« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月31日 (火)

2018年7月31日(火)

7月の晦日。

今日も34度の高温、よく晴れた。
明日は35度になる予報。
旭川では熱中症による死亡者が出たという。

朝からエアコンを入れて室内で過ごす。
ラジオを聴いたり、文庫本を読んだり。

『日本文学100年の名作 第5巻 1954-1963 百万円煎餅』(新潮文庫)。
いろいろな作家の短編が読めて面白い。
今日読んだなかでは、山本周五郎の「その木戸を通って」と、井上靖の「補陀落渡海記」に感心した。

小説を読む愉しみ。
(18:05記)

2018年7月30日 (月)

2018年7月30日(月)

夏雲が広がる暑い日。
最高気温33度。

家人は洗濯、私はベランダに水を流して掃除。

夕方、車で小平の日帰り温泉へ。
ひと月ぶりに、散髪。
温泉のレストランで夕食をとって帰宅。

台風接近中は少し気温が下がったものの、また猛暑が戻ってきたようだ。
明日からまた、34~35度の暑さになるという。

読みかけの文庫『日本文学100年の名作 第5巻 1954-1963 百万円煎餅』(新潮文庫)を読み始める。
芝木好子の短編「洲崎パラダイス」に感心した。
全10巻のこのシリーズ、なんとか全巻読破したい。
(19:30記)

2018年7月29日 (日)

2018年7月29日(日)

台風一過。

いつもの台風と違って南から来て西へと去ったためか、すっきりした青空にならず、蒸し暑い日だった。

朝まで雨が残り、晴れ間が出てきたかと思えば、ざーっと驟雨。
すぐに雨があがって入道雲。
最高気温30度、湿度は90%(朝方)から70%(午後)。
今夜も25度を下回らない熱帯夜になるそうだ。

午前中、車で立川のスーパーへ買い物に。
台風が去った日曜日ということで、店内は混んでいた。
帰り道、ブルーベリーを買い、いつもの農家の販売所でトマト、きゅうり、オクラを買う。

昼は冷やし中華を作る。
ひさしぶりに買ってきた焼き豚を使う。

午後までエアコンなしで耐えていたが、蒸し暑さに負けて冷房を入れる。
夕方、風呂にはいってさっぱりした。

北陸では、フェーン現象のため40度近くの高温。
北海道でも35度を超えたという。
(18:15記)

2018年7月28日 (土)

2018年7月28日(土)

台風12号が接近中。
朝からにわか雨が降ったり、ときおり陽がさしたりと、不安定な空模様。

雨風がひどくならないうちにと、近くのスーパーまで歩いて買い物に。

夕方から本格的な風雨。
明日の朝にかけて、ひどいことになりそうだ。

台風は、西に大きくカーブして、明日未明、東海地方に上陸するという予報。
異例のコースをとっているため、これまでの台風の経験が役に立たないかもしれない。
西日本の風雨被害が心配だ。

図書館から借りている東京都公文書館編『ちょっと書庫まで行ってきます ~東京都公文書館SNSの世界~』を読んでいる。

昼間、雨があがっているときは窓を開けていたが、今はエアコンを入れて、室内でおとなしくしている。
(16:45記)

2018年7月27日 (金)

2018年7月27日(金)

台風12号接近中。
太平洋に居座る高気圧に進路を妨害されて、大きく西にコースを変えつつある。

明日、狛江のM.A.P.で予定されていた、映画と落語の催しは9月1日に延期との連絡がはいった。
予約してあったので、どうしようかと悩んでいたが、これでひと安心。
今夜から明後日の朝にかけて、当地でも風雨が強まりそうだ。

