« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月30日 (金)

2018年11月30日(金)

晴れて暖かい日。
気温15度。

図書館とコンビニまで歩いていく道すがら、街路樹の紅葉を楽しみ、タブレットで写真に撮る。

きのうから、毎日少しでも歩くことを心がけている。
図書館までの往復1キロ、コンビニに寄り道して、さらに0.5キロ。
こんなものでは足りないのだけれど、歩かないよりはましだろう。

午後、相模原まで車で出かける。
帰りに夕食をとって、午後9時帰宅。

明日は、午後、阿佐ヶ谷で関野吉晴さんの映画を観る予定。
(22:00記)

2018年11月29日 (木)

2018年11月29日(木)

昼頃までは、よく晴れてきもちのいい日。
昨夜は雨が降ったようだ。

朝、バスに乗って(少し歩くために)立川の病院へ。
受付開始時刻を過ぎていたため、しばし順番待ち。

三週間前に受けた、アレルギーの血液検査の結果を聞く。
診察室に入るやいなや、女医さんから「スギ花粉アレルギー」の宣告。
何もないことを期待して行ったので、ちょっと驚く。

言われてみれば、そうかもしれない。
帰宅後、検査結果の数値をネットで調べてみたところ、「2.06」という数値は、まだ軽症らしい。
点鼻薬を4本、処方される。
薬が出ると思っていなかったので、くすり手帳を持っていくことを忘れてしまった。

立川駅北口から、南口にある病院まで往復2キロほど。
バス停までの往復も、停留所ひとつ分、早足で歩くことを心がけて歩く。
気のせいか、体が軽くなったように思う。

夜は、三鷹駅北口のライブハウス「バイユーゲイト」へ。
店の近くのコインパーキングまで車で行く。
20時開演で、帰りが遅くなりそうなので。
ここへ行くときは車で行くことが多くなった。
西川郷子さんと西村直樹さんのライブ「歌弦萬西西屋」を聴く。

ウッドベース(西村さん)の伴奏だけで郷子さんが歌うデュオ。
これがなかなかいいのだ。

休憩をはさんで、22時前に終了。
車で帰宅。
五日市街道経由で片道40分ほど、往復29キロ。

夕方から小雨。
(23:10記)

2018年11月28日 (水)

2018年11月28日(水)

19度まで気温があがり、晴れて暖かい日だった。

午前中、仕事。
いったん家に戻り、午後は立川の病院へ行く。

先日の検査の結果は異常なし。
ただ、持病の成人病の数値がまたあがっていて、ちょっと心配。
そろそろ薬を、という主治医に抵抗して、もう少し様子をみることにした。
三か月後の再診の予約をとる。

運動不足が原因とわかっているのだが、いよいよ本気で取り組まないといけないな、と思う。
三日坊主にならないように、少し歩く習慣をつけなければ。なんちゃって。

明日も、立川の別の病院へ。
先日受けたアレルギー検査(血液検査)の結果を聞きに行く。
こちらのほうは、心配していない。

元気でいたいものだ。
(20:45記)

2018年11月27日 (火)

2018年11月27日(火)

朝方は曇っていたが、やがて晴れ間がでて、暖かな一日。
最高気温18度。

車で買い物に行く。
ドラッグストアー、農家の販売所、スーパーなどをまわる。

二週間も読み続けていた、松島泰勝 『琉球 奪われた骨』 岩波書店を、ようやく読了。
これも図書館から借りている、川満彰 『陸軍中野学校と沖縄戦』 吉川弘文館を読み始める。

夜になって冷えてきた。
灯油ストーブをに火をつける。
(21:25記)

2018年11月26日 (月)

2018年11月26日(月)

晴れて、きもちのいい日だった。
夕方になって冷え込んできた。灯油ストーブに点火。

朝、寝坊して8時前に目がさめる。
プラスチックごみを出す日、あわててゴミだし。
室内掃除。

11時前に車で家を出て、あきる野へ向かう。
蕎麦屋「いぐさ」で昼食。
平日の昼は、さすがにすいていて、駐車場もあいていた。

その後、パン屋「スリール」まで行ってパンを買う。

帰宅後、風呂の掃除。
なかなか進まない本 『琉球 奪われた骨』(松島泰勝、岩波書店)を少し読んでいるうちに眠くなってしまった。興味ぶかい内容だが、難しい本。

そんなこんなで、夕方になってしまった。
明日は、ひさしぶりに出かける予定のない日だ。
(16:30記)

