« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月31日 (水)

2018年10月31日(水)

10月最後の日。
気温20度、からっとした天気。

来月の講習資料を作ったり、本を少し読んだり。

午後、市内の健康センターで肺がん検診を受ける。
問診とレントゲン撮影。
喀痰検査の容器をもらってきた。

帰りに、スパーで買い物。
(20:20記)

2018年10月30日 (火)

2018年10月30日(火)

朝からよく晴れた。まさに、秋晴れ。

8時頃、車で家を出て、立川の病院へ。
先週木曜日に耳の掃除をしてもらった後、出血して瘡蓋(かさぶた、ってこんな字だったんだ)ができ、その後も、耳の中がガサガサしていた。
それを診てもらったところ、そっとしておくのがよいとのこと。
簡単な診察で終わった。

鼻のCTの結果は、まだ出ていなかったので、来週木曜日に再度診察してもらう。

帰宅後、PCに向かって、小平図書館友の会の会報編集と、来月のPC講習に向けて資料作成。
やり始めれば、スイスイできるのだが、始めるまでは、あれこれ考えて悩んでしまう。

明日は、市の肺がん検診。
(19:20記)

2018年10月29日 (月)

2018年10月29日(月)

秋晴れ。
昼間は23度ほどの暖かさだったが、夕方になって冷えてきた。
今朝の明け方も10度を切る肌寒さだった。

午前中、公営住宅家賃関係の申請手続きに行く。
帰宅後、小平図書館友の会の会報編集作業を、すこし。

午後、相模原へ。
生協の品物受け取り。

相模原の書店で、来年の手帳を買う。
壁掛けカレンダーに気に入ったものがなく、書店近くの百円均一店をのぞいてみたところ、なんと壁掛けカレンダーが税込108円で売っていた。
まともなものだったので、購入。

夕食をとって、さきほど帰宅。
(20:45記)

2018年10月28日 (日)

2018年10月28日(日)

今日も朝からいい天気。

11時頃、車で家を出て八王子へ。
八王子市東浅川町(高尾駅近く)の「ギャラリー 白い扉」で、昨日から開催されている岡崎武志さんの素描展を見に行く。

駐車スペースがあまりなさそうなため、近くのスパーに寄って買い物をして、そこの駐車場に車をとめる。

ギャラリーは、ふつうの民家だったが、瀟洒な建物。
ギャラリーのご主人と話をしながら、岡崎さんの作品を拝見する。
すぐ目にとまったのが、額にはいった山崎ハコさんの似顔絵。

値段も手頃だったので、喜んで購入。
行きの車の中で、ちょうどハコさんの歌を聴きながら運転していたので、なんという巡りあわせだろう。
会場で販売されていた冊子(岡崎さんの素描集、ほか)も購入。
小一時間滞在して、他のお客さんが見えたのを潮時に、おいとました。

行きがけに、市内の図書館に寄って、リクエストしてあった本を受け取る。
米山勇さん監修、伊藤隆之さんの写真・著『世界がうらやむニッポンのモダニズム建築』(地球丸、2018/10/15発行)。
地元の図書館では未所蔵だったが、リクエストしたら購入してくれたようで、これもうれしい。

天気もよかったし、いい日だったな。
(16:20記)

2018年10月27日 (土)

2018年10月27日(土)

朝まで雨。のち、晴れ。
暖かい一日だった。

8時過ぎに家を出て、鎌倉市の友人宅へ向かう。
バスで立川へ。立川から南武線で川崎、東海道線で大船へ。
駅まで迎えに来てくれた友人の案内で、バスに乗り20分ほど。

丘陵地帯の団地に、一昨年引っ越した友人夫妻。
そこへ、はじめての訪問。
お昼をご馳走になり、数年ぶりの再会に話がはずんだ。
住まいの裏手が小高い丘で、緑に囲まれたうらやましい環境。