今朝は、まだ晴れ間の出る天気。
例年並みの夏の空気。北寄りの風も吹いて、さほど暑くはなかった。

朝食後、室内掃除。家人は洗濯物の片づけ。
車であきる野へ。
いつもの蕎麦屋「いぐさ」で蕎麦を食べる。
とうもろこしの天麩羅が珍しく、おいしかった。

その後、これもよく行くパン屋「スリール」でパンを買う。
隣りの「シャトレーゼ」で白玉あずきも購入。

帰宅後、エアコンを効かせた室内で本を読む。
きのう図書館から借りてきた「ベスト・エッセイ2018」が面白い。
77人のさまざまな書き手によるバラエティに富んだ小文を次々と読む。
370ページのうち200ページぐらいまで読んだ。
次の予約者がいるので、早く読んで返却してしまおう。

明日は、家でおとなしく本でも読んで過ごそう。
(16:15記)

2018年7月26日 (木)

2018年7月26日(木)

朝8時過ぎまで寝ていた。
知らず知らずのうちに疲れがたまっていたのか。

今朝は涼しい風が吹いていて、連日の猛暑も少しおさまった様子。

郵便局、市役所、図書館を自転車でまわって用を足す。
図書館で、予約しておいた本の他、新刊コーナーにあった本を借りる。
東京都公文書館の『ちょっと書庫まで行ってきます ~東京都公文書館SNSの世界~』という面白い本をみつけて、借りてきた。
この本は書店では手に入りにくいようで、都庁まで行かないと買えないようだ。
手元に置いておきたい、カラー図版満載の魅力的な本だ。

午後4時頃、暑さに負けてエアコンを入れる。
朝方26度だった気温は、昼には30度になった。
例年の夏の暑さ。
これぐらいの気温だと蝉も活動するらしく、今日は朝から蝉の声が続いた。
今夜の最低気温は22度まで下がるという。

台風12号が日本の南岸目指して接近中。
土曜日は大荒れの予想。狛江のイベントに行けるかどうか、微妙。
(18:15記)

2018年7月25日 (水)

2018年7月25日(水)

朝から午後3時頃まで、職場で仕事。
昼食は、市役所の食堂で熱いラーメン。

午後、立川へ出かけた家人を車で迎えに行った。
家人の用が終わるまで、近くのコンビニに車をとめて待つ。
エンジンを止めてエアコンを入れてみたが、あまり効かない。
車の窓を開けて風を入れてみると、思ったより涼しかった。
夕方になると、今日はいい風が吹いていたのだった。

帰途、和風ファミレスで夕食。
帰宅後、やはりエアコンを入れないと室内は暑い。

きのうから湯を張った風呂に、今日も入って、さっぱりした。
明日、あさっては、これといって用事がない(小用はあるが)。

土曜日は狛江まで出かける予定。
台風が日本列島に向けて近づいている。週末は台風の影響がありそうだ。
(20:15記)

2018年7月24日 (火)

2018年7月24日(火)

朝、近くの個人病院へ行き、今月初めに受けた健康診断の結果を聞く。
糖尿の数値以外は、とくに異常なし。
やはり運動不足のせいか数値が下がらないようだ。やれやれ。

病院の帰り、スーパーで買い物。

午後は、暑さに負けてエアコンを入れる。
今日も35度。

エアコンの効いた室内を掃除。
夕方、ひさしぶりに風呂に湯を張る。
ずっとシャワーだけだったが、お湯に浸かるとさっぱりする。

今週末は雨が降る(曇り一時雨)という予報。
気温も30度を割るというが、どうだろうか。
テレビやラジオでは、連日、猛暑の話ばかり。それだけで暑苦しい。

夕食後、きのう買ってきた白桃を冷やして食べる。
(18:10記)

2018年7月23日 (月)

2018年7月23日(月)

猛暑のなか、朝9時過ぎに車で家を出て、勝沼へ向かう。

下道(青梅街道)を走る元気はなく(柳沢峠越えの山道で時間がかかる)、中央道を往復。
国立府中インターから高速道路に入る。
もちろん、エアコン全開。

午前11時過ぎ、勝沼インターを下りて、勝沼へ。
大雅園(馴染みの葡萄園)の前を過ぎて塩山へ。
昨年9月、大雅園の人に教わって訪ねた蕎麦屋「そば丸」へ。
昼時だったので、満席。少しだけ店の前で待つ。

