« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

2018年8月31日(金)

8月も今日でおしまい。
最高気温35度、蒸し暑い一日だった。
午後から、怪しい積乱雲が広がり、ときどき雷鳴も聞こえた。

午前中、市役所やら本屋やらで、用を足す。

午後、相模原へ。
家人を送り届けた後、ひさしぶりにコーヒー店で過ごす。
TBSラジオで石破茂(自民党総裁候補)がゲスト出演するというので、タブレットのラジコで放送を聴く。
安倍晋三よりはマシな気がするが、さて、自民党の総裁選はどうなるのか。
沖縄県知事選の行方も気になる。

府中街道沿いにできたステーキ屋が気になっていたが、今日、はじめて入ってみた。
子ども連れの客が多く、ざわざわとして、落ち着かなかった。
床が油でベタベタしていたのも、気になった。
値段も高い。
たぶん、二度と入らないだろう。

明日から、天気は崩れそうだ。
(21:20記)

2018年8月30日 (木)

2018年8月30日(木)

晴れて暑い一日。34度。

会期終了まぢか(9/2まで開催)の「縄文特別展」を見るため、上野の国立東京博物館へ。
会場近くに行くと、チケット売り場から塀をぐるっとまわって長蛇の列。
炎天下、20分ほど並んで、ようやくチケット売り場へ。
その後も、会場(平成館)前で、しばらく入場待ち。

会場内も、ぎっしり人がいて、壁面の展示はよく見えず。
もっぱら中央の展示を見てまわる。
実物の迫力はすごいものだ。
写真撮影禁止だったので、ひたすら細部を観察する。

一時間ほど見てまわり、館内の休憩所で昼食を、と思ったが、高いのでやめる。
外に出て上野公園入口の飲食店に入り、スパゲティとコーヒーで昼食。
帰りは、上野から神田、神田で中央線に乗り換えて立川へ。
中央特快に乗ることができて、よかった。

ローソンでコーヒーゼリーを買い、帰宅後、涼しい部屋で食べる。
早めにシャワーを浴びて、さっぱりした。

乗り物の中で、きのうから読み続けている文庫を読む。
(17:25記)

2018年8月29日 (水)

2018年8月29日(水)

30度に達しなかったが、蒸し暑い曇り日。

午前中いっぱいかかって、立川の病院で検査・診察。
上腹部の違和感(鈍痛)は、レントゲンで見ると便がたまっているそうだ。
下剤を処方されて、おしまい。

ひさしぶりに行った病院の待合所は、診察を待つ人でいっぱいだった。
新築されたばかりの病院なので、陰気くささのないのが救い。
これも新築(旧病院を改築)の食堂・休憩所で、ランチを食べる。

全10巻の文庫オリジナル・シリーズの9巻目に突入。
池内紀・川本三郎・松田哲夫編 『日本文学100年の名作 第9巻 1994-2003 アイロンのある風景』 新潮文庫。
よくできた短編小説は、人生のひとコマを切り取ったようで、楽しめる。

明日、上野の国立博物館で”特別展「縄文―1万年の美の鼓動」”を見てこようと思う。
会期がこんどの日曜日までなので。

ひさしぶりに仕事がはいったが、作業場の都合で日曜日の午後となる。
(19:25記)

2018年8月28日 (火)

2018年8月28日(火)

曇りときどき雨。
気温こそ30度に達しなかったが、エアコンなしでは過ごせないほどの蒸し暑い日。

歯痛の家人を、小平の歯科医まで送迎。
近くのだんご屋で、稲荷寿司と焼きそばを買う。

帰宅後、本を読んで過ごす。
『日本文学100年の名作 第8巻 1984-1993 公然の秘密』 を、もうすぐ読み終える。
この巻は、手練れの作家が集められていて、名作揃い。

腹部に違和感(かすかな鈍痛)があって、気になるので、明日、病院に行くことにした。
(18:25記)

2018年8月27日 (月)

2018年8月27日(月)

晴れ、最高気温36度。
エアコンは昨夜から入れっぱなし。

午前中、すぐ近くのディーラーへ行き、車のコーディング(サービス)をしてもらう。
先日の車検のサービスらしい。500円。

一日、家で本を読んで過ごす。
浅山太一著 『内側から見る創価学会と公明党』 ディスカヴァー携書、読了。
『日本文学100年の名作 第8巻 1984-1993 公然の秘密』 新潮文庫を読み始める。