午後3時過ぎ、おいとまして、往路と同じ経路で立川に戻り、夕食をとって帰宅。
片道2時間半の遠路だったが、行ってよかった。
(20:30記)

2018年10月26日 (金)

2018年10月26日(金)

曇りときどき晴れ。
昨日の秋空はどこへやら。

家人は、朝、同期会に出席するため家を出た。
車で駅まで送る。

帰宅後、室内掃除。
昨日はじめた本の整理の続き。

手放すことに決めた本(段ボール箱1箱と紙袋1つ)を車に積み込んで、八王子の古書店へ。
横山町の「古書むしくい堂」。
ここは、以前、岡崎武志さんのトークイベントが開かれたときに知った店。
店名は、TBSラジオ「たまむすび」の赤江玉緒さん命名とのこと。

船戸与一『満州国演義』単行本全巻(文庫で持っているので手放す)、新潮文庫「日本文学100年の名作」全10巻(完読)、その他を持ち込み、思ったよりも高額で買い取っていただいた。
店主としばらく立ち話。
そこへ岡崎武志さんがいらっしゃった。
明日からの八王子でのイベントの準備とのこと。
日曜日にでも、行ってみようかな。

「むしくい堂」までは、車で往復35キロほどだった。
カーナビを見ながら行ったのだが、何度か道をまちがえる。
お店の周辺にコインパーキングがたくさんあって、助かる。
一時間ほど駐車して300円というのもありがたかった(20分100円)。

買い物をして、夕方、帰宅。
(18:15記)

2018年10月25日 (木)

2018年10月25日(木)

きもちのいい秋晴れの日。

朝食を終えて、すぐに車で立川の病院へ。
先日の検査結果(腹部エコーと胃カメラ)を聞きに行った。

鼻の調子もよくないので、先に耳鼻科の診察を受ける。
とくに異常はなかったが、念のために鼻の奥(頭部)のCTスキャンをすることになった。

内科診察では、先日の検査結果で異常なし。
CTスキャンをして、終了。
二週間後に結果を聞きにいくことになった。

どこか悪いのではないか、という気はまったくないのだが、何か症状がでるとやはり気になる。
67年も生きてきたのだから、そろそろ体にガタがきてもおかしくない。
気になることがあれば、病院で診てもらうのがいい。
神経質になることはないけれど。
(19:20記)

2018年10月24日 (水)

2018年10月24日(水)

晴れ、気温22度。

午前中、仕事。
そのまま車で小平へ移動。
途中のコンビニで軽く食べて、午後1時半からの月例会議(小平図書館友の会)に出席。

明日も晴れそうで、よかった。
午前中、立川の病院で昨日の検査結果を聞く。
鼻の調子もよくないので、耳鼻科も受診しようか。
(18:30記)

2018年10月23日 (火)

2018年10月23日(火)

雨模様、肌寒い日。

朝食抜きで家を出て、バスで立川の病院へ。
腹部エコーと胃カメラの検査。
エコーは、どうということもない簡単な検査。慣れている。
今回、胃カメラは、はじめて鼻からの内視鏡にしてもらった。
楽だった。
これからは、鼻からにしてもらおうと思う。

胃の状態は悪くないようだ。
エコー検査の結果とあわせて、近いうちに診察で聞いてくるつもり。

病院からの帰り、立川駅前の伊勢丹地下で、パンその他を買う。

明日は、午前中、仕事。午後は、小平図書館友の会の月例役員会に出席する。

午後、家人に頼まれてスーパーで買い物。
今夜は、豚汁。
(16:50記)

2018年10月22日 (月)

2018年10月22日(月)

今日も秋晴れ。

埼玉の義兄(自宅療養中)を見舞いに、義妹夫妻の車に便乗して出かける。
片道40キロほどの道のり。

昼前に現地に着き、通りかかった蕎麦屋で昼食をとる。
本格的な手打蕎麦の店が、住宅地の中にあった。
開店時刻の直後だったが、混雑していた。

義兄の家に3時間近く滞在し、帰ってきた。

明日は、立川の病院で検査。
腹部エコーと胃カメラ。
とくに、はっきりした自覚症状はないのだが、念のためということで。
(19:10記)