2018年11月25日 (日)

2018年11月25日(日)

気温15度、晴れて暖かかった。

北海道の友人に送る郵便物をポストに投函するついでに、近隣の紅葉をタブレットで撮影。

きのう処分した本や雑誌のおかげで、本棚に少しだけ余裕ができた。
今まで入りきらなかった雑誌類を、なんとか本棚に収める。
本棚の背面のベニヤ板がはずれているのを発見。
本を無理やり押し込んでいたからなあ。
すぐに直すこともできず、放置することに。

夕方、家人と車に乗って小金井公園の江戸東京たてもの園 「紅葉とたてもののライトアップ」会場へ。
一昨日に続いて二度目、今夜が最終日。

東ゾーン、下町エリアの 「万徳旅館」 で午後6時から開催される、「時空影絵」を見たかったので。
古い旅館の建物の二階の窓を使って、映像と影絵を映す試み。
なかなか面白かった。

東ゾーンの広場では、キッチンカフェとキャンドルナイト。
串焼きやらクラムチャウダー、甘酒、ホットワインなどを楽しむ。

一昨日も見た「切り絵のランタン」、全作品をデジカメに収めてきた。

午後7時過ぎまでいて、帰路、ジョリーパスタで軽く食べて、帰宅。
(22:00記)

2018年11月24日 (土)

2018年11月24日(土)

気温があがらず、13度、冬の寒さだった。

本の整理をして、少しだけ処分。
昼過ぎに車で家を出て、八王子の古書店「むしくい堂」へ行く。
珍しく家人同行。

段ボール箱2つの本や雑誌、写真集を、台車を借りてコインパーキングから店舗まで運ぶ。
査定してもらうあいだ、近所を歩いてみつけたコーヒー屋に入る。
ふたりで、ケーキとコーヒーをいただき、「むしくい堂」に戻って、代金を受け取る。

家人は薄着で行ったため、寒がっていた。
コーヒー屋から、コインパーキングにとめてあった車に戻って、私が本の代金を受け取るあいだ、待っていた。

「むしくい堂」の店主と、少しだけお話をして、小平図書館友の会の会報を渡す。

買い物をして帰宅。
今日は、ほんとうに寒かった。
今シーズンはじめて、灯油ストーブに点火して、夜は温かくすごす。
(20:25記)

2018年11月23日 (金)

2018年11月23日(金)

晴れて、さわやかな日。
気温は15度まであがらなかったが、予報がはずれて北風は弱かった。

午後3時、近所に住む義妹夫妻が来て、いっしょに一台の車で小金井公園へ。
江戸東京たてもの園のイベント「紅葉とたてもののライトアップ」を見てきた。

たてもの園のエントランスで、友の会の会員カードの更新手続きをする。
年会費1,500円を支払う。

着いたのが日没前だったので、まだライトアップが映えなかったが、たいそうな人出。
やがて日が暮れて、あたりが暗くなると、建物のライトアップがきれいだった。
東ゾーンの広場には出店もあって、ホットワインやら甘酒やらコーヒーを飲み、フランクフルトソーセージなどを食べる。
園内のうどん屋「蔵」で、さらに腹ごしらえ。

広場のキャンドルもきれいだったが、帰りがけに見た、「伊達家の門」をくぐった先の小路に飾られていた「切り絵のランタン」が闇に映えて、ことのほか美しかった。
国際基督教大学高等学校の生徒の作品だという。
みごとだった。

開演は20時までだったが、18時過ぎに、たてもの園を出る。
途中、青梅街道沿いのファミレスで飲んだり食べたり。
帰宅は21時頃。

いい一日だった。
(22:50記)

2018年11月22日 (木)

2018年11月22日(木)