夕方から雲行きが怪しい。
関東のあちらこちらで、雷雨。
明日は曇りのち雨、最高気温30度の予報。
(18:30記)

2018年8月26日 (日)

2018年8月26日(日)

まだまだ暑い。
37度、体温並みの外気温。

掃除、洗濯(これは家人の仕事)を終えて、昼頃からはエアコンを入れる。

今日は、家でおとなしく過ごす。
一週間の掃除当番を終えて、物置の鍵を上の階の当番に渡す。

木曜日から読んでいた『日本文学100年の名作 第7巻 1974-1983 公然の秘密』 新潮文庫を読み終える。
少し前に買ってあった新書、浅山太一著 『内側から見る創価学会と公明党』 ディスカヴァー携書を読み始める。

明日も晴れて暑くなりそうだ。
(18:00記)

2018年8月25日 (土)

2018年8月25日(土)

よく晴れて暑かった一日。
最高気温36度。

小金井公園の江戸東京たてもの園で、半日遊ぶ。

昼前に到着し、特別展「東京150年―都市とたてもの、ひと」の展示を、じっくり見る。
昼食は園内のデ・ラランデ邸内の武蔵野茶房で、今日はハヤシライスを食べた。
冷房が効いていて店内は気持ちがよかったが、外に出ると猛烈な暑さ。

園内で時間をつぶし、14時30分から、展示室でミュージアム・トークに参加。
講師は、たてもの園の研究員・米山勇氏。
これまで何度も、建築に関する米山さんの講演を聴講してきたが、建築の知識に疎い私にもよくわかる説明。
今日は、展示の半分ほどについての説明で、次回は10月。

自転車で行こうかとも思ったが、車で行ってよかった。
自宅から片道10キロほど。

帰りにコープで買い物して、家人が外出しているため、今夜はひとりで夕食。
夕焼けに、富士山のシルエットがはっきり見えた。
(19:05記)

2018年8月24日 (金)

2018年8月24日(金)

台風20号は、昨夜、西日本を横断して日本海に抜けた。
一晩中、ゴーゴーと南風が吹き荒れた。

おかげで、一階エレベーターホールは、落ち葉が吹き溜まっていた。
朝、ゴミ出しのついでに、掃き掃除。

午前中、小平の中央公民館で、小平図書館友の会の定例役員会。
帰り道、買い物。
帰って来ると、また、エレベーターホールの前に落ち葉の吹き溜まり。
まったく、きりがない。

当地では、雨はさほど降らなかったが、強い南風が終日吹き続けた。
最高気温31度。
南風のせいで、蒸し暑い。

須藤もんさんのデビューのきっかけを作ってくださったTさんの奥様が、52歳の若さで亡くなったことを、Facebookを見て知り、驚いた。
奥様にお会いしたことはないが、悲しいことだ。
(18:40記)

2018年8月23日 (木)

2018年8月23日(木)

台風20号が四国に接近中。

その影響か、今日は不安定な天気。
午前中、晴れていたのに、昼頃、強いにわか雨。
その後も天気雨。
今は曇り空、ときおり強い雨。

晴れ間がでたので車で買い物に出たら、また雨が降ってきて、少し濡れてしまった。

窓を開けていられず、昼からはエアコンを入れっぱなし。
それでもムシムシする。

ずいぶん前に古本屋でみつけて買っておいた、山口仲美 『日本語の歴史』 岩波新書を読み終えた。
読みやすく、わかりやすく、勉強になった。

池内紀・川本三郎・松田哲夫編 『日本文学100年の名作 第7巻 1974-1983 公然の秘密』 新潮文庫を読み始める。
(17:10記)

2018年8月22日 (水)

2018年8月22日(水)

陽射しが強く、最高気温35度近くまであがった日。
南風も強かった。

朝から午後3時近くまで、昼休みをはさんで仕事場で過ごす。
昼休み、市役所の食堂まで歩く数分の間、焼けつくような陽射し。

台風19号と20号が接近している影響で、西日本は豪雨の心配。
19号は九州の西から日本海にカーブする様子。
20号は四国あたりを目指して北上中。
全国的に、猛暑。

明日の夜から、当地も雨になりそう。
今月いっぱいは、暑い日が続きそう。
(19:10記)

2018年8月21日 (火)

2018年8月21日(火)