2018年10月21日 (日)

2018年10月21日(日)

朝から秋晴れ、いい天気。

今日は、小平の市民まつりを見に行く。
小平に住んでいた頃は、会場のあかしあ通りがすぐ近くだったので、よく見に行ったものだ。

バスで東大和市駅へ、そこから西武線で小平駅へ。
小平駅から青梅街道の仲町交差点まで1キロ弱を歩く。
交差点からの「あかしあ通り」が会場。

沿道には出店が出ていて、あかしあ通りには山車や神輿が出番を待っていた。
人が多い。
南へ向かって歩いていくと、よさこい踊りの団体が幾組も道路を埋めていた。
小平では小学校ごとに、よさこい踊りのチームができていて、この市民まつりを賑わしている。

よさこいを見物し、沿道の店で焼きそばや串焼きを買って、コンビニ前の駐車場で食べる。
家人は生ビールをおいしそうに飲んでいた。

2時間ほどいて、人ごみに疲れたので、小平駅に戻り、モスバーガーでコーヒーを飲んでひと休み。
西武線とバスを乗り継いで帰宅。

晴れた一日だったが、暑くなくてよかった。
(20:05記)

2018年10月20日 (土)

2018年10月20日(土)

ひさしぶりの青空。
室内干しの洗濯物をベランダの物干しにかける。

昼間は、車で相模原へ。
帰路、昼食をとって、帰宅。
バスと電車(西武線)で拝島へ向かう。

バスを降りると、突然の雨。
家を出るときに雲行きが怪しかったので、念のために傘を一本持って行ってよかった。
心配なので、東大和市駅の売店で、もう一本傘を買う。
(家人と二人ででかけたため)

拝島駅構内の店で早めの夕食をとり、八高線でひと駅の東福生へ。
駅からすぐ、横田基地の向かいにある「カフェ・ド・ノエル」でのライブ。
"Sleepy Maki Tokutaro"さん、MOTEL、井上としなりさん、の三組。

18時半過ぎに始まり、21時半頃まで。
としなりさんに会うのは、昨年11月に北海道ライブツアーに同行して以来。

家人も、ひさしぶりに須藤もんさんに会えて、喜んでいた。

東大和市駅からバスで、午後11時前、帰宅。
拝島から乗った西武線の電車が、ライナー仕様の新型車両だった。
はじめて見る車両。乗車前に座席シートが電動で動くのを見て、面白かった。
(23:35記)

2018年10月19日 (金)

2018年10月19日(金)

今日もまた、はっきりしない天気。
気温も20度に届かず、肌寒い一日だった。

今週は、住棟の掃除当番。
今朝は可燃ゴミの日で、掃き掃除とエレベーターのマット掃除。

午前中、仕事。
今日は出なくてもいい日だったようなので、午前中でおいとまする。

出しっ放しだった扇風機を片づける。
収納場所、押入れの天袋にしまうのが、いつも一苦労。
使う機会がなくなったまま置いていた扇風機が片付いて、すっきりした。

図書館から借りていた五木寛之の本を返却して、だいぶん前に買ってあった新書を読み始める。
佐藤健太郎 『世界史を変えた薬』 講談社現代新書2338 (2015/10/20) 185ページ。
アヘンの話(第4章 モルヒネ)が興味ぶかい。
清国(中国)で知られていなかったアヘンを、イギリスが強引に持ち込んだことで(中国からの茶の輸入による貿易赤字解消のためだ)、あっという間にアヘン中毒が蔓延。これを排除しようとした清国とイギリスの間に起こったアヘン戦争。
アヘンと戦争との強い関連性については、五木寛之も指摘していた。