季節限定という「なすもり蕎麦」と普通のもり蕎麦、それに野菜かきあげ、鳥もつを注文。
妻は瓶ビール。
蕎麦はもちろん、かきあげも、鳥もつもおいしかった。

平日だというのに、店内のテーブルは人でいっぱいだった。
古民家を利用した店内は、天井が高く、太い柱が屋根を支える風情のある構え。
かなりの広さがあって、開放的だ。
駐車場も広いが、車でいっぱいだった。
塩山の人気店といったところ。

昼食後、勝沼へ戻って大雅園へ向かう。
途中、桃を販売している店舗に立ち寄って、桃を買う。
試食では、露地栽培のデラウェアとハウス物のマスカットなどもいただく。

大雅園に到着。
シーズンにはまだ早く、葡萄の販売はしていなかったが、敷地内のワイン販売所へ。
冷房の効いた店内で、奥様と旦那様、その後外出から戻って来た娘さんと、ひさしぶりの再会。昨年9月以来か。

しばらくお話をし、ワインを購入し、まだ時期の早いデラウェアをお土産にいただく。
中央道で帰宅の途についた。

談合坂SAで休憩。
パンを買い、表の物産販売コーナー(東北物産コーナーがあった)で、メンチカツとコロッケを買う。
妻は牛タンを焼いたのを買って、社内で食べる。

高速道路は順調に流れていて、午後5時過ぎ、国立府中インターに着いた。
義妹の家に寄って、桃をおすそ分け。
午後6時過ぎに帰宅。

山梨も猛烈な暑さだった。
甲府で40度を超えたというから、近くの勝沼も30度台後半の暑さだっただろう。
(20:00記)

2018年7月22日 (日)

2018年7月22日(日)

朝からエアコンを入れて、妻は洗濯、私は室内掃除。

10時開店の近所の農家の販売所へ行って、トマト、オクラ、とうもろこしを買う。
その足で小平のガソリンスタンドへ。
給油とセルフ洗車。ひと汗かく。

昼食後、家にこもって本を読んだり、調べ物をしたり。
エアコンなしではいられない。今日の最高気温37度。

明日も暑そうだが、車で勝沼の葡萄園へ行くつもり。
塩山の蕎麦屋にも行ってみたい。

今日は早めにシャワーを浴び、冷房の効いた室内で大相撲を観ている。
ときどき、この暑さで停電になったらどうするのだろう、と心配になる。
(16:20記)

2018年7月21日 (土)

2018年7月21日(土)

今日も35度の猛暑。
夜中も25度を軽く超える熱帯夜だった。

ひさしぶりに室内掃除(私の役目)。すっきりした。
昼前、近くの農家の販売所へ行き、野菜(きゅうり、なす)を購入。トマトはすでに売り切れ。

昼、ひさしぶりに冷やし中華を作って食べる。

午後、エアコンを入れる。
ラジオを聞いたり、本を少し読んだり。

大相撲、関脇の御嶽海が一敗を守って、千秋楽を待たずに優勝を決めた。
インタビューで涙をこらえていた姿が印象的。

28日の狛江M.A.P.のイベントと、8月4日の下北沢ラカーニャ「星ノ飛ブ夜」ライブを予約。
(18:50記)

2018年7月20日 (金)

2018年7月20日(金)

昼過ぎに35度を超えたらしい。南風。

朝から午後3時まで仕事。
昼食は市役所の食堂で冷やしうどん。

朝、銀行に寄り、仕事で得て貯めていた預金から、いくらかおろして、市役所窓口の西日本豪雨災害義捐金募金箱に入れてきた。少しでも役に立つことを願う。

仕事から帰ってから、車で相模原へ。
義姉宅へ生協の品物受け取りに行った。
今日は出発が遅かったため、帰りが夜10時過ぎになった。

相模原へ向かう車中、ラジオで大相撲中継を聞く。
御嶽海が一敗を守り、これを追う三敗の平幕力士が二人。
今場所は、横綱三人が不在(稀勢の里全休、白鵬と鶴竜が途中休場)、期待されていた新大関栃ノ心も途中休場と、波乱の場所になっている。

