« 2021年6月19日(土) | トップページ | 2021年6月21日(月) »

2021年6月20日 (日)

2021年6月20日(日)

曇りがちの蒸し暑い日。
19度-28度。

午前中2時間と、午後に1時間半のオンラインイベントに参加。

よんたま沖縄映画祭 第1回「シバサシ」

<Facebookのイベントページより>

有料オンラインイベント:1回1,500円(税込)
「まず沖縄を知ることから始めよう」
喜多見と狛江の小さな?沖縄映画祭+αの映画祭の哲学を多摩住民自治研究所創立50周年記念事業として実現。
「よんたま沖縄映画祭」を開催します。
◆第1回 2021.6.20(日)
 『シバサシ~安里清信の残照~』
   監督:輿石 正/2012年 90分
第1回は、喜多見と狛江の小さな?沖縄映画祭実行委員代表の高山正樹さんが沖縄問題の入門に最適だという作品を上映します。
社会のあり方が大きく揺らぐ今だからこそ、観たい、観せたい1作です。
『シバサシ』DVD解説より
1913年、与那城村屋慶名で生まれ、中国山西省で激戦に従軍し、深い悲しみをいだいて帰ってきた安里清信。廃墟の沖縄で教員として生き、本土復帰の翌年、国策としてのCTS(石油備蓄基地)をふくむ巨大な金武湾コンビナート計画に抗った安里清信。もし10年にわたる「反CTS闘争」がなかったら、金武湾には原子力発電所ができていたことを沖縄は忘れてしまっている。“沖縄の住民運動にリーダーはいらない”と言い続け、一人一人の生存をかけた歩みを共に歩みぬいた安里清信。「海はひとの母である」、その一点につっ立ち、時の革新政権の「平和産業論」に対して抗い続けた安里清信。屋慶名人(ヤケナンチュ)としての誇りにみちた69年間を生きぬいた。 
【タイムスケジュール】
 10:00~10:15 オープニングトーク
 10:15~11:45 上映
  (休憩)
 13:00~14:30 対談 池上洋通×高山正樹

夕食はホットモットにネット注文して、取りに行った。

今日の夕焼け。18:54頃。

20210620-185443

(18:15記)

« 2021年6月19日(土) | トップページ | 2021年6月21日(月) »

日記」カテゴリの記事

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク

無料ブログはココログ