今夜は、女子バレーボールの5位決定戦(対アメリカ)がある。
バレーボール、特に女子は、面白いのでテレビで見るつもり。

明日の夜は、ひさしぶりにMOTELのライブを聴きに行く予定(福生)。
明日は晴れ間が出る予報だが、どうだろう。
(16:40記)

2018年10月18日 (木)

2018年10月18日(木)

朝のうち晴れ間が出て、布団を干していたら、曇ってきた。
気温は秋。秋晴れが待たれる。

眼科医へ行く家人を車で送り、帰宅後は本を読んで過ごす。
木村盛武 『慟哭の谷 北海道三毛別・史上最悪のヒグマ襲撃事件』 文春文庫 (2015/4/10) 220ページ、読了。
クマが火を恐れないこと、大人数の人間がいても安心できないこと、など、知見多し。
星野道夫さんがカムチャッカで熊に襲われて無残な死をとげた事情が、わかりやすくまとめられている。

このところ、Facebookに怪しいおねえさん(プロフィール写真)から友達リクエストが続く。
もちろん、すぐに削除、スパム報告。

読書がすすむ。
秋だからか。
(18:10記)

2018年10月17日(水)

秋らしい気候になった。

昨夜は下北沢までライブを聴きに行き、帰りが遅くなった。
これは昨日(10/17)の日記。

昼頃まで晴れていたが、曇り空になって肌寒かった。
午後、バスで立川へ。
長袖シャツだけで、上に何も羽織って行かなかったので、バスの中は肌寒かった。
どうやら冷房が入っていたようだ。

立川駅ビルのユニクロでフリースを買って羽織る。
中央線電車で吉祥寺乗り換え、井の頭線で下北沢駅へ。
下北沢は駅舎の改修が続いていて、出口までは迷路のよう。

南西口を出て、やはり迷路のような路地をたどり、ライブハウス「ラカーニャ」へ。
ちょうど、店の人が今夜のライブの案内を入口の看板に貼りつけているところだった。
開店時刻をかんちがいしていた。
午後7時開店、7時半開演だった。

時間が早すぎたので(開店まで一時間以上もあった)、ココイチでカレーを食べ、まだ時間があったのでコーヒーを飲める店にはいって時間をつぶす。
下北沢駅周辺は飲食店が多いが、コーヒーだけ飲める店は少ない。

今夜は、西川郷子さんのバンド「星ノ飛ブ夜」のライブ。
先日の豪徳寺でのライブの帰りに、他人様の傘を持ち帰ってしまったのだが、知り合いの知り合いが持ち主だとわかった。
その傘を、お店の開店時に会えた知り合い(ファン仲間)に渡すことができた。

ずっと気になっていたことなので、ほっとした。
お礼として持って行ったワイン二本も、きもちよく受け取ってもらえた。
こういうことでも、自分はくよくよする性格なのだな、と思う。

ライブは、いちばん前の座席で、このバンドの音楽を楽しむことができた。
ギタリスト(小沢あきさん)の指の動きや表情、パーカッション(関根真理さん)の表情、ボーカルの西川郷子さんの様子など、至近距離で見ながら。

ライブは、休憩をはさんで2時間ほど。
午後9時半過ぎに終わり、下北沢駅から井の頭線に乗ったのだが、どういうわけか吉祥寺行きとは逆の渋谷行き各駅停車に乗ってしまった。
あわてて次の駅で下車し、反対ホームの電車を待ち、吉祥寺経由で立川に戻った。
電車の乗り間違いが、最近多くなった。
我ながら大丈夫だろうかと思う。

立川発の最終バスに間に合い、午後11時過ぎに帰宅。

出かける前に、五木寛之の新刊を読み終え、文庫本を持って行って乗り物の中で読んでいた。
木村盛武 『慟哭の谷 北海道三毛別・史上最悪のヒグマ襲撃事件』 文春文庫。
例の傘を返すまでは、気持ちが本に集中できなかったが(この心理が自分でもおかしい)、帰りは集中できた。
吉村昭の小説で有名な、大正4年に起きたヒグマの襲撃事件を描いたノンフィクション。
北海道開拓時代の様子がわかって、興味ぶかい内容。
(10/18 10:00記)