週末は特に予定がない。
来週あたり、勝沼へ行こうかと思う。
(23:30記)

2018年7月19日 (木)

2018年7月19日(木)

最高気温34度。湿度も、連日70~90パーセント。

今日も朝から仕事。
昼休みをはさんで、午後2時まで。
昼食は、今日も市役所の食堂。

帰り、とめてあった車のドアを開けると熱気が。
車内は40度超え。

明日も仕事。
今日と同じような猛暑が続く。
(18:55記)

2018年7月18日 (水)

2018年7月18日(水)

今日も猛暑。36度。
毎日、こんなことを書くのもシャクだが。

各地で熱中症の死亡事故が起きている。

朝から夕方まで仕事。
パソコン講習のアシスタント。
冷房を効かせているので、職場は涼しかったが、外に出るとまるでサウナ。
昼は、近くの市役所の食堂で冷やし中華を食べた。
このメニューは、はじめて食べる。

明日も仕事。講習のアシスタント。
暑くなりそうだ。
(18:55記)

2018年7月17日 (火)

2018年7月17日(火)

今日も36度の高温。

午前中、仕事。
明日からの講習の準備のために集まって作業。

帰宅後、そうめんをゆでて食べる。

三泊四日の北海道旅行の記録を、メインブログに書く。

夕方、西空が異様な夕焼け。
雲が赤く染まっていた。

この先も35度の日が続きそうだ。
今年は、たしかに異常気象。
(19:40記)

2018年7月16日 (月)

2018年7月16日(月)

朝からとんでもない暑さ。
外に出ると熱気が押し寄せてくる。
こうなると北海道の涼しさが懐かしい。

昼前にスーパーへ買い物。
昼食後、たまっていた日記を書き、置戸の友人に送る写真のDVDを作る。

義妹のところ二軒に、車で土産物を届ける。
夕飯は外食。
幹線道路もファミレスも混雑していた。

夕空、雲に夕陽があたって不気味な色。

帰宅後、置戸の友人への礼状書き、DVDの梱包。
留守中に届いていた、旭川の高校同期会の案内状に返事を書く。
さすがに出席はできない。

昨夜もそうだが、夜はエアコンを入れっぱなし(タイマー)にしないと、とてもじゃないが過ごせない。

今日の最高気温は35度。車の中は40度にもなる。
明日からも暑い日が続きそうだ。
(21:10記)

2018年7月15日(日)

北海道滞在四日目、最終日。

今回、帰りは女満別空港20時20分発の遅めの便にしたので、友人に案内されてゆっくり観光。

友人の車の後を付いて、まずは女満別空港前のレンタカーショップで、借りていた車を返却。
予定では19時の閉店までに返却だったが、6時間ほど早め。
クレジット決済時に、若干の返金精算があるらしい。

友人の車に乗せてもらって、最初に、道立北方民族博物館へ。
友人も私も、はじめての博物館。
噂には聞いていたが、すばらしい展示内容だった。
ふたりでゆっくり見学してまわる。
帰りに図録を買う。

ここから美幌へ。
ジェラートの店やら、友人の知人の喫茶店やらに寄り、19時前まで遊ぶ。
女満別空港でおろしてもらって、友人と別れる。

空港で土産物を買い、20時20分の便で羽田へ。
予定より早く、羽田には22時前に到着。
ムッとする暑さだ。
22時25分発高速バスに間に合って、立川には23時35分到着。
タクシーで帰宅したのは、午前0時だった。
(7/16記)

2018年7月14日(土)

