。

昨夜のことだが、夜10時からサッカーの強化試合をテレビで観戦。ひさしぶりの日本代表チームの勝利に、留飲を下げる。メンバーを大幅に入れ替えて、戦い方も変えたように見えた。気分がいい。
本番のワールドカップで、どこまでやれるだろうか。

今日はすぐ近くのディーラーに車を運び、車検に出した。明日の夕方まで。

自転車で、近くの農家の販売所へ行き、今シーズン初物のとうもろこしを4本買う。一本二百円也。
野火止用水沿いの紫陽花を写真に撮りながら帰ってきた。

とうもろこしを電子レンジで温めて、さっそく食べてみる。
実がつまっていて、おいしい。これが昼食になってしまった。その後、バナナを一本食べた。

苦労して読んでいた新潮文庫の石川達三『武漢作戦』(「生きている兵隊」に収録)は、半分ぐらいまで読んだところで、とうとう投げ出した。今日、図書館に返却。

数日前に図書館に届いた興味深い本を今日から読みはじめた。
金子遊著『混血列島論 ポスト民俗学の試み』(フィルムアート社、2018年3月)。
これが、わくわくするような面白さ。
著者は学者ではなく、映像作家らしい。どうりで出版社がフィルムアート社なわけだ。
『辺境のフォークロア ポスト・コロニアル時代の自然の思考』(河出書房新社、2015年)という本も出しているようだ。そのうち読んでみたい。
(17:15記)

2018年6月12日 (火)

2018年6月12日(火)

台風が通り過ぎたが、はっきりしない天気。
午後には小雨。
夕方、本降りになったが、明日には回復しそうだ。

テレビでは、シンガポールで開催された米朝首脳会談の報道がにぎやか。
東アジアの情勢が大きく動き出したことは確かだろう。

午前中、車で買い物。
いったん家に帰り、出直して、近所に開店した味噌ラーメン専門店で昼食。
郵便局に寄り、東久留米の義妹の家へ届け物。

夜、サッカー日本代表のワールドカップ開幕前最後の強化試合(対パラグアイ戦)を見るつもり。どこまで戦えるのか。
(20:15記)

2018年6月11日 (月)

2018年6月11日(月)

台風5号が南岸を通過している。
その影響で、朝から雨。
気温20度だが、窓も開けられず家の中は蒸し暑い。

ごみ出しをきのうのうちに済ませて、今朝は8時過ぎまでゆっくり寝ていた。
一歩も外に出ないで、本を読んで過ごす。

石川達三『生きている兵隊 伏字復刻版』(中公文庫)を、ようやく読み終えた。
図書館から借りている新潮文庫版は活字が小さく、中公文庫版に乗り換えて読んでいた。
新潮文庫には、もう一篇「武漢作戦」(180ページほど)が収録されている。引き続きこれを読んでいる。が、活字が小さすぎて目が疲れる。
中公は10ポ、身長は7ポか。この違いは大きい。

明日は雨もあがって、30度近くになるようだ。
(16:40記)

2018年6月10日 (日)

2018年6月10日(日)

台風5号接近の影響で、朝から小雨。

今朝7時から予定されていた住棟の草取り作業は、来週に延期。
今のところは弱い雨だが、だんだん強くなりそうだ。

小雨のなか、車で買い物。
近所の農家の販売所で野菜を買い、図書館に寄ってリクエストしてあった本を受け取る。
金子遊著『混血列島論 ポスト民俗学の試み』(フィルムアート社、2018年3月)。リクエストしたら購入・所蔵してくれた。興味深い本だ。
これまでに何冊もリクエストして入れてもらった。図書館は、ありがたい。

調べ物をしたり、本を読んだり(石川達三『生きている兵隊』)。
近くの家電店で、タブレット用の長いUSBケーブルを買う。
PCに繋いでミラーリングし、さらに大きなモニターに表示するため。仕事で使う。
ミラーリング・ソフト(無料版)で、いいものがなかなか見つからない。

明日は一日中雨になりそうだ。
(17:15記)

2018年6月 9日 (土)

2018年6月9日(土)

きのうの深夜というか今日の早朝、午前2時から4時頃まで、テレビでサッカー日本代表の強化試合(対スイス戦)を見ていたため、今日は寝不足。

気温が30度近くまであがって、真夏のような日だった。
蒸し暑かった。

午前10時前、家人を立川まで車で送る。
明日から台風が近づいて天気が崩れそう。今日は貴重な晴れ間だったので布団を干す。

立川からの帰り道、新刊書店で本を受け取り、もう一冊、PC関係の参考書を購入。
家電店でプリンターのインクを買う。6色セットが6,000円もする。

帰宅後、調べ物。
夕方、ラジオを聴きながら横になっていたら、いつの間にか眠ってしまった。
おかげで、少しすっきりした。

夜になっても家の中は蒸し暑い。
サーキュレーターがフル稼働。エアコンはまだ入れない。
(19:05記)