曇天、冬空。
最高気温15度に届かず、いっきに冬の様相。

朝、立川まで車で家人を送り、帰りにスーパーに寄って買い物。
午前9時の開店まで、店の前で待つ。寒かった。

家に戻って、室内掃除。
レコードプレーヤーとプリンタの上に山積みになっていた雑誌や書類を片づける。
不要なチラシなどは捨てたものの、雑誌は絶対量を減らさないと、置き場所がなくなっている。今度、ゆっくり整理しよう。

昼食後、仕事場へ。
今日の講習(2日目)は担当ではないが、見学してきた。
午後4時まで。

住棟前の駐車場に戻ってきたところ、ちょうどバスで帰ってきた家人に会う。

そろそろ暖房がほしくなってきた。
灯油ストーブには、まだ灯油を入れていない。
エアコンの暖房を入れて、しのぐ。
(17:40記)

2018年11月21日 (水)

2018年11月21日(水)

最高気温17度。
陽が射して暖かい一日。ありがたかった。

きのうの夜中、1時過ぎに、妙な夢で目が醒めた。
知らない街で、仕事の時間が迫っているのに、道に迷っている夢。
不思議なことに、夢で何度も見たことのある道だ、と夢の中で思っている。
なんなんだろう。

しばらく寝られず、寝たと思えば、夏掛け布団はどこかへ行くわ、毛布は丸まってしまうわで、寒かった。
われながらひどい寝相だ。

今夜から、冬掛け布団に替えることにした。

今日は、朝から夕方4時まで、講習の仕事(講習の主担当)。
昼休みをはさんで、二組。
なんとか無事に終えて、ほっとした。

今月の大仕事は、これで終わった。
年内残り、遊びに行ったり病院へ行く他に予定はなく、気楽な毎日になりそうだ。
(18:30記)

2018年11月20日 (火)

2018年11月20日(火)

曇天。
ときどき陽が射したものの、気温は14度までしかあがらず、初冬のように肌寒い日だった。

午前中、職場で、明日の講習の準備作業。
午前11時に終わる。

夕方、小平の日帰り温泉「おふろの王様」へ。
ひと月ぶりに散髪、入浴、夕食。
さっぱりした。
(21:10記)

2018年11月19日 (月)

2018年11月19日(月)

曇りのち雨。
最高気温17度。

今日は昼食抜きで、昼過ぎに立川の病院へ。
首から腹にかけてのCTスキャン。
あいかわらず検査室の前には、たくさんの患者がいた。

造影剤の注射は気もちのいいものではないが、何度も受けている検査なので慣れたもの。

帰りにスーパーに寄って買い物。
病院を出たときから雲行きが怪しくなり、小雨が降ってきた。

夕食は、きのうの残りの豚汁。
今日は、すりおろした生姜を入れて、きざみ葱も忘れずに入れた。

テレビで大相撲中継を見る。
(17:55記)

2018年11月18日 (日)

2018年11月18日(日)

今日は曇ったり晴れたり。
最高気温15度で肌寒い日だった。

朝6時に起き、コーヒーだけ飲んで、団地住棟の草取りに参加。
今年三回目。
ほとんど草も伸びていないのだが、来春にそなえての草取り。
その後、一階のエレベター前ホールで話し合い。
8時過ぎまで。

終わってから朝食。
昼前、自転車に乗って2キロほど離れたスーパーまで買い物に。
少しは運動不足が解消できたか。

昼食後は、PCに向かって、今週火曜日からの講習の準備。

夕食は、家人が豚汁を作ってくれた。
肌寒い今の時期は、豚汁やおでんが、体を温めるので、いい。

明日の午後は、立川の病院でCTスキャンの検査。
(17:20記)

2018年11月17日 (土)

2018年11月17日(土)

今日も、いい天気。
最高気温19度、朝夕は一桁の気温で冷える。

午前中、自転車に乗って近くの眼科医へ行く。
左目の、やや詳しい視野検査。
大きな異常なし。
左右とも、前回より眼圧が下がっていて、よかった。
運動不足などでも眼圧が上がることがあるという、医師の説明。

昼食後、部屋の掃除をして、夏の綿毛布を洗濯するため、車でコインランドリーへ。
洗濯機4台(大きなものと小ぶりのものが各2台)のうち、大きな1台しか空いていなくて、やむをえず700円入れて洗濯。その後、乾燥機40分で400円。

