« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月

2021年11月30日 (火)

2021年11月30日(火)

11月も今日で終わる。
今日は晴れたり曇ったり。
2度-16度。

今日も朝焼け。

20211130-060628

20211130-060640

朝9時過ぎに車で家を出て、塩山・勝沼へ。
行きは青梅街道(411号)、帰りは中央高速。
帰宅は午後5時半頃。

柳沢峠の下からは、富士山や南アルプスがよく見えた。

20211130-122933 20211130-123752

20211130-123227

塩山「そば丸」に午後1時頃到着。
平日でも、ここは混んでいた。

20211130-130820 20211130-130750

20211130-131843 20211130-132435

20211130-132638

20211130-135419 20211130-135742

塩山のパン屋「パンテーブル」は臨時休業で、残念。

大雅園に行き、お店の皆さんとしばらくお話した。
ワインを購入。

20211130-152218 20211130-152115

20211130-152140 20211130-152419

(18:30記)

2021年11月29日 (月)

2021年11月29日(月)

晴れたり曇ったり。
朝夕、めっきり冷え込むようになった。
2度—12度。

ひさしぶりに仕事がはいった。
今日は、その段取り。

午後、家人と車で相模原まで用足しに。
さきほど帰宅。

(21:35記)

2021年11月28日 (日)

2021年11月28日(日)

晴れ。
3度ー14度。

布団干し、洗濯、室内掃除、風呂掃除(家人と分担で)。
ちょっとした買い物。

夕方、車で国分寺へ。
「giee」で、ひさしぶりの「星ノ飛ブ夜」ライブ。
音のいい空間で、きもちよく聴かせてもらった。

ライブの前に、北口の古本屋を2軒、まわる。
初めての「早春書店」と「古書 七七舎」。
とくに買い物はせず。

20211128-165847

20211128-171509

駅ビルのレストラン街で夕食をとってから、開場のgieeへ。
18:30開場、19時から休憩をはさんで2時間。

20211128-182249 20211128-205010

自宅から店の近くの立体駐車場まで9キロほど。
行きは40分ほど、帰りは30分たらずだった。

(22:15記)

2021年11月27日 (土)

2021年11月27日(土)

晴れたが、北風の強い寒い日。
気温もあがらず、6度―12度。

9時半頃、家を出て、バスと電車で吉祥寺へ。
武蔵野公会堂(南口)で開催された「アフガニスタン山の学校支援の会」の報告会へ。

会場へ行く前に、早めに着くようにして、まずは「よみた屋」(古書店)に寄る。
長倉洋海さんの写真集『地を這うように―長倉洋海全写真1980‐95 (フォト・ミュゼ) 』他2冊を買う。
写真集は1000円という安価だった。

Photo_20211127192401

駅南口前にサイゼリヤがあったので、軽く昼食。

20211127-113717 20211127-113752

会場に着くと、開場の12時前から入口に行列が。
検温・消毒の後、予約名簿との照合で、けっこう時間がかかった。

20211127-115705 20211127-120151

20211127-115803

ロビーで、長倉洋海さんのフォト・カレンダーと、出たばかりの文庫本を購入。
この文庫『マスードの戦い』は、以前出版されていたものの改訂新版。

20211127-120918

12時半から16時まで、途中休憩をはさんで、長倉洋海さんのスライドショーと現地報告(今年6月末から7月にかけてアフガニスタンを訪問)。
後半は、アフガニスタンに戻った安井浩美さん(一時、日本に帰国していた)との、ネットを通しての対談。

8月にタリバンが実効支配したアフガニスタンの現状を知ることができた。
「山の学校」もタリバンに占拠され、破壊も進んでいるという。
経済的に余裕のある人たちのなかには、首都カブールに避難している人も。
マスードの息子のアフマドがパンジールで抵抗を続けている。

20211127-121614 20211127-141800

今日の集会には、150人以上が参加したという。
ロビーで販売していた本やグッズも売り切れるほどの盛況だった。
アフガニスタンの現状に関心のある人が多いことがうれしい。

午後6時前に帰宅。

ちょうどテレビで全勝の照ノ富士と一敗の阿炎の取り組みが始まるところだった。
照ノ富士が勝って、14日目に優勝を決めた。

(19:40記)

2021年11月26日 (金)

2021年11月26日(金)

今日も快晴。
朝、6時半頃、東の空を見ると朝焼け。
写真は撮れなかった。
気温5度ー17度。

朝10時前の西武線で高田馬場へ。
バスで都電荒川線の始発駅早稲田、シルバーパスを使って都電で庚申塚。
巣鴨の地蔵通り商店街を3時間ほど歩いてきた。

高田馬場駅前の都バス乗り場

20211126-102955

都電荒川線「早稲田」駅

20211126-104721

20211126-104813

都電「庚申塚」駅(踏切)

20211126-111015

庚申塚

20211126-111242

20211126-111353

地蔵通り商店街入口

20211126-111149

地蔵通り商店街を歩く。

 