この日は、車で置戸へ向かう。

朝7時起き、コンビニで軽く朝食。8時出発。
カーナビを頼りに、160キロのドライブ。
石北峠までは、ずっと小雨。

温根湯温泉道の駅で、しばらく休む。
温泉に入りたかったが、道の駅周辺の宿まで行かなければならないため、あきらめる。

昼頃、置戸市街に到着。
置戸と町立図書館を覗く。
三年前に来て、すっかり気に入った図書館。
木造の建物もすばらしいし、蔵書も充実している。

市街から丘を登って、友人宅へ。
ここも三年ぶりの訪問。

この日は、ここに泊めてもらうので、荷物をおろしてゆっくりする。
友人宅の周辺を、ふたりでゆっくり歩いてまわる。

友人の車で、鹿の子沢という景勝地に案内してもらう。
車を駐車場に置いて、滝を眺め、ちょっとだけ山の遊歩道を登る。
三本桂という、古木まで歩いて戻る。
清流が心地よい。
晴れていれば、午前10時頃、滝に虹がかかって見ものだという。

置戸方向に少し戻って、勝山の日帰り温泉へ。
ここで汗を流して、さっぱりする。

置戸市街のAコープで買い物して、友人宅に戻り、夕食をご馳走になる。
共通の友人のことなどで、遅くまで話が盛りあがる。

大きな家の二階で休ませてもらう。
(7/16記)

2018年7月13日(金)

朝、宿のサービスのパンと牛乳を食べて、車で出発。
あいにくの雨。

旭川近くの国道沿いの大型スーパーで、花と線香を買う。
雑巾はコンビニで購入。

旭川空港近くの墓苑で、雨の中、墓参り。
翌日が母の七回忌。

前日、美瑛の叔父夫妻に教わった、旭川の介護老人施設まで、カーナビを頼りに車を走らせる。
旭川市春光町、なつかしい。

ちょうど昼時だったので、コンビニで昼食を買って食べる。
近くに「北鎮記念館」があったので、入ってみた。
ここに入るのは初めて。

しばらく館内を眺めて、介護施設へ。
叔母夫妻を見舞う。
一時間弱の滞在。

美瑛に戻り、宿で汗を流してから、美瑛のもう一件の叔父宅へ。
二時間ほど、叔父夫妻と話す。
夕ご飯は遠慮して、「ビエール」で焼きカレー(小)を食べ、宿に戻る。

雨は午後にはやんだが、蒸し暑かった。
ただ、気温は東京に比べると、ぐんと低く、過ごしやすい。
(7/16記)

2018年7月12日(木)

この日、羽田から旭川空港へ。
三泊四日の北海道行き。

朝9時頃、美容院へ行く家人といっしょにバスで立川へ。
羽田空港発14時の便より、ずいぶん前に到着。

飛行機は満席。
旭川空港に16時前に到着。
レンタカーを借りて美瑛へ。

美瑛の叔父宅に顔を出して、小一時間、叔父夫婦と話す。
「だいまる」でカレーうどんを食べる。

今回はじめて泊まる「フォテージ イン 美瑛」は、富良野線の西側、国道沿いにある。
昨年5月にオープンしたばかりの、写真好きが集まる宿。
木造の、木目を生かした造りがしゃれている。
トイレ、洗面所、シャワー、風呂は共同。
素泊まりのみで、一泊6,500円。

ロビーには、美瑛在住のプロ・カメラマンの写真などが展示されている。
(7/16記)

2018年7月11日 (水)

2018年7月11日(水)

いつもより早起きして、朝のうちに新宿へ。

テアトル新宿で瀬々敬久監督の「菊とギロチン」を観る。
朝9時10分からの初回。
3時間を超える長尺だったが、飽きることなく興奮しながら観た。

関東大震災前後の世相を背景に、実在した女相撲の興行と、アナキスト集団「ギロギン社」をからめたフィクション。
全編に流れる韓半島の音楽が躍動。
浜辺で歌い踊るシーンの音楽にジャンベが使われていたのが(時代的にはウソだが)面白かった。

