« 2020年1月17日(金) | トップページ | 2020年1月19日(日) »

2020年1月18日 (土)

2020年1月18日(土)

朝からの冷たい雨が、10時頃から雪になった。
昼前には、また雨に戻ったが、冷え込む一日だった。

今日は、午後1時半から小平の福祉会館で、小平図書館友の会の新年交流会に参加。
13人出席。
各自、自己紹介、近況報告、本の紹介の後、最後は恒例のビンゴで楽しく過ごした。

夜、亀戸のカメリアホールで山崎ハコさんのライブに参加。
そのため、小平まではバスと西武線電車で。
小平の福祉会館からは、また西武線で国分寺に出て、そこから亀戸へ電車で。

亀戸駅前のサイゼリヤで夕食。
開場時刻の午後5時半過ぎに入場。
広いホールが、ほぼ満席になった。

午後6時、定刻に始まった。
途中15分の休憩をはさんで、二部構成。

第一部は、ハコさんのソロ。
デビュー45周年ということからか、デビューアルバム「飛・び・ま・す」の収録曲を順に歌うという、変わった構成。
「望郷」から始まり、「さすらい」「かざぐるま」「橋向こうの家」「竹とんぼ」「影が見えない」「子守唄」など。

休憩時間に、このアルバムの復刻版をロビーで購入した。
ライブ終了後にサインしてもらうため。

MCで、デビュー当時、それぞれの曲を作った思い出や、今のきもちを聞かせてもらった。
ご本人が言うように、17、18歳の高校生が作った曲とは思えない、大人びた歌ばかりだなと、あらためて思う。

第二部、安田裕美さんのギター伴奏を得て、二人のステージ。
「織江の唄」に始まり、「ヨコハマ」「横浜ホンキートンク・ブルース」、あとは、わりと最近の曲。
「ごめん・・・」「Snow」「BEETLE」「縁(えにし)」など。
アンコールで「サヨナラの鐘」「飛びます」を歌ったのだったか。
(この二曲も、ファーストアルバム収録曲)
このあたり、記憶があいまい。
最後に「気分を変えて」と、恒例のエアー・ハイタッチで締めた。

前から5列目、わりと間近で見たステージ上のハコさんは、かわいらしかったな。
この日のために準備したという衣装(第一部、第二部、アンコールで、それぞれ衣装替え)も、すてきだった。

終演後、急いでロビーに向かい、サイン会の列に並ぶ。
購入したアルバムにサインをもらい、握手。
ハコさんのちいさな手は、ずいぶん温かかった。

亀戸から総武線、お茶の水で中央特快に乗ることができて、立川には午後10時過ぎに着いた。
終バスの一本前に乗ることができて、さきほど、午後11時前に帰宅。

移動がたいへんだったが、充実した一日だった。

(23:40記)

【2020.1.20補筆】
ファン仲間から教えてもらって、演奏曲目訂正。
第一部で「竹とんぼ」は歌っていなくて、「飛びます」を歌っていたのだった。
(「飛びます」で第一部を締めた)
アルバム全曲演奏ではなかったのだなあ。
自分の記憶のいいかげんなこと。

 

« 2020年1月17日(金) | トップページ | 2020年1月19日(日) »

日記」カテゴリの記事

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Facebook

Twitter

  • 気まぐれにツィートしています よろしければFollowを
無料ブログはココログ