20211126-112346 20211126-112241

蕎麦屋で昼食。

20211126-112953

20211126-113529 20211126-113544

20211126-120555 20211126-120831

20211126-120943 20211126-120933

20211126-12110620211126-122830

高岩寺(とげぬき地蔵尊)

20211126-12420520211126-124324

20211126-124437

20211126-12492020211126-124527

いろいろな店が並んでいて、面白かった。

20211126-124554

20211126-125020 20211126-125112

20211126-12520720211126-130215

20211126-130345  

このパン屋さんに入って、ひと休み

20211126-132909

20211126-132918 20211126-132939

また行ってみたい、面白い商店街だった。

20211126-140655

(19:20記)

2021年11月25日 (木)

2021年11月25日(木)

朝から快晴。
気温4度―17度。
朝は冷え込む。
朝焼け。

20211125-061322 20211125-061407

郵便局とコープみらいでの買い物。
きのう届いた卓上カレンダー(高橋美香さんのアフガニスタンの写真)を友人に送る。

20211125-102509 20211125-102533

きのうに続いて、本を読んで過ごす。

家人がかぼちゃを炊いた。

20211125-101602

そして、今日も夕焼け。

20211125-162641

(16:35記)

2021年11月24日 (水)

2021年11月24日(水)

一日中、晴れ。
6度ー16度。

午前中、職場に集まって勉強会。

午後、室内をざっと掃除。
本を読んで過ごす。

昨日、移動中の乗り物のなかで、桑原茂夫『西瓜とゲートル オノレを失った男とオノレをつらぬいた女』春陽堂書店を読了。
図書館に返却した。

以下、「読書メーター」に載せた感想。
西瓜とゲートル -オノレを失った男とオノレをつらぬいた女- やまおじさんさんの感想 - 読書メーター
https://bookmeter.com/reviews/102650002

先の戦争(アジア太平洋戦争、大東亜戦争と呼ばれる)について書かれたものは多いが、体験者の姿をリアルに描いたこの本ほど、あの戦争の実態を感じさせるものはないと思う。著者(1943年生れ)が実母の遺した手帳の日記を読み解き、徴兵にとられた実父(敗戦間際に40歳を過ぎて応召、五島列島に派遣)の姿、残された母と子どもたちの空襲下での暮らし、父の復員後の腑抜けになったような姿をリアルに描いている。序文にあるように、この国の戦後の反省は「ぐずぐずぐちゃぐちゃ」のまま「ホントのところはほとんどわかっちゃいない」のかも。

コメント(1)
<あの戦争についていえば、基本的に「命令」には「責任」が伴っていなかった。もっと言うと、どのようなコトバにも責任はくっついていなかったのだ。ただひとり、ミコトノリを発した天皇を除いては。>(P.227 第3部 五島列島へ行く)・・・明治以降、教育勅語・軍人勅諭・戦陣訓によって「国のため」=天皇のために命を投げ出すように(幼少から)教育されてきたのが戦前の日本人だった。軍隊で理不尽なビンタを食らったり、戦地で餓死したり、空襲に逃げ惑った兵士や庶民に対して、誰も責任をとらないのがこの国の姿だったのだ。

コメント(2)
昭和天皇が、戦後に受けた外国記者のインタビューで戦争責任について問われた際、「そういう言葉のアヤについては、私はそういう文学方面はあまり研究もしていないので、よくわかりませんから、そういう問題についてはお答え出来かねます。」と答えたのは有名(P.71脚注)。また、「鬼畜ルメー断じて怖れじ」(1945/3/13付朝日新聞見出し)と名指しされた憎き敵だったはずのマリアナ基地司令官ルメーに、日本政府は戦後、天皇からの最高レベルの勲章「勲一等旭日大綬章」を与えている(P.72)。

「読書メーター」は、本文が255文字以内という制限があり、書きたいことが描き切れなかったので、コメント欄に追記した。
図書館に返却したものの(他市の図書館からの借用資料)、いつかまた読み直すことがありそうなので、ネット注文してしまった。

今日は、図書館から借りている、保坂正康『「特攻」と日本人』講談社現代新書1797 (2005/7/20) 227ページ
を読み始めた。

Photo_20211124180501

今日も夕焼けがきれいだった。
樹々の色づきもすすんでいる。

20211124-160726

20211124-162651 20211124-170759

(18:05記)

2021年11月23日 (火)

2021年11月23日(火)

勤労感謝の日。
曇りのち晴れ。
気温11度―16度。

朝9時頃のバスで立川へ。
立川から新宿経由、都営地下鉄の東大島へ。

20211123-104906

東大島文化センター2階の和室で、早川千晶さんと小松由佳さんのトークイベント。
12時開場、12時半から16時半過ぎまでの長丁場。

11/23(火)12:30〜16:30:焚き火のあるところ特別企画 早川千晶 X 小松 由佳 ...
https://bonfire-place.stores.jp/items/61598b18acbcb01e65f5dcd4?fbclid=IwAR1mE4KauiMvhYO8CQEdUxGqO_jYnz9utRbJiU-Yuq6KcY5aSCRLNPRzoQA