2018年10月16日 (火)

2018年10月16日(火)

今日も曇天。
朝のうち、少しだけ陽がさしたが、パッとしない天気だった。

二か月に一度の歯科検診のため、車で小平へ。
その後、早めの昼食をモスバーガーでとり、ともだちを見舞いに行く家人を小平駅に送る。

書店を二か所まわり、注文してあった新書を受け取る。
スーパーで少しだけ買い物。

帰宅後、五木寛之の新刊を読む。
『七十歳年下の君たちへ こころが挫けそうになった日に』 新潮社 (2018/7/30)。
灘高生と早稲田大学の学生を相手の講演録。
なかなか面白い。

70歳も年下の若者を相手に、自身の青少年期の記憶や体験、作家としての想いを語り、学生たちからの質問の答える。

”デラシネ”という言葉を使いはじめたのは五木さんだが、これに関連してのアルベール・カミュの話、ピカソの”ゲルニカ”で描かれた空爆よりも古く、旧日本軍が昭和6年(満州事変の後)にやった”錦州爆撃”という無差別爆撃の話など、目新しかった。

夕方、家人が帰宅。
車で、ひさしぶりにバーミヤンへ行き、夕食。
(18:40記)

2018年10月15日 (月)

2018年10月15日(月)

日帰りバスツアーに出かける家人につきあって、めずらしく早起き(5時)。

朝のコーヒーを淹れて、6時過ぎに家人を見送る。
今週、住棟の掃除当番なので、そのまま掃除を始める。
容器プラごみの日なのに、プラスチックハンガーを出している人がいて、回収。
注意喚起の貼り紙を出す。

朝食、昼食以外の時間を読書にあてる。
これほど集中して読むのは、ひさしぶり。

山崎雅弘 『日本会議 戦前回帰への情念』 集英社新書0842A (2016/7/20) 247ページ
安田浩一 『「右翼」の戦後史』 講談社現代新書2485 (2018/7/20) 278ページ

一昨日からの三日間で、この二冊の新書を読了。
どちらも市内の図書館から借りたもの。

午前中、少しだけ晴れ間が出たが、あとは終日、曇天。
最高気温20度だったが、曇り空のせいで肌寒い一日だった。
(16:15記)

2018年10月14日 (日)

2018年10月14日(日)

朝まで雨が残っていたが、日中は晴れ間がでた。

読んでいた新書を読み終えて、二冊、図書館に返却。
その足で、団地の運動場で開かれている秋祭り会場を覗く。
あまり、ぱっとしない祭り。

もう一冊、図書館から借りている新書を読み始める。

夜、テレビで世界バレー(女子)の試合を見る。
3チーム、2グループ(プールと呼ばれている)で戦う3次ラウンド。
今日の初戦、日本はセルビアにストレート負け。
明日、イタリアと対戦して結果が出る。

今日は、陽射しがあったぶん、暖かく感じられた。
(21:15記)

2018年10月13日 (土)

2018年10月13日(土)

今日も曇天。
20度に達しない肌寒い日だったが、雨は降らなかった。

昼前に車で家を出て小平の中央図書館へ。
視聴覚室で開催された小平図書館友の会の年次総会に出席。
総会は午後1時半から一時間。
その後、図書館一階の館外奉仕室で懇親会。
午後4時まで。

帰り道、鷹の台の古本屋「みどり文庫」に立ち寄る。
文庫を2冊購入。300円におまけしてもらった。

小平に向かう前、地元の図書館で予約しておいた本を二冊、受け取る。
一冊は五木寛之の『七十歳年下の君たちへ こころが挫けそうになった日に』(新潮社、2018年7月)。ひさしぶりの五木本。