今週は住棟の掃除当番。8週に一度まわってくる。

いつもいっしょに掃除してくれる人の都合が悪く、今週は家人と二人でやっている。
昨日もそうだったが、いつもより30分早く起きて、コーヒーだけ淹れて飲み、30分ほどで掃除をすませる。その後、朝食。

今日は二か月に一度の歯科検診。小平の歯科医。
いつも団子や稲荷寿司を買う店が夏休みで、残念。
歯科健診後、小平駅前のモスバーガーで軽く昼食。

帰宅後、午後2時からの高校野球決勝戦をテレビで見る。
秋田の金足農業が、大阪桐蔭に13対2で負けてしまったのは、残念。
なんとなく東北秋田の学校を応援していたのだが……。

朝方、曇っていたが、日中は晴れて暑かった。
最高気温31度、南風6メートル(ネット情報)。
(16:15記)

2018年8月20日 (月)

2018年8月20日(月)

曇りがちで、はっきりしない天気。
湿度も高く、夕方には雨になった。

朝9時頃、車で家を出て、高速道路で勝沼へ。
昼前に着いて、塩山の蕎麦屋(そば丸)へ向かうも、休みだった。
定休日は毎週水曜のはずで、7月の月曜日に行ったときには開店していたのに。
お盆シーズン明けで臨時休業だったのか。

がっかりして勝沼に戻り、ほうとう屋(皆吉)に行くと、長蛇の列。
ここは人気店で、いつも混雑している。
あきらめて、慶千庵という穴場のほうとう屋へ行く。

ハイ・シーズンの特別メニューとのことで、冷たいほうとう(おざら)がなく、普通の熱いほうとうを食べた。
冷房が効いていたので、暑いほうとうをおいしくいただいた。

お腹もくちて、葡萄園・大雅園へ。
ここが今日の主目的だった。
ピオーネやシャインマスカットなど、そろそろ出揃うシーズン。
5房ほど購入し、お土産までいただく。

葡萄園のご一家と、ひと月ぶりの再会。
また、9月になったら再訪したい。

行きも帰りも、高速道路は混雑していた。
帰りは登り車線の小仏トンネルを先頭に、渋滞していた。
新しくトンネルを作るらしい。
トンネル手前の三車線から、トンネルの二車線になるため、いつも渋滞する。
改善されるといいな、と思う。

混雑する高速道路の走行は、無意識に緊張していたらしく、すこし疲れた。

買い求めた葡萄を、近所の義妹のところ二軒に配達し、午後6時頃、帰宅。
(20:10記)

2018年8月19日 (日)

2018年8月19日(日)

今日も、最高気温29度。
からっと晴れた、秋を思わせる天気だった。

湿度が低いので、室内のフローリングの拭き掃除をした。
ベランダから入る風が心地よい。

昼過ぎ、車で立川のスーパーへ買い物に行く。
帰りに、ブルーベリー菜園の販売所の無人販売機でブルーベリーを買う。

読みかけの文庫本を読む。
池内紀・川本三郎・松田哲夫編 『日本文学100年の名作 第6巻 1964-1973 ベトナム姐ちゃん』 新潮文庫 (2015/2/1発行)。

古山高麗雄「蟻の自由」、再読だが、あらためて感心する。
池波正太郎「お千代」も、いい。
もう少しで読み終える。
(19:15記)

2018年8月18日 (土)

2018年8月18日(土)

昨夜は冷房なしでぐっすり眠れた。
つかの間の秋の気配。

今日も、最高気温28度(当地、ネット情報)、からっとした晴れ。
たまっていた、暑さによる夏の疲れが癒されたようなきもち。

昼頃、車で家を出て相模原へ。
夕方、帰宅。
(19:40記)

2018年8月17日 (金)

2018年8月17日(金)

快晴。
最高気温31度。
強い北風が吹き、湿度も低かったので、さわやかな一日だった。

北海道、大雪山の黒岳では初雪。
例年より、ひと月早い。
平地でもストーブをつけるほどの寒さだったらしい。

朝から午後3時まで、職場で仕事。

帰宅後、これまでの暑さで疲れがたまっていたのか、しばらく横になって寝ていた。

朝は強風で蝉も鳴いていなかったが、午後から蝉の大合唱。

月曜日あたりまで、最低気温が20度ほどの予報。
こういう涼しさが続くといいのだが、来週後半から暑さがぶり返すようだ。
さすがに35度超えの予報は出ていないが。
(18:10記)