地下鉄都営新宿線は、東京都シルバーパスを使って無料。
東大島に早めに着き、駅近くのジョナサンで昼食をとった。

会場は江東区の公共施設で、和室。
椅子が用意されていたので、足が楽だった。

20211123-115054

早川千晶さんがメインの連続4回の講座の第一回目、小松由佳さんをゲストに迎えてのイベント。
この後、関野吉晴さん(今日の夜)、渡辺一枝さん(11/27午前)、田中真知さん(11/27午後)と続くそうだ。

焚き火のあるところ
https://bonfire-place.stores.jp/

https://bonfire-place.stores.jp/items/615992b047a5344a5aa8c140

https://bonfire-place.stores.jp/items/615998188c1a5b5772c320cb

https://bonfire-place.stores.jp/items/61599d85acbcb00bc9f5e289

今日は、小松由佳さんが用意してくださったお茶とお菓子が用意されていた。

20211123-121048 20211123-152557

プロジェクターの調子が悪く、途中までスライドの写りが悪かったが、プロジェクターを交換した後は写真が見られてよかった。
スライドがなくても、由佳さんの話は澱みがなく、わかりやすくて引き込まれた。

20211123-122611 

20211123-12580920211123-141147

20211123-142042 20211123-144857

20211123-14593720211123-152951

12/10から12/16まで、富士フォトギャラリー銀座で、由佳さんの写真展があるので行ってみたい。
会場でパンフレットをもらってきた。

20211123-121705

(20:15記)

2021年11月22日 (月)

2021年11月22日(月)

朝から曇天。
気温があがらず、肌寒い日。
12度ー15度。

午前中、すぐ近くのディーラーで車の定期点検。1時間ほど。

帰りにコープで買い物。
帰宅後、昼食(うどん)。
風呂掃除。

午後、これも近くの(といっても車で行くほどの距離)眼科医へ。
定期検診。
右目の視野検査があったので、待ち時間を含めて1時間半かかった。
いつもの目薬を処方。

眼科医を出ると、小雨が降りはじめていた。

今日も、読みかけの本を読んだ。

Photo_20211122162101

明日は、東大島まで出かけて、イベントに参加する予定。

11/23(火)12:30〜16:30:焚き火のあるところ特別企画 早川千晶 X 小松 由佳 ...
https://bonfire-place.stores.jp/items/61598b18acbcb01e65f5dcd4?fbclid=IwAR1mE4KauiMvhYO8CQEdUxGqO_jYnz9utRbJiU-Yuq6KcY5aSCRLNPRzoQA

20211123_

(16:30記)

2021年11月21日 (日)

2021年11月21日(日)

曇りのち雨。
肌寒い日。
9度―16度。

都営バスに乗って、夫婦で青梅へ。
昨日と今日、青梅駅周辺で街をあげてのイベントがあった。

第30回 青梅宿 アートフェスティバル 2021 | おうめ観光ガイド
https://www.omekanko.gr.jp/event/7415/

都営バスで、昼前に青梅に到着。
御岳にもある「玉川屋」で昼食。

20211121-115504

20211121-115515

20211121-122802 20211121-123356

その後、街めぐりのガイドツアーがあり、参加した。

■街巡りガイドツアー
元青梅市郷土博物館資料室長のガイドによる街歩きツアーです。
各回約1時間。

11/20(土)
・本町コース①10:30②13:00青梅駅前集合
・勝沼コース③10:30④13:00あおしん本店前集合
11/21(日)
・本町コース⑤13:00青梅駅前集合
・勝沼コース⑥13:00あおしん本店前集合

参加者は6名。
元青梅市郷土博物館資料室長の大倉さんのガイド。
今はもうなくなった映画館の跡地や、昔の送水路の跡などを見せてもらった。
青梅駅の駅舎に地下があることや、大正13年築で、鉄筋コンクリートならぬ”竹筋”コンクリート造だということを知った。

解説が詳しく、面白かったのだが、予定の1時間を超えて1時間半になっても終わりそうになかったので、途中でリタイアー。
青梅駅前発14:54の都営バスで帰ってきた。

20211121-132844 20211121-133341

20211121-133654 20211121-133526

20211121-134139 20211121-134146

20211121-141433 20211121-141422

20211121-141458

疲れたけれど、面白い体験ができた。

(18:10記)

2021年11月20日 (土)

2021年11月20日(土)

薄曇り、肌寒い日。
7度ー18度。

午前中、10時から2時間、小平図書館友の会のZOOM役員会。

昼食後、車で買い物。

午後、本を読んで過ごす。
きのう、図書館から借りてきた
桑原茂夫『西瓜とゲートル オノレを失った男とオノレをつらぬいた女』
1943年生れの著者が、戦争末期1944に母親が書いていた手帳の手記を読み直す。
いい本だ。