「ギロチン社」といえば、何年か前に観た「シュトゥルム・ウント・ドランクッ」という映画を思い浮かべる。
切り口が全然ちがうが、大杉栄を演じる役者の個性のちがいが面白い。
ギロチン社のメンバーが、いずれも実在の人物だったのも興味をひく。

女相撲の力士として、朝鮮半島や与那国島出身者を登場させたところに、監督の想いを感じる。

いい映画だった。
昼食を新宿で食べ、行きと同じ西武新宿線で帰ってきた。
今日も猛烈な暑さだった。

家の中では、エアコン、冷風扇、サーキュレーター、換気扇がフル稼働。
それでも温度計は30度を指している。
(18:15記)

2018年7月10日 (火)

2018年7月10日(火)

今日も、ムッとする暑さ。
最高気温31度、湿度80パーセント、南風。
昼過ぎからエアコンを入れる。

午前中、小平の歯科医で虫歯の治療。
6月の健診でみつかった、ちいさなもの。
今日は、見習いらしい女医さんが治療し、主治医のチェックを受けていた。
30分ほどで簡単に終了。

歯科医の帰りに買い物。
帰宅後、室内掃除。
あとは、家で過ごす。
(19:55記)

2018年7月 9日 (月)

2018年7月9日(月)

今日も31度、南風の吹く暑い日。

午前中、仕事。
職場に5人が集まって、作業。

午後は家で過ごす。
横になって、ラジオを聞きながら本を読んでいたら、居眠りをしてしまった。
昨夜、午後8時に寝床にはいって、9時間以上寝たのに、眠くてしょうがない。
この暑さに負けそう。
(17:45記)

2018年7月 8日 (日)

2018年7月8日(日)

朝8時まで寝ていた。
今日も31度の暑さ。

コンビニへ行っただけで、ほとんど家で過ごす。
新聞を読んだり本を読んだり。
午後からはエアコンを入れる。それでも湿気がすごい。

西日本、中国・四国の大雨の被害がひどい。
あちこちで水浸しになっていて、死者、行方不明者が100人を超える。

今日から大相撲。
稀勢の里は休場。豪栄道が負けた。
(18:05記)

2018年7月 7日 (土)

2018年7月7日(土)

終日、曇り空。
南風、最高気温28度。

オウム報道の新聞を読んで過ごす。

午後3時頃、家を出て、バスと電車で自由が丘のライブハウスへ。
西川郷子さんとイサジさん(フォーク者イサジ式)のユニット「ニシカワMeetsフォーク」を聴きに行った。

午後6時開場、6時半開演。
一時間前に着いてしまったので、駅前のドトールで軽く夕食。
本屋とブックオフを覗く。

会場は駅から近い「マルディグラ」という店。
3月10日にも同じ店で同じユニットのライブを聴いていて、私は今回が二回目。
この店でのライブも二度目だそうだ。

西川さんの他のバンド、「星ノ飛ブ夜」や「歌弦萬西西屋」ともちがう魅力の、息のあったコンビ。
うっとり聞き惚れる。
あらためて、西川さんの澄んだ歌声に感心する。

前回、イサジさんのCDを二枚購入して聴いていたので、今夜演奏された曲目にも馴染みがあった。
西川さんがケンガリを叩いてコーラスを付けた、イサジさんの曲「オクノホソミチ」が、格別によかった。

終演間近、8時半頃、緊急地震速報が鳴り出してびっくり。
ちょうど曲の合間で、一時、ざわめく。会場も少し揺れた。

千葉沖でマグニチュード6、最大震度5弱の大きな地震だった。
このところ、千葉での地震が続いていて、心配。

西日本を中心とする豪雨の被害も大きく、すでに死者が50人を超えている。
大雨警報、特別警報の範囲が広がっている。
影響のないのは、今のところ関東ぐらい。
(23:40記)