今日は夕焼けがきれいだった。
(17:20記)

2018年11月16日 (金)

2018年11月16日(金)

今日も秋晴れ。
最高気温18度、風は弱かった。

朝から午後3時まで、昼休みをはさんで仕事。
昼食は市役所の食堂で。

帰宅後、何をするということもなく、夕方のテレビで大相撲を見ながら、簡単な夕食。
きのうから一泊のバス旅行に行っている家人の帰りは、遅くなりそう。

明日、午前中に近くの眼科医へ行こうと思う。
定期的な検査と診察。
(18:40記)

2018年11月15日 (木)

2018年11月15日(木)

秋晴れ。朝晩は冷え込む。

朝、一泊のバス旅行にでかける家人を駅まで車で送る。

午前9時半から昼まで、小平の元気村あすぴあで、図書館友の会の会報41号の印刷、封入作業。
印刷操作を間違えて、用紙を100枚ほど無駄にしてしまった。
なんという慌て者。

帰宅後、昼食。
午後2時頃、車で家を出て三鷹へ。
三鷹市公会堂での演劇集団 風煉ダンスの公演(白﨑映美主演)「まつろわぬ民」を観る。

車をスーパーの駐車場にとめさせてもらい、会場を確認後、古本屋まで行ってみようと歩いてみたが、あまりにも遠いため、引き返す。
コメダ珈琲にはいり、コーヒーとハンバーガーで早めの夕食。

公演の会場時刻午後6時前、入り口前の行列に並ぶ。
予約してあったチケット代金を払って、ホールでしばし待ち、客席へは定刻から遅れて午後6時40分頃。

この芝居を観るのは、これが三回目。
初回は2014年の仙川、二回目は昨年の高円寺、そして今回の三鷹。
今回は、今夜と明日の昼のマチネーの二回きり。
明日は仕事なので、今夜、行ったのだった。

開演は、これも定刻から遅れて午後7時20分頃だったか。
これまでの公演では、緞帳がなく、舞台装置が最初から見えていたのだが、今回は緞帳に隠れて見えず。
幕があいて、巨大なセット(これまでとほぼ同様)が見えた。
ステージの前には、楽団(トランペット、ギター・ベース、それに関根真理さんのパーカッション)が陣取り、生伴奏。

芝居の内容も、これまでとはやや趣を変えて、進化していた。
この芝居で訴えたいことが、よりくっきりした感じ。
ラストに向かって、盛りあがる演出だった。

終演は午後9時45分頃になった。
どうやら午後10時には会場を閉めなければいけないらしく、出演者の見送りもなく、公会堂を後にした。
開演前に、2017年山形公演のDVDがあったので購入。

自宅には、午後11時過ぎに帰った。
(23:55記)

2018年11月14日 (水)

2018年11月14日(水)

さわやかな秋晴れ。
北風が、かえって爽やかだった。

いつもより少しだけ早起きして、8時半頃、車で立川の病院へ。
30分ほど待って、内科診察。
今日は採血だけで、来週のCTスキャンの予約と、その後の診察予約をとる。

別の病院へ行っていた家人と待ち合わせて、車での帰り道、五日市街道の丸亀製麺でうどんを食べる。
スーパーとドラッグストアに立ち寄り、買い物。

帰宅後、友の会会報の最終チェック(明日、印刷作業)やら、仕事の資料作りでPCに向かう。

明日から、家人は一泊二日のバス旅行に行く。
私は、午前中、会報印刷・発送作業のため小平へ。
夜は、三鷹の公会堂で開演の白﨑映美主演の芝居 「まつろわぬ民」 を観に行く。
近くに車をとめられる場所があるし、友人宅の近くでよく知っている道なので、車で行く。
電車だと、三鷹駅からバスになって、面倒。

明後日は仕事。
日曜日は団地住棟の草取りになったし、来週は月曜から木曜まで、予定がびっしり入ってしまった。

大相撲、稀勢の里が物言いの末、負けてしまった。
(19:20記)

2018年11月13日 (火)

2018年11月13日(火)