近くの銀杏の樹が、きれいに色づいてきた。
ベランダから、皇帝ダリアが見える。

20211120-130748

20211120-140703

夕焼け。

20211120-161646

今日のオンラインイベントは、17時半から。

(16:35記)

2021年11月19日 (金)

2021年11月19日(金)

今日は、小春日和といっていいような、おだやかな天気。
気温はあまりあがらず、8度ー18度。

布団とカーペット類を干す。
冬用の電気カーペットを出した。
灯油ストーブは、もうすこし待とう。

午前中、仕事がらみにZOOMミーティングを1時間ほど。
ZOOMホストをつとめた。

軽く昼食をとってから、車で図書館、新刊書店、スーパーをまわる。
図書館でリクエストしてあった本を受け取る。
なんと都内の別の図書館(狛江市立中央図書館)からの借用本。
地元図書館で購入してくれることを期待していたのだが…。

桑原茂夫『西瓜とゲートル オノレを失った男とオノレをつらぬいた女』
春陽堂書店 (2020/8/15) 237ページ

20211119-150951

序文より
(前略)さて何はともあれ、五十年ものあいだ閉ざされたままだった母の手帳を、初めて開いてからさらに四半世紀を経て、あらためて、眼光紙背に徹する覚悟で、じっくり読み解いていくことにしよう。(中略)/それにしてもこの「戦争」については、未知の部分、隠された部分があまりにも多く、政治・軍事の表向きのことを含めて、ホントのところはほとんどわかっちゃいないのではないか、そのために「戦後」も、ぐずぐずぐちゃぐちゃのままつづいているんじゃないか、という実感が、逃れ難くある。/それだからこそ、この一臣民(しんみん! 念のために記しますが、戦争当時の憲法に「国民」はいません。天皇の支配下にある「臣民」しかいません)の実像を、見過ごしてほしくないと思うのである。

もう一冊(写真右)は、図書館にもあったのだが、手元に置いておきたくて購入した。

室橋裕和『日本の異国 在日外国人の知られざる日常』
晶文社 (2019/5/25) 390ページ

今週月曜日のオンラインイベントの講師だった室橋裕和さんの本。

和光大学【アジア・フェスタ in WAKO 2021 オンライン・リレー講座週間】
●11月16日(火)19:00~20:30
 講師:室橋裕和さん(ルポライター、エディター、『ルポ新大久保』辰巳出版2020)/挽地康彦先生(社会学、移民研究、和光大学教授)
『多国籍タウン・新大久保を歩く』 日本でもとくに多民族集住が進む新大久保でなにが起きているのか。現地在住記者の視点から探る

今夜は、部分月食がみられるらしい。

そして、めったに見られない、みごとな夕焼け。

20211119-164706

(16:40記)

2021年11月18日 (木)

2021年11月18日(木)

くもりがちの一日。
8度―15度。
肌寒かったので、夕方からエアコンを入れた。
灯油ストーブは、まだ出していない(灯油は18リッター買ってある)。

車載オーディオの音源(SDカード)を作り直して遊ぶ。
本を少し読む。

家人は洗濯。

(18:30記)

2021年11月17日 (水)

2021年11月17日(水)

朝は曇っていたが、日中は晴れた。
気温10度ー17度。

朝の東の空

20211117-061208

図書館まで歩いて、予約取り寄せの本を受け取る。
特攻隊関連、3冊。
松岡正剛さんの本(左端)は、展示コーナーでみかけて、借りてきた。

20211117-144333

図書館までの往復で、道々の紅葉の写真を撮った。

20211117-101650 20211117-101755

20211117-101845 20211117-101901

20211117-102028 20211117-102311

20211117-102337 20211117-102356

20211117-102147

昼前、車であきる野のパン屋へ。
ひさしぶり。

夕食は、五日市街道沿い(小平市)に最近できた中華屋(東京餃子軒)で。
先日、昼間に行ったところ、混雑していてあきらめた店。
さすがに平日の夕方、夕食には早い時間帯だったので、すいていた。

月曜日から、ネット配信(Zoom)の連続講座(無料)を受講している。
土曜日まで6回連続。

(11/15-11/20)
「アジア・フェスタ in WAKO2021」オンライン・リレー講座

https://www.wako.ac.jp/news/2021/11/1115-1120-in-wako-2021.html

Asia_festa2021a_20211117184301 Asia_festa2021b_20211117184301

今夜も、これから3回目を聴講する。

(18:45記)

2021年11月16日 (火)

2021年11月16日(火)

曇りがち、ときどき陽がさす一日。
10度―17度。

家人が出かけたため、ひとりで書類やらパンフレットやら、紙ものの整理。
ほぼ一日がかり。だいぶんすっきりした。

昼過ぎ、車で買い物。
書店で取り寄せ本を受け取る。

鴻上尚史 『「空気」と「世間」』
講談社現代新書2006 (2019/7/20) 254ページ

Photo_20211116163101

要旨
会社、学校、家族、ネット、電車内―どこでも「うんざり」してしまう人へ。「空気」を読まずに息苦しい日本を生き抜く方法。人気の脚本・演出家がこの10年間、ずっと考えてきたことの集大成。