2018年7月 6日 (金)

2018年7月6日(金)

一日中、降ったり止んだり。
最高気温26度ほどで、少しは涼しい日だった。

午前中、小平で図書館友の会の役員会。

夕方から、相模原へ生協の品物を受け取りに行く。

オウム真理教の死刑囚7人(麻原他6人)の死刑が執行されたという、ショッキングなニュース。
西日本(九州、四国、中国)の大雨。特別警報が出ている。
あちこちで被害が続いている。
(22:50記)

2018年7月 5日 (木)

2018年7月5日(木)

小雨の予報だったが、ほとんど雨は降らず、曇天。
あいかわらず湿気がすごい。

昼から仕事。
他のメンバーといっしょに電話番を3時間ほど。

このところのジメジメした天気のせいか、サッカー観戦のための連日の夜更かしのせいか、体調がいまひとつ。
今夜は早く寝よう。

全国で水の被害が出ている。
北海道でも、場所によっては浸水したり、冠水したり。
(20:10記)

2018年7月 4日 (水)

2018年7月4日(水)

一日中、曇り空。
南風が強く、府中郷土の森へ行くのはやめた。

図書館へ本を返却。
都立図書館から取り寄せてもらった本だったが、読めず、ギブアップ。

農家の販売所で野菜(トマト、茄子、オクラ)を買い、スーパーで買い物。

午後は、昨日から始めた、仕事の資料作り。ひとまず完成。

九州や四国・中国で台風の被害がひどいが、北海道でも前線の影響で大雨の被害。
旭川郊外で農業を営む、高校時代の同級生も非難したという。
置戸の友人のところも心配。今夜、電話してみよう。

ここも、雲行きが怪しく、大雨の警告が出ている。まだ降っていない。
今日の最高気温は30度。湿気がすごい。
(18:55記)

2018年7月 3日 (火)

2018年7月3日(火)

昨夜は午後8時に寝て、早朝2時半に起きる。

サッカーのワールドカップ、決勝トーナメントの日本対ベルギー戦を見る。

前半0対0で終わり、後半早々、日本が2点連取。
これは勝てるかもしれない、と期待したが、その後2点取られて同点。
引き分け、延長に持っていってほしかった。
しかし、ロスタイム(最近はアディショナルタイムと言うようだが)の終了間際に、日本のコーナーキックをキーパーがキャッチ、ベルギーの強烈なカウンター攻撃。
あっという間に日本のゴール前までボールが運ばれた。
簡単に勝ち越し点を与え、そのまま試合終了。

なんということだ。
がっかりしたが、しょうがない。
日本チームは、よく戦ったと思う。

試合後のインタビューで、長友選手だけが涙をみせず、さばさばした様子で、「胸を張って帰りたい」と言っていたのが好印象だった。

今日も34度近くまであがって、猛烈な暑さ。
まるで真夏だ。

午前中、仕事。
車の中は40度を超えていて、冷房なしでは乗っていられない。
家の中も、エアコンを入れ、扇風機とサーキュレーターで送風しないと居られない。

午後から夜にかけて、仕事の資料作成。
やりだすと熱中してしまう。

明日は、府中郷土の森へ紫陽花を見に行こうかと思う。
もう紫陽花も終わりに近いかもしれないが。
(21:25記)

2018年7月 2日 (月)

2018年7月2日(月)

朝から猛暑。
34度近くまで気温があがり、南風5メートルほど。

朝、近くの開業医で市の健康診断を受ける。
採尿、採決、心電図、医師の診察、という簡単なもの。
30分ほどで終わる。

家に帰り、家人を車で立川まで送る。
帰りにスーパーで買い物。

午後は、寝転んでラジオを聞いたり、本を読んだり。

今夜、というか、明朝3時キックオフのワールドカップ日本対ベルギー戦を見る予定。
(18:55記)