最高気温16度。
風がなかったので、それほど肌寒さを感じなかった。

家人を立川の病院へ車で送り、帰りにガソリンスタンドで灯油を買う。
リッター92円。

帰宅後、室内掃除、風呂の掃除をして、灯油ストーブを出す。
まだ火を点けるほどではないが、だんだん寒くなるので。

小平図書館友の会の会報41号、若干の修正がはいる。
脱字一か所、訂正一か所。
これで決定稿になるか。
明後日、印刷・発送作業。

明日は、立川の病院へ。
二年以上前に薬で完治しているのだが、アフターフォローの検査を受けるように言われている。
明日は検査予約と採血か。
期間があいているため予約できないので、待たされるかもしれない。

大相撲、横綱稀勢の里は負けて、初日から三連敗。
だいじょうぶか?
(20:30記)

2018年11月12日 (月)

2018年11月12日(月)

肌寒い日。最高気温18度。

午前中、小平の中央図書館で小平図書館友の会の月例役員会議。
2時間の予定だったが、1時間半で終わる。

帰宅、昼食後、友の会会報の修正作業。
15日に印刷、発行する。いちおう完成。

夕方からテレビで大相撲を見る。
白鵬、鶴竜が初日から休場。一人横綱の稀勢の里も、初日から二連敗。
ぱっとしない場所だ。

明日は、ひさしぶりに外出の予定がない。
夏物寝具をコインランドリーで洗濯し、灯油を買ってこよう。
そろそろ灯油ストーブがほしくなってきた。

今夜は、おでんだった(家人が作ったのだが)。
寒い日に、おでんは、いいものだ。
(19:05記)

2018年11月11日 (日)

2018年11月11日(日)

いつもの時間に起床。

墓参りにでかける家人を見送り、近所の家電店へ行って、注文してあったデジカメのバッテリーを受け取る。

昼過ぎ、バス、西武線、JRを乗り継いで上野へ。
上野公園野外音楽堂で開催の、「アコースティックボイス2018 Vol.31」の会場へ行った。

友人夫妻(MOTEL:対馬照&須藤もん)が出演する一時間ほど前、14時過ぎに到着。
入口前にいた須藤もんさんから、入場チケットをいただく。

ひさしぶりの野外音楽堂。
12時からの開演で、14組出場のうちの、5人目のステージから最後まで、5時間ほど滞在。
MOTELの出演は、7組目、15時頃から。
スペシャルゲストの野澤享司さんのステージ(最後から2組目)が、圧巻だった。

帰り道、高田馬場で立ち食いそばを食べる。
往路と同じ経路で、21時過ぎに帰宅。
(22:30記)

2018年11月10日 (土)

2018年11月10日(土)

晴れて暖かい日。

午前中、仕事。
午後、バスと電車、地下鉄を乗り継いで神楽坂へ。
西武線を高田馬場で降りて、地下鉄東西線で2駅。
あんがい近かった。

午後5時半から、高校の東京同期会。
早めに神楽坂に着いたので、あちこち歩いてまわる。
事前に調べてあった古書店(クラシコ書店)まで、道に迷いながら辿り着いたら、土日は休みだった。
神楽坂駅前の赤城神社に寄ってみる。

神楽坂を飯田橋方向に下り、同期会会場になっている店の場所を確認してから、不二家でペコちゃん焼を買う。
今では、ここの店舗でしか買えないもの。
不二家の上のドトールで、今日、図書館から借りてきた本を読んで、時間をつぶす。

同期会は、イタリア料理店で17時半から。
めったに飲まないワインを少し飲む。
一年ぶりに会う同期の仲間と、20時まで歓談。

二次会はパスして、往路と同じ地下鉄、私鉄、バスで帰宅。
1時間半ほどしかかからなかった。

神楽坂では、パラパラと小雨が降っていたが、西の方は降らなかったそうだ。
(22:10記)

2018年11月 9日 (金)

2018年11月9日(金)