目次
第1章 「空気を読め!」はなぜ無敵か?
第2章 世間とは何か
第3章 「世間」と「空気」
第4章 「空気」に対抗する方法
第5章 「世間」が壊れ「空気」が流行る時代
第6章 あなたを支えるもの
第7章 「社会」と出会う方法

出版社・メーカーコメント
「空気」の存在に怯えている人は多い。なぜ「空気」は怖いのか? その正体を探っていくと見えてきたのが、崩れかけた「世間」の姿だった……。人気の脚本・演出家が、阿部謹也、山本七平といった先人の仕事を現代に投影させながら、自分の体験や発見を踏まえた会心作!「空気」と「世間」を知り、息苦しい現代日本を生きていくための方法を示します。

ベランダから外を見ると、皇帝ダリアが咲いていた。

20211116-140816

朝夕、冷え込むようになった。

(16:30記)

2021年11月15日 (月)

2021年11月15日(月)

小春日和の一日。
8度ー20度。

洗濯、布団干し、室内掃除、風呂掃除を家人と分担して。

昼食、スパゲッティを茹でる。

昨夜から読み始めた本が面白い。
この著者の本を以前(昨年暮れ)読んだことがあるが、好感が持てる人だ。

頭木弘樹 『食べることと出すこと』 医学書院 (2020/8/1) 316ページ

頭木弘樹編 『絶望図書館――立ち直れそうもないとき、心に寄り添ってくれる12の物語』
ちくま文庫 (2017/11/10) 363ページ

Photo_20211115180501

要旨
気持ちが落ち込んで、どうしようもない。はげましの言葉も心に届かない。そんなときは、絶望図書館を訪れてみよう。そこには世界中からさまざまなジャンルの物語が集めてある。せつない話、とんでもない話、どきりとする話などなど。すべて、絶望した気持ちに寄り添ってくれるものばかり。今の気持ちにぴったりな物語がきっと見つかる。こんな図書館も世の中にひとつくらいはあっていいだろう。
著者紹介
頭木 弘樹 (カシラギ ヒロキ)  
文学紹介者。筑波大学卒。大学三年の二十歳のときに難病になり、十三年間の闘病生活を送る。そのときにカフカの言葉が救いとなった経験から、『絶望名人カフカの人生論』(飛鳥新社/新潮文庫)を編訳。

今日の夕焼けも、みごとだった。

20211115-170726 20211115-163130

20211115-170839

(18:10記)

2021年11月14日 (日)

2021年11月14日(日)

快晴。
8度―18度。

仕事の資料をPCで作る(ZOOM使用手引きの修正)。

車で市内のヤオコー、ユニクロへ。
リネンの長袖シャツをユニクロで買い、ヤオコーで買い物。
カキフライ、柿など。
柿は今シーズはじめて食べる。
甘くておいしい。

北海道の友人が送ってくれた大きなかぼちゃを半分に切って、義妹宅に届ける。
もうひとつあったかぼちゃを、塩で煮る(家人)。

20211114-151920

20211114-152613 20211114-162903

今日から大相撲。

夕焼けがきれいだ。

20211114-163921

(19:40記)

2021年11月13日 (土)

2021年11月13日(土)

快晴。
6度ー18度。

今日も、朝焼けがきれいだった。

Dsc_4423 Dsc_4424

室内掃除、布団干し。

午前中、職場に集まって勉強会。

夕方、家人と立川で映画。
「老後の資金がありません!」
(天海祐希=あまみゆうき・草笛光子主演)
ちょっとばかにしていたのだが、これが面白く、良質の映画だった。
天海祐希が、いい演技をしていて好感が持てた。

20211113-172414

コメディ・タッチでおおいに笑わされたが、じつは現代的な深刻なテーマ。
結末が楽天すぎる気もしたが、老後の生き方について考えさせられた。

夕食は映画(17:40からの上映)の前に、映画館近くの大戸屋で。

(21:00記)

2021年11月12日 (金)

2021年11月12日(金)

晴れ。
8度ー20度。

朝、住棟の掃除当番。
落ち葉がたくさん落ちていて、掃き掃除に40分ほどかかった。

昼食後、車で小平の元気村(あすぴあ)へ。
駐車場が工事中で利用できないため、少し離れた運動公園の無料駐車場にとめて、歩く。

小平図書館友の会の会報46号の印刷、発送準備。
約1時間半の作業。

20211112-133236 20211112-132729

発行日は11/15日。
その日になったら、友の会ブログにも掲載する予定。

今日の夕空は、夕焼けにはならなかったが、おもしろい空だった。
半月が南の空に見える。

20211112-165607 20211112-165555

(18:05記)