2018年7月 1日 (日)

2018年7月1日(日)

前橋での二日目。

ホテルの朝食をとり、10時前にチェックアウト。

市電で終点の赤岩口まで行き、そこから歩いて「豊橋市民俗資料収蔵室」へ向かう。
前日にネットで調べてみつけた場所。
赤岩口から予想以上に距離があり、炎天下、いやになりながらも歩く。

うまいことにコンビニがあったので、ここで一休み。

途中、赤岩神社に立ち寄る。
民俗資料収蔵室は、廃校になった小学校の建物(平屋)を使って、雑多な民俗資料を集めた施設。
3月に訪ねた前橋の同様の施設と似て、興味ぶかい資料がたくさん。
一時間ほど見てまわり、帰りはバスで赤岩口まで戻ることにした。

陽射しがじりじりと厳しく、二人とも日焼けしてしまった。

一時間に一本しかないバスに乗り、赤岩口で市電に乗り換えて豊橋駅前に戻る。

事前に友人から聞いていた蕎麦屋「勢川本店」で昼食。
ごくありふれた町の蕎麦屋だが、地元の人に愛されていることが感じられる、気取りのない店だった。

売店で土産物を買う。
名物らしい、ちくわと、どら焼き。
コインロッカーに預けてあった荷物を回収し、新幹線乗り場の待合室で涼んで、16時過ぎの列車で東京に戻った。

立川で弁当を買い、午後8時過ぎに帰宅。
楽しい二日間だった。
(23:10記)

2018年6月30日(土)

豊橋へ。

4月初めに、JRじゃらんパック(赤い風船)で新幹線とホテルの予約をとっておいた。
山崎ハコさんと安田裕美さんの豊橋コンサートへ、夫婦で行くことにしていた。

昼前の新幹線(こだま)で前橋へ。
東京駅で駅弁を買って、社内で早めの昼食。

13時過ぎ、豊橋に到着。東京は晴れていたのに、豊橋は曇り空。
雨も降ってきたので、喫茶店で時間をつぶしてから、晴れたので市内見学。
市電で豊橋公園へ行き、吉田城跡を見て歩く。

4時前、ホテルのチェックイン。

夕方、ホテルを出て、駅ビルで早めの夕食。
コンサート会場の「穂の国とよはし芸術劇場プラット」までは、歩いてすぐ。

しゃれた建物のホール。
ロビーには、見知ったファン仲間の顔。
受付で、取り置いてもらっていたチケットを受け取り、代金を払う。
受付の二人も、よく知っているファン仲間。今回の主催者だ。

コンサートは午後6時半、開演。
ハコさんは、安田裕美さんのギターで演奏。
いい音のギターだったが、はじめの二、三曲は、PAのバランスがうまくいっていなくて、音が割れることも。
その後は、快調にハコさんひとりのステージが続く。

休憩後、安田裕美さんと二人のステージ。

今回、発売されたばかりのニュー・アルバムからの曲も演奏。
CDですでに聴いていたが、やはり生演奏の迫力は別物。
ロビーでは、このアルバムがずらりと並んで、壮観だった。

午後9時過ぎに終演。
その後、ロビーでのサイン会に並んで(二番目だった)、持参したニュー・アルバム(阿久悠の未発表詩にハコさんが作曲、安田さんのアレンジ)にサインしてもらった。

アフター・パーティー(打ち上げ)に誘われたが、妻と二人でホテルに戻る。

ハコさんが若かった頃(事務所に所属していた頃)には、二人でよくコンサートに行っていたのだが、妻にとっては三十年ぶりぐらいの、今回のコンサート。
あの頃と比べると生まれ変わったように明るくなったハコさんの歌やMCに、妻も大喜び。
誘った私もうれしい。

この日は豊橋駅前のホテルに一泊。
(7/1 22:45記)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Facebook

Twitter

  • 気まぐれにツィートしています よろしければFollowを
無料ブログはココログ