« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月31日 (月)

2018年12月31日(月)

大晦日。
冬型気圧配置が続いていて、東京は晴れが続いている。
最高気温9度、北風、空気が乾いている。

店が混まないうちに、自転車でCO-OPへ買い物に行く。
かき揚げとみかん、他を買う。
北風が冷たかった。

本を読み、今年一年、遊びに出かけた記録を作る。
手帳の記録と写真をたどりながら。

せっかく作ったので、ここに載せておこう。

2018年1月
1/20(土) 国立科学博物館 南方熊楠展
1/21(日) 狛江市立西河原公民館 キタコマ沖縄映画祭2018プレイベント
1/26(金) 喜多見M.A.P. キタコマ沖縄映画祭2018 「ハブと拳骨」「密約 外務省機密漏洩事件」
1/27(土) 横浜DOLPHY 山崎ハコライブ
1/29(日) 喜多見M.A.P. キタコマ沖縄映画祭2018 「カベールの馬」「ユークイ」「カタブイ 沖縄に生きる」

2018年2月
2/3(土) 喜多見M.A.P. キタコマ沖縄映画祭2018 「沖縄の民」「アコークロー」
2/11(日) 東中野驢馬駱駝 アフガニスタンを食べて、見て、もっと知ろう2
2/17(土) 座・高円寺2 沖縄かりゆし演芸まつり

2018年3月
3/3(土) 瑞穂町郷土資料館(耕心館・けやき館) みずほ雛の春まつり2018
3/10(土) 学芸大学マルディグラ イシカワMeetsフォークライブ

2018年4月
4/6(金) 前橋テルサ 山崎ハコライブ
4/7(土) 喜多見M.A.P. 高橋美香パレスチナ帰国報告会
4/15(日) 横須賀YTY 星ノ飛ブ夜ライブ
4/18(水) 国立カフェ・れら 高橋美香スライドショー

2018年5月
5/12(土) 浦和アスカタスナレコード 星ノ飛ブ夜ライブ
5/19(土) 大塚Hearts Next 山崎ハコライブ
5/26(土) 三鷹バイユーゲイト MOTEL・タケQライブ
5/27(日) 八王子浅川河川敷広場 みんなちがってみんないい

2018年6月
6/16(土) 松陰神社前 歌弦萬西西屋ライブ
6/23(土) 国分寺Giee 星ノ飛ブ夜ライブ
6/30(土) 豊橋芸術劇場プラット 山崎ハコライブ

2018年7月
7/7(土) 自由が丘マルディグラ ニシカワMeetsフォークライブ
7/11(水) テアトル新宿 映画「菊とギロチン」

2018年8月
8/4(土) 下北沢ラカーニャ 星ノ飛ブ夜ライブ
8/25(土) 江戸東京たてもの園 米山勇ミュージアムトーク
8/30(木) 東京国立博物館 縄文展

2018年9月
9/1(土) 喜多見M.A.P. 志ぃさーのウチナー噺、映画「古屋チルー物語」
9/9(日) 三鷹武蔵野芸術劇場 アフガニスタン山の学校支援の会第2期第2回現地報告会
9/22(土) 狛江エコルマホール 映画「コスタリカの奇跡」
9/29(土) 豪徳寺ストーブ 星ノ飛ブ夜ライブ

2018年10月
10/8(月) 両国シアターX(カイ) ピープルシアター公演「燃えひろがる荒野」
10/17(水) 下北沢ラカーニャ 星ノ飛ブ夜ライブ
10/20(土) 福生カフェ・ド・ノエル 井上としなり・MOTELライブ
10/28(日) 八王子ギャラリー白い扉 岡崎武志素描展

2018年11月
11/11(日) 上野公園野外ステージ アコースティックボイス2018 Vol.31
11/15(水) 三鷹市公会堂光のホール 風煉ダンス公演「まつろわぬ民2018」
11/29(木) 三鷹バイユーゲイト 歌弦萬西西屋ライブ