小平中央図書館にも早めに着いたので、図書館の中を覗く。
小平は蔵書が豊富で、あらためてうらやましく思う。
きのうの毎日新聞夕刊に掲載されていた、安田裕美さんのインタビュー記事をコピーさせてもらう。

帰宅後、友の会の「声に出して本を読む会」の発表会(11/23)の案内を、友の会ブログに掲載。

明日も、17度の曇天らしい。
しばらく、ぐずついた天気が続きそう。
秋晴れが待たれる
(19:00記)

2018年10月12日 (金)

2018年10月12日(金)

曇りがちで肌寒い一日。気温22度。

午前中、車で小平の日帰り温泉へ行き、散髪と入浴、昼食。

帰宅後、午後1時を過ぎた頃、とつぜんタブレットからピーピーと警告音。
緊急地震速報のすぐ後、ガタガタと揺れた。

千葉北東部の地下50キロで、M5.3の地震。
千葉で最大震度4、このあたりは震度1だったというが、もう少し揺れは大きかったような気がする。
今回の緊急地震速報は正確だった。
茨城や千葉で地震が多いのが心配。

午後から夜にかけて、読みかけの新書を少し読む。
なかなか進まないが、あと少しで読み終える。
図書館にリクエストしておいた本が二冊、届いているらしい。
手元に二冊。

夜、7時半からテレビでサッカー(日本代表の国際親善試合、対パナマ戦)を見る。
きのうまでは、世界バレー(女子)を見ていた。
日本は、3次ラウンド進出(ベスト6)。
あさってから、また3次ラウンドが始まるので、楽しみだ。
(20:40記)

2018年10月11日 (木)

2018年10月11日(木)

ぐずついた天気。肌寒い(24度)。

午前中、立川の病院へ。
一週間前に受けた検査(大腸ファイバー)の結果を聞く。
検査後の医師の説明では、ポリープなどなかったとのことだったが、今日の医師の説明では、小さなポリープがあったものの問題なしとのこと。

胃カメラと腹部エコーの予約をする。
この際、あちこち検査しておこうと思う。

帰宅、昼食後、家人を近くの眼科医へ車で送る。
すぐにメール連絡があり、なんと臨時休診。空振りに終わった。

迎えに行った足で、立川のいつも行くスーパーで買い物。
栗が出始めていたが、購入せず。

髪の毛が伸びてきたので、明日、日帰り温泉で散髪してこよう。
土曜日は小平図書館友の会の年次総会。
(16:40記)

2018年10月10日 (水)

2018年10月10日(水)

晴れて、25度。汗ばむ陽気だった。

朝、9時過ぎに自転車で家を出て、市立郷土博物館へ。
多摩湖の周囲を巡る多摩湖自転車道をまわったので、坂道で汗をかく。
自宅から片道4キロぐらいか。

博物館では、「明治時代の東大和」と名づけられた企画展示と、二階の常設展示を、ざっと見る。小一時間滞在。

自転車で、ふだんめったに行かない上北台のコープに行って、買い物(おでんの材料)。
その前に、コープの近くのダイソーに寄る。
中央図書館で本を返却して、帰宅。

昼食後、仕事関係の資料の整理。
仕事のポスター・ちらしの更新を思い出し、近くの地域センターと集会所の二か所へ行って、更新手続き。

明日からは、曇りがちの天気になるようだ。
明日は、立川の病院へ行く予定(先日の検査結果を聞く)。

今夜は、ひさしぶりの、おでん。
(17:25記)

2018年10月 9日 (火)

2018年10月9日(火)

25度超えの夏日。晴れ。

市役所へ行き、医療費関連の手続きを二つ。
帰り道、スーパーで買い物。
ユニクロでは長袖シャツを買う。
珍しく、家人同行。

帰宅、昼食後、もう一度、車で出かける。
ジーンズ(家人)の裾上げを頼みに、駅前の直し屋へ。

読みかけの新書を読む。
難しい内容なので、少し読んでやめる。
岡崎武志さんがらみで買ってあったマンガ『古本屋台』を読む。
これは面白かった。

夜になっても室内は暑い。
車で外出していたら、車窓から蝉の鳴き声が聞こえた。
夏に戻ったような空。
(19:05記)