2018年6月 8日 (金)

2018年6月8日(金)

真夏のように暑い。
29度まであがって湿度も高く、南風。

朝、立川に出かける家人を車で送り、帰り道、買い物。

昼食、今シーズンはじめての冷やし中華を作る。
先日、近くの農家で買ったロメインレタスと、きゅうり、トマト、焼き豚、ゆで卵を使う。
ロメインレタスは、ふつうのレタスよりも栄養価が高いらしい。

Instagramで、できあがった冷やし中華の写真を撮影、アップしてみた。

きのう図書館から借りてきた、川田稔著『昭和陸軍の軌跡』中公文庫は、ざっと見ただけで返却。将軍や参謀本部などの指導部からマクロの視点で書かれた歴史よりも、今はミクロの兵士の視点から書かれたものを読みたい気分。

昨夜から、石川達三『生きている兵隊』を読みはじめた。
フィクションではあるが、体験に根ざした戦場の実態が描かれていて、リアリティーがある。

夕食後、車で国分寺のライブハウス「クラスタ」へ。
小樽からライブツアーでこちらに来ている浜田隆史さんのソロライブを聴く。
すばらしいラグタイム・ギター演奏に酔う。
(23:10記)

2018年6月 7日 (木)

2018年6月7日(木)

夏空が広がった日。
気温28度超えだったが、湿度が低く、さわやかな南風。

朝方、きのう書き忘れたブログ日記を書く。

昼前まで、タブレットでInstagramの勉強。
仕事でスマホ・タブレットのアプリ操作を知る必要がでてきた。
Facebook、Twitterは日常的に使っているし、LINEもある程度わかったので、ほとんど自分では使わないインスタの操作を理解するため。

昼食後、車で小平中央図書館へ。
小平図書館友の会の月例役員会に出席。2時間の会議。

行きがけに、近くの図書館に寄って、予約本(石川達三『生きている兵隊』新潮文庫)を受け取り、ついでに旧日本陸軍関係の新書を借りる(川田稔『昭和陸軍の軌跡』中公文庫)。

小平からの帰り道、青梅街道沿いの古本屋「古本市場」を覗いてみたが、めぼしい本はなかった。人気のない本が一冊80円という価格に驚く。
(18:35記)

2018年6月6日(水)

きのう(6/6)も、ブログ日記を書くのを忘れてしまった。
これは、きのうの日記。

梅雨入り宣言が出て、終日、雨。

昼前に車であきる野へ向かい、いつものパン屋と蕎麦屋へ。
平日で天気も悪いのに、蕎麦屋の駐車場が満車で、何度か通り過ぎ、コンビニで時間つぶしをした後、なんとか駐車できた。

ひさしぶりに電源を入れてみたWindows10のPCに、Microsoftから大型アップデート(バージョン1803)が届いていた。
このバージョン、あちこちで不具合が報告されているので、どうしようか迷ったが、やってみることにした。

夕方から始めて、就寝時になってもインストールが終わらなかったため、そのままにしておいた。
今朝(6/7)、起きてみたら、インストールが終わっていて、最後の更新再起動待ちだった。
ここは更新せず、そのままにしておくことに。
中途半端だが、もうしばらく今のバージョン(1709)のまま様子を見ようと思う。
(6/7 9:25記)

2018年6月 5日 (火)

2018年6月5日(火)

28度の夏日。南風。

午前中、仕事場で定例会議。
帰宅して昼食後、買い物と図書館。
隣接市の東村山富士見図書館で、予約してあった本を受け取る。

『外国人の見た日本軍の暴行 ―実録・南京大虐殺―』(ティンバリイ著、評伝社、1982年)。
著者の正しい名前は”H.J.Timperley”(ティンパーリー)。
日本軍の南京占領当時、中国に駐在していた英国マンチェスター・ガーディアン紙の特派員で、当時の国民党中央宣伝部の意向を受けて、日本軍の”暴行”を告発した人物。

先日読んだ『「南京事件」の探求 その実像を求めて』(北村稔、文春新書、2001年)のなかで、この人の書いた”WHAT WAR MEANS”が詳しく取りあげられていた。

借りてきた翻訳書は”訳者不詳”となっていて、いかにも怪しげだが、参考までに読んでみようと思う。

午後は、家で本を読んで過ごす。
きのうの日記にも書いた、笠原十九司(かさはら・とくし)『「百人斬り競争」と南京事件 史実の解明から歴史対話へ』(青木書店、2008年)。三分の二まで読み進んだ。

明日から梅雨のぐずついた天気になりそうだ。
(18:25記)

2018年6月 4日 (月)

2018年6月4日(月)