2018年12月
12/1(土) ユジク阿佐ヶ谷 映画「縄文号とパクール号の航海」、関野吉晴・水本博之監督トークショー
12/2(日) 神保町楽屋 星ノ飛ブ夜デュオライブ
12/15(土) 東京都写真美術館 映画「スケッチ・オブ・ミャーク」「津軽のカマリ」、大西監督・二代目高橋竹山トークショー
12/16(日) 喜多見M.A.P. 映画「九条・国民投票」
12/22(土) 狛江市立西河原公民館ホール 西川郷子と歌うクリスマスコンサート
12/30(日) 豪徳寺ストーブ 星ノ飛ブ夜ライブ

こうしてみると、さとちゃんの星ノ飛ブ夜のライブに、ずいぶん通ったものだ。
ハコさんのライブは4回。
印象に残る映画もあった。

今夜は紅白歌合戦など観ないで、静かに過ごそう。
いつものように、午後6時前に夕食。
年越し蕎麦と煮物。
(18:25記)

2018年12月30日 (日)

2018年12月30日(日)

気温こそ10度に達しなかったが、今日もよく晴れた。
ただ、北風が強かった。

角幡唯介『漂流』(新潮社、2016年)を、昨日から読み始める。
宮古の伊良部島伊佐浜漁港の漁師の話で、引き込まれる。

この本を持って、バスと電車を乗り継ぎ、世田谷の豪徳寺へ。
乗り物の中で、読み続けた。

豪徳寺の「ストーブ」という店で、午後6時半から、西川郷子さんのバンド「星ノ飛ブ夜」のライブ。
午後8時45分頃まで。
年末ということで、お客の入りが心配だったが、補助椅子を出すほどのにぎわい。
地下の狭い店ではあるが、音がいい。

この店、9/29にも同じバンドのライブがあり、その帰りに他人の傘を間違えて持ち帰ったという、いわくつきの店。
今日、店に入ると、傘立てに私の傘がまだあったので、持ち帰ってきた。
ちなみに、他人様の傘は、持ち主がわかって返却できた。それは、10月のこと。

今日のライブは今年最後ということもあってか、出演者とお客の打ち上げに誘われたが、帰りのバスの時刻が心配だったので、おいとました。
終バスの一本前、22時12分立川発バスに乗ることができた。

今年も、いよいよあと一日。
この先、年始にかけても寒い日が続くようだ。
(23:32記)

2018年12月29日 (土)

2018年12月29日(土)

よく晴れたが、夕方、日暮れとともにぐっと冷え込んできた。
今日も朝焼け、夕焼け。

読みかけの本(角幡唯介『新・冒険論』)を、ようやく読了。

家人は、午後、バスで立川の美容院へ行った。

私は車で近所の新刊書店へ。
昨日、相模原の本屋でみかけたWindows10の参考書が気になっていたので、購入。
いつも近くのニトリの駐車場に車を駐めるのだが、改装されたこの駐車場がほぼ満車の賑わい。
年末の買物客だろうか。
書店の隣のブックオフも混雑していた。

帰宅後、風呂の掃除。
Windows10(1809アップデート)の新機能を少し調べる。
夕焼けの写真をタブレットで撮る。
(17:55記)

2018年12月28日 (金)

2018年12月28日(金)

晴れて寒い日だった。
北風が吹き、最高気温8度。

小平のガソリンスタンド(セルフ))まで行って、給油。
灯油を買い、ついでに洗車。
スタンドもセルフ洗車場も混んでいた。
年末だからだろうか。

帰宅後、ブログを書く。
総集編の第3弾(イベント編)。
手帳の記録と、PCに保存してある写真を見て、思い出しながら書く。

夕方、車で相模原へ。
生協の買い物(正月用品が多い)を受け取り、帰り道、夕食をとって帰宅。
外は震えるほどの寒さだった。
(21:20記)

2018年12月27日 (木)

2018年12月27日(木)

最高気温14度、晴れておだやかな日。

あきる野のパン屋へ車で出かける。

夕方、小平(花小金井)の中華料理店「同心居」へ。
本格的な四川料理で、夫婦ふたりだけの忘年会。

ここの料理はとても美味しいのだが、二人だと量が多め。
料理四品と飲みもの、デザートで満腹になった。
年に数回のぜいたく。

明日から最高気温7、8度の冷え込みが続くらしい。

ブログの年末総集編記事(読書編)を書いている。
(19:55記)