2021年11月11日 (木)

2021年11月11日(木)

快晴の一日。
7度―21度。

朝焼けがきれいだった。
北東、遠くに筑波山の姿が。

20211111-055928

ゴミ出しに降りたところ、1階のエレベーター前が落ち葉でひどいことになっていた。
水曜・木曜は掃除をしないのだが、ゴミ置き場に常備している箒で掃き集めた。

家人を立川まで車で送る。
帰りに市内のパン屋でパンを買う。

帰宅後、布団を干す。

午後、バスと電車で高円寺まで。
北口の「西部古書会館」で今日から開催している古書店へ。
古本以外に、雑貨やらDVD、レコード盤もあった。
文庫を2冊と、「新潮日本文学アルバム(南方熊楠)」を買う。
文庫は300円と220円、南方熊楠は300円。

20211111-124207

20211111-133326 20211111-133337

20211111-181816

館内は、30人ほどのお客。
入口で手指消毒、手荷物預かり。

レコードは1枚150円だったが、クラシックばかりで買う気にならず。

今日の夕焼けも、みごとだった。
パノラマ写真を撮った。

20211111-170425

20211111-170540

20211111-170637

(18:00記)

 

 

2021年11月10日 (水)

2021年11月10日(水)

晴れて、きもちのいい日。
14度ー21度。

朝6時頃の東の空。

20211110-060058

忙しい一日だった。

午前中、職場に行って、あたらしいポスターとチラシを持ってくる。
その足で、近くの公共施設2カ所に配布(設置)手続き。

いったん帰宅し、小平の日帰り温泉へ。
ひさしぶりの散髪。
入浴はしなかった。

帰り道、コープみらいで買い物。
さらに、セルフスタンドで給油。

帰宅後、コープで買ったえびバーガーとコーヒー、バナナの昼食。

室内掃除と風呂の掃除。

外出していた家人が帰宅、いっしょに近くのジョリーパスタで夕食。

夕焼けがきれいだった。
月齢5日の月が南の空に。
17時頃の南の空。

20211110-164811

20211110-165535

20211110-171602

(18:50記)

2021年11月 9日 (火)

2021年11月9日(火)

昨夜、撮った夕景の写真に写っていた月の右下の光は、金星だったらしい。

昨夜から雨が降り続き、夕方になってようやくあがった。

こういう天気の日にガラス窓を掃除するといいと聞いていたので、気になっていたベランダ側のガラス扉を拭いた。

昨夜、車載用音楽SDカードの編集をしていて、これまでうまくできなかった原因がわかった。
CDから取り込んだPCの音楽ファイルの形式が「wav」だと、SDカードに保存しても見えないのだった。
Windows Media Audio(wma)形式でCDを取り込み直して、SDカードに保存したところ、成功。

今日は、せっせとCDからPCへ、取り込み直していた。
8GBのSDカードに、たくさん収録することができた。

20211109_windowsmediaplayer

ビリー・ホリデイの中古CDが届いた。
モンタレーの1958年ライブ盤。
ピアノがマル・ウォルドロン。

20211109-150431 20211109-150448

今週は住棟の掃除当番。
きのうは晴れていて、やりやすかったが、今朝は雨の中、傘をさしながら。
落ち葉が雨で路面に貼りついていて、苦労した。
早々に終わらせた。

(16:40記)

2021年11月 8日 (月)

2021年11月8日(月)

雲がひろがったものの、ときおり陽がさした。
13度―19度。

朝、家人を車で立川まで送る。

家人の帰宅後、うどん屋(民芸)で昼食。
その近くの、最近開店した餃子の店(中華料理)に入ろうとしたら、ものすごく混んでいたのであきらめた。

帰りに市役所で書類手続き。

夕景写真。

20211108-170708

(18:40記)

2021年11月 7日 (日)

2021年11月7日(日)

晴れ。
12度―19度。

10時頃、車で家を出て、西八王子の「ギャラリー 白い扉」を目指す。
甲州街道経由(カーナビのガイドを無視しながら)。

目的地近くのコンビニで一服。

ギャラリーには12時頃、到着。
駐車場に停めさせていただく。

ギャラリー 白い扉
https://www.shiroitobira.com/

「岡崎武志の絵画展」
今日が最終日。
3年前にも、ここで岡崎さんの素描展を拝見したことがあった。

202110291107_20211107182501

20211107-121853 20211107-122712

20211107-122006 20211107-122022

ギャラリー店主の高橋さんとお話ししていると、岡崎武志さんが到着。
しばらく三人で四方山話。

岡崎さんが、山崎ハコさんの似顔絵を持ってきてくださったので、購入。
私がハコさんファンであることをご存じなので、持ってきてくださったようだ。

20211107-163022

三年前にも、もう少し小さな額入りの絵を購入したことがあったっけ。
(下の写真:2018/10/28)

2018年10月28日(日): やまおじさんの日記
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/nikki/2018/10/20181028-2695.html