2018年8月16日 (木)

2018年8月16日(木)

朝から窓を開けていられないほど南風が強く、エアコンを入れる。

昼前、買い物に出た他は、家で過ごす。
ラジオを聴いたり、CDを聴いたり(ひさしぶり)、本を読んだり。

昨日のニュースで、三日間行方のわからなかった二歳の男の子が見つかったという。
発見したのが、ボランティアで単身、捜索した高齢の男性。
大人数の捜索隊が見つけられなかったのに、探し始めて30分ほどで見つけた。
飲まず食わずでいた子どもにも感心する。

美容院に行っていた家人が帰り、夕食は、久しぶりにとんかつ屋へ行った。

夕方、怪しい空模様だが、今のところ雷雨はない。

数日ぶりに風呂に湯を張って、今夜は湯に浸かる。
(18:40記)

2018年8月15日(水)

昨夜、日記を書くのを忘れていたことに気づいたが、めんどうなのでそのまま寝てしまった。
寝苦しい夜だった。

昨日8/15は、73年目の敗戦記念日。
テレビで高校野球の二回戦、沖縄の興南と東千葉の木更津総合の試合の途中、正午の黙祷。
試合は、残念ながら興南が完封負け。
藤木投手もがんばったが、興南は得点チャンスを生かすことができず、点が入らなかった。
見方によっては接戦だったのだが……。
これが高校野球なのだろう。

友人夫妻(MOTEL=須藤もん&対馬照)のウェブサイトが、須藤もんさん自らの手による新サイトに移行。
私が担当していた旧サイトは閉鎖することになった。
今年いっぱいぐらいは、新サイトへのリンクを掲載して残しておく。

昨夜からずっと、南風が強い。
(8/16 10:10記)

2018年8月14日 (火)

2018年8月14日(火)

蒸し暑い日が続く。
きのうほどではなく、雷雨もなかった。
今日も、午後からエアコンを入れる。

金曜日から読んでいた『弥勒世』上下巻を読了。
ついでに、読みかけだった平凡社新書『松浦武四郎と江戸の百名山』も読み終えた。
こちらは、地図が載っているといいのに、と思う。

歌を歌う友人が、ついに自力でウェブサイトを作り上げた。
よかった、よかった。
これまで私が担当していたサイトから、リンクを貼って飛ばすことにした。

明日、高校野球、沖縄興南の二回戦の試合がある。
テレビを見なくては。
(18:35記)

2018年8月13日 (月)

2018年8月13日(月)

朝から曇り空。蒸し暑い。

昼過ぎまでエアコンを入れずに窓を開けて過ごしていたが、蒸し暑さに負けてエアコンを入れる。
雲行きが怪しくなり、雨雲が広がって稲光、その後雷雨。

今日は、車で買い物に出た他は、家で本を読んで過ごした。
(18:20記)

2018年8月12日 (日)

2018年8月12日(日)

今日も蒸し暑い曇り空。
最高気温31度。

昼過ぎ、車で家を出て三鷹の友人宅へ。
ひさしぶりの訪問。

作成中のウェブサイトを見せてもらい、サイト作成のお困りごと相談を受ける。
解決策がみつかってよかった。

アップルパイとコーヒーをいただき、3時間ほど滞在。

帰り道、弁当を買って帰宅。

一昨日から読んでいる馳星周『弥勒世』、下巻に突入。
物語の展開が意表をつき、息つく暇もなく”読ませる”、心憎い小説だ。
(20:20記)

2018年8月11日 (土)

2018年8月11日(土)

山の日。

朝から曇り空。昼頃から小雨。
最高気温32度。蒸し暑い。

昼頃、外出する家人を駅まで車で送る。

帰宅後、本を読んで過ごす。
馳星周『弥勒世』上巻。
「本土復帰」直前の沖縄を舞台にした小説。
上下巻ともに単行本で600ページのボリュームだが、リズミカルな文章に引き込まれて、ぐいぐい読み進める。
それでも、まだ上巻の三分の二ほど。

フィクションではあるが、当時の沖縄の状況が巧みにに描かれていて感心する。
登場人物が魅力的。
「マブイ(魂)」「アシバー」「うーまく」「ふりむん」といった、うちなーことばが、うまく使われている。
これぞ、沖縄。
(17:40記)

2018年8月10日 (金)

2018年8月10日(金)