終日、雨。
最高気温19度の肌寒い一日だった。

朝9時過ぎ、近所の地域センターと集会所に置かせてもらっている、仕事関係のチラシの延長手続きに行く。
月に一度の更新手続き。

帰宅後、室内掃除。
仕事関係のメールのやりとり。
これも仕事の講習資料作成。

午後、車で相模原へ。
生協の品物受け取り。

義姉と三人で外食。
さきほど帰宅。今日は帰りが遅くなった。

それにしても、寒い日だった。
(23:00)

2018年11月 8日 (木)

2018年11月8日(木)

秋晴れ、風あり。

午前中、立川の病院で耳鼻科の診察。
二週間前に撮った鼻のCTスキャンの結果は、とくに異常なし。
血液検査でアレルギー(花粉アレルギー)がないか、診ることになり、採血。
結果は、また二週間後。

午後、近くの武蔵野美術大学(ムサビ)で10日まで開催中の、「関野吉晴ワンダースペース」を観に、自転車で行く。
ムサビまでは自転車で20分ほど。
帰りに近道を発見。
なんと、いつも立川へ行くときに通るあたらしい道路から、横道(これも広い新道)に入ればいいことを知った。帰りはその道で。

関野さんの展示は、写真中心。
大きなパネルの写真は、迫力がある。
主会場は美術館展示室2とアトリウムだったが、別会場として14号館地下ギャラリーには、壁面を使って巨大な写真展示があった。

この地下ギャラリーへ降りる階段の下のパネル前で、二人のご婦人が関野さんと記念写真を撮ろうとスマホをかざしているところに遭遇。
シャッターを押すのを頼まれた。
私も、自分のタブレットで関野さんとのツーショット写真を撮っていただいた。
まったくの偶然で、ラッキーだった。

その帰りに、大学構内の別棟で開催中の、「民俗資料室ギャラリー展示・東北の木地玩具 遊びと祈りの造形」を観る。
無料の図録があったので、いただいてきた。

関野展の図録は、なんと600円という安価で販売していた。これも、もちろん購入。
展示物の写真と解説が網羅されていて、貴重な資料だ。

ネットで知った展示。会期があさってまでたったので、ぎりぎり間に合った。

ひさしぶりに訪れたムサビのキャンパスは、広々としていて、きもちがよかった。
(16:45記)

2018年11月 7日 (水)

2018年11月7日(水)

今日は立冬。
晴れて、暖かい一日。

旅行疲れもそれほどではなく、朝6時半に起床。
旅行中、ふだんよりもたくさん食べ続けたせいか、食欲がない。
コーヒーを淹れ、お菓子で朝食替わりとする。

午前中、洗濯(これは家人の仕事)やら、室内掃除やら。

旅行中、調子の悪かったデジカメ。
原因は充電式バッテリーがへたっていたためらしい。
充電を終えたばかりの電池を装填しても、すぐにバッテリー切れになってしまう。
宿泊先ホテルの従業員に、家人とのツーショット写真のシャッターを切ってもらおうとしたら、すぐに電源が落ちてしまって、苦労をかけたのだった。

今日、近所の家電店に行って、予備も含めて2個を取り寄せ注文。
電池は一個4,000円もするが、気に入っているデジカメなので、まだまだ使いたい。

帰り道、図書館に寄って、予約しておいた本を三冊受け取る。
ノンフィクション作家、中村安希さんの本。
先週土曜日、TBSラジオ(久米宏 ラジオなんですけど)にゲスト出演していた中村さんの話を聞き、読んでみようかと思ったのだ。
この人のデビュー作品 『インパラの朝』 を、ずいぶん前に読んだきりだった。

昼食後、近所の義妹宅二軒をまわり、旅行のお土産を渡す。

夕方、車で戻って来る途中、新青梅街道で交通事故があったらしく、大渋滞。
連休中の高速道路のように、ほとんど動かなかった。
コジマ電気前に警察車両が止まっていて、事故車らしき車が見えた。

南国から帰って来て、東京はきっと寒いだろうと思っていたが、今のところそれほどでもない。
ただ、この先、天気はあまりよくないようだ。
(20:10記)

2018年11月6日(火)