※三年前のこの日は、岡崎さんとはギャラリーでお会いできなかったが。

20181028-153522

他にも、新刊(発売直前)のちくま文庫『野呂邦暢古本屋写真集』(岡崎武志・古本屋ツアー・イン・ジャパン 編)と、岡崎さん持ち込みの古本も購入。

『野呂邦暢 古本屋写真集』
野呂邦暢 岡崎武志/編集 小山力也/編集
出版社名 筑摩書房
発売予定日 2021年11月12日
予約締切日 2021年11月11日
予定税込価格 1,100円
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refBook=978-4-480-43777-8

帰りは、別のルートをカーナビに言われるとおりに辿って、帰宅。

ひさしぶりのドライブ(ちょっと遠出)。

(17:10記)

2021年11月 6日 (土)

2021年11月6日(土)

朝から快晴。
9度ー18度。

ほぼ一日がかりで、青梅までバスで往復、青梅の「シネマネコ」で映画を見てきた。
午前10時過ぎに家を出て、図書館に寄り、本を返却。
近くのバス停から駅前まで。
そこから都バスで1時間15ほどかけて青梅。

「シネマネコ」館内併設のカフェで、昼食(ナポリタン)がおいしかった。

年会費2000円を支払って会員になった。
映画は会員割引で1000円。

20211106-130041 20211106-130457

20211106-132035 20211106-131641

20211106-134833 20211106-132042

20211106-132607

「BILLIE ビリー She sang the truth, she paid the price」

1_20211106194201 2_20211106194201

『BILLIE ビリー』公式サイト
https://billie-movie.jp/

脚本・監督:ジェームズ・エルスキン
プロデューサー:バリー・クラーク・エワーズ、ジェームズ・エルスキン、ロール・ヴェッセ、ヴィクトリア・グレゴリー
撮影:ティム・クラッグ
編集:アヴェデッシュ・モーラ
配給・宣伝:マーメイドフィルム コピアポア・フィルム
宣伝:VALERIA

原題:Billie/イギリス/2019年/98分/B&W、カラー/
英語/シネマスコープ/5.1ch

【使用楽曲】
“Now or Never” “God Bless The Child” “Saddest Tale” “Blues are Brewin’”
“Fine and Mellow” “Don’t Explain” “Strange Fruit”(奇妙な果実)
“I Only Have Eyes for You”(瞳は君ゆえに) 他……

44年の短い人生を駆け抜けたジャズ・シンガー、ビリー・ホリデイ。
差別に立ち向かい、あらゆる苦難を乗り越え、
歌を通して“生”を謳歌した彼女の真実に迫るドキュメンタリー。
不世出のジャズ・シンガー、ビリー・ホリデイ。その44年の短い生涯は波乱の連続だった。10代半ばで生活のため身体を売り、過酷な人種差別と闘い、麻薬と酒に溺れて幾度となく逮捕され、身も心もボロボロになりながらステージに立ち続けたビリー。だからこそ彼女の歌には凝縮された生が刻印され、20世紀屈指の伝説となった。そんなビリーの人生に共感したひとりの若き女性ジャーナリスト、リンダ・リプナック・キュールが1960年代から10年間かけて関係者にインタビューを重ね、時には何者かに妨害されながらもビリーの伝記を書き上げようと尽力した。しかしリンダも志半ばにして不可解な死を遂げてしまう。この度リンダが遺した200時間以上に及ぶ録音テープが発見され、ビリーの貴重な映像とともに構成されたのが、このドキュメンタリー映画『BILLIE ビリー』である。

世界が震えた美しい歌声が、鮮やかなカラー映像で甦る!
インタビューに応じたのはトニー・ベネット、カウント・ベイシー、アーティ・ショウ、チャールズ・ミンガス、カーメン・マクレエといった錚々たるアーティストから、ビリーのいとこや友人、ポン引き、彼女を逮捕した麻薬捜査官、刑務所の職員まで多岐にわたる。彼らの生々しい証言と、珍しいホーム・ムービーや過去の資料映像、秘蔵の写真によって謎に満ちたビリーの人生がまるでサスペンス映画のように解き明かされていく。圧巻なのはライブ映像。黒人差別の実態を赤裸々に綴って物議を醸し、世界中にセンセーションを巻き起こした名曲「奇妙な果実」をはじめ、ビリーの歌唱シーンが最新技術を駆使したカラー映像で甦る。

レスター・ヤングやサッチモの映像が見られてよかった。
ビリー・ホリデイが歌う「奇妙な果実」の映像には、鬼気迫るものがあった。
晩年の歌唱映像にちらっと写っていたピアニストは、ひょっとしてマル・ウォルドロンか?