今日も33度の暑さ。

午前中、近所の眼科医で、二か月に一度の定期健診。
右目視野検査では、これまでと大差なし。
薬局で目薬を受け取って帰る。

図書館で、予約してあった本を受け取る。
馳星周『弥勒世』という上下二巻の分厚い小説。
帰宅後、読み始める。
面白い。

テレビで高校野球を少し見る。
一回戦も明日で終わる。
(18:40記)

2018年8月 9日 (木)

2018年8月9日(木)

一晩中、北風がヒューヒュー吹いていた。
雨はそれほど降らず、台風13号の影響は、あまりなかった。

台風一過の青空はなく、蒸し暑い一日。
最高気温37度近く。

朝からテレビで高校野球を見る。

第4試合、沖縄興南と土浦日大の試合。
興南のピッチャー藤木は、俳優の藤木勇人さんの息子さん。
藤木さんは、狛江M.A.P.で落語を聞かせてもらった。
9月1日にも、沖縄映画と藤木さんの落語のイベントがある。
(藤木さんは、高校野球の決勝戦の日まで、仕事の予定を入れていないそうだ)

ということで、こちらも応援に力が入る。

何度ものピンチを切り抜け、8回表にリリーフ・ピッチャーと交代したが、味方の猛打に助けられて6x対2で勝利した。

昨夜、沖縄の翁長知事が癌で亡くなった。
ショックだった。
翁長さんも、今日の興南の試合を見たかったことだろう。

明日からも30度を軽く超す猛暑が続きそうだ。
次の台風14号が、沖縄に向かって北上中。
(18:35記)

2018年8月 8日 (水)

2018年8月8日(水)

終日、雨。
風も強くなってきた。

台風13号は、まだ、ゆっくりと北上中。
千葉、茨城あたりへの影響が大きそうだ。

市から、避難所開設のアナウンスがメールと放送であった。

夕方、コンビニへ行っただけで、一日中、家の中で過ごす。

朝から高校野球をテレビで見ていた。
(18:10記)

2018年8月 7日 (火)

2018年8月7日(火)

先日の12号に続き、台風13号が関東目指してゆっくりと北上中。
こんどの台風は関東直撃か。

そのせいだろう、今日は朝から雨。
昼頃には止んだが、曇り空。
ただ、気温が低いので助かる。20度台前半。
今日はエアコンがいらない。

朝から午後3時頃まで、職場で仕事。
といっても、収入に結びつかない定例会議と、個人講習の見学・サポート。

明日は大荒れの天気になりそう。
家でおとなしくしていよう。

今日は、高校野球を見られなかった。

風呂にはいって、さっぱりした。
(16:55記)

2018年8月 6日 (月)

2018年8月6日(月)

きのうから始まった高校野球。

きのうも2試合、テレビで見てから小金井公園(江戸東京たてもの園)に行った。
今日は朝から4試合、途中でスーパーへ買い物に出た時間を除き、ずっとテレビを見ていた。

北海道勢2校の試合(第3・第4試合)が続いた。
南北海道代表の小樽・北照は負け。
第4試合の旭川大高と佐久長聖は延長戦にもつれ込んだ。

延長12回まで両チーム無得点。
なんと、13回からはタイブレーク(ノーアウト、走者一塁・二塁から始める)が適用された。
これは、はじめて見る。

14回表、佐久長聖が1点を入れ、その裏、旭川大高は点を入れられず、結局4対5で、わが出身地の高校は負けてしまった。

最後までどうなるかわからない、白熱した試合だった。

スーパーで、今シーズンはじめて西瓜を買った。
ブルーベリーも盛りなので、また1パック買ってきた。
(19:20記)

2018年8月 5日 (日)

2018年8月5日(日)

今日も暑かった。

夕方から、車で都立小金井公園の江戸東京たてもの園へ。
「下町夕涼み」(8/4と8/5の両日)というイベントを見てきた。

たいそうな賑わい。
ビアガーデンもあって、妻はビール、私はペットボトルのお茶。
ソーセージやら焼き鳥やら焼きそばを食べ、最後に園内の「蔵」で武蔵野うどんを食べた。

かわいらしい浴衣を着た、幼い子どもが多かった。
入園した午後4時頃はそうでもなかったが、2時間後に帰る頃には、入園券を買う行列ができていた。

木陰では風が涼しかったが、やはり暑さは並大抵ではなかった。

午後7時から、ラジオの東京FMで村上春樹の番組「村上RADIO」を聴く。
彼の肉声を聴くのは初めて。
多彩な音楽の趣味には、あらためて感心する。
トークは、それほど面白くもなかった。