2018年10月 8日 (月)

2018年10月8日(月)

体育の日。
曇りのち晴れ。気温21度。

午前中に家を出て、バスと電車で両国に向かう。
少し早く着いたので、江戸東京博物館を覗いてみようと思ったが、南口の博物館まで行って展示室には入らず、駅に戻る。
駅の立ち食い蕎麦を食べ、北口、回向院の隣りの劇場「シアターX(カイ)」へ。

「ピープルシアター」の公演「燃えひろがる荒野」の、最終ステージを観た。
船戸与一原作「満州国演義」による、三部作の二回目公演。
昨年10月22日に、第一回公演「燃えあがる荒野」を観ている。
この後、来年、三回目の公演「燃えつきる荒野」があるという。

13時、チケット販売(予約済み、シルバー料金4,000円)。
13時半開場、14時開演。
16時20分頃、終演。

舞台セットを変えず、暗転のみでシーンを切り替えるという、面白い舞台構成。
船戸与一の原作からして、たくさんの登場人物の台詞から成り立っているので、この芝居も台詞が多い。
原作を読んでいない観客には、ストーリーを追うのは厳しい舞台かもしれない。
原作を二度、通して読んでいるものの、私にとってもストーリーを思い出すのはたいへんだったが、観ているうちに思い出してきた。

座席数300席が、ほぼ満席。
前回(一回目公演)のDVDを販売していたので、開演前に購入。

帰りがけ、立川駅でパンを買って、18時過ぎに帰宅。
(19:35記)

2018年10月 7日 (日)

2018年10月7日(日)

気温31度、暑い一日だった。

自転車に乗って、買い物と図書館へ。
新書を2冊借りる。

梅林宏道 『在日米軍 変貌する日米安保体制』 (岩波新書、2017年6月)
山崎雅弘 『日本会議 戦前回帰への情念』 (集英社新書、2016年7月)

どちらも、先日読んだ、白井聡 『国体論 菊と星条旗』で知った本。

さっそく『在日米軍・・・』を読み始める。
日米安保、日米軍事同盟、在日米軍等々、基本的なことを押さえておきたいと思う。
(18:20記)

2018年10月 6日 (土)

2018年10月6日(土)

朝9時過ぎに家を出て、車で勝沼へ。
国立府中インターから中央道に乗り入れたとたん、渋滞。
ほとんど進まない。
小仏トンネル付近で、車5台の追突事故があった影響で、2時間ほど渋滞の中を走る。

勝沼には12時半頃到着。
大雅園に車を停めさせてもらって、勝沼中央公園広場まで歩く。
第65回甲州市勝沼ぶどうまつりの会場へ。

ワインの試飲・販売、食べ物の出店など多数。
たいへんな混雑で、疲れてしまった。
家人は試飲用のワイングラスを1,000円で購入して、ワインの試飲。
肉やソーセージ、焼きそばなどを食べる。

大雅園に戻り、一時間ほど滞在。
ワインを購入。
友人宅に葡萄を発送依頼。
今シーズンは、葡萄の出来が早く、すでに甲斐路ぐらいしかなかった。
お土産にお菓子を持って行ったところ、葡萄をくださった。

勝沼インターから中央道で戻る。
帰りは混雑しておらず、17時前には国立府中インターから国道20号に出る。

五日市街道にある大戸屋に寄り、今シーズンはじめての秋刀魚を食べる。
18時半頃、帰宅。

台風25号は、明日の未明には温帯低気圧に変わって、北海道をかすめるという。
東京でも、今夜から明朝にかけて南風が強くなりそう。
(19:10記)

2018年10月 5日 (金)

2018年10月5日(金)