2018年12月26日 (水)

2018年12月26日(水)

今日は、朝から穏やかな天気。
最高気温13度。

午前中、職場で仕事。
その後、事務所に顔を出して年末の挨拶。

仕事からの帰り道、スーパーと酒屋で買い物。
市内と隣接市の図書館に寄って、予約してあった本を一冊ずつ受け取る。

家に戻って昼食後、Windows10のPCの手動アップデート。
今年秋にリリースされた、1809というバージョン。
夕食後まで全部で3時間はかかった。
新機能がいろいろあるらしいので、ぼちぼち試してみよう。

昨夜、日記を書いた後で、メインのブログに今年一年の総括(総集編)を書いてアップした。
いよいよ、年末という気分。
30日には、豪徳寺のショットバー「ストーブ」へ、西川郷子さんのバンド「星ノ飛ブ夜」を聴きにいく。
今年最後のライブ鑑賞になる。
(20:00記)

2018年12月25日 (火)

2018年12月25日(火)

今日は風もなく、いい天気。

夕焼けがきれいだった。

朝9時から2時間、仕事に行く。
明日、また昼過ぎまで仕事場に行けば、今年の仕事も終わるはず。
最近は、仕事の依頼がめっきり減ったが、今月は2回、講習の仕事が入った。

きのう、小平(花小金井)の中華料理店に電話して、27日の予約を入れた。
夫婦二人だけの、ささやかな忘年会。

今夜は、鍋。
(17:15記)

2018年12月24日 (月)

2018年12月24日(月)

朝起きると、南のベランダ側の窓ガラスが結露していた。
最低気温は5度だったのだが、厚手のカーテンのためか、室温との差が大きいのだろう。

風呂の掃除。
郵便局のポストへ年賀はがきの投函。
北風が吹き荒れていた(最大風速8メートル)。

図書館から借りていた、松田亜有子 『クラシック音楽全史―ビジネスに効く世界の教養』 ダイヤモンド社 (2018/10/10)を読み終える。
あまり面白くなかった。

これも図書館から借りている、角幡唯介 『新・冒険論』 インターナショナル新書023 集英社インターナショナル (2018/4/11)を読み始める。

明日は朝9時から2時間ほど仕事。
(18:15記)

2018年12月23日 (日)

2018年12月23日(日)

曇り、気温11度。
今日は一日、外に出なかったので、外の天気はよくわからない。

室内掃除。
年賀状の文面と宛名印刷。
今年、叔父が亡くなったので、親戚宛の年賀状送付がない。

官製年賀はがきを50枚購入したが、余るかもしれない。
できるだけ少なくしたいと思う。

明日から寒波が押し寄せてくるという。
年末らしい天気になってきた。
(18:55記)

2018年12月22日 (土)

2018年12月22日(土)

曇りのち、時々小雨。
気温は11度ほどだったが、風がなかったので、それほど寒さを感じなかった。

昼前に、家人と二人で家を出て狛江へ向かう。
小雨がぱらついていたので、すぐに長い傘を取りに戻る。
立川行きのバスは、混んでいて遅れていた。

立川で昼食。
駅ビルのレストランは、どこも混んでいた。

南武線で登戸乗り換え、小田急線で狛江まで二駅。
狛江駅から少し歩いて、西河原公民館へ。

15時から17時まで、「西川郷子と歌う”クリスマスコンサート”」を観る。
地元のミュージカル・グループや合唱サークルなども出演する、楽しい催し。
西川郷子さんが主役で、紅龍さんもゲストで二曲歌う。
ピアノ伴奏は、山猫合奏団の白石准さん。

高山正樹さんと西川さんの、「7時のニュース きよしこの夜」(サイモンとガーファンクルの曲)がよかった。
最後は、アンコール曲として、紅龍さんと西川郷子さんを中心に、出演者全員で「いつでも誰かが」の大合唱。

いいコンサートだった。

会場で、ワインとつまみ(チーズなど)が販売されていた。

帰り道、立川駅ビルで寿司を買って帰宅。
(20:55記)

2018年12月21日 (金)

2018年12月21日(金)

