« 2020年1月30日(木) | トップページ | 2020年2月1日(土) »

2020年1月31日 (金)

2020年1月31日(金)

一月晦日。
よく晴れたが、北風の強い日。
最高気温11度。

昼前、買い物と図書館。

午後、バスと電車で渋谷へ。
ずいぶん前にチケットを買ってあったライブへ。

早めに渋谷に着くように行き、宮益坂の古書店「中村書店」を覗く。
詩の本が多い店と聞いて行ったのだが、探していた谷川雁の詩集(思潮社の現代詩文庫)は見当たらず。
店頭の百円均一棚で、『季刊「銀花」1974年第19号 手仕事の民族アイヌ』と、平凡社『ドキュメント現代史4 スターリン時代』を買う。
帰宅してから本棚を見たら、悪い予感があたって『季刊「銀花」』は、すでに持っていたが。

ライブは、渋谷区文化総合センター大和田伝承ホールで。
「アマミアイヌ」と名付けられた、トンコリ奏者OKIのグループと、奄美の歌い手 朝崎郁恵さんのジョイントライブ。

ライブの前に、すぐ近くのジョナサンで夕食。
開場時刻の午後6時前に着くと、すでに入場待ちの行列。
このホール、山崎ハコさんのライブで何度か来ているが、今回は、袖の桟敷席も開放されていたので、舞台下手、ステージのすぐ近くに座る。
隣りの席の若い女性から話しかけられる。
彼女は白老から来たという。
会場は満席。
OKIのファンが多そうな感じ。

開演前に、ロビーの物販でCDを2枚購入。
午後7時、定刻に開演。
アイヌの音楽と奄美の民謡がミックスされた、面白いライブだった。
素朴な音楽が心地よかった。
最後は、客席全員が立ち上がり、盛りあがった。
午後9時少し前に終演。

20200131-174926

20200131-182258

20200131_amamiaynu

電車とバスを乗り継いで、午後10時半過ぎに帰宅。

図書館から借りてきた、石原吉郎の評伝を読み始める。
読みやすいので100ページほど読めた。
郷原宏『岸辺のない海 石原吉郎ノート』 未來社(2019/11/11) 329ページ

(23:20記)

« 2020年1月30日(木) | トップページ | 2020年2月1日(土) »

日記」カテゴリの記事

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Facebook

Twitter

  • 気まぐれにツィートしています よろしければFollowを
無料ブログはココログ