図書館にリクエストしてあった『村上春樹の100曲』(栗原裕一郎編、立東舎、2018/6/15)を受け取ってきた。

調子の良くなかったWindows7機、スタートアップから不要なソフトの起動をはずしたら、軽快になった。
さらに、これも動作がおかしかったウィルスバスターを再インストールしたところ、不具合が直った。
やってみるもんだ。
(20:10記)

2018年8月 4日 (土)

2018年8月4日(土)

下北沢「ラカーニャ」で、西川郷子さんのバンド「星ノ飛ブ夜」のライブを聴き、さきほど帰宅。

今夜は、最高のパフォーマンスを見せてくれた。
音響がよく、このバンド(ヴォーカル、ギター、パーカッション)の良さを引き出していた。
店内はそれほど混雑していなくて、ゆったりと聴くことができた。

下北沢駅は改築工事中で、ホームから改札口まで迷路のようになっていた。
早めに着いたので、まずはミスタードーナツで冷たいものを飲んで休息。

駅周辺の商店街も迷路で、そこに若者を中心に人がたくさんいた。
この暑いのに、である。

軽い夕食をどこで取ろうか、と、あちこち歩きまわったあげく、おいしそうなカレー屋を発見。
ファストフード店ではなく、ちゃんとしたカレーを食べて、ゆっくりしてからライブの店に行った。

それにつけても、行くたびに迷う下北沢の駅界隈。

暑い日だったな。
(23:20記)

2018年8月 3日 (金)

2018年8月3日(金)

今日も、当地は37度(ネット情報)。
朝からエアコンを入れて過ごす。

松浦武四郎の伝記小説を読み終えて、図書館に返却。

午後、車で相模原へ。
用を済ませて、途中で夕食をとって帰宅。

夕食の店を出ると、雨がぱらついていた。
途中、ややつよい雨も。
どうやら局地的に強い雨が降ったようだ。
路面がところどころ濡れていた。
ほんとうに、ひと雨ほしいところだ。

明日からも35度超えの暑い日が続く。
(22:10記)

2018年8月 2日 (木)

2018年8月2日(木)

早朝4時に寝汗で目ざめてしまった。
エアコンを入れっぱなしにしていても、明け方、暑くて目ざめることがある。

今日も最高気温が37度を超えた(ネット情報)。
40度を超えた土地もあったという。

午前中、近くの友人宅を訪ねる妻を、車で送る。

帰宅後、エアコンを効かせた室内で、ラジオを聴き、きのうから読んでいる小説を読む。
松浦武四郎をモデルにしたものだが、妙に明るく描かれている武四郎。
絵師の河鍋暁斎の娘・豊が、武四郎の昔話を聞くという趣向。
これはこれで、面白い。

午後、妻を車で迎えに行く。
帰り道、コンビニで買い物。
夜、妻は妹のところへ。三姉妹が集まるという。

テレビのプレッシャーバトル(俳句)を見る。

普段使っているWindows7のPC(このPC)の反応が鈍い。
まさか暑さのせいではないだろうが、あれこれいじってみるが、あまり改善されない。
ハードディスクのクラッシュ(いちど経験している)だけは、ご免こうむりたいものだ。

夕方、西の空が異様な色に染まっていた。
(20:35記)

2018年8月 1日 (水)

2018年8月1日(水)

今日から8月。

なんと、最高気温37度。
(これまでも気温の記録はネット情報による)

妻は洗濯、私は室内掃除。
朝からエアコンを入れないとやっていられない。

炎天下、近くの図書館まで歩いて行き、予約してあった本を受け取る。
河治和香 『がいなもん 松浦武四郎一代』 小学館(2018/6/13)。

立川に用のある妻を、車で送り、コンビニ駐車場で待機して迎えに行く。
改装された立川病院の食堂に入ってみた。
ここで昼食。
価格は普通、味も普通、といったところ。

帰り道、スーパーで買い物。
スイカを買おうと思ったが、手頃な大きさの玉がなく、カットされたものはいやだというので、やめにした。

帰宅後、エアコンを効かせた室内で、ラジオを聴き、本を読む。
(18:05記)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Facebook

Twitter

  • 気まぐれにツィートしています よろしければFollowを
無料ブログはココログ