気温14度、風も弱く、暖かな一日。

朝から午後3時まで仕事。
PCで原因不明の現象がふたつ。
ひとつは、帰宅後、調べてみて原因判明。

小平図書館友の会のブログ修正依頼があり、修正する。

来週また、仕事がはいった。
(20:40記)

2018年12月20日 (木)

2018年12月20日(木)

雲が多かったが、気温が14度まであがって暖かい日だった。

昼前、車であきる野へ向かう。
途中、市内のユニクロに寄って、シャツや靴下を買う。

睦橋手前、多摩川の河川敷にある公園が以前から気になっていたが、今日、はじめて寄ってみた。
小広い駐車場もあり、なかなかいい場所。
橋の反対側に通じる遊歩道もあり、車をとめて桜並木を見にいくことができることを知る。
サクラが咲く頃に来てみようと思う。

あきる野の、いつものパン屋でパンを買う。

帰途、もう一度ユニクロに寄って、下着を買う。
百円ショップを覗き、自転車のサドル・カバーなどを買う。

明日は、仕事。
(18:40記)

2018年12月19日 (水)

2018年12月19日(水)

冬晴れ。
朝は雲ひとつなく、富士山がくっきりと見えた。

昨日に続き、不要書類(印刷物)の整理。

図書館に行って、予約本を3冊と雑誌1冊を受け取る。

夕方、小平の日帰り温泉「おふろの王様」へ。
散髪と夕食。
ずいぶん混んでいて、更衣室のロッカー、洗い場、浴槽、どこもいっぱいだった。

朝夕は冷える。
朝の最低気温1.5度、日中の最高気温13.5度。

1/7、川越での山崎ハコさんコンサートのチケットが、ようやく届いた。
代金振り込みから一週間経過。
川越の音楽団体が主催で、会員以外の一般チケットは、窓口販売か代金振り込み後の送付。ちいさな事務所らしい。
(19:20記)

2018年12月18日 (火)

2018年12月18日(火)

朝から快晴、富士山がくっきり見えた。
昼過ぎから雲が増えて、陽射しが陰った。
明日も晴れそうだ。

室内掃除と風呂掃除。
郵便局で、アフガニスタン山の学校支援の会の会費振り込み。
長倉洋海さんのフォト・カレンダーも注文。

1月7日、川越での山崎ハコさんのコンサートのチケット代金を主催者に振り込んだのが、一週間前の11日。
なかなかチケットが送られてこないので気をもんでいたが、今日、メールが来て、明日には届きそうだ。
振込先を間違えたのだろうかと、心配していたのだ。
こんなことで、この数日、きもちが落ち着かなかった。

今日は、たまっていた不要書類を整理した。
まだまだ捨てていい書類がありそうだが、いい加減なところでやめた。

夕食は、今日で三日目のおでん。
味がしみていて、おいしかった。

来年の年賀状をPCで作る。
昨年末に作った今年の年賀状焼き直し。

本は読めなかった。
(17:45記)

2018年12月17日 (月)

2018年12月17日(月)

朝は雨。
昼間は晴れて、風もなく、過ごしやすかったが、夕方からまた曇り。

外出の予定はなかったが、百円均一店と家具店(ニトリ)、スーパー(ヨーカドー)を車でまわる。
電子レンジの下に敷いていたマットと、プレーヤーにかぶせていたレースが痛んできたので、買い替え。
なかなかサイズの合うものが見つからなかったが、スーパーの中の百均店で、小さなカーテンとして売られていた布を購入。ちょうどいいサイズだったし、安くあがった。

郵便局で、山梨のワイン店にお願いしてあった(地方発送)ワインの代金を振り込む。

あとは、家で本を読んで過ごす。
7月に読み始めて、すぐに中断していた 『コレクション 戦争と文学 8 アジア太平洋戦争』 (集英社、2011/6/10、791ページ)を、昨夜から読み始めた。
全20巻+別巻の膨大な全集。
きちんと読むのは、この巻が2巻目。
いつになったら全巻読破できるのだろうか。
(17:45記)

2018年12月16日 (日)

2018年12月16日(日)