二泊三日の宮古島ツアー最終日。

前日同様、ホテルの朝食バイキング。
出発時刻が8時と早いため、6時にバイキング会場へ。
並ばずに入ることができた。

午前8時、荷物を全部積み込んで、バスで出発。

南西沖の来間島(くりまじま)へ、橋を渡る。
この日も晴天で、海がきれいだった。

宮古本島に戻り、東端の東平安名崎(ひがしへんなざき)へ。
断崖絶壁に岬で、先端に灯台がある。
内部を見学できる灯台で、200円を払って入り、100段近い螺旋階段を登って灯台の天辺へ。
ここからの展望もすばらしかった。

最後に、「宮古島海宝館」に立ち寄り、貝の博物館を見学し、そこの二階で昼食。
個人のコレクションだという珍しい貝の展示に圧倒される。

12:40頃、宮古空港に着き、13:40発の那覇空港行き便に乗る。
JTA便だった。
那覇で、15:15発の羽田行きのJAL便で、羽田には17:50頃到着。
東京は小雨が降っていた。
この日、宮古島とはちがって、東京は雨だったようだ。

羽田で夕食をとり、18:45発の高速バスで立川へ直行。
途中、首都高渋滞のため、2時間ほどかかった。
立川からタクシーで、21時頃帰宅。

天気に恵まれて、いい旅行だった。
宮古島、また行ってみたい。
今回は、博物館などにはいっさい寄らなかったが、博物館や植物園も見てみたいものだ。
(11/7記)

2018年11月5日(月)

宮古島旅行の二日目。

寝不足のまま、朝7時頃、ホテルの朝食会場(バイキング方式)に降りたところ、入り口に待ち行列。
少し待って、朝食をとる。
宿泊客が多いからか、バイキング料理の種類が多く、何を食べるか迷う。

9時にバスでホテルを出発。
一日目はホテルまで直行で終わってしまい、この二日目の観光はもりだくさん。

「宮古諸島5島めぐり 3日間」と銘打ったツアーだった。
この日は、宮古本島の西側にある伊良部島、下地島、それに北端の池間島を巡る。
どの島も、本島と橋でつながっている。

天気がよく、コバルトブルーの海がきれいだった。

宮古島名物の雪塩の製塩所では、雪塩ソフトクリームを食べた。
薄い塩味の効いた、おいしいソフトクリームだった。

最後に寄った「砂山ビーチ」では、靴を脱いで裸足で砂山を超えて行くというので、一日の行程で疲れきった私たちは、バスの近くで待つことにした。
一服していたバスの運転手さんと、少し話す。
宮古島は道幅が狭く、駐車スペースも狭いため、大型バスの走行が困難だとか。
また、今回のコースのように立ち寄り場所が多いと、走っては停まりの繰り返しで、運転手さんにとってはありがたくない、等々、ぼやきを聞く。
近年、外国(中国、台湾あたり)からクルーズ船でたくさんの観光客が到来するのだが、そのマナーの悪さ(バスの中での飲食、ゴミの不始末)に辟易しているそうだ。

夕方17時前にホテルに戻り、18時からホテルでバイキング形式の夕食。
この日は、早々にベッドに入る。
(11/7記)

2018年11月4日(日)

11/4(日)から11/6(火)まで、二泊三日、旅行会社のツアーで宮古島へ行ってきた。
その三日分の日記の一日目。

今回のツアーは、羽田出発が昼過ぎだったので、楽だった。
余裕をみて、朝9時頃家を出て、西武線と山手線、モノレールを乗り継いで、羽田空港第二ビルに11時前に到着。

ANA便だったので、ふだん使っている第一ビルではなく、モノレール終点の第二ビルに行かなくてはいけないことを、モノレールに乗ってから気づく。
あぶないところだった。

12時25分集合という案内をもらっていたが、空港の旅行会社窓口で聞いてみると、すぐに手荷物検査ができて出発ロビーに入れるとのこと。
昼食時だったので、空港ビルのレストランで軽く食事。
第二ビルはめったに行かないので、ビル内の店舗が物珍しかった。
その後、手荷物検査を受けて、出発ロビーでしばし待つ。

13:15発の沖縄那覇空港行き便に乗って16:05那覇到着。
ツアー添乗員に会いツアー一行に合流。
17:00発のANA便で宮古空港に17:55到着。
那覇から宮古までは、あっというまの飛行だった。

