« 2019年6月29日(土) | トップページ | 2019年7月1日(月) »

2019年7月 1日 (月)

2019年6月30日(日)

きのう6/30は、帰りが遅かったため、日記を書かずに寝てしまった。

朝から雨が降ったりやんだり。
蒸し暑い、梅雨の一日。

いつもより少し早く起きて、朝8時のバスで立川へ。
南武線と小田急線(登戸乗り換え)で、喜多見駅。
狛江市の「M.A.P.」での「喜多見と狛江で小さな沖縄映画祭(キタコマ沖縄映画祭)」。
きのうは朝10時から回、合計6本の映画を観た。

1回目、45分ほどの琉球放送のドキュメンタリー2本。
「琉球列島 生命のシンフォニー 第1回 やんばる 奇跡の森の物語」
「琉球列島 生命のシンフォニー 第2回 奄美大島 水めぐる島の物語」
やんばるも、奄美大島も、まだ行ったことがない。
すばらしい自然と、そこに暮らす人々の祭祀の様子が描かれていて、いいドキュメンタリーだった。

2回目は13時から。
この日も、会場の歯科医の建物駐車場にキッチンカーが来ていて、沖縄そばを食べる。
この回も45分ほどの沖縄テレビのドキュメンタリー2本。
「まちかんてぃ」は、那覇にある民間の夜間学校「珊瑚舎スコーレ」に通うお年寄りたちを記録したもの。
もう一本の「菜の花の沖縄日記」は、石川県から沖縄に行き、この「珊瑚舎スコーレ」に入学した15歳の少女の目を通した沖縄の姿を記録したもの。
坂本菜の花さん(本名)は、故郷の新聞に、この沖縄での体験をコラム連載。
それが「菜の花日記」。
映画のタイトルだけでは、内容が想像できなかったが、観終われば、なるほどと思う。

3回目、15時30分から。
「沖縄エロス外伝 モトシンカカランヌー」
1971年、NDU(日本ドキュメンタリストユニオン)のモノクロのドキュメント。
5/18に国分寺のライブハウスgieeで観たものだが、もう一度観てみた。
元のフィルムの劣化がひどく、終わりの部分の音声が欠落DVD。
国分寺で観たものと同じだが、今回、主催者の高山さんがシナリオから文字起こしをしてくれて、映像の脇に移してくれた。
少しは内容がわかってよかった。
この映画の発表当時、話題になったことを覚えている。
その頃に観ておけばよかった、と、今になって思う。

いったん、喜多見駅前のドトールに行って、軽く夕食。
4回目は18時30分から。
「白百合クラブ東京へ行く」
石垣島白保で戦後まもなく結成された「白百合クラブ」というバンド。
お年寄りバンドになった今も活動している。
THE BOOMの招きで、東京鶯谷の「東京キネマ倶楽部」でコンサートを開くまでの記録。
この日観た映画のなかで、いちばんの好印象だった。

午後8時過ぎに、会場を後にして帰宅。
(この後も9時からレイトショーが組まれていたが、それには参加せず)

(7/1 10:20記)

« 2019年6月29日(土) | トップページ | 2019年7月1日(月) »

日記」カテゴリの記事

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Facebook

Twitter

  • 気まぐれにツィートしています よろしければFollowを
無料ブログはココログ