明け方、氷点下1度まで下がった。
掃除当番だったので、軽く掃除するために外に出たところ、寒いことこの上なかった。
昼間の最高気温も、7度ほど。

朝食後、室内掃除を済ませて、昼前にバスに乗る。
立川から南武線で登戸乗り換え、小田急線の喜多見駅へ。
途中、登戸の小田急線構内にある立ち食いそばを食べる。

これまで何度も訪れているM.A.P.(狛江市)というイベント会場で、「キタコマ映画祭」の最終日、「憲法九条・国民投票」という作品を観る。

観客は、わずか5人。
13:30から1時間40分ほどの上映。
憲法九条の改訂の是非をめぐって、市民14人が議論して、最後に模擬投票をするというドキュメンタリー。
上映後、主催者のM.A.P.の高山さんと参加者で、しばらく雑談。

喜多見駅に着くと、小雨がぱらついていた。
傘の用意をしていかなかったのでこまったが、帰りにはあがっていた。

帰途、立川からのバスが遅れていて、バス停に待ち行列ができていた。
途中まで座ることもできなかった。
午後5時半過ぎ、帰宅。

今週は、明日月曜日から木曜日まで外出の予定なし。
金曜日は仕事。
土曜日、狛江の公民館で西川郷子さんが出演するクリスマス・コンサートが楽しみ。

夕食は、おでん。
(18:50記)

2018年12月15日 (土)

2018年12月15日(土)

朝8時過ぎに家を出て、最寄駅まで2キロほど歩き、西武線と山手線を乗り継いで恵比寿へ。
ひさしぶりの都心。

恵比寿の東京都写真美術館で、映画を2本見る。
大西功一監督の「スケッチ・オブ・ミャーク」(2011年)と、津軽三味線の高橋竹山を描いた「津軽のカマリ」(2018年の新作)。

どちらも、上映後に監督のトークショーがあり、新作の上映後には、この映画にも出演していた二代目の高橋竹山(女性)もトークに参加。
その後、ステージで民謡の歌唱と津軽三味線の生演奏を聴かせてくれた。
なんだか得した気分。
高橋竹山の貴重な映像と、彼をめぐる人たちの証言から構成されたこの映画、なかなかよかった。

10:30からの「スケッチ・オブ・ミャーク」は、10人ほどしか観客がいなかったが、13:20からの「津軽のカマリ」の方は、かなりの人数が入っていた。

ミュージアムショップで、「スケッチ・オブ・ミャーク」のDVDを販売していたので購入した。
この映画は、以前から気になっていたもの。

恵比寿から、山手線と中央線を乗り継いで国立へ。
早めの夕食をとり、ドトールで一服した後で、北口大学通り脇にある「カフェ・れら」へ。
フォト・ジャーナリストの高橋美香さんのスライドトーク。
6時から2時間ほど。
さして広くない店内を埋め尽くす、十数人のお客さんが入っていた。

PCとプロジェクターの接続がうまくいかず、PC画面を見せながらのトークだったが、いい雰囲気だった。
アフガニスタンの支援グッズを購入。

午後9時前に帰宅。
(21:45記)

2018年12月14日 (金)

2018年12月14日(金)

晴れたが、北風が強く、寒い日。
最高気温9度、最大風速8メートル。
体感気温は0度近かったから、寒かったのも無理はない。

立川へ出かける家人を車で送り、帰り道、書店と図書館、郵便局に寄る。
年賀はがきを50枚購入。
親戚に喪中が多いため、いつもより少な目。
もう、こちらから年賀状を出すのをよそうかとも思うのだが、なかなか踏み切れない。

図書館の新刊コーナーで、よさそうな辞典をみつけた。
三省堂「現代新国語辞典 第六版」(2019/1/10 第一刷)。
現代語や外来語、カタカナ語が豊富に収録されている。
新刊書店で購入。

書店の隣りのブックオフで、中古CDを2枚購入。

帰宅後、本を読んで過ごす。
斎藤美奈子 『日本の同時代小説』 岩波新書1746 (2018/11/20)。
小平図書館友の会の読書サークルの、一月の課題本。
読書サークルには参加する気がないが、面白い本だ。

沖縄本島辺野古での埋め立て強行(土砂投入)が、今日始まった。
なんということだ。
(17:15)

2018年12月13日 (木)

2018年12月13日(木)