それにしても、麻薬と酒に溺れた生涯、44歳での早すぎる死、さまざまな男たちとの恋愛沙汰。
本人インタビューで彼女が言うように「一日で百日ぶんを生きた」ような。

レスター・ヤングと恋仲だったと思っていたが、じつは兄妹のような関係だったのかも。
「行ってしまった」と歌うとき、エラ・フィッツジェラルドだったら「パンでも買いに行ったのか」なのだが、ビリーが歌うと「もう二度と和えない」と訴えてくる、とインタビューに答えていた誰かの言葉に説得力があった。

映画の作り方に不満もあるが、実写や写真、音声が生々しく、いい映画を見たと思う。

(20:00記)

2021年11月 5日 (金)

2021年11月5日(金)

晴れ。
10度―20度。

朝、5時頃目が覚めて、朝焼けを待つ。
5時43分頃、日の出前の東の空。

20211105-054308

朝、家人を車で立川まで送る。
帰ってから、布団干しと掃除。

読み続けていた本『もうすぐ絶滅するという煙草について』を、ようやく読了。

午後、バスと電車で千歳烏山へ。
「TUBO」で、西川郷子さんと西村直樹さんのデュオ「歌弦萬西西屋」ライブ。
ライブ前に、地下くのモスバーガーで軽く夕食をとる。

ライブは夕方5時半開場、6時から2時間ほど。
この二人のライブは、ひさしぶり(一年ぶりぐらいか)。

20211105-172752 20211105-173048

20211105-173744 20211105-174352

20211105-193544

午後8時55分、立川発バスに乗って帰宅。

(22:00記)

 

2021年11月 4日 (木)

2021年11月4日(木)

秋晴れの一日。
11度ー20度。

20211104-115249

午前中、家人を車で小平の歯科医まで送る。
帰りに小平のセルフスタンドで洗車。

今日は、42周年の記念日。
例年、ちょっと高級な中華料理店で食事をするのだが、今日は近くの「むさしの森珈琲」で。
夕焼けがみごとだった。

20211104-164611

20211104-16463220211104-173705

20211104-165644 20211104-170234

昨夜飲んだ薬が効いたのか、腰痛はだいぶん改善した。
まだ、少し痛みがあるけれど。

明晩、千歳烏山「TUBO」での「歌弦萬西西屋」(西川郷子さんと西村直樹さん)のライブには行けそうだ。
車で、とも思ったが道路事情がわからないので、南武線と京王線を乗り継いで行こうと思う。

小平図書館友の会の人が知らせてくれた、興味深いオンライン・イベントに申し込んだ。

(11/15-11/20) 「アジア・フェスタ in WAKO2021」オンライン・リレー講座
https://www.wako.ac.jp/news/2021/11/1115-1120-in-wako-2021.html

Asia_festa2021a Asia_festa2021b

■日時
2021年11月15日(月)~20日(土)各日19:00~20:30
*20日のみ17:30~19:00
■場所
オンライン(Zoom利用)
■内容
各日、アジア研究の専門家や作家、音楽家、舞踊家らにご講演(演奏等含む)いただきます。
ネパールやインドネシアからもゲストをお招きしています(通訳付き)。

(18:25記)

2021年11月 3日 (水)

2021年11月3日(水)

晴れのち薄曇り。
12度―21度。
暖かい一日だった。

朝、東の空を見ると、眉月が見えた。月が見えた。
タブレットのカメラでは、うまく撮れなかったが。

20211103-054500

布団干し。
室内掃除。

昼食に、小平のモスバーガーまで車で出かけて、持ち帰り。
祭日の昼どきとあって、店内混雑。

本を少し読み、あとはPCでいろいろと、やりとり。

昨夜飲んだ薬が少しは効いたのか、熱は下がったようだ。
腰痛も、ちょっとだけ軽くなった気がする。
昨夜は早く寝床に入って、睡眠十分。よく眠った。

(16:45記)

夜、熱っぽいので測ってみると、37度ちょっとの微熱(昨日と同じ)。
鎮痛解熱剤を飲む。
なかなか眠れず、夜10時頃、寝床を出る。

(22:10追記)

【訂正】2021/11/5
見えていた月は、月齢28日の月で「眉月」ではなかったことを知る。
「眉月」とは三日月の異名らしい。
いやはや、お恥ずかしい。

2021年11月 2日 (火)

2021年11月2日(火)

晴れ。14度ー21度。

午前中、職場で会議。

帰りにスーパーで買い物。

ここ数日の腰痛が、また悪化。
なぜか微熱も出てきた(腰痛に関係あるのかどうか)。
鎮痛解熱剤があるので、飲んで寝る。

(17:50記)

2021年11月 1日 (月)

2021年11月1日(月)

今日から11月。
薄曇り、気温14度20度。

朝、粗大ゴミを出す。
もう使わなくなったキャンプ用品(タープとバーベキューコンロ)。

午後、ひさしぶりに2時間、講習の仕事。

夕食、市内のとんかつ屋へ。

腰痛が(夫婦そろって)ひどい。
日常生活に支障をきたすほど。
車の運転で座っていても、つらい。

(18:40記)

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク

無料ブログはココログ