曇りのち雨。気温21度。

朝、家人を車で立川へ送る。
帰りに、スーパーと農家の直売所で買い物。
ガソリンスタンドで給油。

帰宅後、風呂の掃除と室内掃除。

白井聡『国体論 菊と星条旗』(集英社新書)を、ようやく読了。
7月末から読み続けていたもの。
なかなか刺激的な内容で、著者の論には概ね同意できるものの、よく理解できない難しい部分も多く、もう一度読まないと理解しきれないのかとも。
同じ著者の『永続敗戦論』もそうだった。

明日は、勝沼ぶどうまつりに行こうと思う。
高速道路走行に備えて、タイヤの空気圧も調性済み。

「大型で強い」台風25号が沖縄を過ぎて北上、24号と同様に進路を東に変えて日本海に進んでいる。
7日には、北海道で大荒れという予報。
今朝9時頃、北海道の胆振地方で、また震度5弱(M5.2)の地震があった。
(21:35記)

2018年10月 4日 (木)

2018年10月4日(木)

気温23度、曇りときどき雨の肌寒い日。

朝から車で立川の病院へ。
昼過ぎまでかけて、大腸ファイバー検査。
軽い炎症があったものの、ポリープなどは見つからず、よかった。

大腸ファイバー(内視鏡)は、これで4度目。
かつてポリープが見つかって、その場で切除したことがあったが、大丈夫そうだ。

私にとっては、胃カメラよりも楽な検査。
検査前の下剤処置がきびしいが、おなかはすっきりした。

大腸がセーフだったので、胃カメラも受けてみようかと思う。
今は、鼻からのカメラもあるし。

昼食は、病院の建物にある職員・患者用の食堂でとった。
値段は安いが、それなりの内容。
(16:50記)

2018年10月 3日 (水)

2018年10月3日(水)

秋らしい、涼しい天気だったが、曇りがち。

午前中、近くの眼科医へ自転車で。
なぜか混雑していて時間がかかった。
右目の視野検査(中心部のやや精密な検査)を受け、視神経がかなりやられているという。
眼圧もやや高め。
目薬で眼圧を下げる治療を続けて、次回、下がっていなければ目薬を変えるという。
緑内障の手術は、リスクが高いだけで効果は保証できないようだ。

午後は家で過ごす。
明日は、立川の病院で大腸の内視鏡検査を受ける。
はっきりした自覚症状はないのだが、しばらくやっていないので、念のため。
次には胃の内視鏡もやっておこうかと思う。

医療費がかかるばかりだが、歳をとると、しょうがない。
(16:45記)

2018年10月 2日 (火)

2018年10月2日(火)

秋晴れ。
最高気温27度、涼しい秋風が吹いたが、陽射しは強く暑かった。

午前中、仕事の月例会議。

帰宅して昼食後、車で外出して用をたす。
クリーニング受け取り、小平のガソリンスタンドで洗車(台風で汚れていたので)、その後、買い物数か所。

出たり入ったりで、なんだか慌ただしい一日だった。
(16:45記)

2018年10月 1日 (月)

2018年10月1日(月)

台風一過の快晴、32度を超えて暑い。

昨夜は、10時頃から深夜2時頃まで、猛烈な南風。
ヒューヒューと風が鳴り、ベランダに置いてあったプラスチックの物入れが動くほどの強風が続いていた。

朝起きると、木の葉がベランダや北側の外通路に散乱。
掃き掃除をし、室内掃除、布団干し。
その後、スーパーまで買い物に出る。
車にも落ち葉がたくさん貼りついていた。

夕刻、真っ赤な夕焼けと、怪しい雲の西空。

旅行から帰って来る家人を、立川まで迎えに行く。
その足で、夕食をとり、帰宅。

暑い一日だった。

沖縄知事選(昨日、投開票)は、玉城デニー氏が8万票の差をつけて当選。
(21:10記)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Facebook

Twitter

  • 気まぐれにツィートしています よろしければFollowを
無料ブログはココログ