宮古空港からバス1台(今回のツアー参加者は40人ちょっと)に乗り、宿泊先ホテルへ。
すでに外は暗く、どこをどう走ったのかもよくわからなかった。
何人か別のホテルに宿泊するとのことで、そこに寄ってから、我々のホテルには18:40頃到着。
部屋に荷物を置き、19:30からホテル近くのレストランで夕食。
洋食の簡単なコース(ハンバーグステーキ)。
食事の後、ホテル向かいの「琉球の風」(土産物屋)の店先で、無料ライブをやっていたので覗いてみる。
三線と太鼓のデュオだったが、ちょっとだけ見て、隣りの土産物店をひやかす。

ホテルの部屋でシャワーを浴び、テレビでフィギュアスケートを見たりしてベッドにはいる。
なぜか、明け方まで、なかなか寝つかれなかった。

南に向いたベランダから星空が見えた。
あれほどたくさんの星を見たのは、ひさしぶりだった。

宮古島は暑く、ホテルの部屋には冷房がはいっていた。
半袖Tシャツ一枚で、じゅうぶん。
(11/7記)

2018年11月 3日 (土)

2018年11月3日(土)

文化の日。
移動性高気圧におおわれて、秋晴れ。
最高気温18度。

午前中、市役所周辺で開かれる市の「産業まつり」会場で、職場の宣伝チラシ配り。
自転車に乗って、市役所近くの職場に9時半集合。
8人で500部ほどを会場内で手配りし、10時半には終わってしまった。

焼きそばや串焼きを買って、帰宅。
たいそうな賑わいだった。
このイベントは明日も開かれる。

帰宅後、明日からの旅行の準備。

午後1時からのTBSラジオ「久米宏のラジオなんですけど」を聴いていたら、ノンフィクション作家の中村安希さんがゲスト出演していた。
ずいぶん前に『インパラの朝』というデビュー作を読んで、関心を持った人。

写真家(フォトジャーナリスト)の高橋美香さんとあわせて、小平図書館友の会の講演会講師の候補として役員に推奨してみた。
高橋美香さんとは交際があるので交渉可能だが、中村安希さんは難しそうか。

夕食は、家人とふたりで、ひさしぶりに近くのとんかつ屋へ。
(18:45記)

2018年11月 2日 (金)

2018年11月2日(金)

ここ数日、秋晴れが続いている。
今日は風もなく、過ごしやすい日だった。
気温19度。

立川の病院へ行く家人を車で送り、帰りに図書館に寄って本を返却。
郵便局のポストに投函、二件。

室内掃除をし、日曜日からの旅行の準備を始める。
ホテル二連泊、宮古島ではバスでの移動なので、たいした荷物はない。
デジカメのバッテリー充電器とミニ三脚を忘れないようにしなくては。
何年か前、沖縄本島・石垣島・竹富島に行ったとき、デジカメの予備バッテリーまで切れそうになったことがあったっけ。

明日は、午前中、市の産業まつりで職場のチラシ撒き。
市役所周辺が会場。
(18:40)

2018年11月 1日 (木)

2018年11月1日(木)

今日から11月。
よく晴れたけれど、気温は19度止まり。
北風が冷たかったというか、湿度が低いので、すがすがしい一日だった。
朝夕は冷え込む。

夫婦で近くの医院へ行き、インフルエンザ予防接種を受ける。
風邪をひいている人が多いのか、朝一番に行ったのに、30人近い患者。
開院してまだ数年の個人医院。繁盛している。

郵便局で、宮古島旅行の軍資金をおろし、往復はがきを買う。

旅行は今度の日曜日から。
宮古島は最高気温28度にもなるそうだ。

往復はがきは、来年2月、喜多方で開催されるという山崎ハコさんのコンサートの申し込み。
なんと無料のコンサート。ただし抽選で80名、入場できるという。
新幹線と在来線を使い、夫婦で福島へ行くのもいいだろう、ということになり、応募することにした。
当たるかどうか、わからないけれど。
(18:40記)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Facebook

Twitter

  • 気まぐれにツィートしています よろしければFollowを
無料ブログはココログ