真夏のような日。30度近くまで気温があがった。
この好天は明日までのようだ。いよいよ梅雨。

土曜日の山歩きの後の筋肉痛も、だいぶんおさまってきた。

昼前に近くの郵便局とコンビニに出かけただけで、ほとんど家で過ごす。

昨夜、読みかけの新書を読了。南京事件関連。
図書館から借りている単行本にとりかかる。
笠原十九司(かさはら・とくし)の『「百人斬り競争」と南京事件 史実の解明から歴史対話へ』(青木書店、2008年)。
例の「百人斬り競争」のような日本軍将兵による残虐行為が、たぶんたくさんあったのだろう、と思わせる内容。
当時の新聞記事が多数掲載されていて、読んでいて気持ちが悪くなってくる。
先日読んだ鈴木明『「南京大虐殺」のまぼろし』での認識違いが、ていねいに指摘されている。

PCのウィルス対策ソフトの更新日が近づいていて、メーカーから案内が届く。
少し迷ったが、また3年の期間延長手続きをした。まあ、一種の保険と考える。
(18:30記)

2018年6月3日(日)

きのう(6/3)、ブログ日記を書くことをすっかり忘れていた。
明けて6/4(月)の朝、これを書いている。

土曜日の日帰り山行で、足腰の筋肉痛がひどかった。
今日6/4には、だいぶん回復したのだが。

思えば、ひさしぶりに履いた革の登山靴が足にフィットしていなかったり、背負っていたデイパックがしっくり来ず、腰に負担がかかったり、荷物が意外と重かったりと、反省点は多い。

登山靴と小さめのザックを新調しようかと思案中。

それよりも、日頃の運動不足、筋力の衰えがたたった。
もっと軽い山にしておいた方が無難だったか。
などと、反省しきり。

きのう、メインブログに写真入りの山行記録をアップした。
4/20いらいの投稿。
ブログに書いたことで安心して、この日記ブログを忘れてしまったようだ。
(6/4 9:15記)

2018年6月 2日 (土)

2018年6月2日(土)

天気がよかったので、日帰りで黒川鶏冠山(1710m)に登ってきた。
青梅街道の柳沢峠(標高1480m)からピストン。
登り始めてから下山まで約6時間。
ほんとうに久しぶりの山登りだったので、途中から足腰がガタガタ。
なんとか無事に下山できた。

朝6時起き。7時過ぎに車で家を出て、新青梅街道~青梅街道~柳沢峠着9時45分。
10時20分に登山口。
予定していたコースと違うコースを歩いてしまった。
登山口がふたつあり、古い登山口から登り始めてすぐに引き返し、奥多摩寄りの登山口から入ったため。

柳沢峠の大きな駐車場は、ほぼ満車だったが、鶏冠山に向かう人はおらず、途中まで誰にも会わなかった。
奥秩父連山がよく見える展望台(梅ノ木尾根)で、夫婦連れに会う。
あとは、下山してくる人たち数名と、山頂で私の後から登ってきた二人だけ。

鶏冠山頂上には13:20到着。昼食をとり、30分ほど休憩。
大菩薩嶺がよく見えた。
山頂南側は断崖絶壁。なかなかみごとな眺望だ。

黒川山に立ち寄る余裕(時間的、肉体的余裕)は、今回は、なかった。

下りは、登りに寄った展望台の南側の道(当初の予定コース)をたどって、駐車場の前の登山口に出た。16時半頃、駐車場に到着。

残っていたおにぎり一個を食べ、お茶を飲んで、17時頃、帰宅の途についた。
家に着いたのは、19:45分。
走行距離、往復160kmほど。

今回、背負っていたデイパックが体にフィットしておらず、雨具やらペットボトル2本やら、荷物が重かったせいもあって、ザックが安定していなかったのも、足腰にきた原因かも。

それよりも、日頃の運動不足と加齢のせいで、足腰の筋肉の衰えを痛感した。
もう20年も前になるだろうか、同じ山に二度登ったが、スイスイ登れた気がする。

とにかく、山歩き再開のためにはトレーニングが必要だということがよくわかった。
(22:15記)

2018年6月 1日 (金)

2018年6月1日(金)

ひさしぶりに晴れて、さわやかな日。
午後から雲が広がったが、雨の気配はなかった。
明日から月曜日までは、雨の心配がなさそう。

本を読んだり、明日の山行の準備をして過ごす。
昼過ぎに車で相模原の義姉宅へ。
夕方、途中で夕食をとり、夜になって帰宅。

明日は6時起床、7時過ぎには車で柳沢峠に向かって黒川鶏冠山に日帰り山行(ハイキング)の予定。
天気は持ちそうだ。
(21:25記)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Facebook

Twitter

  • 気まぐれにツィートしています よろしければFollowを
無料ブログはココログ