晴れの予報がはずれて曇天の一日。
最高気温9度、雨か雪が降りそうな天気だった。

姉妹で浅草に出かける家人を駅まで送り、その足で小平へ。
小平図書館友の会のチャリティ古本市準備会(第一回世話人会)に出席。
7人集まり、来年3月の古本市に向けて大筋の方向が決まった。

次回の会合は、来年2月。
ポスターやチラシの印刷もする。

帰り道、スーパーで買い物。
室内掃除、風呂の掃除をして、昼食はラーメンを作って食べる。

読みかけの本を読了。
植田絋栄志(うえだ・ひさし) 『冒険起業家 ゾウのウンチが世界を変える。』 ミチコーポレーション (2018/10/23)。
市内の図書館から借りていたもの。

感想をネットの「読書メーター」に書く。

<1971年生まれ、まだ若いといっていい起業家の28歳から39歳までの体験記。オーストラリア留学、奥さんになる女性との出会い、帰国後の築地でのアルバイト(資金稼ぎ)、スリランカへの渡航と創業(ペットボトルリサイクル事業)、ゾウの糞を原料とする「ぞうさんペーパー」の大ヒット、広島への移住。衒いのない文章で読みやすく、著者の人柄が伝わってくる。会社経営を続けながらも、一家での移住先で「芸北ぞうさんカフェ」を営んでいるという。機会があれば訪れてみたいし、動物園などにも置いているらしい「ぞうさんペーパー」も見たい。>

夕食は、ひとりでカレーを食べる。
(18:35記)

2018年12月12日 (水)

2018年12月12日(水)

昨夜からの雨が朝まで残っていたが、昼頃には晴れた。
それでも最高気温10度ほど。

午前中、小平図書館友の会の月例役員会に出席。
今年度(来年9月まで)の講演会の講師候補が決まる。
あとは、いつもの議題。

会議の後、小平市中央図書館を覗いてみた。
1階に置かれていたライオンの剥製がなくなって、レイアウトが変わっていた。

帰宅後、講演会の講師候補へ、ネットで依頼。
快諾していただいたので、ほっとする。

恵比寿にある東京都写真美術館で上映されている映画2本を、土曜日に観に行くことにした。

大西功一監督の、初代・高橋竹山を描いた「津軽のカマリ」と、旧作「スケッチ・オブ・ミャーク」。
宮古島の神歌と古謡を描いた「スケッチ・オブ・ミャーク」(2011年)は、そのポスターを見たことがあって、いつか観たいと思っていた映画だ。

同じ場所で、2本の映画が午前と午後に上映されるので、一回で両方観よう。

明日も、小平で、来年3月のチャリティ古本市の準備会。
(18:55記)

2018年12月11日 (火)

2018年12月11日(火)

気温8度に届かない、寒い日。
朝の最低気温は1度台。

今朝も住棟の掃除当番。
それほどゴミも落ちておらず、簡単に済ます。

10時からの予約の歯科医での定期健診。
医院の近くのだんご屋で、稲荷寿司を買って、帰宅後、食べる。

読みかけの本を読む。
360ページの本、ようやく7割ほど。

夜は土鍋で湯豆腐。
あたたまる。

上半身はたくさん着込んでいるのだが、下はジーンズ一枚で、どうにも寒い。
今シーズンはじめて、タイツを穿く。
やせ我慢はよくない。

今夜あたり、多摩西部でも雪になるかもしれないという予報。
(18:00記)

2018年12月10日 (月)

2018年12月10日(月)

今日は冷えた。
最高気温10度、朝の最低気温は3度だったようだ。

今週は住棟の掃除当番。
いつもの朝よりも30分早く起きて、コーヒーだけ飲んで夫婦で30分ほど掃除。
終わってから朝食。

あんまり寒いので、フリースをセーターに着替え、シャツも厚手のカッターシャツにする。

午後、2時から2時間、講習の仕事。
帰りは夕暮れ近くになって、薄暗かった。

冬型の天気のせいか、遠くの山々がくっきり見えた。
北東方向には、遠く筑波山も。

来年1月7日、川越のホールで開かれる山崎ハコさんのコンサート。
チケット入手方法がわからなかったため、主催の団体(労音系列らしい)に電話した。
会員向けコンサートなので、部外者は窓口販売か郵便振り込みによる郵送とのこと。
川越まで下見に行ってもいいのだが、振り込みにしようかと思う。

