« 2022年8月4日(木) | トップページ | 2022年8月6日(土) »

2022年8月 5日 (金)

2022年8月5日(金)

薄曇り。
22度→27度。
わりと涼しい日だった。

午前中、車で家人を立川まで送迎。
用が済むまで待って、帰りに立川の「とんでん」で昼食。

隣接市の図書館にリクエストしてあった本が届いたとメールが来たので、受け取りに行った。

現代女性作家読本刊行会(編)
『現代女性作家読本⑰ 桐野夏生』 鼎書房 (2013/11/15) 163ページ

Photo_20220805183101

「天使に見捨てられた夜」「ダーク」「柔らかな頬」「東京島」「優しいおとな」など、桐野夏生の主要作品を近現代文学研究者らが論評。主要参考文献、年譜も掲載。

桐野夏生が野原野枝実だった頃 倉田容子 著 8−11
天使に見捨てられた夜 仁科路易子 著 12−15
ファイアボール・ブルース 黒岩裕市 著 16−19
水の眠り灰の夢 小林一郎 著 20−23
脱出への過激な夢 岩佐壯四郎 著 24−27
『錆びる心』論 李聖傑 著 28−31
ジオラマ 坪井秀人 著 32−35
柔らかな頰 小澤次郎 著 36−39
ローズガーデン 大國眞希 著 40−45
光源 永栄啓伸 著 46−49
光と匂いの戯れ月と花の饗宴 李哲権 著 50−55
切り捨てて生きる美しさ 藤方玲衣 著 56−59
ダーク 中村三春 著 60−63
桐野式『リアルワールド』にOUT&INする 蕭伊芬 著 64−67
グロテスク  佐藤翔哉 著 68−71
残虐記 原善 著 72−75
桐野夏生『I’m sorry,mama.』 徳江剛 著 76−79
白蛇教異端審問 押野武志 著 80−83
対極にある物語 吉目木晴彦 著 84−89
アンボス・ムンドス 原田桂 著 90−93
冒険の国 恒川茂樹 著 94−97
メタボラ 明里千章 著 98−101
東京島 片岡豊 著 102−105
黄泉の国の女神イザナミ 千葉俊二 著 106−109
『IN』が抹殺したもの 波瀬蘭 著 110−115
ナニカアル 杉井和子 著 116−119
優しいおとな 飯塚陽 著 120−123
ポリティコン 仁平政人 著 124−127
緑の毒 林廣親 著 128−131
半分の『ハピネス』 山口政幸 著 132−137
それぞれの戦争へ、小説の狼煙を 錦咲やか 著 138−141

聞いたことのない出版社から出ているシリーズの一冊。
桐野夏生の作品論を集めたもの(2013年と、やや古い)。
Amazonでは、とんでもなく高価で出品されていたが、とても手が出ない。

この本は、ネット検索していて、たまたまみつけたもの。

桐野夏生の通販/現代女性作家読本刊行会 - 小説:honto本の通販ストア
https://honto.jp/netstore/pd-book_25972767.html

今日も、桐野夏生『IN』を読んでいた。

(17:40記)

 

« 2022年8月4日(木) | トップページ | 2022年8月6日(土) »

日記」カテゴリの記事

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク

無料ブログはココログ