ハコさん、このところ頻繁にライブをしている。
追っかけるのもたいへんだ。
私は、それほど行かれないのだが、それでも1月は2回行くことになりそう。
(18:30記)

2018年12月 9日 (日)

2018年12月9日(日)

曇りがち、最高気温8度、肌寒い冬の天気。

午後、運動不足解消のため、自転車で少し遠出する。

自宅から2キロほどの多摩湖堰堤を起点に、多摩湖を一周する自転車道を走る。
思っていたよりも距離があり、時間がかかった。
帰宅後、調べてみると10キロほどあるようだ。

丘陵の道なのでアップダウンが多く、私のママチャリでは、上り坂がきつかった。
いちおう、三段変速ギアがついているのだが。

自転車道は遊歩道でもあり、ランニングをしている人、ウォーキングをしている人が、たくさんいた。

途中、タブレットで写真を撮りながら、2時間ほど走って帰宅。
もみじの紅葉がきれいだった。
(17:55記)

2018年12月 8日 (土)

2018年12月8日(土)

強い冬型の気圧配置。
晴れたが、冷え込む日だった。
最高気温12度。

午前中、職場で勉強会。
車での帰り道、ガソリンスタンドで給油。
リッター142円。

本屋に寄って、PC関係の参考書を2冊購入。
図書館で、予約してあった本を2冊受け取る。

昼前から外出していた家人の帰りを待って、夕食は近くのとんかつ屋へ。
ひさしぶりにとんかつを食べる。

北国も、本格的な冬の天気のようだ。
(19:00記)

2018年12月 7日 (金)

2018年12月7日(金)

いよいよ冬到来か。
きのうに続いて肌寒い日。
昼間の気温は18度まであがったものの、夜になってぐっと冷えてきた。
明朝、5度まで下がるらしい。
そして、明日から最高気温10度を割る日が続くという予報。

朝、立川へ行く家人を車で送り、帰り道、買い物などの用を足す。
1月23日の東村山中央公民館での山崎ハコさんのライブのチケットを購入。
(ネット購入、コンビニ支払・チケット発券)

午後3時頃、車で家を出て相模原へ。
ラフランスが届いたというので受け取りに行った。

行きがけ、寄り道をしたので、相模原に着いたのが遅くなり、義姉と和食ファミレスで食事。
帰宅も遅くなった。
(22:30記)

2018年12月 6日 (木)

2018年12月6日(木)

いっきに冬に突入したような肌寒い雨の日。
気温10度。

昼前、すぐ近くのディーラーで車の点検。
一時間足らず。
いつものように買い替え時期についてセールスを受けるが、受け流す。

帰宅後、読みかけの篠原勝之『戯れの魔王』(文藝春秋)を読み終える。
みごとな短編集。
前作『骨風』もそうだったが、自身の幼少期の体験を随所にはさんで、効果的な構成。
感心する。
KUMAさんの近況はSNS(フェイスブック)で知っているが、彼の甲斐駒ケ岳山麓での生活を彷彿とさせる、すぐれた「私小説」。
作者の人がらが感じられる好著。

「蓮葬り(はすおくり)」「アマテラスの踵」「戯れの魔王」「ささらほーさら」の四作。
これらの題名も秀逸。
(19:30記)

2018年12月 5日 (水)

2018年12月5日(水)

曇りときどき晴れ。
気温は18度まであがったが、北風が冷たい日だった。

昨夜、ここにはちょっと書けない「事件」発生。
今日は寝不足。

図書館で一冊返却、二冊貸し出し。
新刊書店で、仕事がらみの本(ネット注文)を受け取る。
気になっていた新書も購入。

帰宅後は、仕事がらみの調べ物。
来週、ひさしぶりに仕事が入った。

市内の公民館で開かれる連続講座をネットで知り、受講することにした。
来年1月から2月にかけて、毎週、公民館に通う。
「いま、ここで ともに暮らす ―アイヌ、在日コリアンから考える―」というもの。
講演中心だが、一回は都内の博物館(アイヌ文化交流センター、高麗博物館)の見学。
愉しみではある。
(18:20記)

2018年12月 4日 (火)

2018年12月4日(火)

今日は晴れて、気温も22度近くまであがり、暖かい日だった。

午前中、職場の会議。
片道2キロの道のりを、いつもは車で行くのだが(PCを持っていったりで荷物があるので)、今日はPCもなかったので自転車で行く。

午後は、家で調べ物。
(17:45記)

2018年12月 3日 (月)

2018年12月3日(月)

今日も曇って肌寒い日。最高気温15度。
朝方、雨もぱらつく。昨夜も降ったようだ。

室内掃除。
読みかけの本 『陸軍中野学校と沖縄戦』 を読む(夕方、読了)。

6年前(2016年2月)に録画してあって、まだ見ていなかったテレビ番組を見て、DVDにダビング。
「新グレートジャーニー ~最終章~ 人類、日本列島へ 海上ルート4700キロ」(フジテレビ)。
土曜日に阿佐ヶ谷で見た映画 「縄文号とパクール号の航海」 に重なる内容。
映画とは違う視点もあり、面白かった。

今日は、終日家にいたため、歩かなかった。
ミカンを2個、最中とカステラ2切れ、コーヒー、甘酒。これが今日の昼食代わりとなった。

外出していた家人が夕方、帰宅。
夕食は、昨日、家人が作ってくれたクリームシチュー。

寒くなったので、夕方から灯油ストーブに点火。
明日は、全国的に暖かくなりそう。
当地は22度になる予報。
(17:30記)

2018年12月 2日 (日)

2018年12月2日(日)

冬空、肌寒い日。気温13度。

一日後だと勘違いしていたライブの日。
きのう気づいてよかった。

神保町「楽屋」で、西川郷子さんとギターの小沢あきさんのライブ。
西川さんのバンド「星ノ飛ブ夜」のデュオ版(パーカッションの関根真理さんがツアーのため参加できず)。

西武線の最寄駅まで2キロ歩き、高田馬場で地下鉄東西線に乗り換えて、九段下で下車。
そこからひと駅(神保町まで)歩く。

早めに着いたので、古書店街をぶらぶら歩く。
目についた「別冊太陽 香月泰男」を買う。
ほとんど新品同様で、いい買い物をしたと思ったが、帰宅後、本棚を確認すると同じものがすでにあって、これは失敗だった。
こういうことが、たまにある。

ライブは午後7時から1時間半ほど。
今日は、この店の開店2周年記念で、3組出演。その最後だった。

ギターとボーカルだけのシンプルな編成。これはこれで、なかなかよかった。
いつもながら、西川さんの歌声と小沢さんのギターに、うっとりする。
お店の人から打ち上げに誘われたが、参加せずに店を出る。

往路と同じ経路で最寄駅に着いたが、タイミング悪くバスを20分ほど待つ。
電車を降りると路面が濡れていた。
雨が降った後のようで、肌寒かった。
(23:10記)

2018年12月 1日 (土)

2018年12月1日(土)

今日から師走。
18度。晴れて暖かかったが、夜になって冷たい北風。

室内掃除、風呂の掃除を済ませ、歩いて家を出る。
西武線の八坂駅まで2キロ、歩く。
萩山乗り換えで鷺ノ宮、そこからバスで阿佐ヶ谷へ。

阿佐ヶ谷北のちいさな映画館「ユジク阿佐ヶ谷」で、映画「縄文号とパクール号の航海」を観る。
だいぶん早く阿佐ヶ谷に着いたので、まずは映画館の場所を確認してチケットを買い、近くの食堂で昼食。
古本屋を覗く。

映画は午後2時から2時間余り。
4年前に完成していた映画だが、これまで観る機会がなかった。
いい映画だった。
上映後、ロビーで関野吉晴さんと監督の水本博之さんのトーク。1時間ほど。
映画のパンフレットを800円で購入。

帰りは、阿佐ヶ谷駅からJRで立川、そこからバス。

ひさしぶりに回転寿司で夕食。
(20:25記)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Facebook

Twitter

  • 気まぐれにツィートしています よろしければFollowを
無料ブログはココログ